タバコを吸ってる人にどんな効果?喫煙本数が40パーセントも減少!

    病院に禁煙外来というのが出来ました。

    でもわざわざ通院するのは面倒ではないですか。

    ニコチンパッチなどの製品にも懐疑的で、新しい禁煙方法が知りたいというならCBDでの禁煙を試してみるのはいかがでしょう。

    タバコを吸う代わりに電子タバコでCBDリキッドを摂取する、でも本当にこれでニコチンへの依存症を抑え本当に禁煙成功できるのでしょうか。

    タバコを吸ってる人にどんな効果?喫煙本数が40パーセントも減少!

    2013年に禁煙者24人を使った実験が行われています。

    期間は1週間、喫煙したいと感じた時に半数の12人にはCBDを吸入させ、残りの半数にはプラセボを吸入させたのです。

    参加者は1日10本以上タバコを吸っているという方のみ、喫煙歴も長く完全にニコチン依存症状態だったわけです。

    つまり、ニコチンが不足した段階ですぐにも吸いたくなりイライラや集中力の低下が見られるはずです。

    実験の結果はプラセボ側はもちろん変化なし、しかしCBDを摂取していた側はなんと喫煙本数が40パーセントも減少したのです。

    この実験で選ばれた24人は皆、喫煙を辞めたい・禁煙したいという強い意志を持つ方々でした。

    2018年に似たような実験がまた行われます。

    この実験で集められた30人は禁煙の意志を持たないものたち・継続してタバコを続けたいという人のみです。

    それにも関わらず、ここでもCBDを摂取した方のタバコへの関心が低下するという結果が出てきたのです。

    こちらも1日に10本以上吸っていた方たち、しかも最初の1本は朝起きてから1時間以内に吸っているというのですからすっかりタバコ漬けの毎日です。

    まずはいつも通りに喫煙してもらった後に12時間禁煙、それから800㎎のCBDを経口摂取する側とプラセボを経口摂取する側に分けて様子を観察し、違いを調べたのです。

    そこで注目したのが注意バイアスという評価の尺度です。

    仕事をしていたり映画を見ていたり、どんなに楽しいことをしていたとしてもニコチンが切れる頃になるとタバコのことばかり考えて落ち着かなくなってしまうのは、注意バイアスがあるからです。

    無意識的にタバコ、あるいはそれに関連するものに脳が注意を向けてしまうのです。

    そもそもタバコの存在を忘れていられるようになれば、無理なく自然に禁煙が出来ることでしょう。

    30人に対し、ビジュアルプローブタスクを利用して注意バイアスの評価を行いました。

    喫煙に関係する画像・それと似た構成ながら喫煙とは関係の無い画像の二つを瞬間的に表示し、視線がどちらに向いているかとその画像が何だったのか適切な応答が行われていたかどうかを記録していったのです。

    例えばタバコを吸っている女性の顔と同じ構図で口紅を塗っている顔、これらの画像を次々と表示していきます。

    0.2秒と短い時間で表示させることで潜在的な思考を探り、0.5秒と長時間表示させてより意識的な思考を探って行きます。

    どうやら、たとえCBDを服用したとしても意識的には変わらずタバコ刺激に注意バイアスが向けられてしまいます。

    ただ潜在的なタバコ刺激への注意バイアスは明らかに低下していて、タバコを隠してしまい違った集中して取り組める作業をするようにしていればいつの間にか本数を減らしていくことが出来て、自然に禁煙が出来そうです。

    ヘロイン中毒患者にCBDを投与したことで、ヘロイン刺激に対する注意バイアスが低下したという実験結果もあります。

    ヘロインの高い中毒性であろうとも大丈夫なのですから、CBDの禁煙効果は十分に高そうです。

    2018年の実験では快感評価タスクも行われており、タバコに関連する画像に対して快と不快のどちらを感じるかも調べられています。

    するとCBDを摂取しているものは明らかにタバコに対しての心地よさが抑えられていたのです。

    満腹状態・禁欲状態の二つでも対比していますが、CBDを服用していたとしてもタバコに対して渇望する度合いは同じです。
    CBDには中毒性・依存性を緩和する効果効能があります。

    どうやらタバコに対しては関心が薄れるといった作用をするようです。

    でも渇望度は変わらず、手の届くところにタバコを置いていれば意識して手に取ってしまうこととなるでしょう。

    やり方を考えなければ、せっかくCBDを利用しても禁煙につなげることは難しそうです。

    また、注意バイアスだけが喫煙を続けてしまう要因とは言い切れず100パーセント禁煙に繋がるわけではありません。

    過度に期待はし過ぎないこと、個人で行うのが難しいとなると禁煙外来なども考えた方が良いでしょう。

    ただ、実際にCBDを使って禁煙をした方のリアルの声を聞くと「吸いたい気持ちは消えてはいない、けれど吸っていない時間にいつの間にかタバコのことばかり気にかかっていたのがそういう気持ちは消えた」という状態になるようです。

    正に実験の通り、CBDを使っての禁煙効果は過度の期待はダメですが望みはありそうです。

    このままタバコを続けていても健康を害するだけ、CBDリキッド始めてみて損はありません。

    CBDは健康に美容にと良い効果がたっぷり、危険な副作用も無い毒性の低い成分です。

     

    CBDをタバコの代わりに!さまざまなメリットが期待できる

     

    (Visited 4 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ