THCリキッドの電圧は18Wから20Wくらいが目安!

    THCリキッドはどのくらいの電圧で使用すればよいのでしょう。

    THCにしろCBDでも、リキッドタイプの製品は熱してミスト化し気化吸引で体内にとりこんでつかいます。

    そこで必要となるのが電子タバコという機器なのです。

    ただ温めていうだけなら、乱暴なやり方だとお鍋で沸かすなんて方もいたりするのでしょうか。

    電子タバコ、それなりのお値段がします。

    それだとけむりが空気中にひろがってモッタイナイならヤカンの口に自分の鼻を近づけて吸いこんだり、それだってモッタイナイことに変わりはないのです。

    ちょうどいい温度で熱するようにしないと、低すぎたらミスト化しない・高すぎるとTHCの成分が変化してしまいます。

    けっこう繊細な電子タバコという機器、あたたかさは電圧や電気抵抗を調整することで変えられます。

    日本では、特に東京だとTHCリキッドは金と同じくらいの高値で取りひきされているそうです。

    だって違法だから、需要は一定量あっても供給がとにかくすくないんです。

    ようやく手にいれたTHCを効率よく体内にとりいれるためにも、電圧調整にこだわってください。

    THCリキッドの電圧は18Wから20Wくらいが目安!

    調整しなくたって、毎度同じ温度でいいんじゃあとフシギに思われる方もいるでしょう。

    その方が単純な造りになるでしょうから、お値段も安く手にはいりそうです。

    でもその電子タバコ、常に同じメーカーのTHCリキッドでしか使いませんか。

    そもそもTHCリキッドには使わないって人の方が多いかも、法律でダメって言われてるものをあえて使おうなんて方は少数です。

    同じようにヘンプから抽出できて、でも合法というCBDリキッドだってリラックス効果があります。

    CBD・THC以外にもヘンプ由来のカンナビノイドは多数、それぞれにどれくらいの温度でミスト化してどれくらいで成分がこわれてしまうか違ってるので、こまかな電圧調整は必須となるんです。

    THCリキッドはTHCだけ、CBDリキッドはCBDだけしかはいってないと思ってませんか。

    単一だと出せる力が制限されてしまうという特徴があり、あれこれ入った相乗効果バッチリのフルスペクトラム系は人気です。

    まあ日本だとフルスペと言ってもTHCフリーの製品がほとんど、少量でも税関で検出されるレベルは許されません。

    つまりTHCリキッドもCBDリキッドも製品ごとに配合されてるもの・その割合は違うわけで、濃度も違えばちょうどいい電圧も違ってくるんです。

    なべで沸かすなんてありえないということ、おわかりいただけたでしょうか。

    CBD・THCははいってなくて香りを楽しむだけのヘンプリキッドであれば、こわれてしまう成分はないのでガンガン温めても大丈夫です。

    たっぷりのけむり・爆煙が売りの製品もたくさんあります。

    ただしけむりで出ていく量が多ければあっという間に一瓶使いきってしまうでしょう。

    ほどほどにしとかないと、CBDリキッドよりも安いヘンプリキッドですがお金をムダにはしたくないはずです。

    ヘンプリキッドからCBD・THCリキッドに移行した方ほどけむりも多くないと物足りなさを感じるでしょうが、成分を肺の中に入れてやるのが目的です。

    そこから血管をとおって全身にめぐるんです。

    肺にだって容量あり、いっぱいのけむりを一度に吸いこもうとしてもむせるだけです。

    THCリキッドでむせる?喉が痛い原因と対処法まとめ!

    ムリなく取りいれられる程度のけむりが出るように、そんなイメージで電圧調整してください。

    具体的な電圧ですが、ワット数18から20Wくらいが目安となります。

    低めのワット数で低温で気化させるんです。

    ワット数イコール電圧と思っているとおかしなことになります。

    電圧(ボルト)と抵抗値(オーム)を計算することで電力(ワット)がきまります。

    具体的には「ボルト×ボルト÷抵抗値=ワット」です。

    つまり、ボルトをさげるか抵抗値をあげる・そのどちらかをするかどちらもするようにしましょう。

    毎回、そんな計算してる方なんているはずもありません。

    ちょうどいい電圧や電力は、THCリキッドや電子タバコの種類によってもちがってきます。

    それならどうするか、とりあえず低めの温度を意識して設定してみてください。

    それを吸った時にのどへのキック感がつよすぎてはいませんか。

    一気にミストがはいってきたからこそかも、もっと低くする必要があります。

    強いシゲキにむせてせき込んでしまったら、せっかくとり入れたはずのTHCの成分を肺にとどく間もなく吐きだしてしまってるんですから、効果があるはずもありません。

    気持ちが悪くなったりというときも再調整必要、電圧だけでなくTHCリキッドの濃度が高すぎるなんて場合もあるのでできることを

    一つ一つやっていって、ちょうどいいを手に入れましょう。

    電圧調整して自分ごのみに変えられたらいいのですが、電子タバコの種類によってはオンオフのみなんて簡単なしくみの製品もないわけではないんです。

    とりあえず、THCリキッド専用をうたい文句にして堂々と販売してるような製品は日本にはありません。

    一発で業務停止です。

    なのでCBDリキッドを使うのにおすすめとされてるものをえらびましょう。

    ぜったいに爆煙タイプなんてやっちゃダメですよ。

     

    THCリキッドの吸い方・吸いこむ前に5秒ほど息をはいておく!

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ