CBDを6日間やめてみた!少量で最大限の効果を得るために

    CBDオイルやリキッドを生活やレクリエーションのために使っているという方が増えてきてますね。

    そんな方たちの間で一番多い悩みは

    ・高価で手を出しにくい
    ・効かなくなってきた

    ということ。

    日本での規制が解禁された頃から比べると30〜40%は安くなっていますが、まだまだ気軽に購入するにはけっして安くない価格ですね〜。

    それと、CBDを使い始めた頃のように効果を実感できなくなってくる方もいらっしゃるようです。特にCBDリキッドやパウダーを愛用している方に多い悩みのような印象を受けます。

    わたし自身も、3週間毎日パウダーとリキッドを使い続けてほとんど効かなくなってしまいました

    そこで6日間CBDをやめてみることにしました。

    それでも健康状態を維持できれば、毎日使う必要が無くなるんじゃ!?という、まぁケチ根性がモチベーションなワケです 笑。

    この記事では、6日間やめてみた感じと、久しぶりにCBDを使ったときのインパクトはどうだったのか、実際の感想を交えてご紹介していきます。

    できるだけ少ない量で、一番効果を実感できればコスパも安く済みますよね♪

    CBDを少量消費するという考え方がある

    最近の流れは高濃度が主流ですが、CBDを少量だけ使うことで最大限のリターンを得られるという考え方もあるそうです。

    CBDリキッドで言えば、1.7〜5%まで濃度がありますが、体質によっては刺激を与えることになってしまうため、必ずしも高濃度がいいというワケではないということも言われています。

    夜、布団に入る前にCBDを使っている方は気をつけていただきたいと思います。

    また、毎日使うことも逆効果になるという考え方もあって、レクリエーションに使っている方も多いと思いますが、健康を維持するためにCBDを使うようにシフトするべきなのかもしれませんね。

    CBDの量や濃度が多い方がいい!というワケではなく、少ないもので最大限効果を実感できればお財布にも優しく済みますね。

    少量消費(マイクロドーズ)については、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

    出典:https://www.taimauniversity.com/%E4%BB%8A%E3%82%84%E4%B8%BB%E6%B5%81%EF%BC%81%EF%BC%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%A4%A7%E9%BA%BB%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%91%82%E5%8F%96%E6%B3%95%E3%80%8C%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD/

    6日間やめてみた感想

    わたしも3週間ほどCBDパウダーとリキッドを使い続けて、ほとんど効果を実感できなくなってしまいました。

    そこで、6日間やめてみた感じをご紹介していきます。

    2〜3日目に若干の離脱感

    タバコやお酒ほどではありませんが、2〜3日目にCBDを吸いたい欲求や離脱感がありました。

    ちょっと吸いたいなぁ〜
    なんか足りない感じがするな〜

    って感じです。

    だって、目の前に「イイもの」があれば、使いたくなりませんか?

    しかも、CBDはサプリメントの中でも悪い影響の少ないものですから、余計に使いたくなってしまいます。まぁでも、そこまで辛くはありませんでした。

    欲求は5日目に消えた

    5日目にもなると、ほとんどCBDを使いたいという気持ちはなくなりました。

    吸いたいけど、まぁなくてもいいっか〜

    って感じです。

    CBD成分がどれだけ体外へ排出されたかはわかりませんが、ほとんどクリアーな状態になったように思います。

    6日目にCBDリキッドを一服♪

    本当は1週間はやめてみるつもりでしたが 笑。

    もうイイでしょう!CBDは使うためにあるんだから!という言い訳をしながら、6日ぶりにCBDリキッドを一服してみました。

    う、うんまい♪

    やっぱコレだね〜!

    個人的な感想ですが、初めてCBDを使ったときよりインパクトがあるような気がします。

    これはあくまで予想ですが、体内に多少なり蓄積されている分、初めてのときより効果を実感できたのかな、と結論づけました。

    ちなみに禁CBD後に一服したリキッドは「Blue Koi CBDリキッド」です。

    自然と手が出てしまいます↓

    BLUE Koi CBDリキッドを実際に通販して効果レビュー【口コミ】

    CBDパウダーをうまく組み合わせるといいかも

    CBDパウダーは他のCBD製品より耐性がつきやすいデメリットがありますが、純度99%というだけあってインパクトは抜群です。

    また、少量で十分な効果があります。

    CBDオイルやリキッドを毎日使っていて「効果が薄くなってきたな〜」ってときに合わせて使うといいですよ

    飲むタイプのCBDオイルも

    CBDリキッドやパウダーを中心に使っている方に知って頂きたいことがあります。

    飲むタイプのCBDオイルは、CBDパウダーやリキッドにはないメリットがあることをご存知ですか?

    補助成分が威力を増幅させてくれる「アントラージュ(取り巻き)」という現象です。

    単体のCBD(パウダーやリキッド)だけを取り続けていると、ある時期を過ぎるとパワーが下がってしまうそう。

    そこで、CBD以外の成分が入っているオイルを飲むことでパワーが戻ってきます

    テルペンやフラボノイドなどの補助成分が、パワフルな反応を生むそうです。

    飲むタイプはリキッドやパウダーのように即効性はありませんが、CBDオイルの相互作用の力を借りることで、少ない量で最大限の効果を実感できるようになります。

    まとめ

    この記事では、どうすれば少ない量で最大限の効果を得られるのか、その方法についてご紹介してきました。以上をまとめてみました。

    CBDの量や濃度が多い方がいい!というワケではない

    たまにCBDをやめるとインパクトが戻ってくる

    CBDパウダーやCBDオイルも合わせて使う

    毎日CBDリキッドを使っている方も多いと思いますが、コスパや効きに悩んでいる方は試してみる価値はあると思いますよ。

    少しでもあなたのお役に立てて頂ければ幸いです。

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓