CBD(電子タバコ)の害について・正規品ではない製品に注意

CBD(電子タバコ)の害について・違法取引された製品に含まれていた成分が原因

たばことは違い、電子たばこにはニコチンやタールがありません。それでも健康を害する人は一定数存在するので、CBDだからと言ってまったく危険性がないとは言い切れないです。最近の報告ではCBDでも肺に負担が掛かっているというデータも存在します。

電子タバコによる肺損傷の原因は、違法に取引された(CBD)リキッドに含まれていた「ビタミンEアセテート」だと言われていて、これが人体に悪影響を与えているという内容の報告です。

アメリカで死亡例が報告されたことは記憶に新しいですが、直接の原因はビタミンアセテートであって、CBDでもTHCでもありません。

それでもたばこと比較すると圧倒的に肺がんのリスクが低く、健康を損なう危険性は低いです。

ニコチンやタールが入っていないので息苦しさや眩暈のような症状が起こることもありません。

それでも近年になって健康被害が増えているのは、CBDに関して間違った知識を持っている人や、過度の頻度や量を使っている人が多いからです。

CBDは有害な成分が少ないのでどれだけ吸ってもOKだと思っている人が多いですが、微量でも有害な成分が入っていれば完璧に安全なものだとは言えません。

微量でも積み重ねれば大きなものになりますし、徐々に蓄積された有害成分は徐々に体をむしばんでいきます。

蓄積されたものをリセットすることができれば良いですが、健康面に悪影響を与えると言うことは人間の体はそれらの成分を受け入れることができません。

老廃物として排泄をしたり、代謝や分解をして違うものに変えることができれば良いですが、今のところそれは難しいです。

CBDはたばこよりも危険性は低いですが、過度に使用することは想定していません。

一日に何度も吸ったり、短い間隔で吸ってしまうと思わぬトラブルが発生することもあります。

一日に1回くらいの使用であればほとんど変化はないかもしれませんが、これが10回20回になると何かしらの問題が発生するはずです。

10回20回になると間隔もどんどん短くなっていくので、肺の機能は回復するための時間を設けることができません。

疲労がたまっている状態で動き続けていると誰でも体調を崩します。

それは内臓も同じで、負担をかけ続ければ必ず悲鳴をあげてしまいます。

それが肺炎や肺がんとしてあらわれます。今の研究ではビタミンEアセテートが問題視されていますが、もしかすると他にも人間の体に良くない成分が含まれている可能性はあります。

電子たばこと言えど、100%安全なものではないということを理解したほうが良いです。健康を意識するのであれば、電子たばこの使い方にも注目すると良いです。

続きを読む

CBD リキッドに害はあるの?

CBD リキッドに害はある?喘息発作、頭痛、吐き気、眩暈などを起こしてしまう場合も

タバコの代用品としての利用や、タバコを吸ったことがない方が趣向としてVapeを利用する人口は増えていると言われています。

元々は海外発祥のものでもあり、タバコの害を減らそうとして開発された電子タバコがルーツとなる趣向品です。

その後は進化を続けている分野でもあり、最新の事情では加熱式のタイプでCBD リキッドを用いるものがかなりの人気を獲得しており、主流として多くの方々に愛用されています。

害を心配する方が多いものですが、実際に起きている作用は海外の医療機関でも報告されており、喘息発作に発展したり呼吸器が悪化してしまう問題、頭痛や吐き気、眩暈などを起こしてしまう場合もあることは事実です。

人によっては食欲不振になり、更にうつ症状が出てしまったという報告もあるように、確かに害はゼロとは言えません。

副作用の問題はどのような薬を服用しても出てしまうものですが、CBD リキッドの場合は本来であればタバコから体を守るという流があるために、一概に悪いものとは判断することは非常に難しく、実際に利用は合法化している国は多数存在していることも事実です。

もしも問題が起きてしまった際には、早期に使用を中止して、病院で診察を受けてみることが必要になり、リスクは最小限に抑えることは欠かせません。

 

関連記事:CBD(電子タバコ)の害について・正規品ではない製品に注意

 

健康被害の可能性は低く、量を控えることで重大化にはならない

海外で人気のVapeは日本語でべいぷと呼びます。

日本国内ではCBD リキッドでニコチンが入っていないものであれば使用に関しては合法になり、ネット通販から購入できる本体とリキッドがありますが、これらは違法ではありません。

海外では継続して利用することで身体に害が出てしまった事例は多数ありますが、純粋に考えてCBD リキッドは決して身体に悪いものではありません。

寧ろリラックス効果を感じる方が多いと言われているので、リキッドの購入は慎重に行うことが一つの条件です。

その背景には違法な成分や不純物が混じっているリキッドが海外製のもので流通している可能性はあるので、確かな商品を購入すると安心です。

害は報告されていても、実情はタールやニコチンを含むタバコよりも安全です。

健康被害の可能性は元々低いものなので、吸い過ぎてしまうことなく適量を利用することで問題は起きない可能性は非常に高く、最悪な重大化を防げます。

一説によると本物のタバコよりも中毒性は低いものと判断されており、良質なCBDを使ったリキッドで尚且つ信頼できるブランド品と、信頼できるショップから購入する方法で問題はクリアできます。

一般的な食品と同様な感覚で、どのような物でも摂取量を控えるという行動は安全性を保てます。

2020年現在、人気が上がってきているのが+WEED(プラスウィード)です。

国産なので安心して使えるのがいいですね↓

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

 

CBD(電子タバコ)は体に悪い?イメージは悪いけど危険性や依存性の心配がとても低い安全なサプリメント

CBD(電子タバコ)は少しずつ日本でも認知され始めているアイテムです。これを知っている人は増えていますが、やはり体に悪いというイメージを持っている人が多いと言えます。

しかしながら、実際のところは非常に安全なサプリメントだと言えます。危険性も依存性も低いので、安心して使用することが可能です。

稀にハイになってしまうのではないかと心配する人もいますが、これを使うことによってハイになることはありません。

ハイになるものには精神作用を引き起こしてしまう危険な成分が含まれており、これはTHCと呼ばれるものです。

CBDの場合は基本的にTHCが含まれていないので、安全だと言えます。

依存性についてもTHCが引き起こすものなので、これが含まれないCBD製品の場合は依存してしまうことがありません。

これは体調不良や病気などの症状を改善するためにも役立つとされており、継続することで効果が得やすいとされています。

そのため、継続して使用する人は多いですが、依存性がないのでやめようと思えばやめることができるでしょう。

一般的なサプリメントも健康やダイエットのために飲みますが、飲み続けたからと言って依存症になってしまうことはありません。

同じように依存してしまうことがないものなので安心して使用することができます。

もしも、この製品を使用することによって危険な目に遭ったという話を聞いたことがあるのであれば、それは粗悪品を使用したからだと言えるでしょう。

CBD製品の人気が高まっている一方で、海外では粗悪品の製造も増えています。国内では製造されていないので海外製のものを購入する必要がありますが、その際に正規の代理店を利用しなければ粗悪品を使ってしまい危険な成分を取り込んでしまう可能性があるので注意しておきましょう。

危険な成分であるTHCを混ぜた製品も海外では出回っているので、信頼できる場所で買う必要があることを理解しておくことが大切です。

正しい方法で入手するのであれば、CBD製品を利用して危険な目に遭ったり依存してしまったりすることはありません。

寧ろ、体調不良が緩和されたり、病気の症状が改善されたりするので安全なものだと言えます。

一般的なサプリメントのように気軽に使うことができるものなので、使用することに対してそれほど心配する必要はないでしょう。

まだこの製品について正しい知識を持っていない人が多いので、どのようなものであるかきちんと理解して使用することをおすすめします。

関連記事:CBDって「よくない」イメージがあるけど海外では人気のサプリ!

CBDって「よくない」イメージがあるけど海外では人気のサプリ!

Vape用CBDのおすすめはプラスウィード!いろんなフレーバーを選べるのが良い

Vape用CBDを探しているのであれば、プラスウィードの製品がおすすめです。様々なフレーバーが用意されており、Vape用のものではハーブフレーバーやピーチシャンパンがあります。

ハーブフレーバーはナッツ系の風味があるのですが、ほんのりとした甘さなので抵抗なく吸える人が多いです。

リラックス効果や睡眠の質を良くするという効果が得られますが、ほんのりとした甘さだけでも心が和らぐと感じる人が多いと言えます。

ピーチシャンパンは名前の通りフルーティーなフレーバーです。桃の良い香りが特徴的であり、こちらも抵抗なく吸える人が多いと言えるでしょう。

ただし、選ぶ濃度によって感じられ方が微妙に違っており、濃度が濃くなるほどガツンとくる印象のほうが強くなります。

様々な組み合わせを試してみることで自分にピッタリのフレーバーを見つけられる点も、プラスウィードがおすすめの理由です。

CBDには炎症を抑える効果があり、プラスウィードの製品を利用することでもこの効果を期待することができます。

医療現場ではCBDオイルを舌下に垂らすことで粘膜からこれを摂取するという治療方法が実施されることもあり、これによって喘息の症状が改善される人も少なくないです。

喘息のような症状に効果的な作用をもたらすので、様々なフレーバーが選べるプラスウィードの製品を使用してみると良いでしょう。

プラスウィードの製品がおすすめである理由はフレーバーが選べる点だけではありません。継続して購入しやすい点もおすすめポイントだと言えます。

定期購入を選ぶことで吸うために必要なアトマイザーがセットで送られてくる、ポイントバックが受けられるなどの特典があるので便利です。

CBDは継続して使用することによって喘息などの症状を改善しやすくなるので、続けられる製品を選ぶことがとても大切だと言えます。

プラスウィードは自分に合った製品を見つけやすいだけではなく、お得なので続けやすいことを知っておきましょう。

CBD製品を販売しているメーカーはたくさんありますが、信頼できる製品を購入することが大切だと言えます。

プラスウィードの場合は危険な成分が含まれていない製品を買うことができ、安心して使用することができるでしょう。

このような製品をあまり購入したことがなければどこで買うのが良いか判断が難しいものですが、種類が豊富で安全な製品を販売しているプラスウィードを利用すると良いです。

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】