どれくらいの量が理想的?

     

    嗜好品としてだけではなく、健康増進のためにCBDリキッドを使いたいという方も増えてきている印象です。

    CBD(カンナビジオール)はカラダの「恒常性」というバランスを司る部分に深く関係しています。普段の食事で足りない分を補うことで健康に対する効果が期待できます。

    70年ほど前まで日本でもカンナビジオールは食事で十分摂ることができましたが、今では健康食品のお店でも見かけることは難しくなっていますね。

    それではCBDの1日の摂取量はどれくらいが理想的なのでしょうか。

    量が足りないと効果を実感しづらいですし、逆に多すぎると副作用が心配になります。

    実際に体験してみた上で、CBDリキッドを正しく摂取するための情報をご紹介していこうと思います。

    CBDリキッドの量はどれくらいがベスト?

    CBDリキッドを生活のサポートに使うならどれくらいの量が目安なのでしょうか?

    CBDによる効能をしっかり実感するためには、1日あたり50〜150mg程度の摂取量がベストと言われています。

    メーカーによって多少変動しますが、CBDリキッドのエフェクトに慣れてきたら200〜300mg程度に増やしても問題はありません。

    CBDは麻の実からも微量ですが摂取することができますが、そもそも販売しているお店はそう多くはありません。

    ヨーロッパのようなオーガニック先進国であればもっと身近にあるかもしれませんが、CBDを必要なだけ十分に取り入れるならサプリメントで補う方法がラクですね。

    最大摂取量は?

    CBDは最大1.280mgを継続して使い続けても安全である、という研究結果が出ています

    1.280mgを毎日摂取するのは、普段使いであれば考えられないくらいの量ですから、CBDリキッドを200〜300mg程度使い続ける程度であれば副作用を深刻に心配する必要はありません。

    CBDを簡単に補う方法

    さてCBD(カンナビジオール)を目的のために補っていくためにはどうすればいいのか、摂取方法を確認していきましょう。

    CBD成分だけを摂取する場合は、CBD単体のパウダーがいいでしょう。

    また、CBDと一緒に摂ることでシナジー効果が発揮できるテルペンやフラボノイドなども摂取できるフルスペクトラム仕様のものは耐性がつきにくく効率がいいメリットがあります。

    最近、ダントツの人気を誇るファーマヘンプ社のプレミアム・ブラック(CBDリキッド)は、高濃度のCBDとテルペンが入っています。また、CBDリキッドは飲むタイプのCBDオイルより吸収率が1.5倍になるため少ない量で同じ効果を得られるようになっています。

    栄養バランスと吸収率を重視してCBDを適量摂取したいという方はプレミアム・ブラック CBDリキッドをなどのフルスペクトラムを選ぶといいでしょう。

    ファーマ社 プレミアム・ブラック CBDリキッドの体験談はコチラ

    まとめ

    CBDリキッドの摂取量の目安や摂取方法をご紹介してきました。

    量を知らないと「プラシーボくらいしか感じられない」と体感が弱いこともあります。

    せっかくなら栄養バランスと吸収率についてちょっと知っておくと変化に気がつきやすくなりますよ!

    最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓