CBDには自然の抗菌・抗炎症特性がある

CBDには自然の抗菌特性があるため、ウイルス感染などによって起こる風邪に効果があると考えられています。

CBDオイルが作られる原料は風邪に関連した副鼻腔圧迫などの痛みに作用する特徴があり、CBDは副鼻腔を開き呼吸を楽にする抗炎症の効能も持ちます。

そのためウイルス感染における風邪をはじめ、頭痛や偏頭痛の軽減にも非常に役立つなど一般的な風邪の症状を改善させる効果があるとして海外では医療の場でも用いられることが多いです。

CBDには免疫システムの応答を低下させる効能があるため、自己免疫疾患といった症状に悩んでいる方にとっても高い効果が期待できます。

免疫系の反応が過剰になりやすい自己免疫疾患は、風邪やインフルエンザに関連した臓器障害や最悪の場合死亡するといった重度の問題につながる可能性があるので、医療現場でもこの効能は注目されています。

肝臓で酵素に作用する危険性?神経質になる必要ナシ

実際に国内でも取り扱いされているCBDオイルを利用する場合は、喉の奥に入れて数分待つことで成分が喉全体に行き渡り、風邪による喉も痛みなどを軽減させる効果があります。

高い抗菌特性は頭痛や止まらない鼻水にも効果があるので、サプリメント感覚で利用できる点も人気になっています。

おすすめの治癒方法

CBDオイルの原料は免疫応答を落ち着かせて、調節する効果があるので過活動になりにくくする効果があるため、抗菌特性と共にウイルス感染による風邪を改善させる効果があります。

CBDオイル以外のものを利用した治癒方法は、CBDオイルと同じ原料を含んだ食品「エディポー」を利用することをおすすめします。

エディボーは主にチョコレートやキャンディー、ハニースティック状に加工されており、風邪の症状に苦しんでいる方はオイルを喫煙すると、むせてしまったり喉に負担がかかってしまう特徴がありました。

しかし食品で摂取すれば体への負担を減らし、高い抗菌特性で症状を緩和させることができます。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

また風邪の症状を和らげる食材には、日本でも取り入れやすいのが生姜です。

抗菌作用と体を温める作用を同時に与えるので、寒気や喉の痛みなど風邪の初期症状の時期に摂取することをおすすめします。

他にも体を温める食材として人気があるのがカプサイシンです。

体を温めて発汗させるので、体内の老廃物を積極的に排出することができます。また抗菌作用もあるので体を温める方法として料理に取り入れる方が多いです。

鼻詰まりが気になるという方はミントもおすすめです。

香りを嗅ぐことで鼻が通りすっきりとした爽快感やリラックス効果があるので、良質な睡眠をとりたい時などにもおすすめです。