CBD クリーム

CBDクリームがスポーツに有効?世界アンチ・ドーピング機関が認可

CBDクリームはスポーツをする人にもおすすめ

CBDクリームがスポーツをする人におすすめな理由は何かというと、精神と体の調子を整えてくれることです。

なぜ、そのようなことが可能なのかというと、効果についてみていけばわかります。

最初に注目するべき効果は、使用をすれば副交感神経を優位になることです。

そもそも人間の体は興奮や緊張を司る交感神経と、緩和やリラックスを司る副交換神経からなる自律神経によってコントロールされています。

交感神経が優位になっていれば体中に力が入り活発な動きができますが、それが長く続けば筋肉が強張り血管が収縮するので極度の疲労状態になります。

また興奮状態だと夜になっても眠くなりにくくなり、不眠症になりやいです。

眠りは脳や筋肉を休ませるために必要なことなので、それができなければ前日までの疲れが残ってしまいます。

そういうときにCBDクリームを使って、副交感神経を優位にすることで体の緊張を解して、眠りにつきやすくなります。

なのでスポーツをする前はもちろんのこと、した後の疲労から回復するのにも役立ちます。

さらにリラックス状態にあると多幸感をもたらすセロトニンが分泌しやすくなるのですが、そのセロトニンの働きで物事に集中する力も高まります。

集中力が高まれば、野球やサッカーで冷静に状況を把握しながらプレイができますし、陸上競技でもゴールを目指して一生懸命に走れます。

アスリートにとって日頃の練習の成果を本番で発揮するためにも、いつもと変わらぬ平常心でいることが必要です。

そのために何事にも動揺しないメンタルトレーニングが重要だとされています。

メンタルトレーニングのためには、座禅をしたり決まった動作で集中力を高めるルーティンを実践するといった試みがありますが、CBDクリームであれば難しいテクニックなどは不要です。

ただ肌に塗るだけで効果がでますから、あまり時間がない人でも継続できます。

次に注目するべき効果は、抗炎症作用や鎮痛作用です。どちらも、スポーツをする人を助けてくれる嬉しい効果です。

体を鍛えるというのは、筋肉に負荷をかけて修復することでより頑強にしていくことです。園修復をするときには、炎症が起こり痛みも伴います。

これがいわゆる筋肉痛と呼ばれる痛みです。その炎症と痛みがある箇所に塗ることで、解消してくれるので心身ともに楽になります。

あと、スポーツでは同じ動作を繰り返すので体の一部に痛みがでることがあります。

とくに肘や膝などの関節は、酷使すればするほどすり減ります。

そのせいで関節痛で苦しむ人も多いですから、CBDクリームを使ってケアをすることが望ましいです。

続きを読む

CBDクリームとは?他の摂取方法と比べると作用時間が長いメリット

CBDクリーム とは?他の摂取方法と比べると作用時間が5時間以上続く!

CBDクリームとは化粧品や医薬品などのクリームにCBD成分を配合してあるもの、直接皮膚や肌などに塗り込むタイプのCBD製品の総称です。

経皮摂取により有効成分を体内に取り込めるのが特徴で、痛み止めやアトピー性皮膚炎やニキビの改善などに役立てることができます。

ちなみに、CBDクリームはニキビや湿疹・アトピーなどの皮膚炎に対して有効、主に体の表面に生じる異常に作用するのではないか、このようなことが期待されており海外での研究も行われているようです。

ただ、これはCBDクリームなどのような経皮摂取ではh畏怖に生じる異常の改善に役立てるものであり、CBDには経口摂取するグミタイプや錠剤タイプ、電子タバコのように液状のCBDオイルを蒸気にして吸引するタイプなどもあります。

CBDはカンナビジオールの略称で、麻薬の原料となる同じ植物に含まれる物質です。

ただ、CBDは精神活性作用がなく日本の法律でも規制が行われていない、エンドカンナビノイドシステムと呼ぶ生体機能や恒常性を維持するシステムに関与している、生体に対して良い効果を与えてくれるなどがわかっているといいます。

主に、精神のリラックス効果・痛みや痒みの抑制作用・炎症の緩和などが挙げられるのですが、他にも様々な疾患の改善に役立てることができる医療の分野においても注目の物質です。

CBDクリームの使い方ですが、CBDクリームとは経皮摂取するタイプなどからも症状が起きている部分に必要量を取り出し、皮膚に刷り込む形で行う使い方になります。

塗布させたCBD成分は外皮から染み込んで周辺の細胞や組織、毛細血管に入り込み局所的に作用するのが特徴です。

塗布してから効果が期待できるまでには最大2時間といわれていますが、持続効果は5時間以上と長くなっていて生体への吸収率は13~50%、他の摂取方法と比べると長いのが特徴です。

これらのことからも、アトピーの痒みやニキビの炎症など体の一部分に生じている異常に対して効果的であると同時に持続的に働いてくれます。

ちなみに、経皮摂取では患部に対する効果は期待ができる、これは言い換えると効果は非常に局所的なもので全身にわたるものではありません。

CBDを摂取する際に全身に効果を期待する場合には経口摂取するタイプや吸引するタイプが有効とされます。

しかしながら、これらの方法は医薬品とは異なり痒みや炎症を抑える作用が小さいため痒みなどの改善はCBDクリームが良いことがわかります。

続きを読む

CBDクリームは薬局に置いてる?代理店での購入がベストな理由

CBDクリームは薬局(ドラッグストア)ではなく、日本の代理店(CBDMANIA)での購入がベスト!

カンナビノイドとは1つの成分ではなく、生理活性物質の総称で実は100種類を超えるものがあるといわれています。

その中でもTHCとCBDの2つは認知が高いようです。

ただ、THCはテトラヒドロカンナビノールと呼ばれるものでいわゆる麻薬に含まれる物質です。

当然THCを使えば犯罪に値しますのでたちまち逮捕されてしまうことになりかねません。とても危険な物質ですから絶対に使わない、興味を抱かないことが大切です。

一方、CBDはカンナビジオールと呼ぶ成分でTHCのような精神状態をおかしくするものではない、THCのような規制が設けられているものではありません。

このCBDには、抗痙攣・抗炎症・細胞障害の抑制および改善・抗不安・降圧、そして特定のガンの細胞死を誘導する作用などがあることが研究の結果判明しているようです。

これは医薬品として使えるものなのではないか、このようなイメージを持つ人も多いかと思われますが、CBDはオイルにしたリキッドは喫煙の代用品として使われたり、クリーム状にしてあるものは美容の中で人気を集めています。

CBDもTHCも植物に含まれる物質を抽出したものではありますが、CBDが研究を続けている理由の中には多大なる効果が期待ができるからです。

人間を含めたすべての脊椎動物は、内因性カンナビノイドと呼ぶ物質を持っているのですが、これを介して様々な機能を制御する働きがあります。

この制御のことをECS(エンド・カンナビノイド・システムと呼びますが、これはすべての脊椎動物が持つ生体の制御システムにあたるものです。ECSは食欲・睡眠・性行動・疼痛・免疫・感情・運動機能・発達・老化・認知・記憶といった様々な制御を行っているもの、これらの理由から色々な作用を期待することができるなどの特色があるわけです。

美容成分でも注目を集めているのですが、CBDクリームはドラッグストアなどでも買うことができるのだろうか、もし買うことができるのであればCBDクリームを探してみたい、このように考える人も多いといえましょう。

しかしながら、CBDクリームはドラッグストアや薬局などのお店には置いてありませんので、身近な場所での購入はできないことになります。

CBDクリームが欲しいときには日本の代理店でもあるCBDMANIAと呼ぶ通販サイトがありますので、こちらのお店を使うと良いでしょう。

こちらのお店は日本の代理店でもあり安心して購入できるメリットを持ちます。

続きを読む

CBD クリームは違法ではない!正しいの製品の選び方

CBD クリーム(肌用)は違法ではない!違法成分が非検出レベルにまで取り除かれている製品を選ぶ

成熟した茎・種子などから抽出された、化学物質の一種である植物性カンナビノイドが含まれているのがCBD クリームです。

舌などの皮膚から直接摂取すれば神経系を整える・炎症を落ち着かせる・けいれんの発作を抑えるなど、良い効果があります。だからこそ日本でも話題となっているのです。

同じ植物でも葉や花から抽出されたTHC・テトラヒドロカンナビノールという成分こそが危険、こちらは陶酔感や感覚刺激・肯定的気分の変化といった心地よい感覚を作り出し、使用している時には良い気分が得られますが同時に不安やパラノイアという妄想へと陥ることだってあるのです。

このTHCは日本の国では麻薬及び向精神薬取締法にて「麻薬」指定されている違法成分、同じ植物でも採取される部位によって名称も身体に働きかける効果効能も異なっています。

日本で発売されているCBDオイル、製造の段階にてTHCが完全排除されています。

非検出レベルにまで取り除かれている以上はCBDクリームは違法ではありません。

使用したからといって妄想を抱いたりするようなことは無し、健康面で何ら危険な働きを起こすことは無いのです。だからこそ合法、安心して使って大丈夫です。

CBDに関しては世界保健機構のWHOでも安全性が高い成分と言われています。

人間の健康にかかわる国家機関の最高峰である団体が推奨するのですから不安を感じる必要は無いのです。

むしろ、他の治療薬では結局改善することが出来なかった痛みを軽減させることが出来ます。

関節リウマチも発症原因となるTNF-αの分泌が抑えられるので楽になります。

パーキンソン病を悪化させる原因となる神経細胞損傷の働きが抑制出来ます。

アルツハイマーの発症原因とされる神経の炎症が抑制されます。

癌細胞増殖も抑制、不安やストレスや筋肉の緊張などもCBDがあれば緩和させられるのです。

医療面において重宝されており、日本だけでなく様々な国で使われています。アメリカだとCBDから抽出の抗てんかん薬が医薬品認定もされています。

日本では最近になってようやく広まってきたばかり、ですから中途半端な知識で危険視する方も多かったりします。

でも危険な成分は排除されているのですからもちろん合法、上手く使用して痛みや辛い症状を回避し楽しく心豊かな毎日を送ることです。

WHOにも認められていることから、国内でも医療現場へと次第にCBDクリームは浸透していっているのです。

続きを読む