THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

    THCリキッドはともかく、CBDリキッドに入っているCBDという成分の方はむしろ健康や美容効果が高くWHOにも安全性が保障されているもののはずです。

    でもそれはCBD単一、あるいは安全性に気を配ったカンナビノイドのみがそこに配合されたフルスペクトラム製品で、危険な混ぜ物は一切入っていない場合のみという条件が加わります。

    CBDはヘンプを原材料としているけれど怖くないという情報がようやく日本でも広まってきていた矢先、アメリカにてCBD電子タバコを使用し死亡事故が相次いで起こったのです。

    詳しく情報を確かめればCBDリキッドも電子タバコも純粋なる被害者だと分かるでしょう。

    でもこの事件の報道を受け、確実に利用者数は減少したのです。

    毒性が低く大量摂取したとしても命に関わるような副作用がないはずのCBD(電子タバコ)を加害者としたのは、共に配合されていた混ぜ物のビタミンEアセテートだと言われています。

     

    混ぜ物ナシ!安全の国産CBDはコチラから

     

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品にはビタミンEアセテートが混入している危険性がある

    この混ぜ物の正体とは何か、THCリキッドにも含まれているのかなど見ていくこととします。

    ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ我々にとって必要不可欠な成分ですが、酸化されやすく不安定な物質なのです。

    それゆえに安定性を向上させるためにと化学修飾したのが酢酸トコフェロールで、脱水縮合でエステル化させたものがビタミンEアセテートです。

    この事件で一気に注目を集めたものの、それ以前から化粧品や食品などに普通に使われていました。

    つまり多くの方々が利用してきたわけでうが特に事故が起こったことはなし、それは塗ったり食べたりといった用途でのみ使用されていたからです。

    この混ぜ物、吸引することで悪影響を及ぼします。

    もしもTHCリキッドに入っていたとしても気化吸引という使い方は一緒、同じように危険が起こっても不思議ではありません。

    吸引されたビタミンEアセテートの気体は膜をするように肺をコーティングしてしまいます。

    そのため呼吸困難の症状が出てしまうわけです。

    脂溶性であるがゆえに溶けることなく貼りついて命をも脅かすのです。

    ただしこの度の事件、アメリカの疾病管理予防センター・CDCも可能性が高いとは言っているもののはっきりと断定しているわけではありません。

    患者29人の肺の組織からはTHCも検出されています。

    健康被害を受けている皆が裏ルートから入手しており、純粋なCBDリキッドではなく、更にTHCリキッドも含めて危険な混ぜ物が入っていたのです。

    そのどれがに影響を与えたのか、どの患者の体内からもビタミンEアセテートが検出されているのですから予想は正しいはずですがその他の成分もより危険な方向へと導いたはずで、品質に気を配らねばならないということが改めて分かったはずです。

    日本でもインターネット上に、CBDは安全であるという記事と共に粗悪な品も出回っているので気を付けようといった内容をよく見かけます。

    それを守らず安さや手軽さを求めた結果、命を失うこととなったこの度の事件は他人ごとではないのです。

    粗悪な品ほど、THCリキッドでもCBDリキッドを語ったTHC配合の品もビタミンEアセテートという危険な混ぜ物が入っている可能性は高いです。

    THCが高濃度で配合されているかどうか、その見た目の基準となるのが粘度です。

    蜂蜜のようなドロッとした液体、サラサラのものよりも濃いからと高値で取引されます。

    でもそういった性質を利用して悪徳商売を行うものもいるのです。

    ビタミンEアセテートは化粧品に食べ物にと多く出回る安価な物質です。

    そして増粘作用があり、これを配合することでTHCの量が少ないのにたっぷり入っているかのように見せかけられるのです。

    商品の酸化を防ぐためにと微量のビタミンが配合されたリキッドは普通に日本でも出回っていますが、それとは目的が違います。

    製品の質を保つためではなくごまかすために入れられた混ぜ物・CBDリキッドではなくTHCリキッドで、悪徳業者がどのような製品を売りつけてくるかは分かりません。

    すでにエステル化したビタミンEアセテートには酸化を防止する抗酸化作用もないのですから、完全に売り手の都合です。

    THCの量が多くて喜ばれるのはむしろCBDリキッドよりもTHCリキッドです。

    よりビタミンEアセテートが含まれている危険性が高まるので注意しましょう。

    そもそも、THC自体が日本だと規制対象となっているのです。

    濃度が高かろうと低かろうと禁止、使用せずとも所持しているだけで逮捕されてしまう可能性があるため気を付けましょう。

    危険な混ぜ物であるビタミンEアセテートが入ったTHCリキッド、THCが税関検査で止められるので日本に入ってくることは無いはずです。

    国内で正式に販売されているCBD製品であれば、命の危険を受けるようなことはないのです。

    海外から個人輸入するとなると誤って手に取ってしまうかも、CBD製品のまがい物は健康を害するどころではなく本当に危険なものがあるので気を付けなければならないというわけです。

    もちろん、THCリキッドは購入してはいけません。

     

    違法THCより合法CBD!プラスウィードはコチラ

     

    THCリキッドとは?メリットはあるけれど今の日本では禁止だから注意!

    日本で今少しずつ知名度が上がってきているCBD、すでに世界ではヨーロッパやアメリカを中心に多くの企業が参戦しており様々な製品が販売されています。

    CBDグミにリキッド・ワックス、いずれもCBDが配合されグミや液体状に加工されているのです。

    その形状ごとに、使いやすさや摂取して効果が得られるまでの時間・濃度が異なり、好みやライフスタイルに合わせて選び摂れるというわけです。

    海外のものだとCBD製品にTHCが含まれているものもあります。

    CBDにTHC、いずれもヘンプのカンナビノイドの一つです。

    100種類以上あるとされるカンナビノイドをCBDと共に加えることで自然に近い状態となり、相乗効果でより高い効果が得られるのです。

    少量であれば、THCのバッドトリップしてしまうといった負の作用はCBDに打ち消されます。

    海外だとむしろTHCも含めてのフルスペクトラム製品は当たり前です。

    一方で、CBDではなくTHCを主としたリキッドがTHCリキッドです。

    CBDリキッドと同じく電子タバコで気化して吸引することで使用します。

    タバコと言ってもニコチンは入っておらず、肺がんなどのリスクはありません。

    THCリキッドは、カナダやアメリカの専門店では普通にきれいなパッケージに入れられて陳列されています。

    摂取することで味覚や聴覚が研ぎ澄まされるので、普段の食事や音楽でもより豊かに楽しめるといったメリットがあるのです。

    深いリラクゼーション効果もあり、日々のストレスや緊張を忘れて身体を休めることが出来るでしょう。

    CBDリキッドだってリラックス効果や集中力アップといった作用があるのですから、同じくヘンプを原材料とするTHCリキッド、似たような良さがあるのです。

    ただし、日本で使用することは出来ません。

    THCは禁止薬物として法律で定められているのです。

    THCリキッドもCBDリキッドと同じく濃度が様々、中には70パーセントを超えるような高濃度のものもあればほんのわずか入っているだけのことも、そのいずれもが日本において所持していたことがばれたら逮捕されてしまいます。

    日本でもCBDのフルスペクトラム製品は手に入りますが、フルとは名ばかりでTHCはフリー・それ以外のカンナビノイドが配合されているだけです。

    世界で皆が使っていて安全だ・健康効果があると賞賛しているものでさえTHCが入っているからという理由で禁止、かなり厳しく制限されているので注意しなければなりません。

    THCリキッドは捕まる?好奇心があっても絶対にやめておこう

    カナダのショップで購入したTHCリキッド、持ち帰って自宅で使おうと思っても空港で止められてしまうでしょう。

    CBDリキッドにCBDグミ、サプリメント感覚での使用を考えると、手が出ないわけではありませんがちょっとお高めです。

    ただ、CBDならば続けることで日々の医療費や美容費を節約できるのですから決して高すぎる買い物では無いのです。

    でもTHCリキッドを摂取したからといってメリットが得られるのはほんの一瞬、その後は心も体もむしばまれていくばかりです。

    カナダだとTHCリキッドもCBDリキッドと変わらない価格帯で手に入ります。

    一方で日本ではTHCリキッドを売る人物と接触することができたとしても、法外なお値段を請求されることとなるでしょう。

    需要と供給のバランスで決まる商品のお値段、そもそも日本では公には出回っていないのですから供給量はどうしても少なくなってしまいます。

    どうやら東京で売られているTHCが世界で一番高いよう、持っていると逮捕されてしまうリスクがあるだけでなく財産もあっという間に失われていくというデメリットもあるのです。

    植物から抽出された成分なのに金の相場、需要と供給のバランスが崩れるとここまで金額は上がるのです。

    健康効果が得られるわけではなくむしろ逆です。

    もしも逮捕されたら社会的信用も失うことに、そんなものに無駄にお金をつぎ込む必要はありません。

    ちなみに北海道に行くと自生するヘンプを目にすることもできますが、わずか1パーセント以下の含有量しかないのです。

    それを加工してTHCを抽出させてTHCリキッドを作ったところで労力のわりに得られるものはほとんどなし、怪しげな行動は警察にも目を付けられます。

    絶対にやめておくべきです。

    原材料は同じくヘンプ、ですがTHCリキッドは花冠や葉から抽出し凝縮させました。

    CBDリキッドは茎や種子、抽出箇所が異なるだけで違法と合法に別れるのです。

    素人が見た目だけで判断することは不可能です。

    CBDリキッドとラベルに書かれていながら中にTHCの成分が入っているようなものもあり、どこで接触することとなるか分からないのです。

    合法の国もあり、THCだって品質の良いものを正しく使用すればそれほど害を成すことはありません。

    タバコやお酒だって、健康や精神面に大きな影響を与えることもあるものの日本で禁止まではされていません。

    メリットの一方でデメリットがあることを知って賢い消費者となるべきです。

    THCリキッドに関しては、メリットはあるけれど今の日本では禁止されていることを分かっておくこと、使いたかったらカナダなど旅行に行った時に摂取してみてはいかがでしょう。

    日本ではCBDリキッドが合法です。

     

    わたしがこれまで試してきたCBDリキッドはコチラの記事でまとめています。

     

    もし吸ってしまったら・作用時間について知っておこう

    THCリキッドを使用することで、多幸感が得られます。

    上司はうるさいし給料は少ない、コロナで家にいたら妻にもブツブツと言われてと日々感じてる嫌なことがぱあっと忘れられたらこれほど幸せなことはない、どうせなら効果時間も長い方がいいんですがどうなんでしょう。

    マッチ売りの少女みたいにあっという間に現実に戻されるのであれば困ります。

    CBDリキッドならともかくTHCリキッドのお高いこと、金と変わらないくらいの高価格です。

    しかも本当は法律で禁止されてて買っちゃあいけないのにこっそりと手に入れた大切なものなんですから、少量で何時間も浸っていたいという気持ちも分かります。

    でも残念ながら、効果時間の平均は1時間から2時間程度と短いんです。

    少しでも長くというならむしろTHCリキッドよりもオイルやグミ、4時間から6時間は続きます。

    どちらも配合されてる成分はTHC、なのになんでこんなに違うのかというと摂取方法に原因はあります。

    THCリキッドは温めてミスト化して使う気化吸引です。

    肺から直接吸引されるので効果発症までが早くて、その分あっという間に効き目も薄れてくるんです。

    4時間から6時間とは言いますが、THCグミの場合は食道から入った成分は消化器官を通って肝臓から吸収されることとなります。

    効き目が出てくるまでに最大で1時間も待たなくちゃいけない、一長一短です。

    見た目とか使いやすさにも差があるんで、それぞれの特徴を知ったうえで確かめてみて自分に合ったものを選びとることです。

    ところで、THCリキッドの効果時間は1時間から2時間と結構幅広いですが人によってはもっと長くなったり、残念なことに更に短くなることもあるんです。

    これはあくまで目安の時間、人それぞれにどうなるかは実際に試してみないとわかりません。

    そもそも、どれくらいの濃度が自分にピッタリなのかも分からずすべて手探りなんです。

    それを決める要因は、一般的なお薬ならば大人か子供か・体重・症状という程度でしょう。

    更に体質や体格・利用歴なども複雑に絡み合ってちょうどいいが決まるのですから厄介です。

    いつもはちょうどいい量でも、体調によって濃すぎるように感じたりやたらと周りが早くなったり、熟練のうどん屋さんがその日の気温とかも見て粉の量を調整するようにTHCリキッドもどれくらいの量がいいか・効果時間はどのくらいになりそうかを見極める腕が必要です。

    その為にはいったいどれだけ摂取すればいいのか、所持することさえ禁止の日本ですから1回使用するだけでもアウト、そんな面倒を引きうけるよりも最初から使わないのが一番です。

    THCリキッドなら違法、ただこれらの使用方法の注意点はCBDリキッドにも当てはまるので、CBD利用者に向けて言っていると思って続けます。

    CBDだってTHCほどではないけれど高価、少しでも効果時間を長くしたいという気持ちはおんなじです。

    どうすればより長く持続できるのか、高濃度のものを選べばいいんです。

    濃度が濃くなるほどより多くの成分を体内に取り込むことができますから、少し吸引しただけでも効果時間は長くなります。

    ただしTHCリキッドにしろCBDリキッドも、高濃度のものはそれだけお値段も高いんです。

    濃度を上げて効果時間を長くするか効果がなくなるたびにこまめに摂取するか、どっちにしても今よりも料金アップは免れないわけで、あまりありがたいアドバイスとは言えないかもしれません、すみません。

    THCだと購入ルートがある程度決まってくるでしょうから、商品を選ぶなんて贅沢をすることもできません。

    でもCBDは、ドンキホーテで並んでいる商品数は氷山の一角・インターネットで調べるといくらでも見つかるでしょう。

    だって世界中の企業が参戦してるんです。

    同じくヘンプを原材料とはしてますが、プラスで入っている成分とかの違いからメーカーごとに味も吸い心地も異なります。

    もちろん効果時間も、THCリキッドと違って口コミ評判なども大いに参考にできるんですから長く楽しみたいというなら効果時間の長いものを探しましょう。

    どうやらプラスウィードのCBDリキッドなどはおすすめのよう、3パーセントから10パーセントまでありますが特に10パーセントは長く効果が続くみたいです。

    10パーセントカートリッジが10000円以下、お値段的にも手ごろでいいんです。

    男性だと憧れるマッチョ系ボディですが、脂溶性化合物であるTHCは脂肪細胞内に蓄積されるということもあり、体脂肪率が低くなればなるほど持続時間が短くなってしまいます。

    活発に運動する方ほど代謝がよくて早く消費される傾向に、THCリキッドの効果時間を長くしたいというなら日々の運動の習慣を減らし、怠惰な生活を心掛けた方がいいのかもしれません。

    自堕落な暮らしこそがTHCライフにピッタリ、使用頻度が高ければそれだけ逆耐性が出来て少量でも十分に効果が得られるようになっていつの間にかどっぷり浸かってしまうんです。

    THCリキッドでやばい状況を引き起こさないためにも初めから近づかない、です。

    コスパは?日本では逮捕のリスクを考えると高くつく

    健康効果が高いとされるCBDですが、決して安いとは言えないそのお値段に購入を躊躇している方も多いはずです。

    それでは、THCリキッドのコスパはどうなのでしょう。

    ニュースを見ていると、何かと有名人がTHCの所持使用で逮捕されたといった報道が目につきます。

    末端価格がいくらかなども伝えられており、少ない量でべらぼうに高くさすがお金を持っていると感心していたりもするかもしれません。

    一方で大学生とか一般の方の逮捕劇だって無いわけではなし、どうやら人々からの人気の度合いが売れ具合を左右する芸能人などは足元を見て商売されるため、どうしても高い製品を買わざるを得ないようです。

    それなら実はお手頃なのかというとそうでもありません。

    特に東京は全世界で見て最もお値段が高いという統計も出ているのです。

    THCリキッドを手に入れたいなら東京はNG、コスパが良いとは言えません。

    具体的にはTHC1gで32ドル程度のお値段で取引されているようです。

    THCリキッドのコスパは?日本では値段が世界一高い上に逮捕のリスクを考えると高すぎる

    ただしこれは農家から直接という場合のお値段、人から人を介する中でマージンも取られるのですからもしも我々が購入しようと思うと1gが60ドルと倍近くになります。

    これは金とほとんど同じ価格ということで、どれだけ高値で取引されているかが分かるでしょう。

    二位は韓国・ソウルですが三位は京都、またしても日本がランクインしています。

    なぜこんなにも日本でのお値段が高いのか、そこにはいくつかの理由は考えられるものの特に大きな理由としてTHCリキッドなどTHC自体の流通量が少ないというのが挙げられます。

    需要と供給のバランスこそが値段を決定する要因、THCリキッド自体がそれほど出回っていないのに求める方が多いのであればコスパが良くなるわけもありません。

    その昔は普通にしいたけやしめじと同じように食べられていた松茸が、赤松の林が減り人工栽培が出来ないからこそ高級品に、庶民は年に一度食べられるかどうかといった存在になったのと同じことです。

    THCリキッドだってその原材料となるヘンプはただの植物、信じられない価格帯です。

    (少しずつではあるもののお値段が下がってきているようです)

    でも金のアクセサリーだってお金を貯めれば庶民が買えないわけでも無く、ちょっと無理をすることで手に入ります。

    それならTHCリキッドもと、コスパの云々に関係なく購入してしまってはいけません。

    何しろTHCは禁止薬物、逮捕されてしまうのです。

    第一線で活躍していた芸能人が転落し、すっかりテレビで見なくなっている様はご存じでしょう。

    一般の方だって、社会的信用を失い仕事に家庭とあらゆるものとお別れしなければならなくなるはずです。

    そんな思いをしてまで手に入れるべきではない、ストレスやプレッシャーをどうにかしたいというなら他にもきっと方法はあるはずです。

    THCのお値段のランキングを更に詳しく調べて行くと、アジア諸国を中心に上位を占めていることが分かります。

    アジアの方がTHCリキッドを含め、ヘンプに対する考え方が厳しく法律でも取り締まりがきつい、だから国内にコスパの良い製品がほとんど出回らずどんどんお値段が上がる一方なのです。

    特に日本の東京が高くなるのは、税関の検査の厳しさを見ても分かるはずです。

    THCリキッドは職質されたらアウト!プロから見れば一発でわかる

    タバコやお酒を摂取すれば、一時は嫌なことを忘れられるというメリットがあります。

    でもその一方で健康を害する危険なもの、お酒を飲んで酔っ払って羽目をはずし後で後悔したことも数知れないはずです。

    ヘンプほどではないとしても、メリットと共に大きなデメリットが知られているのです。

    それでも今のところ、日本では禁止されてはいません。

    一方で海外に目を向ければTHCリキッドだって合法・あるいは部分的に合法といったところも、決して少ないわけではありません。

    少量であればCBDの効果を高めてくれるTHC、CBDと共に配合されたフルスペクトラム製品は特に大量に出回っています。

    政府からの公認を受けている以上は取引も自由、THCリキッドを含めTHC製品が市場に多く出回っているのですからコスパも悪くはありません。

    東京で買うのと全然違うお値段に驚かされるでしょう。

    そうして手に入れたTHCリキッドを持って帰ろうとしても空港で止められるので注意が必要です。

    ただTHCの安い国、ランキングを見るとヨーロッパやアメリカ以上に発展途上国が多くランクインされています。

    これらの場所はそもそもの物価も安い、それもあって日本の東京の10分の1ほどのお値段で手に入るのです。

    ランキング内の国の中には違法とされているところも無いわけではなし、でもどうやら日本のように厳しく罰せられることもなく審査をしている役人に袖の下を渡せばどうにかなる、そんな緩い国々が入っているのです。

    これなら法律はあって無いようなもの、いくらでもTHCが国内に入ってくるのですからお値段も安くなって当然というわけです。

    CBDリキッドであれば逮捕のリスクもありません。

    最近では国産でコスパが高くフルスペクトラムのプラスウィード(+WEED)が登場しました。

     

    最安値クラスのCBD!プラスウィードはコチラ

     

    実際に試してみたレビューはコチラです↓

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ