THCリキッドで死亡?39人の死亡者の肺組織からわかったこと

    日本人にとってはTHCはとにかく悪者、だから「THCリキッドで死亡事故が起こったと言われても当然」と受け止めてる方も多いのかもしれません。

    でもTHCってヘンプっていう植物から抽出された成分で、健康効果が高いCBDと立場はおんなじなんですよ。

    化粧品とかサプリメントでやたらと「植物由来・自然の成分100パーセント」なんて語ってるものに心動かされてるのにヘンプに対するこの仕打ち、よっぽど教育がなされてるんだなと感心してしまいます。

    普通にTHCリキッドを使って死亡事故なんてまず起こりません。カナダとかアメリカの一部だと合法、タバコもお酒も依存性とか健康被害とかあることを分かりながら上手く付きあってる方がいて、それと同列に考えればいいんです。

    あるお酒を飲んだ人が次々と死んでいったなんてことがあれば大ニュース、米国でのTHCリキッド使用者の死亡事故も大々的に取り上げられたのは当然と言えるでしょう。やっぱりTHCは悪だったんだと受け止めるのじゃなく、同系列のCBDを使う私たち日本人も何が原因だったのか正しく知ることが大切です。

     

    健康効果を狙うならCBDリキッド!詳細はコチラ

     

    THCリキッドで死亡したケースの真相は、THCではなく添加物のビタミンEアセテートが原因

    もちろんさっそく米国でも調査が開始されました。

    体調を崩した2051人そして39人の死亡者の肺組織のサンプルを調べて、そして浮かび上がってきた容疑者がビタミンEアセテートなんです。

    なんで肺組織化というと健康被害の具体例が肺疾患だったから、気化された煙を吸い込んで一番にたどり着く先も肺、その中に張り巡らされた毛細血管を通じて全身へと広がっていくのです。

    患者の検体の肺の主要損傷部位にあったビタミンEアセテート、THCリキッド死亡事故の原因であることはあきらかです。

    とはいえ、ビタミンEという名称から「健康効果が得られるならともかく、その逆はあり得ないだろう」とまだ疑ってかかってる方いませんか。

    もしかしたらその他の化学物質・有害物質が関係しているのでは、そちらも可能性として視野に入れてきちんと調査は行われてます。でも植物油も石油蒸留物も、その他の薬物についても検出試験は行われて「特に検出されなかった」という結果となっている以上は、もうかばいようはないでしょう。

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

    ビタミンEアセテート、すべてのTHCリキッドに入っているわけではありません。

    それだと死亡事故件数は30件では終わらず、世界を震撼させることとなったはずです。被害者が使用したのは偽造THCリキッド、悪質な業者が作った粗悪なものだったのです。

    つまりTHCリキッドを製造するうえで絶対に必要なものではありません。

    それなのになぜ入れたのか、粘度が高いビタミンEアセテートが加わることでTHCリキッドはとろみが出てきます。

    ドロドロとサラサラ、どっちがよりたっぷりTHCの成分が入ってるように見えるでしょうか。

    見た目で消費者の目をごまかすために入れた成分、それが恐ろしい結果を引き起こしたというわけです。

    「CBD選びで一番大切なのは品質」、口を酸っぱくして様々な記事で訴えかけられてますがTHCについても同じことが言えるのです。

    ちょっとでも安く手に入れようとしたTHCリキッドで死亡、命を落としてしまった。痛ましいことです。

    ビタミンEは身体に良いはずなのになんでこんな恐ろしいものになったか、実はビタミンEアセテートはビタミンEの酸化を防ぐためにとエステル化が行われてるのです。エステル化とは化学修飾のこと、自然な成分ではありません。

    と言っても、化粧品とかサプリメントで使う分には全然問題ないんです。

    結構、ビタミンEアセテートが使われた製品ってのはよくあります。

    金稼ぎしようとしてる悪徳業者が希少で高いものを使うわけがない、身近にあってごまかすのに役立ちそうな成分だからこそ目を付けたんです。

    でもこの成分、蒸発させるのだけはやめた方が良かった。

    有毒なガスが生成されることで肺が損傷してしまいます。

    それにとろみのある膜が肺を覆ってしまったら、呼吸できなくなって当然です。

    THCリキッドでの死亡事故や健康被害は、こうして起こりました。ドンキホーテなどに置かれているCBDリキッドにこの成分が含まれていることはありません。

    この事件のニュース報道をきっかけに、世界でもビタミンEアセテートがもたらす健康被害に対する恐ろしさは広まりました。

    悪徳業者だって命まで奪ってもいいという極悪人はそこまでいないと思いたいです。確実にビタミンEアセテート入りTHCリキッドは減ったはずです。

    でもゼロになることは無いでしょう。

    それに、とろみがあって成分がたっぷり入っているように見せかけたいのはTHCリキッドだけでなくCBDリキッドだって同じ、個人輸入などを通じて日本にも死亡事故を起こすような危険な製品が入ってくる可能性は十分にあります。

    命よりも高いものは無し、賢い消費者とならないと恐ろしいのです。

    ちなみに、配合物としてビタミンEが含まれたCBDオイルとか見かけることもあるでしょう。

    天然のビタミンEにまで怯える必要はなし、アーモンドかとうがらし・抹茶にもちろんサプリメントと身近にありますが、摂取を控えて不足するとやはり健康被害を受けることとなります。

     

    THCリキッドの死亡成分は入っていないCBDリキッドはコチラ

     

    日本では合法のCBDリキッドで同じ事故が起こる?

    アメリカやヨーロッパでは当たり前に使われているCBDリキッド、ようやく日本でも知名度が高まってきてという中で恐ろしい事故のニュースが飛び込んできました。

    アメリカでTHCリキッド愛用者から何千人もの肺疾患患者が出ており、その中の実に39人もの方の死亡が確認されたというのです。

    THCもCBDも同じくヘンプという植物から抽出されるカンナビノイドです。

    日本ではTHCリキッドは違法ゆえに出回ってませんが、もしもCBDリキッドでも似たような症状が出てくるのであれば恐ろしいことです。

    一部の州でTHCを合法としているアメリカの場合、さらに危機感は募ります。

    さっそく患者たちを検査し死亡者は解剖にまわされて、その結果うかびあがってきたのが「ビタミンEアセテート」という成分だったのです。

    つまり、THCリキッドもCBDリキッドも死亡事故とは無関係でした。

    とはいえ、THC・あるいはCBDの結晶粉末にVG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)を加えて液体化したものがTHCリキッドなりCBDリキッドです。

    あとはヘンプならではの青くさい独特な香りを消すために香料がプラスされた製品はあるかもしれませんが、他に配合を必要とする成分などありません。

    更に調べを進めていくと、この度の被害者の多くは若者たちでした。

    自由に使うことができるお金は限られており、税金が付与された合法だけど高いTHCリキッドに手が出せない。

    なので安いけれど品質に難ありのものを購入し、こういった事態が起こったのです。

    一部の州ではTHCリキッドも合法となっているアメリカ、だからこそ日本と違った経由で違法な製品に手を出しての死亡事故です。

    日本人だってCBDリキッドの粗悪品を安さだけを理由に手をだす方が現れないとも限らないでしょう。

    世界にはびこる違法なリキッド、これほどの被害は初めてかもしれませんが様々なところで問題を起こしているのです。

    今回は本来であれば必要のないビタミンEアセテートが含まれていたからこそ、死亡事故にまで発展しました。

    この成分、見た目を取り繕う目的で配合されていたものです。

    これが肺に固まった油のように絡みつき、水がたまって疾患を引き起こしたわけです。

    THCリキッドに含まれてた成分なんだから日本人には関係ない?いえいえ、CBDリキッドだって無関係とは言いきれません。

    日本でだって死亡者が現れないとは限らない、この度のできごとはよい教訓となったのです。

    CBD リキッドを使って死亡!!??【勘違いする前に】

    ビタミンEアセテートってどんな成分?気化吸入がリスキー

    THCリキッドにCBDリキッド、いずれも成分量が多いほど高価になります。

    だからこそビタミンEアセテートが配合された、そして死亡事故へとつながったのです。

    化粧品などでも見たことがあるかもしれません。

    とろみがあり、保湿力アップに効果的なのです。

    そのとろみ、まるでTHCがたっぷり入ってるように見えませんか。

    おいしそうに見せようと着色料を・香りをアップさせるためにと香料を入れるのと同じです。

    真っ赤なウインナーも根強いファンのために残ってはいるものの、むしろごまかす為だけに存在する添加物はフリーという製品が増えました。

    でも違法製品だと相変わらず伝統技法が使われてきていたというわけです。

    濃度が高く見えた方がよいのはTHCリキッドだけでなくCBDリキッドもそう、だから日本での死亡事故もあって不思議ではないのです。

    厄介なことに、このビタミンEアセテートは気化吸入でのみキケン度を増します。

    化粧品だけでなく食品にも含まれていて、これまでは何の問題もなく摂取してきたのです。

    ビタミンEとあるので積極的に取り入れていた方もいるかも、ビタミンEのエステル化(化学修飾)がおこなわれてますから天然そのものの成分というわけではありません。

    電子タバコで熱せられて気化したビタミンEアセテートは、肺に届けられ冷めていきます。

    THCリキッドなりCBDリキッドは血管を通じて全身へとめぐっていくのですが、ビタミンEアセテートはドロドロの油の塊となり、そこに残ってしまうのです。

    タール状のものがからまった肺が正常に機能するはずもありません。

    その結果、未来ある若者たちの死亡という痛ましい事態が起こってしまったわけです。

    経口摂取や皮膚に塗ったところで特に何の問題もないこともお分かりいただけたはずです。

    この出来事で、確実にCBDリキッドの愛用者の数が減ったはずです。

    ビタミンEアセテート配合の製品に対して拒否反応を示したり、THCはやはり死亡の危険のある恐ろしいものだと怖がったり、もちろんTHCは違法ですから遠ざけておくのはよいことなのですがCBDリキッドや化粧品・食品まで悪者にする必要はありません

    「THCリキッドで死亡」というショッキングなニュースが飛びこんできたときにその情報に踊らされて無意味な行動はとってしまわないことです。

    自分なりに調べて正しい情報かそうでないかを見極めること、誰もがおこなっていればこのような事故が起こることはありません。

     

    THCリキッドの死亡成分は入っていないCBDリキッドはコチラ

     

    THC自体は危険ではない!ヘンプをイメージだけで判断しないで!

    THCリキッド、日本では違法となっています。

    日本人の偏見はひどく、死亡のニュースが飛び込んできたものの「何をいまさら」と思った方も多いでしょう。

    でもCBDリキッドだってビタミンEアセテートが含まれていたら死亡するかもしれません。

    それにTHCリキッドでの死者の例は世界でもめずらしいことなのです。

    強すぎる偏見が、同じくヘンプを由来とするCBDリキッドまで遠ざけてはいませんか。

    いま一度、真実の姿を知る必要があるでしょう。

    ヘンプという植物から抽出されるカンナビノイドがTHCでありCBD、他にも100種類以上も存在し研究が進められているようです。

    「植物由来の」はむしろ誉め言葉、そのキーワードに惹かれて食品や化粧品・サプリメント製品をえらんでる方も多いはずです。

    安全性が高い、そのイメージはCBDリキッドだけでなくTHCリキッドにも当てはまります。

    死亡なんて恐ろしい事態は起こるはずもないのです。

    中毒症状が引きおこされるのでは・廃人になるかも、これらは同じく取締法で違法とされているヘロインや覚せい剤から来ているのかもしれません。

    死のキケンが身近なら、合法とする国が現れることはありません。

    もちろん、THCリキッドはCBDリキッドと違って精神作用があり使い方によっては健康を害する存在となるかもしれないのです。

    でもそれはタバコやカフェイン・アルコールだって同じ、どういったお付き合いをするかが重要です。

    THCリキッドで死亡はありえないことです。

    でも、CBDリキッドはともかくアルコールとかカフェインは中毒症状を引き起こすこともありキケン度がむしろ高いのでは、それなのになぜTHCリキッドだけが違法となっているのでしょう。

    皆さん驚かれるかもしれませんが、昭和の始め頃までは日本でもヘンプが普通に栽培されていたのです。

    七味唐辛子に入ってる麻の実だってヘンプですよ。

    麻製の素材は風通しもよく、夏の衣類でおなじみです。

    袋や縄・紙の原料にも、実はとっても身近な存在です。

    神社にある鈴縄や神主さんにお祓いしてもらう時のおおぬさも、神事とも密接に関係しており、だからこそこれを奪うことで日本の力は確実に減るものと思われたのです。

    THCリキッドは違法という法律は戦後GHQ指導のもと作られました。政治的な思惑からだったのです。

    THCそのものに死亡するほどの危険性はなく、ましてやCBDリキッドまでやたらと怖がる必要はありません

     

    THCリキッドの死亡成分は入っていないCBDリキッドはコチラ

     

    電子タバコのアイコスで死亡する危険はない!

    THCリキッドによる死亡事故を受け、アメリカではトランプ政権が電子タバコ禁止の推進をおこなうなどさっそく具体的対策を講じています。

    実際にはビタミンEアセテートが原因だったのですから、もしかしたらCBDリキッドでも似たような被害が起こっても不思議ではなかったわけです。

    電子タバコを使用したがゆえのこの度の騒動、重く受けとめられたのです。

    ところで日本では電子タバコ自体、まだそれほどの認知度があるとは言いきれないでしょう。

    そのためそれほど深刻に日本国民はこの事件を無関係なものと思ってる方が大半のはずです。

    ただもしかしたら、一部でアイコスやブルームテック・グローなどの製品に対する影響を懸念する方もいたかもしれません。

    アイコスは世界シェアの96パーセントを日本が占めていた時期もあったほど、電子タバコなんかよりもよっぽどその名が知られています。

    もしもアイコスの中に入れるTHCリキッドなりCBDリキッドに死亡の原因・ビタミンEアセテートが含まれていたら、そんなことをアイコス愛用者が危惧するはずもないのです。

    これらの製品は加熱式タバコであり、リキッドを気化させる電子タバコとは別物だからです。

    直接火をつけて喫煙するのが従来の紙巻きタバコ、そして電気でタバコ葉を熱して煙を発生させるのが加熱式タバコ、電子タバコはタバコ葉が使われずリキッドが電気加熱されるのです。

    リキッド不使用なんですからこの度のTHCリキッドのようにとろみを付けて濃度を上げてといった必要性もなし、なので死亡するようなことはなくこのたびの事件とは無関係と考えてよいでしょう。

    日本で出まわるCBDリキッドやベイプリキッドにニコチンは含まれてませんが、加熱式タバコだとタバコ葉を熱して使用しています。

    ニコチンの害を受ける危険性はあります。

    アメリカにて電子タバコが制限をかけられましたが、それが日本のアイコスの数に直接的には影響はありませんでした。

    ただ、中途半端に情報を受け止めて自分なりに解釈する方は多数います。

    アイコスやCBDリキッドも危険なはず、そんな風評被害により確実に利用を躊躇した人はいるはずです。

    それぞれの特徴を知り、自分に合うものを選ぶことです。

    CBDリキッドにアイコス、どちらも品質にもこだわることです。

    合法の元で作られた製品を使う分には問題なし、ただ違法な製品だとTHCリキッドに限らずいずれも死亡や健康被害の危険性を秘めてはいるのです。

     

    THCリキッドの死亡成分は入っていないCBDリキッドはコチラ

     

    安心安全なCBDライフを送るために・日本国内で運営されているショップを選ぶ

    THCリキッドは法律違反なので近づかないのが身のためです。

    一方で合法のCBDリキッド、信頼できる製品を選べば健康維持に良い効果を発揮してくれるでしょう。

    でももしも粗悪なCBDリキッドなら、死亡してしまう可能性だってゼロではありませんしそうでなくとも何らかの健康被害を受けたり違法なTHCが含まれてたりといったこともあります。

    健康にも人生にも悪影響を及ぼすCBDリキッドと関わりあいにならず安心安全にCBDライフを送るには、どういったところで購入するのがよいのでしょうか。

    ドンキホーテとかでなら売られています。

    日本国内のお店に置かれてる以上は、日本の法律のもとで管理されているのですから違法な品が入りこむ隙などありません。

    THCリキッドが並ぶことはなく、CBDリキッドにビタミンEアセテートが含まれてもないでしょう。

    ドンキホーテで購入のリキッドで死亡事故が仮に起こったとすれば大問題となります。

    ただもしドンキが近場になかったら、わざわざ行ってお目当ての品がすでに売り切れてたなんてこともあります。

    もっと手軽にというならネット購入の方がおすすめです。

    ここでついつい選びがちなのが個人輸入、海外の薬やサプリメントを取りよせてる方も多いでしょうがCBDリキッドに関しては止めておきましょう。

    THCが入ってないことを証明するための書類を複数枚添付する必要あり、個人のためにそんな面倒を引き受けてくれる業者は少ないです。

    この度の死亡騒動を引き起こしたビタミンEアセテート入りTHCリキッドなど危険な製品を引き当ててしまう可能性が高いのも個人輸入、安全なはずのCBDリキッドだって本当に大丈夫か調べるために税関にて開封されてたりして当然と思ってた方がよいかもしれません。

    それよりは日本国内にて運営されているCBDブランドのサイトを通じてが安心です。

    日本の法律を順守しており、危険な成分が入っていることはありません。

    定期コースを選べばドンキなんかで買うよりもよっぽど安いです。

    アフターフォローも万全、THCリキッドでの死亡事故などが起こった時に使用中のCBDリキッドに悪影響はないのか質問してみてください。

    きっと正しい答えを教えてもらえるはずです。

    THCリキッド愛用者に起きたこの度のいたましい事故、自分には無関係とは言えません。

    正規品以外は死亡のリスクも背負わねばならなくなること・CBDリキッドやTHCリキッドの真実の姿など正しい知識を得るための教訓としてください。

     

    THCリキッドの死亡成分は入っていないCBDリキッドはコチラ

     

    関連記事:

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    THCリキッドは職質されたらアウト!プロから見れば一発でわかる

    THCリキッドの保存方法は?日光が当たらない場所(買ったらダメ)

     

    (Visited 442 times, 12 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ