THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    THCリキッドの個人輸入は絶対にやめておきましょう。

    とにかく様々なリスクが降りかかってきます。

    海外のショッピングサイトで売られている商品を日本に居ながら購入すること、それが個人輸入です。

    日本では売られていない商品が手に入るし、同じ商品でも日本よりもかなりお安くなっていたりして、こういったメリットから利用される方は多いのです。

    インターネット経由だからこそ24時間いつでもどこでも注文出来て自宅に届けてもらえる、日本だと医者の処方箋が必要となるような薬であってもまとめ買いが可能ということから、忙しい毎日を送る現代人にピッタリの買い方なのです。

    実店舗で買うとなると恥ずかしいダイエット薬や薄毛治療薬もこっそり手に入って、ただしTHCリキッドの個人輸入のこっそりは意味が違います。

     

    関連記事:THCリキッドに混ぜ物?

     

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ!2つのヤバいリスク

    1つは、THCは日本では禁止されている成分なので、こっそり購入してしまったら逮捕されることとなるでしょう。

    海外の製品だから中身の表示も取扱説明書もすべて海外の言葉、だから分からなかった・気が付かなかったと言い訳しても警察に聞いてもらえずそのまま逮捕という場合もあるので気を付けなければなりません。

    購入ボタンを押してしまった以上は、何があろうと自己責任なのです。

    個人輸入で面倒になるのが海外の方とその国の言葉でやり取りしなければならないこと、時間や手間がかかってしまうのです。

    でも個人輸入代行業者が厄介ごとはすべて引き受けてくれるので、個人輸入と言っても普通の通販と変わらず利用できるようになっています。

    それではTHCリキッドはというと、そもそも個人輸入が禁止なのですからそれでも日本人に斡旋しようとしてくれている業者は法律に違反する悪質なところでしかありません。

    個人輸入で重要となるのが、信頼のできる質の良い代行業者を見つけることができるか。

    第一段階でクリアすることができず、とてもおすすめは出来ないというわけです。

    普通の風邪薬とかダイエット食品であれば良い個人輸入代行業者は多数あり、多くの方が利用してその恩恵を受けています。

    もしもTHCリキッドの個人輸入代行業者がいたとして、彼らは何も親切心からこういった事業を行っているわけでは無いのです。

    日本では、特に東京のTHCの取引価格は世界一と言われています。

    国内にほとんど出回っておらず需要に供給が追い付いていないからこそのこのお値段、もしも売り手側に回ったら大きな儲けが得られることでしょう。

    高値であっても取引に応じてくれる客がいる、法の目をかいくぐってでもやっている第一目的はお金なのです。

    そういった方々の中には実際に手に入れて使用する消費者のことは二の次、というかかなり低く見ている傾向にあります。

    それを使って依存症や中毒者となってもいい、むしろその方がより高値でも買ってくれるありがたい客になるでしょう。

    取り合えずTHCリキッドとしての体裁があればよくて、身体に害を成すような危険な成分が入っていて体調を崩そうともどちらでもいいのです。

    2つ目のヤバいリスクは、個人輸入元となることも多いアメリカで、THCリキッドではなくCBDリキッドの使用者が多く体調不良を訴えるのみならず死亡した事件が発生したことです。

    その原因とされたのがビタミンEアセテートという成分です。

    THCが多く含まれているように見せかける増粘剤の役割を果たすこともあるこの成分、化粧品や食べ物でもお馴染みで塗ったり食したりする分には良いのですが、気化して肺から吸い込むことで命を脅かすのです。

    CBDリキッドを日本で信頼できるメーカーから買うのであれば入っていることのない成分、品質には注意しなければならないというわけです。

    個人輸入をしてまでTHCリキッドような方であれば特にTHC濃度は気になる所、適当な業者から安さを重視して購入していると命の危険さえ出てきます。

    日本で禁止されている成分、それは副作用が大きいなどリスクが確認されているからこそです。

    はっきりいって厳しすぎる面もあり、THCだって少量であればCBDを相乗効果で効果を高めてくれるからとフルスペクトラム製品に配合している製品は多数世界で出回っています。

    でも、この厳しい法律で守られているからこそ今の日本の安全があり、海外の法律に基づいて製造販売されている製品を日本に持ち込むことの怖さについて、今一度考えてみることです。

    そもそも、THCリキッドを個人輸入で注文したとしても届くことは無いでしょう。

    日本の税関検査は優秀、THCが入っていることをいち早く見抜いて止めてしまいます。

    THCリキッドでなくCBDリキッドに見せかけた製品だって同じこと、個人輸入で買うのは安いからというメリットもあるからです。

    でもお金を払って商品が届かないのであれば損をするだけ、法律で禁止されているTHCリキッドは個人輸入で海外から取り寄せることもしてはいけません。

    ちょっとした好奇心からTHCリキッドの個人輸入を行ったことで、逮捕されたりビタミンEアセテートによって死んでしまったりしたら大変です。

     

    HEMP Babyの個人輸入に注意!税関で差し止めの可能性?

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ