タバコと比較!共通する部分も多少はあるもののほとんど真逆

    ニコチンタバコを日々喫煙している方、その手に持っているものを電子タバコに変えて中のリキッドはCBDリキッドを選ぶようにするだけで、その後の人生が変わります。

    見た目はどちらもよく似ています。

    煙が吐き出される様子などそっくりです。

    お値段も、タバコ税が上がってタバコの値段がどんどん高くなっていますがCBDリキッド側も決して安いとは言えないでしょう。

    CBDグミやオイルと違ってCBDリキッドは気化するための専用機器が必要となりますから、初期投資も必要です。

    ただし、今後も上がっていくであろうタバコ代と違ってCBDの方は将来的にはもっと安くなるはずです。

    タバコと比較!これから選ぶべきは「CBD」

    電子タバコだって一度買ってしまえばあとはCBDリキッドを無くなったら買い足すだけ、一生でどれだけ稼げるかは分かりませんがお金は大切にしたいものです。

    タバコを辞めてCBDにしてしまえば癌などの大きな病気になる心配もなし、頭痛薬や睡眠導入剤など日々のちょっとした不調を改善するためのお薬も必要なくなります。

    医療費は大幅に減らすことが出来て、トータルで見るとかなりの節約となるのです。

    ニコチンタバコは、自身のみならず周囲にも害を成します。

    タバコから出てくる煙・副流煙と言いますが、その中にはむしろ喫煙者が吸い込む以上の有害物質が入っています。

    自分が辞められないばかりに家族全員が健康被害を受けてしまう、そんな危険なものはなんとしてでも辞めるべきです。

    もちろんCBDリキッドも、熱せられて液体を気化するという電子タバコを小さなお子さんが手にしてしまったら火傷の危険などはあります。

    電気の知識もないのに無茶な改造をして爆発したり、取り扱いには十分注意しなければならないものの、ニコチンタバコのような害を与えることはないでしょう。

    辞めればいいと分かっていてもやめられない、ニコチンには依存性・中毒性があるのです。

    最近では禁煙外来も出来るほど、お医者さんと共に薬を使って治療をしなければならないのですから病気と言ってよいほどのレベルです。

    CBDには依存性は無し、むしろ依存性を緩和してくれる作用があります。

    最近耳にすることが多くなったCBD、気になったのであれば試してみてはいかがでしょう。

    それで合わないと感じた時にすぐにでも辞めることは可能です。

    THCと同じくヘンプが原材料ですが、精神を乗っ取られるようなことは無いのです。

    ニコチンタバコを辞めたいのに辞められないという方が、禁煙目的でCBDを摂取していたりもします。

    喫煙者がいるとすぐに分かります。

    あの独特な臭い、ニコチンやタールなど化学物質が複数種類組み合わさることで臭くなるそうです。

    ニコチン不使用のCBD、臭いの害もありません。

    香るとすればヘンプの草っぽい臭いのみ、それが苦手で香料もプラスされたCBDリキッドを使っているのならば甘い香りや爽やかな香りが漂ってくることでしょう。

    お部屋が臭くなることも無し、もちろん香りの好みは人それぞれなので公共の場では吸わない方がよいですがニコチンタバコの思わず顔をしかめてしまうような強い臭気に悩まされることは無いのです。

    CBDもニコチンタバコもリラックス効果はあります。

    仕事や人間関係とストレスが多い世の中、サラリーマンたちはタバコを吸うことでなんとか日々やっているというわけです。

    CBDリキッドを吸い込んだ後は緊張や不安が緩和されて、ゆっくり眠ることが出来たのではないですか。

    しっかり寝て英気が養われるから翌朝はパッチリ目が覚めて、仕事効率も上がるはずです。

    一方でニコチンタバコは、吸っている間はリラックスできるかもしれません。

    でも時間がたってニコチンの成分が体内から失われてくると、気持ちがイライラしてきたり仕事に集中できなくなってきます。

    依存症になりかけているのです。

    目先のリラックス効果だけ、その後に待っているのは不の作用しかありません。

    両者ともお値段がかかるとはいえ、CBDは月に2500円くらいでタバコは月に5000円くらいとなります。

    より金額が高くて自身へも周りへも害があり、リラックスできるとしてもほんのわずかな期間だけだし臭いもある・依存性もある、そんなニコチンタバコを続けることにどのような意味があるのでしょう。

    吸っている姿がかっこいいとか、喫煙スペースで上司や同僚とのコミュニケーションツールに使えるといったメリットがあったのは過去の事、健康被害が大きいことは誰もが知っていますし吸うことが出来る場所もどんどん狭まってきました。

    むしろこんな時代になってまで喫煙を続けている人は、かっこいいというよりも意志が弱く健康管理も出来ていない社会人失格者です。

    共通する部分も多少はあるもののほとんど真逆なCBDとタバコ、今後選ぶべきはCBDの方です。

    日本での知名度はまだ今一つですが、もうすぐコンビニでもCBD飲料が売り出されることが決まっておりこれから一気に知られることとなるはずです。

    タバコ値段が更に高騰する前に、移行を考えた方が良さそうです。

     

    CBDオイルをタバコに垂らす方法よりVapeで気化させた方が気軽

    CBDをタバコの代わりに!さまざまなメリットが期待できる

    【電子タバコ】カンナビスフレーバーのCBDリキッド激ヤバ3選!

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ