THCリキッドの回数は何回吸える?メーカーによって違うので注意!

    麻薬禁止国である日本はともかく、世界にはTHCリキッドの製品がたくさん出まわっておりそれぞれのメーカーごとに容量も濃度もことなります。

    なので何回で使いきることとなるのか、回数も違うのです。

    ただ1日に50㎎から150㎎程度が目安とはされています。

    もしもそれで効果が得られないのであれば更にふやせばよいだけ、使用したことで気持ちが悪くなった・吐き気がしてきたというなら過剰摂取となっているのです。

    リラクゼーション効果を得るためのTHCリキッドですから、そういった状態がでてくるのであれば無理して続けることはなし、もう少し使用量をへらすようにしましょう。特に初心者は過剰摂取となりやすい傾向にあります。

     

    コチラのCBDリキッドであれば過剰摂取のリスクはありません

    (プラスウィード公式サイトへ)

     

    もしもに備えて、ゆっくり休むことのできる自宅でためしてみることをおすすめします。同じメーカーの製品であっても、THCリキッドは回数どのくらいで使いきることとなるのかきちんと提示することなどできません。

    人それぞれに、一度に吸う量に差があるからです。

    ひと吸いした時に1㎎となるか5㎎となるかで違ってくるわけです。

    THCリキッドの回数は何回吸える?2〜5日くらいは持つ

    自分がどれくらい摂取しているのか、たとえばヴェポライザーのタンクは判断基準となります。

    2ml入りタンクに満タンまで入れて1日ですべてなくなったというのであれば、10ml入りのTHCリキッドは5日間持つ計算となります。

    2日間でなくなるなら10日間です。

    一日おきで使用している、土日のみ使用しているという方もいるでしょうから、THCリキッドをどのようにライフスタイルに組みこんでいるかでなくなるまでの回数・次に購入しなければならない時期がおおよそ決まってきます。

    THCリキッドは電子タバコに入れて気化して煙にかえて摂取するのですが、液体をうつす際のスポイトの容量でも判断できます。

    めいっぱい吸い取り、それが何回で吸い終わるかです。

    スポイトの容量もメーカーごとに違いあり、それにしっかり吸い取っているつもりでも日によって多少に違いは出てくるでしょうから、あくまで参考程度にしておいた方がいいようではあります。

    とにかく欠かさず毎日THCリキッドを使うことを習慣としているのであれば、使いきるギリギリで次の1本を買うというよりも、予備がすでにあるという安心感が得られるようにするべきなのです。

    THCリキッドの摂取量・回数は毎日適量が同じとは言えず、体調によっても違ってきます。年齢を重ねる中でも違ってきます。

    もう少し多めにしてしっかりとその効果をうけたいという時もあれば、強く効きすぎるので少なめにしておこうと思う時も、ある程度の回数は把握しておき日によって調節できるようになればTHCリキッドのプロです。液体タイプのTHCリキッドは、摂取量の調整が難しいといったデメリットはあります

    同じくヘンプを由来とするCBDリキッドの場合、わざわざ電子タバコを購入しなくともよく味もおいしい、しかも摂取量調整もかんたんというCBDグミも人気です。

    CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

    海外にはTHCリキッドではなくTHCが配合されたチョコレートやキャンディ・クッキーといった製品もあります。親油性があるのでTHCリキッドのように液体ではなく、脂分を多くふくむ製品とまぜやすいのです。

    それなら回数調整も簡単、過剰摂取が恐ろしいのであればこういった製品を1こ2こ程度からふやしていくのもよいかもしれません。

    ただし、経口摂取だと効果が出てくるまでに時間がかかるのでTHCリキッドの感覚で何の変化もないとパクパク食べていると、あとで一気にきてしまいます。

    取締法がある日本だとTHCリキッドは悪、回数がどうという以前に購入することさえできません。

    なので過剰摂取したら何か深刻な事態がひきおこされてしまうのではと思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

    ヘンプという植物からつくられた自然由来のもの、気持ちが悪くなっても横になってしばらくすれば症状もおちつくでしょう。

    ただ、それなりにお値段もするので毎回いっぱい摂取しているととても続けることが困難になります。

    1度に何回も吸いこんだらリラックス効果がもっともっと高くなるというわけでもなし、むだなことはしないようにしましょう。

    味覚や聴覚がとぎすまされる・食事や音楽がより楽しめるようになるといったメリットの一方で依存性などのデメリットだってあります。

    カナダなど留学中にTHCリキッドの恩恵をたっぷりうけて帰りたいと何度も使っていると、このまま日本でも続けたいという気持ちがたかまりTHCリキッドをこっそり持ち帰ってしまったら即たいほとなります。

    回数云々ではなく、もう二度とTHCリキッドを使用することができなくなるかもしれません。取締法の逮捕歴をもつ人物は、かんたんには海外には出ることができなくなるのです。

    THCリキッド、回数何回つかうことができるかはボトルやスポイトを参考に、自分でみつけだし適量を守るようにしましょう。

    特に最初は少なめから挑戦すること、過剰摂取をつづけて身も心もほろぼすことがないよう注意です。

    コチラのCBDリキッドであれば過剰摂取のリスクはありません

    (プラスウィード公式サイトへ)

     

     

    関連記事

    CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

    THCリキッドは吸いすぎないように!カートリッジタイプはやりすぎ注意

     

    (Visited 358 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ