CBD オイル

CBDオイルで捕まる可能性は?正式な輸入許可を得ているお店を選ぶ

CBDオイルで捕まる可能性はある?正式な輸入許可を得ているお店であればまったく問題なし!

CBDオイルは日本でも興味を持つ人が増えています。

これまでは海外で使用する人が多かったアイテムですが、近年では日本でも少しずつ知名度が上がってきているので、これに対して使ってみたいと思う人は少なくないです。

しかしながら、こういった製品に対して日本は後進国なので正しい知識を手に入れる機会が少なく、間違ったイメージを持っている人が多いと言えます。

CBDが含まれる製品を使用するとやばい状態になってしまい、捕まる恐れがあると勘違いしている人も多いです。

これは間違いなので、CBDオイルを使用したとしても捕まってしまうことはないと理解しておきましょう。

勘違いされやすいのですが、THCと呼ばれる精神作用を及ぼす成分が含まれたものは日本で違法とされています。

この成分が含まれたものと混同されやすいですが、実際にはTHCが含まれていないので安心して使用することができるでしょう。

CBD製品を使用したとしても違法だとされたり捕まったりすることは基本的にないです。ですが、もしも、使用した製品にTHCが含まれていると捕まることになるので注意が必要だと言えます。

THCが含まれた製品は使うだけではなく購入することも禁止されていることを知っておきましょう。

CBD製品を安く手に入れるために怪しいサイトを介してこれを手に入れる人がいますが、その場合は配合されている成分に危険なものが含まれていてもおかしくありません。

自分ではそのつもりがなくてもTHCのような違法とされている成分を摂取してしまう恐れがあるので、十分に注意しておくことが大切だと言えます。

正規の代理店を経由して買うのであれば、危険な成分が含まれているCBDオイルを買ってしまうようなことはないはずです。

危ないとされているものさえ含まれていなければ、日本で使ったとしても違法だとされて処罰を受けるようなことはないと言えます。

厚生労働省から許可を得ているお店や正式な輸入許可を得ている販売店であると、安心して購入することができるので、安全性が高いと感じられる場所で購入するようにしてください。

詳しいことを知らずに、CBDオイルに対して悪いイメージを抱いてしまう人は今でも多いと言えます。実際にはイメージのような危険性や違法性はなく、日本でも合法のアイテムです。

興味があるけれど捕まる可能性があるから使用しないなどと考えていた人は考えを改めるようにし、安全性の高い方法で入手したCBD製品を使ってみると良いでしょう。

続きを読む

CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

CBDオイルは陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するもの

CBDオイルはてんかんやガンなど、多くの病気に対して有効な薬理作用があるため、健康面にも有益なオイルといわれています。

しかし、このオイルの作用はそれだけではなく、強いリラックス効果を得ることも可能です。

この程よいリラックス効果の作用は、眠れないときや極度に緊張してしまって眠れないときなどに有効な作用ですが、それだけではなくパートナーとのセックスにも有効だと好評となっています。

自律神経のバランスを整えることにより、パートナーとのセックスに落ち着いた状態で臨めます。

一方、CBDオイルをセックスのときに使用すると聞くと、使い方を勘違いしてしまう方は少なくありません。

このオイルは、基本的に飲むことによって効果が現れます。ローションや何か潤滑用のオイルなどのように陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するものです。

ただ、塗る場所によって多少なり効果が得られる場合もあります。

基本的には飲んで摂取することによって作用が現れますが、口周りなど体内にオイルが吸収されそうな箇所であれば、アルコールなどと同じく効果が現れる可能性も考えられます。

ですが、効果を確実に得たい場合はCBDオイルを飲むよう心がけましょう。

続きを読む

CBDオイルは怖い?やめたいときにやめられる頼りになるサプリ

CBDオイルを使い始めたばかりの人や興味がある人は、「依存性」があるのではないかという点を気にしているようです。

あまり知らないものに対して恐怖を覚えることは仕方がないことですが、はじめから伝えておくとCBDオイルには依存性のある作用はありません。

CBDオイルは「怖い」?慣れてしまえば日常生活の一部になりますよ

安全性の高いサプリメントのためキマることはないし、「怖い」と恐れるようなものでもありません。

有名なアスリートも使用し、効果を発揮するほどのサプリメントなので安全性は確証済みです。

その結果スポーツをしている人は年々、CBDオイルを利用している人が増えてきています。ネットなどでも使用している芸能人が、写真などをアップして効果を伝えているので知名度も上がりました。

中毒性においては、お酒やたばこの方が中毒性は高く依存しやすいとされていて、そのことは医学的にも証明されています。

勘違いしている人もいますがCBDに関しては所持すること、使用することは日本でも問題はありません。

飲み方、使い方次第でより効果を発揮するので上手く付き合っていくことで良さを体感することができるでしょう。

効果の出る飲み方などは少し特殊かもしれませんが、慣れてしまえば日常生活の一部としても取り入れられます。

やめたいときにやめられるものなので、気軽にはじめてみましょう!

日本では浸透してきましたが、まだ海外のように知名度は高くありません。

そのためCBDオイルは依存性はありませんが、やめたときに起こる身体の状態を心配する人もまだまだ多いようです。

効果が切れた場合でも気だるさや疲労感が襲うことのないのがこのサプリメントです。結果を伝えると、使用を突然やめたとしても体調が悪くなるということはありません。

とくに今までもやめたせいで状態が悪くなったという事実はないです。

CBDオイルは検証によるとコーヒーよりも依存性が低いとされているサプリメントです。これを聞くといかに安全なものかということが伝わるでしょう。

コーヒーをやめても何も異常が起こらないように、CBDをやめても何か起こるということは確率的にもほぼないと言えるでしょう。

自分に合った方法で使用している限り何も心配をすることなく効果を発揮してくれる存在です。恐れるべき存在ではなく、身近な頼りになる存在なのです。

効果を発揮させたいときに使用でき、やめたいときにやめられるものなので、気軽にはじめることもできます。

安全性の高いサプリメントなので、危険性や恐怖を感じる点はありません。合わないと思ったらやめたら良いだけです。

CBDオイルを店頭販売しているのは?安全で高品質な製品が低価格

CBDオイルを店頭販売している「CBDMANIA」!

CBDオイルやリキッドなどは通販では良く見かけるようになっていますが、店頭販売しているお店はなかなか存在していないのが現状です。

そこでおすすめしたいのが「CBDMANIA」というお店で、店頭でもCBD関連商品を販売しているのが特徴です。

やはり商品を買う時には実際に手にとってサイズ感やデザインなどを確認したい物ですので、CBDMANIAのような店頭販売のお店はぜひ活用したい所でしょう。

このお店はCBDオイルの専門店ですので、商品知識が非常に豊富な点が魅力です。

そのため初めてCBDオイルを使ってみたいという方にもおすすめで、スキルの高いスタッフが丁寧に説明してくれるのがメリットです。

安全で高品質なCBD製品を、お求めやすいリーズナブル価格で提供する事をモットーとしており、安心して購入できる環境を作り上げています。

また取り扱っている商品は全て正規ルートで入手している物で、メーカーおよび総代理店からの仕入れにこだわっているのが特徴です。

CBDは個人輸入でも仕入れる事ができますが、全ての商品を商用輸入仕入れとしていますので信頼できるお店となっています。

店舗は東京の台東区と大阪の北区にありますので、一度訪れてみるのが良いでしょう。

CBDMANIAは通販もオッケー!最大20%オフ、送料無料、ポイントバックなどなど

CBDMANIAでは店頭販売の他にも、便利なネット通販サイトも用意されています。

この通販サイトでは様々なお得なサービスが充実しているのが特徴で、まず挙げられるのが最大20%の割引が適用される定期購入のサービスで、気に入ったCBDオイルなどを毎月購入するような場合におすすめです。

そして会員登録して購入する方がもらえるのが、CMポイントというポイントバック制度です。

お買上げ金額に対してもらえる5%のポイントの他にも、紹介制度などが用意されているのが特徴です。

また条件を満たすと適用されるのがまとめ買い割引で、最大で15%という高い割引率も魅力となっています。

例えば指定されている同一商品を2つ以上購入するなどの条件となり、気に入った商品をまとめて買いたい時にはチェックしましょう。

まとめ買いの時などに確認しておきたいのが送料の部分ですが、このCBDMANIAでは通常なら全国一律で540円となる送料が10800円以上のお買上げで無料となる点が見逃せません。

まとめ買い割引や送料無料サービスなどを活用すると非常にお得に購入できますし、通常のセールクーポンなどが商品に表示される事がありますので、チェックしながら購入するのがおすすめです。

CBD リキッドを売ってる場所まとめ

CBDオイルに離脱症状はない!ネガティブなイメージがあるよね

CBDオイルに離脱症状はない!禁断症状は出ない、安全性が高いサプリメント

CBDオイルには、所謂離脱症状がありません。一般的な薬物のような、暫く使わないでいると禁断症状が出るなどということにはならないのです。

そのため使い始めるハードルが低ければ、使い終えるハードルもまた低いと思っていいでしょう。

元の成分を見れば、多少なり怖いというイメージを持つのは仕方ないのかもしれません。ただ今やCBDオイルはプロアスリートでさえ使っている事実があり、日本ではまだ普及してはいないものの安全性には太鼓判を捺されている状態です。

摂取量に制限がないのも、大きな魅力でしょう。沢山摂取すればその分だけ効果は出やすくなりますが、決して弊害も大きくなるわけではありません。

よく悪い離脱症状や飛躍した快感を得ることをバッドトリップなどと呼び、そのリスクは摂取量に応じて上がっていきます。

CBDオイルにはその特徴もないため、完全に中毒性のある他のものとは区別して考えるべきです。

その代わり、一部で偽物が出回っていることも知っておいてください。

偽物は名前だけを借りた全く別の成分でできていますから、最悪トリップ状態になる可能性があります。

あくまでも正規品を買った場合のみの安全性ですので、そこは慎重に買うものを選ぶようにしましょう。

使用をやめても依存することはない!

CBDの使用を止めると、使用前と同じような不安や疲労がぶり返す可能性があります。しかしこのリスクは過度なものではなく、普通の生活を送っていれば誰しもが感じるような規模のものです。

これを踏まえて再度CBDを使いたくなる人もいるでしょうが、その欲に従って素直に使ってしまっても構いません。

再度使用すれば、やはりこちらも同じように落ち着きを得ることができるでしょう。落ち着くことができればもう一度止める機会が訪れますし、慣れるまではこの繰り返しと思ってください。

1つ勘違いしてはいけないのが、これは依存ではないということです。

例えば頭痛がするときに頭痛薬を飲む、リフレッシュしたいときに甘いものを口にする、それらの行動と何ら変わりないのがCBDの摂取です。

止めた途端パニックになったり激しい感情に襲われることはありませんから、気軽に始めてみるといいでしょう。

仮に依存しているかもしれないと感じたら、念のため医師に相談してみてください。依存への不安が新たなストレスを生むこともあり、せっかく安心感を得ても長く続かないことがあります。

元より安全性は問題ありませんが、心配なときに駆け込める医師を見つけておくと更に安心して使うことができます。

関連記事:

CBDは危ない?第三者機関による検査を通っている製品なら安心

CBDオイルは気持ちいい?中枢神経からセロトニンを分泌する作用

CBDオイルは「気持ちいい」。寝る前やリラックスしたい時に

以前まではタバコを吸うことで気持ちを落ち着かせたり、リラックス効果を得る方が多かったですが昨今はCBDオイルを用いたリラックスが人気を集めています。

これはタバコとは違って健康に悪いという面がなく、安全にそして手軽に「気持ちいい」という効果を実感できる万能アイテムです。

なぜCBDを使用すると気分が良くなって落ち着くのか、その理由は主要成分であるヘンプが鍵を握っています。

このヘンプはさまざまな用途に使われる植物です。

いわゆるアロマセラピーにも用いられており、この植物の花から抽出できるオイルがCBDオイルとなっています。

主な効能としては、摂取すると中枢神経からセロトニンを多く分泌する作用を得られるので、強張っていた身体はリラックスして気持ちいいと感じられるようになります。

眠りが浅い、朝起きても疲れが取れない・緊張している時にCBDオイルを2mgほど摂取すれば神経を落ち着かせて、リラックス効果を得られます。

アロマセラピーのように香りではなく水蒸気という形で直接体内に摂取した方がより高い効果を得られるので、国内だけでなく世界各国でCBDは高い人気を誇っているといえるでしょう。

海外から輸入する際は注意!国内のショップが無難です

リラックスをしたいという場合でCBDを購入する場合は、正規店に足を運ぶ方法とネット通販で個人輸入して購入するという2種類の方法があります。

正規店は2020年5月時点で国内に計17店しかなく、どの店も都心部にしかないのでどなたでも足を運べるとはいえません。

そのためネット通販で個人輸入をなさる方が多いでしょうが、個人で輸入する時は違法品に注意しましょう。

日本で購入が認められているものは違法成分THCが基準値以下のもののみです。

しかし海外、特にアメリカではこの制限の限りではなくTHCが10%や20%という高濃度のものも所持することが可能です。

ネット通販でもごく当たり前に販売されているので、しっかりと成分表記を確認して買わないといけません。

安全に個人輸入をするのであれば、日本語表記の通販サイトを利用するのが望ましいです。成分表から商品名まですべて日本語で記されているので、間違えて購入する可能性は大きく減少します。

また、自身が購入したいというCBDの詳しい成分がサイト内で表記されていない場合は、ショップに問い合わせることも大切です。多くの通販サイトで利用者のサポートもしているので、尋ねたら詳細に教えてくれます。

CBD リキッドを売ってる場所まとめ

 

CBDオイルでED(勃起不全)を解消できる?そのワケとは

夜の生活が満足できるものではなくなってしまったと、お悩みになっている方は少なくないものです。

年齢とともに衰えてくることは仕方のないことだと諦めてしまうのは本当にもったいないことですので、しっかりとパワーを回復させるためにも積極的にCBDオイルを使用してみることをお勧めします。

CBDオイルでED(勃起不全)を解消!豊かなセックスライフを

CBDオイルには、さまざまな薬理効果があると言われていることをご存じの方も多いのではないでしょうか。

てんかんの発作がある方、ガンなどの大きな病気でお悩みの方など、様々な症状をお持ちの方にも評価の高いものなっていますが、最も実感できる効果としてあげられるのが、リラックス感を得られるというものです。

緊張感が高まってしまったときや、身体がこわばってしまったときなどにCBCオイルを摂取することによって心身を深くリラックスさせてくれることが期待できると言えます。このようなリラックスの効果が、セックスに関しても効果的に働くと言われておりED(勃起不全)に悩んでいる場合にもCBDオイルが良いサポート効果を発揮することがわかります。

副交感神経を優位にさせることで、身体の緊張を解いてセックスに集中できることとなりますのでEDの状態も解消する可能性が高くなります。

また、触れた場所の感度が鋭敏になって感覚が研ぎ澄まされるような感覚が得られるようになりますので、いつもとは異なる刺激的な感度を維持したままスローなセックスを楽しむことができる期待が持てるでしょう。

このオイルで心身がともに深くリラックスすることによって、通常のような緊張感や不安なことなどから開放されます。

そしてこれまで味わったことのないきわめて開放的で豊かなセックスが実行できるようになるとされています。

CBDオイルの作用である血行促進によって、下半身の血流が多くなることがEDに対して効果的と言われています。

持続性のアップも期待できますので、相手の女性をしっかりと楽しませる事ができるのではないでしょうか。

また女性にとっても、オーガズムを得やすくなるというメリットがあります。

現在のような社会情勢が緊迫化している状況であると、夜の生活についても不安感や緊張感から通常と同じような快感を得ることが難しいと考えている人もいらっしゃることでしょう。

そのような場合に、ぜひCBDオイルを使用してみることがお勧めです。

気持ちを豊かに、勃起を持続させて、男女ともに素敵な時間を共有できることに繋がっていくことが期待できます。

最近のトレンドは+WEED(プラスウィード)。国産なので安心して使い続けることができますよ。

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

CBDオイルで「鬱(うつ)」は改善できる?

一般的にうつ病の治療には、抗うつ剤などの処方薬をメインで治療します。

だけどそれらの薬剤は治療効果がある半面で、多数の人は副作用に苦しめられています。副作用が抗うつ剤よりも軽いため、代用薬としてCBDオイルが注目されてます。

CBDオイルは、肩こりや不眠症などの症状の改善が有名ですが、それだけでなくうつ病などの精神疾患の改善効果もあります。

CBDオイルで鬱(うつ)を改善?即効性があり、副作用がない

CBDオイルは、産業用のヘンプ(麻)から取れる成分で作られます。

そして最近ではオイルやリキッドの形状で製品化され、肩こりや頭痛などの幅広い慢性痛や不眠症や皮膚炎や糖尿病など100を超える疾患に効果があると注目されています。

そして気になる成分ですが、麻が原料だとハイになったり高揚感を得られるドラッグの悪いイメージを持たれますが、CBDには精神的に作用する成分は入っていません。

だから麻薬で良く知られるイメージのような事はまったく無く、適度にリラックスできるだけです。

CBDは公的機関で人体や動物に害がある成分が一切確認されず、それらの公的機関も利用を承認しているため安全なサプリメントとして流通しています。

猫・犬用CBDオイル|バイタリティを1瓶使いきってみた感じをレビュー

麻薬やドラッグの使用を規制している国でも、合法的に販売されてます。

CBDオイルは本当にうつ病などの精神疾患に効果があるのか、ということですが、通常使われる治療薬には、副作用として激しい頭痛や下痢や吐き気などを伴い、投薬治療を始めた後に薬剤の分量を減らしたり治療を中断する事があります。

また中断した後も、薬の副作用が残ってイライラ感が増大する事がよく起こってました。そして治療効果が出るまでに、数週間副作用に耐えながら飲み続ける必要が課題でした。それに対してCBDは、効果が出るまで数週間飲み続ける必要が無く、効果が使用した途端の瞬時に現れる事が研究で解ってます。つまり副作用が出る事無く、1回飲んだらすぐに改善効果が出る事が最大のメリットです。

CBDオイルには、一部精神疾患だけでなく、様々な心理的な疾患にも改善効果があり万能サプリメントに感じますが、副作用もいくつかあります。

CBDには治療の継続が困難になるほどの副作用はありませんが、高純度のものを飲む事で次のような副作用があります。

摂取した事で喉の渇きを感じたり軽い吐き気を感じる事があり、一時的ですが記憶力や周囲力の低下を招きます。

それに加えて血圧が下がったり下痢になる事もありますが、重篤な症状がないです。

関連記事:

双極性障害との関係性【気分の落ち込みを予防】

 

CBDオイルはアトピーに有効?ステロイド外用薬よりも安全!

カンナビノイドという化学物質から作られるCBDオイルには、様々な薬理効果があり、リラックス効果・睡眠の質を改善する効果・てんかん発作の抑制・ガン細胞の増殖の抑制・疼痛の軽減・不安障害の軽減などが代表的ですが、最近ではアトピーの治療や改善に効果的であることが判明しています。

この効果には、CBDオイルに含まれる抗炎症作用と抗増殖作用が大きく関係していることが研究を通して知られています。

抗炎症作用はかゆみや発疹を抑え、抗増殖作用には悪性細胞の増殖を抑えるだけでなく、ダメージを受けた細胞を再生して活性化させる力も持っているからです。

CBDオイルには抗炎症作用がある?原因である免疫細胞を不活性化!

また、人間の体内に備わっているECS(エンド・カンナビノイド・システム)という機能も要因の一つです。

ECSは人間の恒常性の維持を担う機能であり、人間の心身のバランスを整える働きがありますが、体内でカンナビノイドの成分を取り入れると活動が活発になります。

このため、CBDオイルを摂取するとECSの働きが活発になり、アトピーが抑えられるのです。そして、CBDには副作用がありません。

これは、世界保健機関であるWHOでも認められています。

もちろん、依存性や乱用性なども存在しません。

対症療法が主流であるアトピーの治療には、主にステロイド外用薬が使われますが、副作用の危険性が高いという問題があります。

不眠症・うつ状態といった精神症状や糖尿病、顔が丸くなるムーンフェイス、副腎不全などが代表的な副作用です。

医師の指示を守り、正しい使い方をすれば重大な副作用になることはありませんが、それでも患者にとっては不安です。

しかしCBDには、このような副作用はありません。さらに、高い確率でアトピーを改善します。スキンケアで肌バリア機能を強化するという方法もありますが、こちらは人間の自然治癒力に頼っています。

長期間続けていれば改善されるかもしれませんが、時間がかかりますし、改善しない可能性もあります。

結婚を考えている人や、アトピーによる嫌がらせを受けている人にとっては、CBDオイルが適切であるといえます。

他にも、CBDは赤ちゃんに使用しても問題ありません。

実際にアメリカでは、子供に多く見られる難治性てんかんに対して、CBD由来のてんかん薬であるエピディオレックスを処方薬として承認しています。

そのためCBDは、子供にも安心して使える成分として考えられています。

免疫力の弱い赤ちゃんにとって、副作用があるステロイド外用薬よりも安全であるといえます。

CBDオイルは空腹より「食事と一緒に」

CBDオイルは空腹ではなく食事と一緒に?摂取効率の違い

CBDオイルを口から胃を通して摂取する場合は、消化の段階で吸収されていきます。しかしもし空腹の状態で飲むと、十分に摂取されずに排出してしまいます。

一般的な薬のように少量で大きな効果を生み出すために摂取するものは、長時間空白を設けた後に飲んだ場合、初回通過効果という作用によって不活性化し、本来期待される働きができなくなってしまいます。

食後の服用を推奨されている場合は、その効果を避けるためということが多いです。

そしてCBDオイルも同様にその初回通過効果の影響を受けてしまうため、空腹時には向いていないというわけです。

そのため他の食事と一緒に飲むことで、摂取量の内大部分を身体の中に取り入れられるでしょう。

タイミングの問題で日常の食事と組み合わせることができなくなってしまった場合でも、少しでも先に別のものを取り入れておくと良いです。

またCBDオイルを食事に添える以外に、直接混ぜ込んでしまうという方法もあります。

正しいものであればあくまでも食品という扱いなので、取り入れ方を誤らなければ問題はありません。

その際には特に熱に注意しましょう。一定のラインを超えると蒸気となって空気中に逃げてしまい、効果がでなくなります。

利用効率を高める方法 CBDオイルは摂取してから大体3日程度の間は体内に蓄積されるもので、その間は効果時間が持続します。

そのため毎日使用する必要はありません。自分に合った間隔を見つけることで、最低限のコストで最大の効率を発揮できるでしょう。

またオイルを単体で摂取しただけでは、中々効果を実感できない人もいますが、そんな時は摂取の方法を工夫してみましょう。

最も簡単なのは、他の食品と一緒に摂取することです。

定番なのは同系統の麻の種から採れるヘンプシードや、オリーブといった植物の油との併用です。

オリーブオイルであればどこにでも売っているのですぐに始められるでしょう。

CBDオイルとヘンプオイルの違いは?効果や効能について

その他にもスムージーにしてみる方法もあり、CBDオイルの味そのものが苦手だという人に向いています。

そしてCBDは胃に入れるだけでなく、肺からの摂取も可能なものです。

リキッドタイプを気化する機械を使用すれば、蒸気のような状態になります。

それをそのまま吸えば、胃に入れた場合と同様の効果が期待できます。

機械は特に限定された専用のものはなく、仕組みさえ適していれば幅広く対応できます。これはCBDを食事の感覚で使用したくない人でも、タバコのように使用できるのが大きなポイントです。

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】