CBDオイルは何滴飲むのが正しい?スポイトによって量は違ってくる

    液体タイプのCBDオイルは経口摂取もよし、お肌に直接塗ることも出来てとフレキシブルな使い方がメリットです。

    でも口から入れるとして何滴が正しいのか、摂取量が気になるところでしょう。

    CBDオイル以外にグミやパウダー・リキッドなどCBDには様々な形状があります。

    それぞれに使い方や効果が出てくるまでの時間・持続性など異なるので、自身のライフスタイルに合わせて選べるのは利点です。

    ただ、どの形状にしろどれくらい使用すれば良いのか明確に書かれた記事はないはずです。

    それもそのはず、適量は自分で探っていくしかないのです。

    体型とか体質・年齢・どれくらいの期間CBDと接してきたかやその日の体調と、実にさまざまな要因から適量は決まります。

    なのでCBDオイルは何滴飲むのが正しいか、摂取量は自分の体に聞いてみることにしましょう。

    大丈夫、もし多すぎたところで重篤な副作用が出てくるなんてことはありません。

    だってカフェインよりも毒性が低いCBD、安心してガンガン試せます。

    CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

    CBDオイルは何滴飲むのが正しい?スポイトによって量は違ってくる

    CBDオイルは液体状、それをスポイトで摂取するのです。

    1滴当たり、メーカーごとに差はありますがだいたい0.03mlから0.05ml吸い取ることができるでしょう。

    その中に含まれるCBDの含有量は0.03㎎につき1パーセント濃度のものなら0.3㎎、5パーセント濃度ならば1.5㎎あるという計算となるのです。

    過去に行われた研究で、睡眠障害の場合に40から160㎎の量のCBDを経口摂取したといったデータがありました。

    もしも40㎎摂取しようと考えた場合、1パーセント濃度のCBDオイルなら134滴も口に入れなければなりません。

    15パーセント濃度ならたったの9滴なのにまったく違います。

    40から160㎎ということでしたから、160㎎を1パーセント濃度のオイルでとなると何滴服用しなければならないことか、重い症状を改善したいなら特に濃度が高いものを選ばなければ大変です。

    何滴飲むのが正しいかという問いに答えることは無理、濃度によっても全然異なるのです。

    ちなみに、てんかんの場合は200から300㎎、統合失調症は40から1280㎎といったデータもあります。

    こちらは経口摂取の際の摂取量、舌下摂取で行うとまた違ってきます。

    消化器官を通り肝臓でほとんどが吸収分解される経口摂取だと、CBDオイルを何滴か服用して効果が出てくるまでに長いと1時間半以上の時間が必要です。

    しかも成分のほとんどが失われているので、6パーセントから20パーセントほどしか体内に取り入れられることはないのです。

    舌の下には毛細血管が張り巡らされており、舌下摂取はそこから直接全身へと血液を通じて運ばれます。

    13パーセントから35パーセントが体内に取りこまれ、15分もすると効果が出てくるのです。

    サラダにかけたり飲み物に混ぜて食べるのかそれとも舌に留めるのか、摂取方法でも適量は違ってきます。

    舌の下に留めるのは大変、スポイトでうまくその場所に落とすのがむずかしいという方は、スプーンを用いるのもおすすめです。

    スプーンに何滴か必要な量のCBDオイルを垂らし、それを舌の下に持ってきて1分か2分ほど留めておくのです。

    ヘンプの青臭さや苦みが苦手なら、一緒にはちみつ・チョコレート・味付きオリーブオイルなどを口に含むと気にならなくなります。

    摂取した後味が苦手というなら、乳酸菌製品をすぐ後に口に含めば不思議と苦みが消えるんです。

    薬と違っていつの時間に摂取するのかさえ定められていないCBDオイル、でもいつでも良いとなると忘れてしまいがちです。

    なのでやはり薬同様、食事時間に合わせて朝昼晩と何滴かずつ摂取するといいのです。

    この時、1週目はとりあえず朝昼晩ともに1滴にしておきましょう。

    それで何の変化もない、特に効果が感じられなかったというなら2週目は2滴ずつ・3周目は3滴ずつといった形で増やしていけばいいのです。

    忙しくて昼間なんて無理というなら夜だけ・朝だけとか、朝2滴で昼1滴といったやり方でも問題ありません。

    とにかく継続すること、そして自分にとっての適量はどれくらいを把握することが目的です。

    もしも多すぎたらどうなるか、気持ちが悪くなったり吐き気が起こるでしょう。

    でもしばらく横になっていれば大丈夫、そのうち落ちつきます。

    健康になるためにと無理して高濃度にしたり摂取量を増やす必要はありません。

    だって摂取量と効果は斜めにどんどん上がっていく正比例ではないんです。

    釣り鐘型のそれは、ある程度の量を超えると効果が減っていく一方です。

    CBDオイルを何滴飲むか見極めるのは、結構お値段の高いそれをむだにしないための工夫です。

    スポイトでどのくらいの量を吸い上げるかでも、1滴の量は違ってきます。

    適量の見極めが難しく、日によって効果が実感できたり物足りなかったりと違うので難しいという方はCBDグミの方が使いやすいのかもしれません。

    これなら1個2個と分かれているので個数で調節できます。

    ただしこちらも、パクパクと何も考えずお菓子のグミのように食べるのか舌の下にしばらく留めるかで違ってきます。

     

    目安となる摂取量はどれくらい?

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ