ECSの機能が低下した状態だと新たなストレスやプレッシャーにさらされる

仕事での責任が重くプレッシャーを感じていたり、忙しくてストレスフルな状態になっているという人も多いのではないでしょうか。

そういった人におすすめなのが、ストレスを緩和する効果のあるCBDです。

CBDには、ECSという体の機能を調整する働きがあります。

ECSとは、睡眠・食欲・ストレス・免疫・記憶といった体に備わっている様々な機能を調整する働きのことをいいます。

ECSの機能が弱まってしまうと、体に様々な不調が現れるようになります。

免疫が衰えるので風邪をひきやすくなるなど体調不良を起こしやすいですし、記憶力が低下するので仕事でのミスが増えます。

眠いのになかなか寝付けなかったり、就寝中に目が覚めてしまうなど質の良い睡眠がとれないことも多いです。それにより集中力が低下して、仕事のパフォーマンスが下がってしまうこともあります。

また、ECSの機能が低下いた状態で仕事をすると新たなストレスやプレッシャーにさらされることになり、ますます体調不良が深刻化したり睡眠の質が低下するということも起こります。

一度悪循環に陥ってしまうと、そのサイクルから抜け出すのはとても大変です。

そういった時にCBDを活用すると、ECSを活性化して体の調子を整えることができます。仕事中に使用するのも最適で、仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

効果時間は大体、8時間程度とされています。副作用などの心配はほとんどありません。

CBDを活用することで、ストレスを緩和してリラックスした状態に導くことができます。

仕事のパフォーマンスを高めるには、オンとオフの切り替えをはっきりししっかりとした休息をとることが欠かせません。

特に大事なプレゼンテーションを控えているなど、ここぞという時ほど事前にリラックスして頭をシャープな状態にしておくことが大切なのです。

十分な睡眠が取れれば頭もリフレッシュし、集中力が高まった状態になります。

また、ストレスフルな状態が長く続くと、うつ病などの疾患を患うこともあります。

症状が悪化してから医療機関を受診しても、休職しなければいけなくなったり回復するまでに時間がかかってしまうことも多いです。

近年ではメンタルヘルスも重視されるようになってきたので、ストレスを感じたら早い段階で対処することが求められます。

そのまま放置してしまうと、深刻な状態になりかねません。CBDを上手に活用して、上手くストレスを緩和することが重要になります。

続きを読む