THCリキッドの効果時間は?30分から1時間で薄れてくる

    THCリキッドの効果時間はどれくらいでしょう

    THCにCBD、ヘンプから抽出された成分はグミやワックス・リキッドと様々な状態に加工されます。

    同じ成分が入ってるんだから得られる効果は同じ、ただどれもこれもが同じ程度で効果が出てきてどれくらい効き目が持続するかは違うんです。

    それは、どういった摂取方法が取られているか・つまり身体のどの部分から入っていくかが関係しています。

    なのでCBDリキッドとTHCリキッドはそれぞれ似たような効果時間を持ち、CBDグミとTHCグミが同じと考えればいいでしょう。

    だって日本は麻薬取締法があってTHCは徹底排除されてるんです。

    危険なものの使い方や購入方法・更には摂取してどれくらいで効き目が出てくるかなんてことをサイトに乗せてたらマークされてしまいます。

    なのでTHCリキッドの効果時間について書かれた記事はなし、でもCBDリキッドのデータを参考にすればある程度は分かります。

    分かったからといって活用するのはNG、THC関連の記事を載せる以上に要注意人物として捕まってしまいますよ。

    THCリキッドは捕まる?好奇心があっても絶対にやめておこう

    オイルタイプだとヘンプ特有の青臭さや苦みがしっかりと感じられて、苦手だという方も多いです。

    舌の下にスポイトで垂らしてといったやり方も難しい、電子タバコだと公共の場では白い目で見られるので手軽に摂取出来ないし、そもそも電子機器である電子タバコをうまく使いこなすのが難しそうと機械音痴ゆえに敬遠する方もいます。

    CBDやTHCの形の違いでどういったメリットデメリットを感じるかは人それぞれ、どれが一番とは言えないのもそのためです。

    どうしても見た目や摂取方法に左右されてしまいますが、その違いが効果時間も生み出しています。

    とにかくすぐにもガツンと効果が得たいというなら、THCリキッド・CBDリキッドといったタイプが一番なんです。

     

    日本でも合法のヘンプCBDリキッドはコチラから!

    (国産のプラスウィード公式サイトへ)

     

    THC(CBD)リキッドの効果時間は?肺の毛細血管から一気に全身に巡る

    これらに共通するのが気化吸引というやり方、電子タバコで温めて出てきた煙を一気に吸い込みます。

    ニコチンタバコやベイプリキッドを愛用してた方たちにありがちなのが、煙をバンバン出しながらスパスパ吸うといったやり方ですがこれは正しいとは言えません。

    だってその煙の中にこそTHCでありCBDが入ってます。

    煙がよく見えるということは空気中に大量に放出されてるということ、もったいない使い方をしないようにしましょう。

    THCリキッドならばTHCの成分を肺にしっかり留めるといったイメージで使用するのがいいです。

    肺から直接体内へ、なのでリキッドタイプは効果時間はともかく効果を感じるまでの時間は早いんです。肺の中を張り巡らされてる毛細血管、そこから血管を通って一気に全身に巡るからです。

    ただ、早く行き渡ったTHCなりCBD成分は30分から1時間もすると徐々に効果が薄れてきます。

    大切な会議を前にして緊張してるとき、効果発症まで1時間も2時間もというのだと意味がありません。

    数分以内にリラックス作用が訪れるリキッドタイプが愛されるのも当然です。

    とは言え、ゆっくりと効果発症していくタイプだとその分、効果の持続時間が長いといったメリットもあるんです。

    CBDリキッドやTHCリキッドの効果時間と異なり、例えばCBDグミなどは最大で60分ほどもかかって効果が発症、そのまま4時間から6時間は保たれます。

    口から入れたものが消化器官を通って肝臓へ、届くまでに長い道のりを経るからこそです。

    グミタイプだとついついお菓子感覚で食べてませんか。口に入れたらそのまま舌の下へ、そこで数秒間留めるといった食べ方をしてみてください。

    オイルタイプなどでもお馴染みの舌下摂取、この部分にも毛細血管は張り巡らされており肺と同じく血管へと直接吸収されることとなります。

    リキッドと違って最大でも30分ほどは待たなければなりませんが、それでも経口摂取よりはよっぽど早いです。

    ただし、早く効果が発症したら持続時間が短くなる、効果時間の法則もTHCリキッドとおなじになります。

    経口摂取だと4時間から6時間、でもオイルタイプは2時間から4時間しか持続しないのでその点は要注意です。

    ちなみに、これらの数字はあくまで参考程度にしておきましょう。

    だって人それぞれに体形も体質もCBDやTHCの摂取歴も違うんです。

    そういうのに影響されやすいといった特徴も持っており、CBDもTHCも適量は人それぞれに異なります。

    どれだけ摂取したらどのくらいで効果が現れるのか、リラックス効果がどの程度続くのかなど、自分で確かめてみることです。

    ただしそれはCBDリキッドでやってください。

    THCリキッドで何度も効果時間を実験し、どんどん濃い量を身体に投与しているとやばいことになりかねません。

    というよりも、日本だとこのような実験をしてみようとTHCリキッドの購入を思い立った時点でアウト、持ってるだけならと言われるかもしれませんが所持も譲渡も違法です。

    CBDリキッドにだってリラックス効果はあり、それも精神に強すぎる影響力を持たない安全なものです。

    どうしてもというなら一度くらいは海外で試してみてもいいですが、できれば近づかない方が身のためです。

     

    THCリキッドより合法のCBD!効果で選ぶならコチラ

    (国産のプラスウィード公式サイトへ)

     

    関連記事:

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    THCリキッドの吸い方・吸いこむ前に5秒ほど息をはいておく!

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ