CBDオイルは落ち着く?セロトニンの分泌を促す作用が知られている

CBDオイルを使う目的には、気分を落ち着けたいというものがあります。

実際のところ、落ち着くことはできるのかというと、それについては嘘偽りではありません。CBDオイルになぜそのような効果があるのかというと、鍵となるのはセロトニンという物質です。

セロトニンは神経伝達物質の一種で、精神の安定に関係しています。セロトニンの分泌量が多ければ、心から不安が消えて落ち着く効果があります。

仕事や人間関係などでストレスが蓄積されているときには、セロトニンの分泌を促せば健康的に過ごせます。

逆に分泌量が少ないときには、精神の安定ができずに不安を抱えながら生きていくことになります。うつ病になりやすい人は、セロトニンの分泌量が少ないという説もあるくらいで心の安定には重要な存在です。

CBDオイルはセロトニン受容体を活性化する働きがあるので、そのセロトニンが大量に分泌されます。悩み事があるときや、疲れが取れないときに使用すると、不安が消えて心が落ち着くのはこのためです。

同じように不安を消す薬として、精神安定剤とか抗うつ薬と呼ばれるものがありますが、それには副作用という問題があります。

よくある副作用は、疲れやだるさそして強い眠気と言ったものです。確か気持ちは落ち着くかもしれませんが、翌日に副作用がでてしまうと体をまともに動かすことができなくなり、仕事や家事ができなくなります。

そのようなことになれば、今まで通りの生活が壊れてしまうでしょう。

一方でCBDオイルについては、副作用を心配する必要はありません。どれだけ摂取をしても、体に影響が出ることはなく体調を整えることができます。

まれに吐き気や下痢といった副作用が出る人もいますが、日常生活に支障がでるほどの重い症状がでることはありません。

もし、使用した後に眠たくなることがあるとすれば、それは副作用からくる眠気とは異なるものです。

不安を消して落ち着くことで、体は休息を取りたいという欲求が強くなっているだけです。副作用であれば、どれだけ寝ても疲れやだるさが残ってしまうでしょうが、純粋に体を休ませるのであればある程度の睡眠で身も心もリフレッシュできます。

そういう意味での眠気に襲われるかもしれないということで、CBDオイルを使用するときには運転や集中しないとケガをするかもしれない仕事はやめておきましょう。

トラブルを防ぎたいならば、使用するタイミングは、就寝前がおすすめです。

続きを読む