THCリキッドの購入方法は?日本では品質の良い製品かわからない

THCリキッドの購入方法を知りたいという日本人の方、いるかもしれません。

最近は便利な世の中となり、家具や家電に食料品・薬や仏壇なんてものまで何でも自宅にいながらにして注文できて自宅まで届けられるようになりました。

でもTHCリキッドは別、注文したところで届くことはありません。

きっと税関検査で止められてしまいます。

もしかしたら危険薬物を手に入れようとしたとして警察が逮捕しにやってくるかもしれず、絶対にやってはいけません。

日本国内で商品が売られていれば税関を通ることなんてないのですが、何しろTHCは日本では違法とされています。

THCの原材料であるヘンプを育てることだって禁止、安全性も高く合法なCBDリキッドも海外製の製品がほとんどなのです。

インターネットで調べればTHCリキッドいずれも海外の製品ながら、注文画面にたどり着くことはできるかもしれません。

それなら注文ボタンを押せばよいだけ、購入方法は簡単です。

THCオンリーの製品からCBDリキッドでTHCも含めてフルスペクトラムとなっている製品まで、その他の日本で禁止されている成分が入っているものも海外だと普通に出回っています。

 

ただ、たとえ運よく税関をくぐりぬけたとしても品質のよいTHCリキッドかどうかも分からないのです。

実態のないネット上は現実世界以上に悪徳業者が入りこみやすく、とても危険です。

未成年者にネット検索の制限をかけるのはエッチな画像を見てしまわないようにというだけではありません。

怪しげな製品ほど、粗悪な原材料を使っているのでお値段も安かったりします。

それで引っかかって体調を崩すだけならまだしも命の危険もあるしもちろん逮捕されることも、人生を棒にふることとなったら大変です。

くれぐれも興味本位で「THCリキッド・購入方法」などと検索しないことです。

THCリキッドの購入方法は?日本では品質の良い製品かわからない

THC撲滅のために頑張ってはいるもののすべて排除できているわけではなく、日本国内でも出回っていることは確かです。
何しろ有名芸能人が数多く逮捕されています。

THCリキッドを興味本位から欲しがる人、あるいはすでに依存症となっている人たちは一定数います。

需要があるからこそ抜け道をくぐって入ってくるわけで、ヤクザなどが出入りするような怪しげな場所を利用していると、購入方法を知ろうと思っていなくても売人から声をかけられることもあるはずです。

その場で言われる金額を支払えば取引成立、簡単な購入方法かもしれませんが決して誘いに乗ってはいけません。
原材料はただの植物、でも需要が大幅に供給を上回っているので東京でのTHCの金額は高く金と変わらないくらいと言われています。

それだけのお値段を払ってリスクも背負う、裏ルートゆえに粗悪なものも多いしとよいことなど一つもないのです。

THCリキッドの購入方法というとこういった怪しげなルートばかり思い浮かぶでしょうが、カナダやアメリカには街中に専門店もあり、雑貨屋さんを思わせるようなおしゃれな雰囲気の店内できれいなパッケージにいれられて売られているのです。

何しろこれらの国でTHCは合法です。

摂取することで食事や音楽が楽しめ、リラックス効果が得られると喜ばれているのです。

日本だって、ニコチンが危険だと言いながらタバコが売られています。

お酒だって度を過ぎれば精神を制御できなくする毒に、そのせいで後悔することとなった経験を持つ方はたくさんいるはずです。

それでも合法、THCだってやり方を間違えなければ廃人にはならないということです。

どちらかというとヨーロッパや欧米諸国はTHCに対する対応がゆるめ、こういった国であればTHCリキッドの購入方法は比較的簡単です。

どこかお店を探して、普通に日用品を買うようにお金と選んだ商品をだせばいいだけなのです。

一方で、アジア諸国は厳しく取り締まる国が多いです。

THCに対する興味関心が尽きないというなら、カナダあたりに旅行に行ってみればいいのです。

留学生に人気の国で、生きた英語や文化だけでなく大人な世界を学んで帰ってくる方も少なくはありません。

適当なお店でなんとなく選んで楽しんで、しばらくカナダにて暮らしているとTHCリキッドのとりことなってしまうかもしれないです。

THCリキッドの購入方法が簡単なこの状況に慣れてしまって、でもその感覚のまま日本に持ち込んでしまうと痛い目をみます。

何度も使って自分自身の体で安全性が確かめられている製品かもしれませんが、それでもTHCである以上は禁止です。

あくまで滞在中のみの楽しみにすること、ごくわずかであっても日本では罰金刑ではなく禁固刑の対象となってしまうのです。

拳銃を輸入したのと同じだけの罪となり、一度逮捕されてしまうと今後の海外への入国が難しくなります。

国によってはTHCが合法のところもありそういう国なら購入して使用してもなんらおとがめもないのに、そこに行くことができなくなってしまうのです。

あくまで旅行や留学中の楽しみにしておきましょう。

THCリキッドの購入が難しい国で、あえて購入方法を考える必要はありません。

 

関連記事:

CBDリキッド『高濃度タイプ』ベスト10選はコレだ!

 

(Visited 938 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓