落ち着く?セロトニンの分泌を促して健康的に!

    CBDオイルは落ち着く?セロトニンの分泌を促す作用が知られている

    CBDオイルを使う目的には、気分を落ち着けたいというものがあります。

    実際のところ、落ち着くことはできるのかというと、それについては嘘偽りではありません。CBDオイルになぜそのような効果があるのかというと、鍵となるのはセロトニンという物質です。

    セロトニンは神経伝達物質の一種で、精神の安定に関係しています。セロトニンの分泌量が多ければ、心から不安が消えて落ち着く効果があります。

    仕事や人間関係などでストレスが蓄積されているときには、セロトニンの分泌を促せば健康的に過ごせます。

    逆に分泌量が少ないときには、精神の安定ができずに不安を抱えながら生きていくことになります。うつ病になりやすい人は、セロトニンの分泌量が少ないという説もあるくらいで心の安定には重要な存在です。

    CBDオイルはセロトニン受容体を活性化する働きがあるので、そのセロトニンが大量に分泌されます。悩み事があるときや、疲れが取れないときに使用すると、不安が消えて心が落ち着くのはこのためです。

    同じように不安を消す薬として、精神安定剤とか抗うつ薬と呼ばれるものがありますが、それには副作用という問題があります。

    よくある副作用は、疲れやだるさそして強い眠気と言ったものです。確か気持ちは落ち着くかもしれませんが、翌日に副作用がでてしまうと体をまともに動かすことができなくなり、仕事や家事ができなくなります。

    そのようなことになれば、今まで通りの生活が壊れてしまうでしょう。

    一方でCBDオイルについては、副作用を心配する必要はありません。どれだけ摂取をしても、体に影響が出ることはなく体調を整えることができます。

    まれに吐き気や下痢といった副作用が出る人もいますが、日常生活に支障がでるほどの重い症状がでることはありません。

    もし、使用した後に眠たくなることがあるとすれば、それは副作用からくる眠気とは異なるものです。

    不安を消して落ち着くことで、体は休息を取りたいという欲求が強くなっているだけです。副作用であれば、どれだけ寝ても疲れやだるさが残ってしまうでしょうが、純粋に体を休ませるのであればある程度の睡眠で身も心もリフレッシュできます。

    そういう意味での眠気に襲われるかもしれないということで、CBDオイルを使用するときには運転や集中しないとケガをするかもしれない仕事はやめておきましょう。

    トラブルを防ぎたいならば、使用するタイミングは、就寝前がおすすめです。

    摂取方法が違うと持続時間も違う?

    CBDを含んだアイテムはいくつか種類があり、それぞれに合わせた使い方を知っておくべきです。

    まずCBDリキッドは、蒸気摂取を行います。蒸気摂取は、電子タバコ、VAPE、ヴェポライザーと呼ばれる専用の器具を使います。

    その器具にはCBDリキッドが入ったカートリッジを取り付けたり、タンクの中に充填できるようになっています。

    器具にはバッテリーが搭載されており、その電気を使って電熱線を熱してCBDリキッドを気化させます。

    そして吸口から蒸気を吸って肺に取り入れることで、その成分を体に吸収できます。

    こちらの持続時間は1時間から2時間程度なので、短時間のリラックスしかできません。

    同じく口からCBDを摂取するのが、CBDを摂取するオイルです。CBDを摂取するオイルの使い方は、経口摂取と呼ばれます。

    経口摂取は、CBDオイルを舌下に垂らす方法です。こちらは、蒸気摂取に比べて効果が出てくるまでに時間がかかりますが、持続時間は3時間から4時間と長くなります。

    CBDリキッドとCBDオイルは、使い方と持続時間に違いがありますが、どちらが良いのかは好みやシチュエーションによって変わります。

    CBDリキッドの蒸気摂取であれば、呼吸と同じように吸い込むだけなのでとても簡単ですしフレーバーをつけられるので美味しいです。

    しかし、タバコと同じような扱いを受けるので機器が使えない場所もあります。また機器を購入する費用もかかります。

    それに比べてCBDオイルの経口摂取は、CBDの吸収率が高いし舌に垂らしておくだけなので場所を選びません。

    しかし、味について言えば、残念ながら美味しくないと感じる人が多いです。

    例えると葉っぱや土を口に入れているような風味ということで、蒸気摂取のように摂取すること自体を楽しめません。それでも薬と同じで摂取をした後の効果を重視するならCBDオイルを試す価値があります。

    口ではなく肌から成分を摂取したいときには、CBDクリームを使うと良いでしょう。

    CBDクリームは、炎症や痛みに苦しむ関節や筋肉に適量を塗り込みます。

    一度塗り込めば持続時間が5時間以上は保つので、1日に数回くらい塗り直せば大丈夫です。ただ、CBDクリームに含まれるCBDの量によって効果が変わりますから、含有量が少ないものだと大量に塗り込まないと効果を実感できません。

    市販されている多くのCBDクリームは、含有量が少なめに調整されていますから、医師が処方する痛み止めのような高い効果は期待しないほうが良いです。

    CBDクリームとは?他の摂取方法と比べると作用時間が長いメリット

    (Visited 8 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ