眠気について・注意点を知っておけば、悩んでいる人には朗報!

    CBDは眠気がくるってホント?気化摂取は血中濃度が急に上がる

    CBD リキッドを摂取するとさまざまな影響が体に起こります。

    その効果を上手に活用することで、アトピー性皮膚炎や摂食障害、アルコール依存症、高血圧をはじめとしたさまざまな疾患や症状の改善が見込めるため、その効果を享受すべく摂取時に体にどのような影響を与えるかに関する研究が盛んに行われています。

    そしてその研究の中には良い結果がすでに数多く報告されているため、実際にリキッドを利用してみたいと考えている人も多いことでしょう。

    ただし、そのような魅力的なCBD リキッドを利用するにあたっては必ず事前に確認しておくべき注意点があります。

    これは、その利用を行った後には眠気が来る、というものです。

    蒸気としてCBDを体内に摂取すると血中のCBD濃度が高まり、その高まりとともに一気に眠気がくることが分かっています。

    特にその眠りは浅い眠りではなく深い眠りを促進する強い効果を持っています。そのため、その後眠る訳にはいかない状況でリキッドを吸うことは絶対にやめましょう。

    具体的には、車の運転前などに吸うのは厳禁です。

    運転するときは吸わない方がイイですよ〜

    安心安全にCBD リキッドの良い恩恵を享受するためにも、その特徴を正しく理解したうえでその利用を開始するようにしてください。

    睡眠導入に活用して、免疫力アップ!

    一方で、CBD リキッドを摂取することで訪れる眠気は、睡眠障害に悩んでいる人にとって良い効果と言えるものです。

    なお、眠りはそもそも「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と呼ばれる2つの状態に分けられ、この2種類が一晩で何度も交互に入れ替わる状態が続きます。

    このうちレムの方は、眠っている間にぴくぴくと眼球が急速に動いている、いわゆる眠りが浅い状態と言えます。

    一方で、ノンレムの方は眼球運動が一切起こらない深くてしっかり眠っている状態です。そしてこのノンレムの時に脳に表れる独特の周波数の低い成分が中心となる眠りを「徐波状態」と言います。

    そしてCBDはこの質の良い眠りと言える「余波状態」を促進し、浅い眠りであるレム状態をブロックする効果を持っていることが分かっています。

    それゆえに、CBD リキッドは眠りの質に悩みを抱えている人にその摂取をおすすめしたい存在と言えます。

    実際にリキッドを吸ってから眠ることで、起きた時のすっきり感を実感したという報告は数多く報告されています。

    また、眠りの質が向上しよく眠れるということは体の免疫が向上するなど副次的にも多くの良い効果をもたらしてくれます。それゆえに、眠りに強い悩みを感じていなくともその利用は十分におすすめできる存在です。

    関連記事:

    CBDは眠くなる?科学的なメカニズムを検証してみた

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ