THCグミは違法!絶対に日本へ持ちこまないで!

THCグミにTHCリキッド、CBDグミやCBDリキッドと同じくいろんな製品がありますが、似たような3文字のアルファベット、「だってヘンプが材料なのは同じだし」と日本に持って帰ってはいけません。

THCグミは違法、捕まります。

なんで日本だと所持も禁止されてるような製品が世界にはあるのか、THCは危険だといった思想はどちらかというとアジア諸国を中心の考え方なんです。

カナダでは国を挙げて合法に、アメリカだってすべての州で禁止されてるわけではありません。

危険なんじゃと思われるかもしれませんが、だってタバコやお酒も依存性があることは同じです。扱いによっては危険なもの、その中の一部であるTHCを禁止してる国もあれば気を付けて使いましょうというだけで放置の国も、世界を見渡すと様々な考え方があるんです。

流通システムが発達してる現在、世界のどこかで利用されてる製品を日本にいながらにして購入することは簡単になりました。

家具や家電・薬など個人輸入で手に入れてることでしょう。

でもTHCグミなどのTHC製品・そしてCBD製品の一部に関しては、これらと同等に考えることはどうやら難しいみたいです。

いつもの調子で取りよせしてると、違法行為をしてると逮捕されるかもしれませんし命の危険さえ出てくるのです。

CBDは合法なのではと思われた皆さん、中にはTHCも配合されたCBD製品が普通にあります。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

決して悪質な業者とは言えず、CBDはその他のカンナビノイドを含むことでより効果が高まる性質を持ってるので親切心から行ってるんです。

THCグミは違法!日本へは持ちこまないで!

THCグミだけでなくTHCの成分が検出できるレベルで配合されてるCBDグミも違法です。ここ最近、THCグミを誤って購入して日本に持ちこんでしまう可能性は高まってます。

アメリカはロサンゼルスにて流行してるんです。

大量摂取すると幻覚や幻聴・依存性に悩まされることとなるTHCですが、適量だと偏頭痛などの痛みを和らげてくれます。

緊張を緩和して質のよい眠りをもたらしたり食欲アップさせてくれたり、さすがはヘンプ由来の成分です。

CBDと似たような効果が得られるんです。

CBD以上にリラックス作用は抜群です。

なぜ今か、新型コロナウイルスの感染拡大は無関係とは言えません。

慣れない在宅ワーク・気分転換に旅行にも外食にも行けないんですからアメリカの方だって気持ちがギスギスしてるんです。

日本だと違法、でも合法の国でTHCグミに精神面の安定を頼るのも当然の流れです。嫌な世の中を少しでも楽しく暮らしたい、そんな気持ちを持つ方が多くTHCグミ産業が発達したのです。

なぜグミか、どうやら電子タバコを使って煙を吸い込んでというやり方はお気に召さないようです。

タバコの害が叫ばれてるのも日本と同じく、ニコチンタバコにそっくりの電子タバコは肩身が狭いんです。

煙を吸い込んで成分を摂取というやり方にも抵抗あり、その点でグミタイプのTHCグミならば手軽です。

オイルのような苦みも無し、美味しく健康と精神的安定が得られるなら言うことなしなんです。

今は、海外への渡航が難しい状況にあるので違法のTHCグミ・アメリカにて流行している製品を手に取る機会は少ないでしょう。

でもコロナ問題が落ち着いて観光目的で自由に人々が日米を行き来するようになったら、だって見た目はお菓子のグミなんです。

思わずお土産にと買って帰る方が増えてしまいそうで、更に深刻な問題をもたらすこととなるでしょう。

悪意を持って巧妙な手口で持ち帰るもの・まさかダメとは思わず普通にバッグに入れて飛行機に持ち込む方、違法だからこそTHCに対する正しい知識を持たない日本在住の方々にお土産という形で広まってしまったら、恐ろしい事です。

手軽に摂取できるからというだけでなく、個数で量を調整しやすいといった利点もTHCグミにはあります。

アメリカの方だってTHCの危険性は重々承知、リキッドだと誤って大量摂取となりそうでだからこそグミタイプをといった背景もあるんです。

アルコールならば、大学時代にお勉強して自分にとっての適量は分かってるはず、初めてのTHCでおやつのグミ並みに食べてしまっては危険です。日本の税関の優秀さを信じつつ、正しい知識を一人一人持っておくことがもとめられます。

ちなみに、グミにのみ注意してる場合ではありません。

THCグミにキャンディー・チョコとおやつ系THCの種類も豊富です。

カフェもオープン、観光客向けにツアーなるものもあります。

まるで洋服のセレクトショップ・あるいは雑貨屋さんといった雰囲気のお洒落なお店でバラエティ豊かに商品が並べられていて、驚かされるはずです。

日本だと、飲み屋街とかゲームセンターでこそこそと裏取引される危険なブツ、ところ変わればTHCグミの売り方も全然違ってます。

違法だという日本の姿勢は当分は変わることないでしょうから、どうしても気になるのであれば海外でのみ楽しんでみることです。

くれぐれも依存症になって日本でこっそり大枚をはたいて購入、破産するようなことが無いようご注意です。

 

 

(Visited 351 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓