THC リキッド

THCリキッドは捕まる?好奇心があっても絶対にやめておこう

CBDリキッドを試してみたいけれど警察に捕まるかもと不安に思っている方、THCリキッドは違法ですがTHCが含まれていないCBD製品であれば問題ありません。

日本には「麻薬及び精神薬取締法」という法律があり、そこでTHCが麻薬に指定されているのです。

依存性が高く、国際的にも薬物分類でスケジュール1に置かれ警戒されているTHC、同じステージにはヘロインやモルヒネ・コカインなども存在します。

(最近スケジュール1から除外されたそうです)

でも同じくヘンプを原材料とするCBDに関しては、依存性を受けるどころか緩和してくれる効果を持っています。

医療の世界でも注目を集めており、将来有望な成分でこの法律の範囲に当てはまることは無い、合法なのです。

ヘンプだからと共に警戒する必要はありません。

CBDはWHO・世界保健機構からも安全性が高いと賞賛されているほどです。

とは言え、THCリキッドを使用したら必ず捕まるとは言い切れません。

 

THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

 

続きを読む

THCリキッドとは?メリットはあるけれど今の日本では禁止!

日本で今少しずつ知名度が上がってきているCBD、すでに世界ではヨーロッパやアメリカを中心に多くの企業が参戦しており様々な製品が販売されています。

CBDグミにリキッド・ワックス、いずれもCBDが配合されグミや液体状に加工されているのです。

その形状ごとに、使いやすさや摂取して効果が得られるまでの時間・濃度が異なり、好みやライフスタイルに合わせて選び摂れるというわけです。

海外のものだとCBD製品にTHCが含まれているものもあります。

続きを読む

THCリキッドは体に悪い?吸引すると呼吸困難になる添加物の存在

THCの成分が入っているTHCリキッド、体に悪いから利用してはいけないと思われているでしょうがそれは違います。

麻薬禁止国である日本、ヘンプに対して過剰すぎるほどの不安を抱いているようです。

だからこそCBDもなかなか浸透していかないのです。

少量であればTHCがCBDの効果をより高めてくれる、なのでTHCも含めてのフルスペクトラム製品は多数出回っており人気です。

タバコだって体に害を成すし辞めたくとも辞められない、中毒性や依存性はあります。

お酒で自身ではコントロールできないほどに精神面が影響を受けて、それでやってしまった失敗も数多くあることでしょう。

それでも日本ではタバコもお酒も禁止とまではされていないのです。

続きを読む

THCリキッドの保存方法は?日光が当たらない場所(買ったらダメ)

同じくヘンプが原材料のTHCリキッド、CBDリキッドと基本的に保存方法は同じです。

というか植物から採取された自然由来の成分なのですから賞味期限もあり、誤ったやり方で保管していると早く分解されてせっかくの有効成分も効き目がなくなってしまいます。

決して安いとは言えないお値段、というかTHCリキッドの成分であるTHCは東京では金と同じ価格帯です。

THC自体が禁止されているのですから手にする機会はないでしょうが、一応正しい保存方法を知っておいても良いのかもしれません。

続きを読む

THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

THCリキッドはともかく、CBDリキッドに入っているCBDという成分の方はむしろ健康や美容効果が高くWHOにも安全性が保障されているもののはずです。

でもそれはCBD単一、あるいは安全性に気を配ったカンナビノイドのみがそこに配合されたフルスペクトラム製品で、危険な混ぜ物は一切入っていない場合のみという条件が加わります。

CBDはヘンプを原材料としているけれど怖くないという情報がようやく日本でも広まってきていた矢先、アメリカにてCBD電子タバコを使用し死亡事故が相次いで起こったのです。

詳しく情報を確かめればCBDリキッドも電子タバコも純粋なる被害者だと分かるでしょう。

でもこの事件の報道を受け、確実に利用者数は減少したのです。

毒性が低く大量摂取したとしても命に関わるような副作用がないはずのCBD(電子タバコ)を加害者としたのは、共に配合されていた混ぜ物のビタミンEアセテートだと言われています。

 

混ぜ物ナシ!安全の国産CBDはコチラから

 

続きを読む

THCリキッドのコスパは?日本では逮捕のリスクを考えると高くつく

健康効果が高いとされるCBDですが、決して安いとは言えないそのお値段に購入を躊躇している方も多いはずです。

それでは、THCリキッドのコスパはどうなのでしょう。

ニュースを見ていると、何かと有名人がTHCの所持使用で逮捕されたといった報道が目につきます。

末端価格がいくらかなども伝えられており、少ない量でべらぼうに高くさすがお金を持っていると感心していたりもするかもしれません。

一方で大学生とか一般の方の逮捕劇だって無いわけではなし、どうやら人々からの人気の度合いが売れ具合を左右する芸能人などは足元を見て商売されるため、どうしても高い製品を買わざるを得ないようです。

それなら実はお手頃なのかというとそうでもありません。

特に東京は全世界で見て最もお値段が高いという統計も出ているのです。

THCリキッドを手に入れたいなら東京はNG、コスパが良いとは言えません。

具体的にはTHC1gで32ドル程度のお値段で取引されているようです。

続きを読む

THCリキッドを空港で持っていると厄介!関わらないのがベスト

日本の税関職員は大変優秀、THCリキッドはもちろんCBDリキッドだって空港で持っていると厄介なこととなります。

CBDリキッド、日本だとドンキホーテで取り扱いされていますがとにかく様々な製品があってどこにあるのか分からないというのであればサプリメントコーナーに行ってみてください。

日々続けてこそ健康や美容効果を発揮してくれて、正にサプリメント的な存在なのです。

だからこそ旅行や出張に持っていきたくなる気持ちも分かります。

特に出張で大勢の前でプレゼンをしなければならない時・交換留学で言葉も分からないような国にたった一人で行かなければならない時に、緊張や不安を緩和してくれる力強い味方となってくれるでしょう。

THCリキッドを空港に持ってきているというのであれば、海外に持ち込んで・あるいは海外から持ってきて高く売りつけようという気持ちもあるはずです。

とは言え合法違法に関わらず、飛行機の機内には一定量以上の液体は禁止されているのです。

ただの化粧水・飲料と申告したとしてもそれが真実かどうかは本人にしか分かりません。

液体を原料として混ぜ合わせることで爆発物を作り、それをテロ計画に使用しようといった計画がなされたことから警戒は厳しくなりました。

コンタクトの洗浄液ですら細かくチェックされて、痛くもない腹を探られてストレスを溜めるくらいなら初めから持ってこない方が得策です。

リラックス効果を得る目的なのですから本末転倒となるのです。

続きを読む

THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

THCリキッドの個人輸入は絶対にやめておきましょう。

とにかく様々なリスクが降りかかってきます。

海外のショッピングサイトで売られている商品を日本に居ながら購入すること、それが個人輸入です。

日本では売られていない商品が手に入るし、同じ商品でも日本よりもかなりお安くなっていたりして、こういったメリットから利用される方は多いのです。

インターネット経由だからこそ24時間いつでもどこでも注文出来て自宅に届けてもらえる、日本だと医者の処方箋が必要となるような薬であってもまとめ買いが可能ということから、忙しい毎日を送る現代人にピッタリの買い方なのです。

実店舗で買うとなると恥ずかしいダイエット薬や薄毛治療薬もこっそり手に入って、ただしTHCリキッドの個人輸入のこっそりは意味が違います。

 

関連記事:THCリキッドに混ぜ物?

 

続きを読む

THCリキッドは職質されたらアウト!プロから見れば一発でわかる

CBDリキッドなら大丈夫、でもTHCリキッドを所持していた場合に警察に呼び止められたらアウト・あっという間に逮捕へと繋がると思っておいた方が良さそうです。

挙動不審な動きをしていた場合、職務質問・職質をされることがあります。

職質は任意捜査、強制力を伴わず応じなくとも問題は無いのです。

ですが屈強な警察官たちに周りを取り囲まれて、長時間説得を受け続けながら「強制力はないから」とスルーすることなど出来ないでしょう。

説得の傍らで令状の請求処理が行われている場合もあり、令状が出されたら強制的な採尿・捜索が可能となりあっという間に逮捕へと繋がってしまうのです。

ニュース報道などでお馴染みの有名芸能人の逮捕劇も、このような経緯をたどっていたりします。

続きを読む