THCリキッドの価格は?東京では金と変わらないけど….

    THCリキッドの価格はいくらするのか、はっきりと提示することはできません。

    とにかく様々な製品があり、それぞれに製造販売するメーカーが違い容量や中身の配合量が異なるからです。

    ただ日本で手に入れようと思ったらとにかく高いです。

    CBDリキッドと同じような価格帯を想定していると驚かされることでしょう。

    特に東京などでは、金と変わらないくらいの値段で取引されていると言われています。THCリキッドの値段を世界で見比べてみたところ、東京は上位でした。

    その一方で、CBDリキッドと変わらないという国もあります。

    だって原材料は同じくヘンプ、そのどの部分から抽出するかだけの違いです。

    それなのになぜ、こんなにも開きがあるのでしょう。

     

    日本でも合法のヘンプCBDリキッドはコチラから!

    (国産のプラスウィード公式サイトへ)

     

    THCリキッドの価格は?東京では金と変わらないけど….

    THCリキッドだけでなく、世の中に出回っている製品の価格は需要と供給のバランスがどうかで決まります。

    欲しいという人の数よりも売られている製品が多ければ安くなるというしくみです。日本で高くなるのは、圧倒的に供給量が少ないからです。

    THC禁止国である日本、原材料であるヘンプを育てることすら許されていません。

    海外から入れようにも税関でとめられます。

    利用することは法律違反なのですから需要・つまり欲しいという方だって少なければ問題ないのです。

    でも実際には、好奇心から・海外などで使って依存症となっている・ストレスやプレッシャーをとにかくどうにかしたい、とさまざまな事情によりなんとしても手に入れたいと考える方は日本にも一定量います。

    とにかく手にいれることが第一優先なのですからお値段は二の次です。

    だからこそ売り手もどんどん値をつり上げていって、THCリキッドの価格がこのような状況へとなったわけです。

    もしも使用していることが分かれば、所持しているだけでも逮捕です。

    THCリキッドは職質されたらアウト!プロから見れば一発でわかる

    売ってはいけない日本でTHCリキッドを売る売人は裏社会の人間、そういったものと関係をもつのも危険なことです。
    リスクが大きすぎる買い物、やめておいた方が無難です。

    それでは海外ではどうなのかというと、THCリキッドがほしいと思う人も多ければ作り手もたくさんいるのです。だから特別に高くなりすぎるわけでもなし、ちょうどよいバランスが保たれています。

    需要と供給のバランス、THCが合法とならない限りは日本での価格が安くなることはないでしょう。

    世界を見渡すと合法の国もあるTHCリキッド、それぞれの国である程度は相場というのが決まっています。

    でもそれよりもすごく低い価格の製品を見つけることもあるかもしれません。

    もしも個数や期間を限定して、客寄せ目的でもうけ度外視でキャンペーン価格となっているのであればよいのです。

    何の理由もなくとにかく安い、そういった製品にはとびつかないことです。

    安かろう悪かろうという言葉がありますが、どんな粗悪な製品が届けられることとなるかわかりません。

    THCの原材料であるヘンプは本来なら、害虫駆除など手間をかけながら育てられるはずです。でもたっぷりの農薬を使っているなら、人件費がかからずたくさん育って原材料費はかなり安くなります。

    悪徳業者はそういったヘンプを利用してTHCリキッドを作っているのです。

    使われた農薬が抽出されたTHCリキッドにも入り、人体にどんな悪影響を及ぼすこととなるか分かりません。

    安価な材料でかさましされていたり、衛生面が大丈夫といえない場所で作られていたりということも考えられます。

    ​THCリキッドの価格が安ければ安いほど、副作用のリスクが高まるということです。安あがりになったと思いきや、病院費用が高くつきます。

    THCリキッドと違い日本でも合法とされているCBDリキッド、同じくヘンプを原材料とする製品です。

    こちらを利用したことで、アメリカで多くの方が亡くなっています。

    毒性が低く大量摂取したとしても危険な副作用が起こることなどないはずのCBDリキッド、原因は粗悪な製品を購入したことで危険な成分・ビタミンEアセテートが含まれていたからとされています。

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

    ​THCリキッドも価格の安さだけを基準としていると、命の危険があってもおかしくはないのです。日本だと高くつくし、そもそも違法であるTHCリキッドは購入しないようにしましょう。

    カナダやアメリカの限られた州だと合法、街中にお店もあってラッピングされたTHCリキッドが普通に売られていたりします。

    そういった製品ならば、その国で正しく使用するのであれば問題はないのです。

    その国の人たちだってリフレッシュしたい時などに普段使いしているもの、高すぎる価格ではありません。

    日本にいるけれど試してみたいと「THCリキッド・購入方法」と検索して、その中でもとくに 安いものをと価格で選んだらどうなるかわからないのです。何かあっても、個人輸入したものまで日本の国が責任を持ってくれることはありません。

    ちょっとした好奇心くらいなら、旅行費をかけて合法の国にいき一度か二度程度利用するだけにしておきましょう。

    ちなみに、アメリカは州によっては禁止というところもあるので要注意です。

     

    THCリキッドより合法の「CBD」!価格が良心的なのはコレ!

    (国産のプラスウィード公式サイトへ)

     

    関連記事:

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    THCリキッドの効果時間は?30分から1時間で薄れてくる

    THCリキッドで死亡?39人の死亡者の肺組織からわかったこと

     

    (Visited 384 times, 5 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ