CBDに配合されている「テルペン」の効果ガイド!

    植物に香りや風味を与える成分に含まれているテルペン

    テルペンは、植物の香りや風味の成分であり、独特な香りがありしかも揮発性で、この香りによってリラックス効果を得ることができます。

    CBD(フル)スペクトラムの場合、免疫系や神経系に働きかけるので、リラックス効果はもちろんのこと、血圧が下がる効果も得ることができるのです。

    様々な植物に含まれている成分であるので、植物によってその効果は異なりますが、主にアロマテラピーとして使用することも多く、香水に使われるほか、防虫用としても使用することがあるのです。

    刺激的な香りとして良く知られているのは、レモンなどの柑橘系の植物であり、匂いをかぐことでリフレッシュし、さらにすっきりとした気分を味わうことができます。

    これはこのレモンのテルペンによって脳内にα波が出るためです。そして日本古来からあるヒノキも香りを嗅ぐとリラックスするとともに血圧が低下し、穏やかな気持ちになることができるのです。

    テルペンという言葉を聞くと、大変特別なものに感じますが、実は大変身近な物質であり、無意識のうちに人はそのにおいを嗅いでリラックス効果を得ようとしています。

    植物によって若干効果の出方などが異なりますが、多くの植物の場合気分を落ち着かせる効果があります。

    ヘンプCBDに配合されているテルペンの効果や種類

    CBDに含まれているテルペンはだいたい200種類ほどあり、その代表的なものに柑橘系果物に含まれているリモネンがあります。

    リモネンは、ストレスの緩和の他に気分の高揚を維持、抗炎症性や抗菌性、がんの予防など様々な病に効果を示す成分であり身近な香りで、香水などに使用されることが多いです。

    このほか、バジルやレモングラスに存在しているミルセンがあり、ミルセンは、鎮痛や鎮静効果があり、筋肉をリラックスさせる作用も確認されています。

    血液脳関門への浸透性を促すので、より効果を高めることができるテルペンです。

    ピネンは針葉樹やパセリ、バジルやバラといったものに含まれていて脳を活性化させる作用があり、記憶力を高めていきます。脳に作用するだけでなく抗炎症性や抗菌性があり、低濃度で吸引すると気管支を拡張することもできるのです。

    ピネンの場合植物だけでなく、昆虫界にも存在しており化学コミュニケーションシステムの一部にもなっています。

    咳止めなどに使われることの多いユーカリプトールやラベンダーに含まれるリナロールもテルペンの一種であり、特にラベンダーの場合はアロマやポプリにも使用されており、幸せな気持ちを維持することができる作用があります。

    関連記事:

    フルスペクトラム・CBDリキッドとは?

     

    ↓2019年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓


    CBD!音楽!リラックス ♫