THCリキッドのアメリカの値段は?安いけど所持も譲渡も禁止!

    THCリキッドの原材料はヘンプという草です。

    道端に生えてる草に値段はついてますか?

    THCリキッドが何円なのかは、我々人間が勝手に定めた基準です。状況によって高くなることもあれば安くなることも、日本の東京だと金と同じくらいの価格帯で取り引きされてますが世界中で同じようなものとは思わないことです。

    THCリキッドの高い都市ランキング、東京は堂々の1位を獲得しています。

    THCリキッドのアメリカの値段は?安いけど所持も譲渡も禁止!

    ちなみに京都が3位で2位は韓国のソウルみたいです。

    見事にアジア諸国に偏っていて、ヨーロッパやアメリカとヘンプに対する考え方のちがいが現れてますね。

    お値段を決めるうえでまず基準となるのが需要と供給のバランスです。

    日本だとTHCリキッドは違法です。

    欲しいと思われる方がいても、手軽に取りよせられるわけではないのです。

    需要はある程度の量あるのに供給が追いついていないからこそ、高くなっていったということです。

    違法の国は他にも多数ありますが、日本の税関職員がとことん優秀で針の穴くらいのすき間しかなかったという事情もただの草の高級化につながっています。

    高値1位をぜひ誇ってくださいね。

    カナダは国を挙げて合法としているそうです。

    アメリカも州によっては合法のところもあるとか、ですから日本と比べると確実にTHCリキッドのお値段が安いです。

    でもカナダやアメリカが安値1位かというと、それはちがうのです。

    安値の方の上位に上がるのは、アメリカではなくむしろ発展途上国です。

    物価が安いから必然的にお値段も安くなる、THCリキッドが東京の10分の1程度で手に入ります。

    中には違法としてる国だってあるものの、ザル状態です。

    税関での審査がまったく厳しくなくて、いくらでも抜け道があります。

    需要に対して供給が十分追いついている、だから安いのです。

    でもTHCリキッドを求めて発展途上国に行こうというのはやめておいてください。

    買って帰って日本で使用することはできませんよ。

    やはり税関で止められます。

    それに、日本で手に入るCBDリキッドほどの品質が期待できるとも思えません。物価だけでなく、アメリカやカナダのTHCリキッドお値段が高くなる理由はあります。

    合法とされているカリフォルニア州、ですが70パーセントの地域でビジネスで用いることは禁止されてます。

    国が認めているということは、国の目がきびしく行き渡っているということです。

    税金もかかります。

    日本が高いのは当然、アメリカのTHCリキッドの値段も思われてるほど安くはない・むしろ高いと思っておいてください。

    ですから、お金を持たないアメリカの若者や貧困層は合法にも関わらずTHCリキッドを使用することができないのです。

    それではどうするか、政府の目の届かない違法な製品に手を出すしかありません。

    以前にアメリカでリキッドを使用した方がたくさん亡くなりましたね。

    本来では必要ないとろみを出すだけの成分・ビタミンEアセテートが入っていたことが原因ではないかと言われています。

    合法のはずのアメリカなのに、値段を理由にTHCリキッドを買うことができずにいるとは皮肉な話です。

    このキケンなTHCリキッド、個人輸入を利用すれば日本にも入ってきます。

    他人事ではありませんよ。

    もちろん政府管理のもとで作られている品質にこだわったTHCリキッドだって、東京値段と比べるとぜんぜん安いです。

    カナダやアメリカに留学して、悪いことを学んで帰ってくる方は実はけっこう多いんじゃあないでしょうか。さすがに一人一人の海外での行動までは見張ることなどできませんから、放置状態です。

    ダメだと言われれば試してみたくなるのが人情、勝手にやってください。

    ただ味を占めて日本にも持ち帰りたくなるかもしれないので、初めから手を出さないのが一番です。

    日本に入ってこようとしているTHCリキッドは、日本政府が全力で止めますよ。アメリカで安いお値段で手に入ったからと気軽に持ち帰って、人生をダメにする気ですか。

    突然発生した新型コロナウイルスが、普通に働いて家族を養って暮らしていた方たちから仕事を奪いました。

    日本だけでなくアメリカでも貧困層は数を増しています。

    日常が最悪だからこそTHCリキッドへの依存度は高まります。

    ですがお金がないのですから買えるのは安価な粗悪品ばかり、キケンなTHCリキッドを使用することでの健康被害の訴えが増えてきているそうです。

    ヘンプが合法の国も、その国なりのヘンプ関連の問題はあるようですね。

    取りあえず日本は違法、どうせアメリカよりもTHCリキッドのお値段がべらぼうに高くてとても買えそうにない価格帯まで上がってしまってるのですから、一切関わらないようにしておきましょう。

    がんばって稼いだお金は他の自分が好きなことに使ってください。

    CBDリキッドを買う資金としてもいいですね。

    CBDだって、続けることで毎日をイキイキとしてくれるんですよ。

    合法だからこそ、品質にこだわって選べば安心安全です。

    (Visited 1,144 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    まさかのTHCO超え?チラクシーのアッパーCBD

    ↓画像クリックでレビューを確認できます↓