CBDとタバコの違いは?健康への影響が全然違う!


    ニコチンにタール・一酸化炭素、その他にもなんと200種類以上の有害物質がタバコの煙には含まれているそうです。

    発がん性物質も50種以上、タバコを吸ったりその煙を吸い込んでいたら健康被害を受けるというのはもはや常識ですが、この数値を見ればより恐ろしさが分かることでしょう。

    そんなタバコと似たような形状の電子タバコ、しかも吸いこんで煙を出すのですから使用方法も全く同じです。

    若者を中心に広まりを見せているとは言えまだまだ認知度が低い電子タバコ、更にはリキッドではなくCBDリキッドを吸っているという方はほんの一握りです。

    だからこそ同じようなものと敬遠し、冷たい目で見ているかもしれません。

    でもそれは勿体ない、だってあなた自身が日々感じている不調を改善できるアイテムとなるかもしれないのです。

    ヘンプを由来とするから危険だといった考え方も捨て去るべき、ぜひ電子タバコに・CBDリキッドに注目してみましょう。

    CBDとタバコの違い・健康を考えるならCBD(カンナビジオール)!

    タバコを辞めて電子タバコに移行したという方もいるはず、似た形状だからこそ手持ち無沙汰も解消されてタバコの依存性・中毒性を紛らわせやすいのです。

    タバコも電子タバコもストレス解消のために使用するという目的は同じ、ただニコチンが切れたとたんにむしろイライラが出てきてしまう普通のタバコと違って電子タバコならば吸わずに数日過ごそうと全く問題はありません。

    依存性はニコチンが起こしているもの、ニコチンの入っていないリキッドを使っている限りは危険は無いのです。

    しかもCBDリキッドだと依存性や中毒性を和らげてくれる効果があるので、より禁煙効果が高まるはずです。

    ちなみに、海外で出回っているリキッドの中にはニコチンが入っているものもあって、それを吸っている限りは普通のタバコと同じ身体への悪影響が起こります。

    海外から安さのみを基準にCBDリキッドを購入した場合にはTHCも配合されているかもしれません。

    THCとは、同じくヘンプを由来とする日本では麻薬とされている成分です。

    電子タバコだから・CBDだから大丈夫と中途半端な知識で手を出すのは避けた方が良さそうです。

    危険を回避するためには、価格よりもむしろ品質にこだわって選ぶべきです。

    残念ながら、日本ではヘンプの栽培さえ禁止されているという環境がありますから国産のCBDリキッドはほとんどありません。

    でも海外製でも安全性に気を配った製品はちゃんとあるのです。

    口コミ評判なども調べて、賢い消費者となることで危険を遠ざけましょう。

    普通のタバコだと得られるのは不健康な身体、でもCBDリキッドを使用した電子タバコならば健康や美容効果が手に入ります。

    頭が痛かったり夜眠れなかったり、不調を感じている身体はバランスが崩れているのです。

    そのバランスを良い方向へと戻してくれるのがCBDの役割、タバコだって吸っている間はストレスが忘れられるしリキッドだと良い香りに心が癒されることでしょう。

    でも更にプラスアルファが得られる、なので世界中で愛用されているのです。

    医療界やスポーツ界、注目度は高まっておりいつの日か電子タバコを公共の場で吸っていても白い目で見られることのない世の中は作られるはずです。

    国民に健康でいてもらいたいし国の借金も減らしたい、そんな国の思惑によりたばこ税はどんどん上がる一方です。

    それに伴ってタバコ1本あたりのお値段も急上昇、健康面よりもむしろお金が続かないと禁煙を考える方も増えました。

    つまり国の意図する方向へと進んでいっているのです。

    喫煙者が減れば肺がんなどの病気の感染者数も減り、医療費も削減出来ます。

    健康効果が得られるCBDならお安いはずと思われるかもしれません。

    でも残念ながら決して安いとは言えない価格帯、お値段に関してはタバコとCBDどちらも高値で取引されているのです。

    そこには海外からの輸入に頼らなければならないのでどうしても中間マージンが多くかかる、THCを徹底排除している日本だからこそ輸入手続きに手間と時間がかかってしまうといった理由があります。

    ただどんどんお値段が上がる一方のタバコと違い、CBDの方は最近は少しずつ安価になっていっているのです。

    何しろ全米を中心にヘンプ農家が爆増、生産量が増えればそれだけ原料の価格も下がります。

    日本を含め世界に利用者が増え続けているという現状もあります。

    未来があるCBD、このまま消えていくであろうタバコとは全然違うわけです。

    タバコと電子タバコ、似ているようで身体にもたらされる作用は全然異なります。

    更に電子タバコでCBDリキッドを使用すれば癌で早死にするどころか健康効果が高まって、元気に長生きすることができるでしょう。

    確かにお値段が高いものの、医療費や美容費・ストレスを解消するために利用していたお酒や旅行・甘いものとトータルで考えれば全然安いほどです。

    最初に電子タバコを購入しなければならないので初回費用はかさむけれども、後はCBDリキッドのみ、インターネットで定期購入すれば様々な特典もついてきます。

    タバコを選ぶくらいなら電子タバコを、出来ればCBDリキッドでプラスの効果を得るようにしましょう。

     

    CBDオイルは「消費」ではなく「投資」。健康を増進させる方法

     

    (Visited 5 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ