CBDはスポーツのパフォーマンス維持に役立つ?体験レビュー

2016年総合格闘家のネイト・ディアスがCBDリキッドを使っていることで、格闘ファンの間で話題になったことは記憶に新しいと思います。

関連記事:

CBDは2018年以降WADAで禁止されなくなった!?

ネイト・ディアス氏は「パフォーマンス維持に重宝しているよ」とコメントしていましたが、個人的に、スポーツをする上でCBDがどのように作用するのか気になりました。

そこでタイトなスケジュールの中、スノーボードのアフターケアのためにCBDリキッドを毎日使ってみることにしました。

週5日、30時間ゲレンデでハードにカラダを動かして実際の体験レビューとしてまとめてみました

スポーツをされる方のお役に立てていただければ冥利に尽きます。

CBDリキッドはアフターケアに役立つ?

結論から申し上げますと、CBDリキッドをアフターケアとして使っていると、次の日の朝の気分が全然違いました。

ご存知だと思いますが、スノーボードはカラダ全身を使うスポーツです。週5日も通うと、毎日カラダがバッキバキです。朝が辛くて辛くて・・・。

そうなると、朝の機嫌が悪くなってしまいます。

ですが、CBDリキッドでケアするようになってから、イライラしない朝を迎えられるようになって驚きました。どうやらアデノシン受容体にアプローチしてくれるのが効果のワケのようです。

アデノシンは、心臓のA1受容体を介し、徐脈作用や房室伝導抑制作用、心収縮力抑制作用を発現する。冠血管や末梢血管ではA2受容体を介し、血管拡張作用を発現する。

出典:http://kanri.nkdesk.com/touyaku/touyaku9.2.php

調べてみても、アデノシン受容体については難しくてよくわかりません 笑。

ただ、CBDはスムーズな生活を送られるようにサポートしてくれるのは間違いなさそうです。

世界アンチドーピング機関(WADA)がCBDオイルを禁止リストから除外することを決めたそうですから、今後CBDをパフォーマンス維持に使うスポーツ選手が増えてくるんじゃないでしょうか。

総合格闘技協会(MMA)がCBDオイルの販売会社を公式スポンサーとして加えることに!

選手のサポートを請け負うサッカーパンチ・エンターテイメントは、選手のコンディションの改善や体調管理のために、CBDオイルを公式に販売する会社をスポンサーとして迎えることが決まったそう。

現在では、UFCに所属するフェザー級チャンピオンのマックス・ホロウェイや、フェリス・ヘリッグ、ベラトールのチャンピオン、ドゥグラス・リマ、カーラ・エスパルザ、ミアサド・ベクティクをはじめとする多くの選手がCBDを使っているそうです。

格闘技って超ストイックに体調管理をしているイメージがありませんか?

カラダに悪いものであれば、CBDオイルをスポンサーにするハズもありません。

それどころか、CBDオイルは完全にオーガニックなサプリメントですから、副作用が心配なクスリを使うより安全です。

ケイン・ベラスケスはインタビューで「CBDオイルの効果に目覚めて、トレーニング前に欠かさず飲むようになった」と言っていました。

アフターケアだけでなく、スポーツをする前に摂るのも良さそうです。

関連記事:

MMAがCBDオイルを公式スポンサーに。あの人気選手達も愛用

まとめ

この記事では、スポーツのケアとしてCBDオイルは使えるのか、実際にスノーボードをしながら体験してみました。スポーツに限らず、仕事で疲労を感じながら、それでもガンバって働く方にも共通することだと思っています。

スポーツや仕事のパフォーマンス維持のためにCBD製品を使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:

CBDリキッドでリラックス!仕事の能率をアップするには?

 

↓2017年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓