THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    THCリキッドの個人輸入は絶対にやめておきましょう。

    とにかく様々なリスクが降りかかってきます。

    海外のショッピングサイトで売られている商品を日本に居ながら購入すること、それが個人輸入です。

    日本では売られていない商品が手に入るし、同じ商品でも日本よりもかなりお安くなっていたりして、こういったメリットから利用される方は多いのです。

    インターネット経由だからこそ24時間いつでもどこでも注文出来て自宅に届けてもらえる、日本だと医者の処方箋が必要となるような薬であってもまとめ買いが可能ということから、忙しい毎日を送る現代人にピッタリの買い方なのです。

    実店舗で買うとなると恥ずかしいダイエット薬や薄毛治療薬もこっそり手に入って、ただしTHCリキッドの個人輸入のこっそりは意味が違います。

     

    THCリキッドの個人輸入より合法のリキッドはコチラ

     

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ!2つのヤバいリスク

    1つは、THCは日本では禁止されている成分なので、こっそり購入してしまったら捕まることとなるでしょう。

    海外の製品だから中身の表示も取扱説明書もすべて海外の言葉、だから分からなかった・気が付かなかったと言い訳しても警察に聞いてもらえずそのまま逮捕という場合もあるので気を付けなければなりません。

    購入ボタンを押してしまった以上は、何があろうと自己責任なのです。

    個人輸入で面倒になるのが海外の方とその国の言葉でやり取りしなければならないこと、時間や手間がかかってしまうのです。

    でも個人輸入代行業者が厄介ごとはすべて引き受けてくれるので、個人輸入と言っても普通の通販と変わらず利用できるようになっています。

    それではTHCリキッドはというと、そもそも個人輸入が禁止なのですからそれでも日本人に斡旋しようとしてくれている業者は法律に違反する悪質なところでしかありません。個人輸入で重要となるのが、信頼のできる質の良い代行業者を見つけることができるか。

    第一段階でクリアすることができず、とてもおすすめは出来ないというわけです。

    普通の風邪薬とかダイエット食品であれば良い個人輸入代行業者は多数あり、多くの方が利用してその恩恵を受けています。

    もしもTHCリキッドの個人輸入代行業者がいたとして、彼らは何も親切心からこういった事業を行っているわけでは無いのです。

    日本では、特に東京のTHCの取引価格は世界一と言われています。

    国内にほとんど出回っておらず需要に供給が追い付いていないからこそのこのお値段、もしも売り手側に回ったら大きな儲けが得られることでしょう。

    高値であっても取引に応じてくれる客がいる、法の目をかいくぐってでもやっている第一目的はお金なのです。

    そういった方々の中には実際に手に入れて使用する消費者のことは二の次、というかかなり低く見ている傾向にあります。

    それを使って捕まってしまってもいい、むしろその方がより高値でも買ってくれるありがたい客になるでしょう。

    取り合えずTHCリキッドとしての体裁があればよくて、体に悪いような危険な成分が入っていて体調を崩そうともどちらでもいいのです。

    2つ目のヤバいリスクは、個人輸入元となることも多いアメリカで、THCリキッドではなくCBDリキッドの使用者が多く体調不良を訴えるのみならず死亡した事件が発生したことです。

    その原因とされたのがビタミンEアセテートという成分です。

    THCが多く含まれているように見せかける増粘剤の役割を果たすこともあるこの成分、化粧品や食べ物でもお馴染みで塗ったり食したりする分には良いのですが、気化して肺から吸い込むことで命を脅かすのです。

    CBDリキッドを日本で信頼できるメーカーから買うのであれば入っていることのない成分、品質には注意しなければならないというわけです。

    個人輸入をしてまでTHCリキッドような方であれば特にTHC濃度は気になる所、適当な業者から安さを重視して購入していると命の危険さえ出てきます。

    日本で禁止されている成分、それは副作用が大きいなどリスクが確認されているからこそです。

    はっきりいって厳しすぎる面もあり、THCだって少量であればCBDを相乗効果で効果を高めてくれるからとフルスペクトラム製品に配合している製品は多数世界で出回っています。

    でも、この厳しい法律で守られているからこそ今の日本の安全があり、海外の法律に基づいて製造販売されている製品を日本に持ち込むことの怖さについて、今一度考えてみることです。

    そもそも、THCリキッドを個人輸入で注文したとしても届くことは無いでしょう。日本の税関検査は優秀、THCが入っていることをいち早く見抜いて止めてしまいます。THCリキッドでなくCBDリキッドに見せかけた製品だって同じこと、個人輸入で買うのは安いからというメリットもあるからです。

    でもお金を払って商品が届かないのであれば損をするだけ、法律で禁止されているTHCリキッドは個人輸入で海外から取り寄せることもしてはいけません。

    ちょっとした好奇心からTHCリキッドの個人輸入を行ったことで、逮捕されたりビタミンEアセテートによって死んでしまったりしたら大変です。

     

    合法で安全なCBDリキッド!ヘンプの恵みはコチラ

     

    THC製品は購入できない!日本の法律に従いましょう

    THCリキッドとCBDリキッド、どちらも耳にする機会が増えたはずです。同じくアルファベット3文字、しかもどうやらどちらもヘンプという植物から抽出されるものみたいで共通点が多いからどっちも個人輸入で手にはいるって思ってませんか。

    絶対ダメ、CBDリキッドは合法ですがTHCリキッドは日本の法律で違法です。

    持ってることも許されないし、誰かからもらったりあげたりもダメ、ついでに言うとヘンプを育てることも禁止されてます。

    日本で徹底排除されてるものなのに、もし呑気に個人輸入で注文なんてしてたら思いっきり警察に目を付けられてしまいますよ。

    時々報道される芸能人が所持してたっていうニュース、あなたはそれを手に入れようとしてるんです。

    個人輸入が駄目なら日本国内で流通してるTHCリキッドを購入すればいいのか、だってCBDリキッドならともかく違法だと言われてる製品が普通にスーパーとかに並べられてるはずがないのです。

    ヤの付く商売の方からもらうとか怪しげなお店で売人から買うとか、そんな買い方しかできません。

    ごく普通の生活を続けていきたいのなら知らなくていい裏の世界、飛びこんでいくのはやめておきましょう。

    きっとCBDリキッドについて調べている過程で、THCリキッドについてもその名を耳にしたはずです。

    そこには、「THCは違法なので絶対に購入しないように!!」といった赤文字の但し書きも付いていたことでしょう。忠告には従うべきです。

    日本だとともかく、カナダやアメリカの一部の州ではTHCも合法です。

    なので、海外では普通に出回っているんです。

    日本人がイメージするほど恐ろしい存在ってわけでもない、けれども日本に住んでいるのですから日本の法律に従わなければなりません。

    「THCは違法」、興味はあるかもしれませんが・法律自体に不満をもっていたとしてもガマンしましょう。

    隠しててもバレますよ。

    個人輸入で取りよせようとしたのであれば、優秀な税関職員がいます。

    怪しげなルートは常に警察官たちが見張っているわけで、それに誰も見てないと思っていてもお天道様と自分は見ています。

    どうしてもTHCリキッドのことが気になってしょうがないというなら、CBDリキッドを買って使ってみることをおすすめします

    何しろ、同じヘンプ由来の成分です。

    THCリキッドよりもマイルドに作用して、合法ですから隠す必要もありませんが、CBDリキッドこそ個人輸入での購入がおすすめ、というわけでもないんですよ。

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

    合法のハズのCBDにTHCが入っていたら?税関で没収&支払い損

    個人輸入、とっても便利です。

    24時間いつでもどこでも注文可、輸入と言っても手続き関係は代行会社がやってくれるので通販感覚で手軽です。

    だからこそTHCリキッドもCBDリキッドも、薬とかと同じ感覚で個人輸入で取りよせようと考えてしまう気持ちも分かります。

    でも、そもそもTHCリキッドは違法なんですからダメですよね。

    そしてCBDリキッド、こちらも個人的に輸入しようと思うとなかなかに面倒なこととなってしまいます。

    それはTHCが入っている可能性があるから、別の製品なんだからそんなはずはないと思われているかもしれませんがだって元々は同じヘンプが原材料なんですよ。

    それに、CBDリキッドにTHCを含めてさまざまなカンナビノイドが配合されたフルスペ系製品というのもあるから厄介なことに、個人輸入した製品は税関職員がまずはTHCリキッドを持ちこもうとしてないか止めますよね。

    更にはCBDリキッドとあるけれど中にTHCの成分も入ってないかどうかも調べなければいけなくって、なので注文して2週間以上はかかると思っておいた方が良さそうです。とにかく時間がかかるんです。

    悪徳業者の品だと中身と外に貼られたラベルが別ものなんてこともあるので、開封して検査もおこなわれますから、ようやく届いた商品はすでにパッケージも開けられてます。違法じゃないことを証明するために必要な書類も膨大で、日本に送るのは面倒だからと業者が引きうけてくれないかもしれません。

    それでもTHCリキッド不使用の純粋なるCBDリキッドだったならいいでしょう。

    個人輸入ですからお値段も安い、面倒ごとも引き受けてくれるいい業者が見つかればめっけもんです。

    でももしCBDリキッドを購入したつもりが中にTHCが入っていたら?税関で止められて商品が届かないので、お金だけの支払い損です。

    密輸を企てようとした極悪人と思われて警察につかまったら、そんな気はなかったんだとどれだけ訴えても心の内を証明する手立てはないのです。

    どれだけ税関職員が優秀と言えども、すり抜けて入ってくる製品だってあるでしょう。悪徳業者製造のリキッドに入っているのはTHCだけとは限らず、危険な化学成分でトラブルがなんてこともあるかもしれません。

    というわけで、THCリキッドを輸入しないのは当然のこと、CBDリキッドも個人輸入するのも気をつけてくださいね

    確かに安いかもしれませんが、リスクも計算に入れておくべきです。

     

    メンドウな操作ナシ!使い捨てやタイプのCBDはコチラ!

     

    2chとかで見られる「手押し」って?近づかないのが一番

    THCリキッドやCBDリキッドを個人輸入で買おうという発想となるのは、それだけ個人輸入が身近なものとなったからでしょう。

    何かと忙しい現代人、わざわざ半休をとって病院になんて暇はありません。

    プライバシーが守られるのも利点、ダイエットとか性関係のプライベートな悩みはスマホでポチっとクリックして自宅に届けてもらうのが一番です。間に仲介業者を挟まないからこそお値段も安くなるため、花粉症薬に水虫薬と継続して利用するものをお得に手に入れられて、合理性も高く利用する方が多くて当然です。

    一方で闇ルートとか反社会的勢力なんて、マンガやアニメの世界としては身近でも現実世界で関わっている方はごくわずかのはずです。

    個人輸入もダメとなると、いったいどういったルートからTHCリキッドを手に入れてるのでしょうか。

    ちなみに、CBDリキッドはドンキホーテにも置かれてますよ。

    2chってご存じですか?

    ネット上で利用できる匿名の掲示板サイト、日本最大級で使い方によっては便利なんですが何しろ匿名ですから自由に活用できて、実際には誹謗中傷も多く過激さゆえに不用意に近づかない方が賢明です。

    違法のはずのTHCリキッドの取引で利用されることも、興味本位でのぞいた方は「手押し」という用語にハテナマークが浮かんだことでしょうがこれは薬物関係を取り扱ううえの隠語です。

    「野菜」がTHCで「手押し」は手渡し、お野菜を購入できると思い取引先にいけば、漫画の世界でお馴染みの裏ルートの人間と接触できて見事THCリキッドを購入できるということとなります。

    個人輸入とちがって住所はばれないかもしれませんが、海外の業者と日本の裏ルートの人間、どっちもどっちです。意外と身近にあるということ、CBDリキッドで満足してキケンな階段は登らないことです。

    「ほんとうに野菜がもらえると思ったんだ」なんて言い訳は通用しませんよ。

    東京でのTHCのお値段は金並みと言われてます。

    そんな高い野菜を買おうなんて方はいるはずありません。

    2chに限らずインターネットでは怪しげな隠語が飛び交っています。

    「野菜の手押し」なんて日本語として意味の分からない言葉で売られていたら、あやしいと感じて近づかないのが一番です。

    でもアメリカとか合法の国ならTHCリキッドだってCBDリキッドと同じく高品質のはず、個人輸入でそういった製品を取りよせれば、法律には違反するものの人体に悪影響はないはずと思っていることでしょう。

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

    ここ最近、そうとは言えない状況となってきているのです。

    アメリカで流通した粗悪なリキッド!2000人規模が肺疾患

    CBDリキッドはともかくTHCリキッドは日本では違法、ですから国内で出まわっているのはどれも悪徳業者の息がかかったキケンなものばかりです。

    それならば個人輸入でなんとかこっそり買うことができないかと思われてるかもしれませんが、合法化の進むアメリカでさえ密造品のTHCリキッド市場が拡大していっているのです。

    より安全な品をと海外に目を向けても意味はない、安全な製品を手に入れる土壌は育っていないのですからおとなしく諦めるしかないのです。

    それではなぜアメリカでも違法の品が出回るのか、確かにTHCが合法の州もありますがほんの一部です。

    それに、たとえ法では許されていてもさまざまな制約があり重い税金も課せられているので一般庶民がおいそれと買うことなどできません。普段の生活に取り入れて手軽に楽しんでいるのは、アメリカでも限られた人たちだけなのです。

    それでは庶民はどうするか、違法だけれどもその分安いTHCリキッドを買うしかないのです。個人輸入で手に入れた製品が合法とは限らない以上は、前科が付くだけでなく健康被害も受けてなんて不安も付きまといます。

    リスクを望まないなら、おとなしくCBDリキッドにしておきましょう。

    数年前に、ヘンプリキッドを使用したことで2000人規模の肺疾患患者が発生するといった事件が起こりました。

    そのうちの数十名は命も落としています。

    これもまたアメリカでの出来事でした。

    被害者は皆、合法ではない粗悪な製品を使っていました。

    彼らの健康を害したのはCBDリキッドでもTHCリキッドでもなく、本来であれば入る必要のない「ビタミンEアセテート」という成分です。もしも個人輸入でアメリカから取り寄せようとしたら、最悪死ぬことだってあるのです。

    コロナが広がる中で、アメリカでも一般市民が先行きの見えない不安に心さいなまれています。

    少しでも心に栄養を、そんな想いでTHCリキッドを求める方は増える一方、それに合わせて法律に反するTHCの市場もまた更なる広がりを見せています。

    合法の国のTHCリキッドなら安全なはず、そんなことはありません。新型コロナは感染者を増やすだけでなく、日本のTHC事情にも影響を与えています。

    CBDリキッドと比べるとかなりの高価格だったTHCリキッドが、海外からの入荷が制限されたことでより高値になっているのです。

    日本国内で闇取引するのは高すぎる、だからと個人輸入を考える方もいるかもしれませんが自身を守るためにもバカな真似はしないことです。

     

    経済的にCBDを始めるならカートリッジ!詳細はコチラ

     

    違法のTHCはダメだけどCBDで潤いある毎日を「安全に」手に入れたい方は….

    国内で買うと超高値だし個人輸入の安全性も保障されてない、そもそも日本だと違法なんですからTHCリキッドは買ってはダメなんです。

    一切かかわらないこと、カナダやアメリカ留学の際に試してみたなんて方もいますがどこの国に行こうとも日本人は日本の法律が付いて回ることとなります。

    海外で何をしていたか一人一人確かめるわけにはいきませんから黙認されているかもしれませんが、取締法だってどこに行こうとも有効です。

    空港に戻ってきたとたんにタイホなんてこともありうるわけで、身を滅ぼしたくないなら行った先でも近づかないようにしましょう。

    THCリキッドはダメでもCBDリキッドはぜひぜひおすすめ、だってこちらは合法です。ただ、THCとの関係性の深い成分だけに個人輸入はおこなわない方が無難でしょう。

    やたらと面倒ごとやリスクを背負わされることとなります。

    それでは、どうやって手に入れたらいいのでしょう。

    ドンキホーテに行ってサプリメントコーナーに行けばあります。

    けどせいぜいCBDリキッドとグミくらい、人気の商品はせっかく買いに行ったのに売り切れてたなんて事態も起こりうるのです。

    そもそもドンキが近場にないなんて方も、もっと確実で安くて手軽なのはインターネット購入です。

    個人輸入もネット経由ですが、個人的に海外のお店と取り引きするんじゃあなくてCBD製品の取り扱いを一手に引き受けてくれる代理店を通じて購入、こちらがおすすめです。

    たとえばベイプマニア、東京大東区に実店舗もあり安心感も強いでしょう。

    日本の法律に即した製品だけが取り扱われているので、THCリキッドはもちろんTHCが入ったCBDリキッドだってありません。

    代理店が面倒な手続きを代行してくれるのですから、個人輸入と同じく日本の通販サイトを使っているような感覚で注文して自宅に届けてもらえます。

    すでに何点も取りよせて日本国内の倉庫にて保管してるのですから、売り切れの心配もなし・注文したらすぐにやってきますよ。

    勝手に封を開けられてたなんて心配も不要です。

    THCリキッドじゃなくても、CBDリキッドでも十分潤いある毎日は手に入ります。アメリカやヨーロッパから広まってきたTHCリキッドでありCBDリキッド、なので個人輸入でこれらの国から取り寄せるといった考えがまず出てくるでしょうが、メイドインジャパンのCBD製品を扱うプラスウィードとかもおすすめだったりします。

     

     

    メイドインジャパン!プラスウィードの公式サイトはコチラ

     

     

    関連記事:

    CBDリキッド『高濃度タイプ』ベスト10選はコレだ!

    ファーマヘンプの個人輸入・手元に届かないリスクも考慮すべき!

    HEMP Babyの個人輸入に注意!税関で差し止めの可能性?

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ