どうしてCBDってよくないイメージがあるのか?原材料に麻(ヘンプ)を使っているから

CBDは日本ではよくないイメージはあり、まだ認知されていませんが、海外では注目されている成分です。

身体に高い健康効果を与えることから世界中で注目されており、医療現場や気軽に購入できる製品が販売されているので誰でも気軽に購入することが可能です。

よくないイメージを与える理由のひとつに、原材料に麻を使っていることが考えられます。

日本で原材料が麻を使用したものはマイナスのイメージがもたれることはあり得ます。

そのため安全性が気になるという人も少なくないでしょう。

CBDは麻に含まれる成分のひとつで、医療への効果などが期待される有効成分です。

日本で麻の成分というとドラッグなどネガティブでマイナスなイメージがありますが、この成分は麻に含まれる成分の中でも精神作用がない化学物質です。

麻は人が栽培した最も古い作物のひとつで、繊維をとるために古来より重宝されきました。

一部では精神作用の部分が問題視されていますが、精神作用を引き起こさずに健康効果が期待できる成分として世界で注目されている成分でもあります。

麻に含まれる活性化合物のなかで、体内のカンナビノイド受容体を刺激する神経伝達物質をカンナビノイドといって、植物性と内因性があります。

植物性のカンナビノイドは麻のみに含まれ、内因性カンナビノイドは人の体内で生成されます。

植物性カンナビノイドには2大成分のTHCとCBDです。日本でよいイメージがないのはTHCです。

THCは悪い部分ばかりではなく、ストレスやうつの軽減、痛みの緩和などの医療効果が期待できるものですが、THCは精神に強く作用する物質で、カフェイン程度の依存性がある物質でもあります。

2つの成分の大きな違いは精神に作用するか否かという点にあります。

CBDは多幸感を感じることはなく、様々な医療効果を得ることができる物質です。

よくないイメージがあるCBDですが、抗炎症作用や抗酸化作用、神経保護作用という医療効果があります。

抗炎症作用は、脳と身体の両方の炎症を鎮めたり、予防する働きが期待できます。

直接作用するだけではなく特定の受容体の働きをブロックするなど間接的に症状を緩和することが期待できます。

抗酸化作用では、抗酸化ビタミンの代表とも言えるビタミンCやビタミンEよりも強力であることが分かっています。

また脳を保護する神経保護物質の働きもあるため、脳と神経系への損傷を軽減するなどの効果により様々な神経疾患の予防や進行を抑制することが期待できます。

続きを読む