THCリキッドは電子タバコを使用します。

火をつけてふかすだけのニコチンタバコと違って、電子機器なんです。

ワット数の調整も可能、それではどれくらいのワット数が最適なのでしょう。

調整することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

もちろんTHCリキッドは日本だと違法、CBDリキッドを使用する際の参考としてください。

調整可能な製品もある一方でそれが難しいものも、ワット数を変えられないならベイプリキッドとTHCリキッドで別々のものを用意しましょう。

ベイプリキッドについて調べてるとよく出てくるのが「爆煙」というキーワード、たっぷりのミストを吐き出す吸い方こそが好まれます。

ただ、それだとせっかくのTHCの成分が空気中にどんどん放出されることとなり勿体ないんです。

東京だと金と同じくらい高価なTHCリキッド、無駄にはしたくありません。

そこでワット数調整を、ミストの量を変えることができるんです。

数値が大きいほど強いエネルギーが発生するので、ミスト量が多くなります。

熱に弱いTHC、高熱で温めると成分が変わって効果が得られにくくなるといったデメリットもあり、出来るだけミスト量は少なく設定した方が良さそうです。

ちなみに、爆煙はリキッドに含まれてる香料も飛んでしまってます。

ゆっくりと複雑な味を楽しみたいなら低ワット数、THCリキッドに限らずベイプリキッドもおんなじです。

ミストの量を増やしたら一瓶があっという間に無くなる、次々と消費してほしいというメーカー側の思惑なのでしょうか。

まんまと踊らされてたなんて、たくさんある中から正しい情報を精査できる賢い消費者となることです。

一気に煙を吸い込むとむせやすくなります。

肺に溜めて吸収するTHCリキッド、すぐにすべて吐き出してしまわないようにするためにもワット数には要注意です。

続きを読む