紫外線に細菌・ウイルスと目には見えないものの様々な刺激に我々の皮膚はさらされています。

でも皮膚の表面は分泌された皮脂が薄く覆っていて、バリアしてくれているのです。

皮脂は皮膚の内側の水分の蒸発を防いで保湿の役割もあり、無くてはならない大切なものです。

でも食生活やホルモンバランスが乱れストレスも溜まって、そんな毎日を送っていると過剰に皮脂が分泌されることとなるのです。

皮脂のベタベタが嫌で洗顔を繰り返すと逆効果、お肌が乾燥しそれを防ぐために更に皮脂は分泌されてしまいます。

その皮脂を好む菌がマセラチア菌でありアクネ菌なのです。

テレビコマーシャルでもお馴染みのアクネ菌、ニキビを引き起こす原因菌です。

思春期でホルモンバランスが乱れる時期はもちろん、乱れた日常生活が影響して大人ニキビに悩む方も多いです。

もしもマセラチア菌が異常繁殖したら、脂漏性皮膚炎という病気になってしまいます。

続きを読む