混ぜる

THCリキッドを混ぜる?フレーバーを変えたりできるみたい

THCリキッドは高いです。東京だと金と変わらない値段で取り引きされてます。

金は、アクセサリーにもなるし資産として持ってる方もいるでしょう。

でもTHCリキッドは、そもそもただの草ですよ。

気化吸引で吸いこんだら一瓶なんてあっという間、所持してることが見つかったらタイホされてしまう。お金をかける価値はありますか。

高いのは日本で違法とされ厳重に取り締まられてるから、需要と供給のバランスが著しく傾いてしまっているのです。

大金持ちなら売人の方から近寄ってきてくれますが、一般人のあなたは購入ルートを見つけるのさえ困難でしょう。

世界を見わたせば、さまざまなメーカーが濃度も配合成分も色々な製品を作ってるのですが、当然ながら選択の余地はありません。

もしもTHCリキッドを手にいれたとして、濃すぎるとかヘンプの香りがきつすぎるなど不満があるなら「混ぜる」ってやり方を知っといてください。

まあCBDリキッドにすれば、税関とか気にすることなく世界中で得回るあらゆる製品の中から自由にえらべるんですけどね。

関連記事:

CBDリキッドを薄める方法やメリット【自分好みの濃度に調節】

 

続きを読む

タバコに混ぜる?リキッドに混ぜる?【自分好みにカスタマイズ】

 

他のメーカーと比べてダントツの低価格!
プラスウィードCBDパウダーはコチラ

 

CBD製品を買うならCBDパウダーもおすすめ、そのまま摂取もできるけど混ぜることで選択肢は広まります。

ヘンプから抽出されたそのままの状態がCBDパウダー、舌下でそのまま舐めても
いいですよ。

ほぼ100パーセントに近い高濃度だから効果バツグン、と思いきやつまりはアイソレートでの摂取ってことになるので思ったほどではありません。

ヘンプの味わいそのままなのでおいしくないし、混ぜての使い方の方が取り入れやすくなったりガツンと度が高まったりとメリットが得られますよ。

オイルに混ぜればCBDオイル・PGと混ぜればCBDリキッド、自家製とかいかにも沼ってるみたいで上級者テクに思われてるかもしれませんがまさに混ぜるだけ、
実はとっても簡単です。

続きを読む