THCリキッドを混ぜる?フレーバーを変えたりできるみたい

    THCリキッドは高いです。東京だと金と変わらない値段で取り引きされてます。

    金は、アクセサリーにもなるし資産として持ってる方もいるでしょう。

    でもTHCリキッドは、そもそもただの草ですよ。

    気化吸引で吸いこんだら一瓶なんてあっという間、所持してることが見つかったらタイホされてしまう。お金をかける価値はありますか。

    高いのは日本で違法とされ厳重に取り締まられてるから、需要と供給のバランスが著しく傾いてしまっているのです。

    大金持ちなら売人の方から近寄ってきてくれますが、一般人のあなたは購入ルートを見つけるのさえ困難でしょう。

    世界を見わたせば、さまざまなメーカーが濃度も配合成分も色々な製品を作ってるのですが、当然ながら選択の余地はありません。

    もしもTHCリキッドを手にいれたとして、濃すぎるとかヘンプの香りがきつすぎるなど不満があるなら「混ぜる」ってやり方を知っといてください。

    まあCBDリキッドにすれば、税関とか気にすることなく世界中で得回るあらゆる製品の中から自由にえらべるんですけどね。

    関連記事:

    CBDリキッドを薄める方法やメリット【自分好みの濃度に調節】

     

    THCリキッドを混ぜる?濃度調整できて香りも自由自在、一石二鳥!

    納豆に含まれる「セレン」という成分、過剰摂取すると高血圧・胃腸障害・疲労感といった症状が引きおこされます。

    なので1日1パックか2パックに留めること、健康に良いとされる納豆だって取りすぎは禁物なのです。

    THCリキッドの過剰摂取はもっとキケンです。

    CBDリキッドだって、高濃度だと健康を害することはないものの気分が悪くはなってしまいますよ。

    キック感が強すぎて思わずむせてはきだしてしまうなんてことも、濃度が合わないTHCリキッドやCBDリキッドは混ぜることで薄めて使用するのが正解です。

    何を混ぜればよいのでしょう。

    THCやCBDの粉末にPG(プロピレングリコール)とかVG(ベジタブルグリセリン)などの液体を混ぜたものが、THCリキッド・CBDリキッドです。

    PGやVGの割合を上げれば薄まります。

    どちらもインターネットで購入可能です。

    うまく混ざらないなら、湯煎にかけてみてください。

    ついでにTHCやCBDパウダーも買って、自家製リキッドを作ってみるのも楽しいですよ。

    コストパフォーマンスも高いし、おすすめです。

    自由にえらび放題のCBDリキッドも、VAPEリキッドと比べるとフレーバーの種類はすくなくて思ったほどのバリエーションがなくて、不満を感じてませんか。

    ヘンプの青臭いというか苦いというか、あの臭いが苦手って方も多いです。

    THCリキッドやCBDリキッドにいっその事、VAPEリキッドを混ぜるのはどうですか。濃度調整できて香りも自由自在、一石二鳥なんです。

    VAPEリキッド経由でCBDリキッドの世界に入っていったって方なら、VAPEの瓶がいくつも余ってるはずです。

    ムダなく使いきることができる、一石三鳥かもしれませんね。

    VAPEリキッドもPGやVGをベースフレーバーで香りづけしたものですから、対立することなくうまく混ざり合うことでしょう。

    ただし味によっては草の香りを更に青臭くすることも、あれもこれもと残ってたVAPEリキッドをぶっこんだ結果まとまりがつかなくなって更に悪臭となってしまうかもしれません。

    ほどほどに、ミックスジュースやフルーツ青汁を作る感覚で混ぜるとうまくいきます。もちろん、野菜や青汁の代わりとなるのがTHCリキッドやCBDリキッドってことです。

    CBDリキッドを混ぜるのもアリ!予備のPGやVGを用意しておくと◎

    VAPEリキッドを混ぜすぎたら、当然ながらTHCやCBDの濃度が薄くなりすぎることもあります。

    濃度が高すぎるのも困りもの、でも薄すぎて効果が実感できないとなるとせっかく購入して毎日に取り入れている意味がないですよね。

    「やりすぎた!」って時のためにも、CBDパウダーやTHCパウダーも持ってたらどうですか。PGやVGも、液体だからこそ誤ってドバドバ入れちゃうって失敗はありえます。

    濃すぎたとき薄すぎたときに混ぜる調整グッズがあれば安心です。

    違法ですからTHCリキッド関連の記事は日本で見ることはありません。

    一方で注目を集めはじめてるCBDリキッドについては、ネットで見かけることが増えました。でも濃度とか電子タバコで使用するときの電圧とか、はっきりと「これ!」と示されたものはないんですよね。

    同じに見える黒っぽい瓶、中身は一つ一つちがいます。

    使う人によってもちがうし、同じ人でも体調が悪かったらいつもの一瓶が合わなくなることがあります。

    調整しながら使ってこそヘンプ製品の良さはわかるというもの、合わないのに続けていてもイキイキとした毎日は手に入れることができません。

    THCリキッドやCBDリキッド、電子タバコが必要なので初期投資はかかります。

    精密機器である電子タバコはこまめなお手入れもしないと、吸い方のルールとかもあってめんどくさい事この上ないのです。

    更に「混ぜる」行為も必要、あれこれやるのはムリってことならCBDグミもありますよ。リキッドを補充するのが大変って方にはペンやカートリッジもあり、沼にハマっていくこともできるけど面倒なテマを省きたいという方のための道も一方で指し示されていて、そんなヘンプの世界を体験してみませんか?

     

    コチラの記事も人気です!

     

    (Visited 503 times, 6 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー