THCリキッドは捕まる?好奇心があっても絶対にやめておこう

    CBDリキッドを試してみたいけれど警察に捕まるかもと不安に思っている方、THCリキッドは違法ですがTHCが含まれていないCBD製品であれば問題ありません。

    日本には「麻薬及び精神薬取締法」という法律があり、そこでTHCが麻薬に指定されているのです。

    依存性が高く、国際的にも薬物分類でスケジュール1に置かれ警戒されているTHC、同じステージにはヘロインやモルヒネ・コカインなども存在します。

    (最近スケジュール1から除外されたそうです)

    でも同じくヘンプを原材料とするCBDに関しては、依存性を受けるどころか緩和してくれる効果を持っています。

    医療の世界でも注目を集めており、将来有望な成分でこの法律の範囲に当てはまることは無い、合法なのです。

    ヘンプだからと共に警戒する必要はありません。

    CBDはWHO・世界保健機構からも安全性が高いと賞賛されているほどです。

    とは言え、THCリキッドを使用したら必ず捕まるとは言い切れません。

     

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

     

    THCリキッドは捕まる?海外では合法な国もあるけど日本では捕まる

    世界には使用が合法化されている国も少なくはないのです。

    例えばカナダやウルグアイ、国単位で全面的に許されました。

    アメリカだって州によっては医療用だけでなく嗜好用ヘンプも合法化されています。

    ただし国全体が合法というわけではないので、アメリカのどこの州に行くかで現地の情報を知っておく必要はあります。

    ヨーロッパは使用や所持に関しての規制政策を転換しており、日本もCBDが広まりを見せる中で法律に変化が起きても決して不思議ではないのです。

    THCを摂取することで一時的にとはいえ運動機能の障害が起こります。

    なので合法ではあるけれど運転前は使用禁止という国もあり、THCリキッドの使い方次第で捕まることもあり複雑です。

    CBDリキッドだって法律で違反されてはいないですが、インターネットで使用方法を調べていると運転前には摂取しないことといった文言を見かけることは多いでしょう。

    リラックス効果や睡眠導入剤としての作用が悪影響を及ぼす危険性があるからです。

    もしももっとCBDの利用が一般に広まって運転中の事故が増えたら、それに合わせて運転前は禁止という法律もできるはず、我々の暮らしが法律を作りだしているのです。

    CBD以上に精神への作用が大きいTHC、食事をとった後なのにも関わらず急な食欲が出てきて食べてしまうといった作用もあります。

    こんなTHCリキッドですが、一方でメリットもあるからこそいまだ生き残っているのです。

    自然に自生していたヘンプ、その繊維は日本でもしめ縄や神事のお祓い用のおおぬさなどで使われていました。

    七味唐辛子の中の麻の実に夏の麻素材、思っている以上に我々の周りにはヘンプが当たり前にあります。

    なんと戦前の日本ではぜんそくの治療薬として使用されていたことも、​ずっと禁止されていたわけではありません。

    世界的に見てもむしろTHCは薬としての需要が高かったのです。

    現在でもTHCを使って治療される症状は250種類以上あります。

    もしも法律で完全に禁止されたり、そもそもヘンプ自体を無くしてしまったとしたら多くの患者さんが苦しめられることでしょう。

    鎮痛だけでなく吐き気を抑えたり食欲を増進させたり、うつ病などの心の病や終末期医療にも用いられ、THCはCBDと同じく研究が続けられている分野となっています。

    THCが合法化されている国でもその要因の一つは医療的利用がされていたことが挙げられます。

    てんかん治療薬のナビキシモルスに癌治療のためのドロナビノール、エイズ患者に使用されるナビロンといずれもTHCを含んでいて治療効果が認められて海外の国では認可がおりました。

    日本では違法だから使うことが出来ず、少しでも楽になろうと海外に目を向けて病院探しをする方もいるでしょう。

    でもいずれは日本もTHCリキッドを使ったところで捕まることのない国になるかもしれません。

    ただし今のところは日本ではNG、好奇心からでも何らかの症状に苦しめられていたとしても絶対に手に入れようと考えてはいけません。

    法律に違反してまで手に入れようとしている現在の日本だと、その気持ちを逆手に取って足元を見て高額値段で粗悪な品を売りつけてこようとする悪徳業者が多数いるのでより危険です。

    CBDやTHC、合法の国もあるくらいですから正しく使えばそれほど危険なものでは無いのです。

    でももし体に害を成す危険な成分が添加物として配合されていたら、アメリカでは粗悪なCBDリキッドを使用したものが何十人も死亡した例がありました。

    禁止されているTHCリキッドではないので捕まる心配はないですが、命を失ってしまっては元も子もありません。

    CBDリキッドとは言うもののそこにはTHCも入っていて、そしてこの事件の原因となったとされるビタミンEアセテートが含まれていたのです。

    このビタミンEアセテート、粗悪なTHCリキッドだと入っている可能性が高い添加物です。

    捕まるだけでなく命の危険も受けるかもしれないTHCリキッド、決して試してみようとは思わないことです。

     

    関連記事:

    CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

    CBDリキッドの「やばい」ヤツが入荷しました

     

     

    (Visited 79 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ