THCV

THCVは購入できる?まだ商品化されていないので代わりにCBDを

THCVって知ってますか。THCと名前は、それに分子構造も似てるけどまた違ったカンナビノイドです。

THCVのこと、知れば知るほど「購入したい」という気持ちがわいてくるはずです。

でも残念ながら、THCV単体の製品っていうのはないのです。

THCみたいに違法の成分だったらどうしよう・どんな効果があるのか・どうして購入することができないのか、きっと様々な疑問があるでしょう。

それらを、一つ一つ解明していくことにします。

THCVもTHCと同じく違法なのか、いいえ合法です。

THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

THCは強く精神面に影響を及ぼしすぎるキケン性があるため、日本では違法とされてるのです。

でも、我々の日常に身近なお酒だってアルコール依存症に苦しむ方もいれば酔っぱらってやらかしてしまう方だっているのです。

だけど合法です。

日本では違法のTHCもカナダやアメリカの一部の州では合法、普通に購入できます。

国ごとに判断をゆだねられる程度のキケン度と受けとめておいて下さい。

日本人はTHCに対して過剰にこわがりすぎています。

そして、THCVはそんなTHCの4分の1・5分の1程度の作用しかないのです。

というわけで、日本でも合法とされています。

法律では許されてると言っても、THCVなんて聞いたこともないカンナビノイド、購入できようがどうであろうとも関係ないと思ってませんか。

きっとその効果効能を知ると、多くの女性が欲しくなります。

THCVは食欲抑制作用を持っています。

お腹がすいていたはずなのに、THCVを摂取することで一気に食欲が無くなるというわけです。

THCVさえ購入すれば、運動しなくてもガマンも不要で痩せることができるのです。

肥満・メタボリックシンドロームなどの治療にも役立つはず、というわけでいま注目の成分なんです。

そんなTHCVが日本でも合法、うれしいニュースですね。

でもTHCV、いったいどこで購入すればいいのでしょうか。

続きを読む

THCVは合法だけど大量抽出が可能になれば規制されるかもねって話

THCVは合法なのでしょうか、それとも違法でしょうか。

THCVはヘンプから抽出される成分です。

このヘンプ、なかなか複雑な存在です。ヘンプ由来の成分・カンナビノイドというのですが、なんと100種類以上もあります。

その中で特に有名なのがCBDでありTHC、このうちCBDは合法で健康効果が高いと日本でも注目されはじめました。

一方でTHCの方は違法、所持も譲渡もゆるされないという徹底排除っぷりです。

THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

同じ植物から取れて合法のものもあれば違法のものも、それならTHCVはどちらなんだろうと不思議に思うのも当然です。

ちなみに、日本だとダメでもカナダとかアメリカの一部の州だと合法となっていて、だからこそ雑貨屋さんみたいなオシャレな店内でさまざまな種類のTHC製品が売られています。

そんな様子を見れば、ますます混乱することでしょう。

日本だとかなりの悪者とされるTHCも、どうやら使い方に注意すればそれほどキケンな代物では無いようです。

不思議に思われるかもしれませんが、アルコールやタバコも日本では年齢制限は設けられているものの使用したからといって法律違反ではありません。

ただアルコール依存症やニコチン中毒で人生を誤ってる方がいるのも事実、リスクは承知のうえで国がどう判断するかが分かれ目となるわけです。

THCは違法、それは取締法に基づいています。栽培免許を持たない一般の方がヘンプを栽培したり、所持や譲渡は規制されているのです。

厳密にいえば使用は禁止事項に含まれず、とはいえ使ったら逮捕されることはだれもがご存じでしょう。

ですがヘンプ由来のCBD製品は普通にドンキホーテにも置かれてる、それならTHCVも合法なのかとヤキモキしてるでしょうが取締法第一条の条文の続きにその答えはあります。

「ヘンプの成熟した茎およびその製品・ヘンプの種子およびその製品は除く」と書かれてます。

葉っぱと根っことつぼみ部分が禁止、それ以外の部分は規制対象外となります。

七味唐辛子に入ってる麻の実もヘンプだから実は使っちゃあダメだったかと青くなった方、大丈夫です。

結論からいうと、THCVは合法です。

続きを読む

THCVとは?アフリカ原産のヘンプに少量入っている希少な成分!!!!!

CBD製品を買って成分表示を見てみた時、CBDのことをインターネットで調べた時とかにたどりつくTHCVとはいったい何なのか、気になってる方も多いでしょう。

なにしろTHCと似た名称、キケンな成分なのでは・逮捕されたらどうしようと不安に思っているかもしれません。

でも大丈夫、取りあえずくわしく見てみることにしましょう。

THCとはテトラヒドロカンナビノールのこと、THCVはテトラヒドロカンアビビリン、正式名称もよく似てますね。

それも当然、THCVの方がちょっと炭素鎖が長いだけでほとんどおなじ分子構造を持つ化合物なんです。

名前が似てるから機能も同じとは言いません。

類似点もいくつかはありますが、使用した人への影響についてはまったく異なるのです。

真逆と言ってもよいでしょう。

イメージでこわがらず、THCVとはどんな作用をもたらすものか、ぜひ詳しく知ることをおすすめします。

続きを読む

THCVリキッドは製品化されていないけど「アレ」に配合されてる!

THCVリキッドって、聞いたことはありますか。CBDリキッドならばきっとご存じでしょう。

ドンキホーテに置かれてますし、インターネット経由で手にいれることもできます。

日本でも合法、しかも健康や美容によい効果を持つことがわかって若者を中心に利用者は増えてきました。

THCリキッドなんてのもありますが、日本だとTHCが違法なので購入はむずかしいです。

THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

けど、合法のカナダとかに行けばふつうに見かけるはずです。

CBDにTHC、そしてTHCVといずれもヘンプから抽出される化学物質・カンナビノイドであるといった共通点を持ってます。

それ以外にもCBGにCBE・CBDVなどなど、ヘンプには実に100種類以上ものカンナビノイドが存在しています。

でもTHCVリキッドもCBGリキッドも製品化はされておらず、あるのはCBDとTHCだけです。

それはなぜなんでしょう。

続きを読む

THCVは日本で禁止されることもなく普通に製品に入っている!

THCVってご存じでしょうか。

こちらの成分は日本ではどのようにとり扱われてるのか、詳しくみていくことにします。

とりあえず、CBDは安全です。

そのことはWHO・世界保健機構でもみとめられていて、なので安心して使っていいでしょう。

ただし「CBDは」というただし書きが付きます。

だってTHCが合法の国だってあるから、いろいろまぜたフルスペクトラム製品のほうが効果が高くなっていいからとTHCが配合されてるものけっこう普通に世界にはあります。

もちろん日本だと違法、税関で検出されない程度の少量じゃあないとゆるされません。

続きを読む

THCV ワックスは製品化されてないけどフルスペ製品に入ってる!

インターネットで検索していて「THCVワックス」なんて文字がみられたらきっとぎょっとしてしまうでしょうね。
だってあのTHCと一文字ちがいです。

THC、ご存じですよね。

実際に触れあうことがある方は税関とか警察に所属して取りしまる側・こっそり使用しようとか売りさばこうという悪人側のどちらかに限られるので、一般的な日本人が実物を見ることはないものの、そのキケン性については重々承知です。

まあ過剰にこわがってるわけで中毒性とか依存性とか、むしろタバコやアルコールの方が高いのにイメージが暴走してはいます。

日本だと取締法で禁止されてるので近づかないのが一番、その為には過剰でも恐怖してた方がよいわけで、一文字違いのTHCVにも一瞬目を剥いてしまう反応はただしいのです。

THCV、ワックスはリキッドとして製品化されてるわけではなくそれではどこで見かけるのかというとCBDのフルスペクトラム製品に普通に配合されてるのです。

続きを読む

THCVってどんな成分?2016年の実験でわかったこと

注文したCBD、手元にとどいたからと安心したらいけません。

税関のきびしい審査をくぐり抜けてとどくツワモノがいないとも限らない、ラベルに表示されてる成分を見てキケンなものは入って

ないか確認すること、CBD自体は安全でも余計なものがはいってる製品・日本ではみとめられない製品はけっこう普通に世界ででまわってます。

なのでその作業は必要、ただしそこで見かけることとなるTHCVはTHCとはちがう日本では合法の成分なので安心してください。

THCV、いったいどのようなものなのでしょう。

THCと名前が似ているのは類似の化合物だからです。

続きを読む

THCVは販売している?コストを抑えたい人はコチラ!

THCVって日本で販売してるのを見たことありますか。

「これをたべるだけで痩せる」といううたい文句に目を引かれる広告は多数ありますが、多くはまゆつばものです。

とにかく食べない・なにか一つの食材だけを食べつづける・ひたすら運動をするといった根性論はストレスがたまるのでやめた方がよいものの、まったく何もしなくて体重がどんどん落ちていくような夢のようなクスリはないと思ってることでしょう。

カロリー計算する・糖質をへらすなど地味だけど確実なやりかたで、それが現代のダイエット法です。

ただ、いままさにたべるだけで痩せる魔法の成分が注目をあつめはじめてるのです。それがTHCV、THCと似た名前なので敬遠してませんか。

THCの方は日本だと違法なので販売されてはいません。

それに、食欲増進作用があってご飯をたべたばかりでも脳にあやまった情報が流されてまた食欲がわいてきてしまう。

マンチといったこの症状が海外だと問題視されてたりするのです。

そんなTHCと似た名前ながらTHCVは逆に食欲をおさえてくれます。

食べることでの満足感・満腹感を発生させない、たべることそのものというよりもストレス解消のためにとついつい口にいれてしまってたりするものです。

THCならではの過剰な精神活性作用をほんのちょっとおさえてくれて、それにヘンプに強い拒否反応をしめす日本でも合法で、知ればしるほどぜひ販売先を知りたい・使ってみたいと思われたはずです。

残念ながら、日本でTHCVの成分を前面に押しだしたTHCVリキッド・グミとかオイルというのはいまのところないのです。というか世界でもまだまだ、だってヘンプからの抽出量がすくなくて希少性が高いんです。

次第にこのTHCVが比較的多くはいってるヘンプの品種・ダーバンポイズンにピンクブーストゴドネスやパイナップルパープスなどの栽培量がふえていってるとはいえ、まだまだです。

研究もこれからといったTHCV、てんかんやパーキンソン病・総合失調症などの病気によい効果をもたらしてくれることはすでに分かっていますが、このほかにもきっとさまざまなメリットがみつかっていくことでしょう。

自身の体重を自由に変えられる未来ももうすぐそこです。

それではTHCVと触れあうことは日本人にはまったく不可能なのかというと、そんなわけではありません。

日本でだってフルスペクトラム系のCBD製品を購入することができるでしょう。

その中にTHCVははいって販売されてるというわけです。

続きを読む

THCVは「きまる」?ほんのわずかしか入っていないのでリスクなし!

THCVを使った場合、「きまる」のでしょうか。

THCを摂取すると、ついさっきご飯をたべたばかりなのにまたおなかがすいてきてたべたくなってしまうそうです。「マンチ」という名の食欲増進作用が働いている状態です。

脳の病気によっては性格が変わってしまい、すっかり怒りっぽくなった・仕事をするうえでのミスが多くなったなんて例もあります。どんなに禁煙しよう・もうやめようと思っても、タバコやアルコールがやめられなくなる依存症だって同じく自分の意志で脳を動かせなくなってる状態といえるでしょう。

ココロというのは心臓・頭の中、どこにあるのでしょうか。

それを守りとおすことは思ったほど簡単なことではありません。

人格を変えてしまうのでは、そんな恐怖心から日本人はTHCを遠ざけます。

でも一方で合法の国だってあるんです。

「きまる」という状態とは脳があやつられている状態のことなのか、そしてTHCVでもきまるものなのでしょうか。

続きを読む

THCVとTHCの違い・精神作用はなく負の部分を抑えてくれる!

THCVとTHC、どのような違いがあるのでしょう。

CBDがひろまっていく中で、THCの名を目にする機会も増えました。

どちらもヘンプから抽出される成分、実はTHCVもそうです。

ヘンプ由来の成分・カンナビノイドは100種類以上もあります。

その中でTHCとTHCVが似た名前をもってるのは類似の化合物だからこそです。

違いといえばTHCVの方がTHCよりも炭素鎖が長いというだけ、分子構造をみれば類似点が多数みつかります。

続きを読む