サプリメントでメンタルヘルスを維持!

    「仕事や人間関係のストレスからくる気分の変動を治したい」

    「心の不調を改善して心身ともに健やかな生活を送りたい」

    「心療科に通うほどではないが、メンタルのセルフケアをしたい」

    など、メンタルヘルス維持のためのサプリメントとして、CBDリキッドの購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。

    まず、CBD(カンナビジオール)について。種類は5つ、飲むタイプ、カプセルタイプ、吸入(喫煙)タイプ、結晶タイプ、高濃度ペーストタイプがあります。

    今回、メディカルグレードと呼ばれている高濃度タイプCBDを使用するときの注意点、安全性、価格について紹介していきます。

    メディカルグレード・高濃度タイプについて

    成分量や濃度が高くなると、体への悪影響はないのか?依存性があるのでは?と不安になりますよね。

    依存性についてもう一度考えてみた

    効果の一方で、リキッド系の高濃度タイプCBDには刺激性(特に、喉の痛み)があることも知られています。

    喉の痛み、吸い心地の悩みはデバイス本体の選び方や設定で違ってくるので、吸い心地のよいVapeデバイスを選ぶと良いでしょう。

    吸い心地の良い順に、RDAタイプのi PICO(コイル自作タイプ)、 AIOタイプの 「FOG1」となります。ただし、RDAタイプはアトマイザーを自作する手間がかかります。

    また、運転前には使用を避けること、摂取量を守ることで、体への悪影響を極力軽減できますし、CBDにはお酒に含まれるアルコールやタバコに含まれるニコチンといった依存性の成分は含まれていません

    ウルグアイやアメリカの一部の州などヘンプの使用に違法性がない国々やエリアと違って、現時点で日本では非合法。輸入が始まって間もないこと、日本人には馴染みが薄いこともあって、CBDを国内使用するときの違法性や規制が気になるところです。

    厚生労働省認可のCBDオイル・リキッドに関しては、その心配は不要です。違法である成分をすべて除外した安全性の高いものだけが認可されており、天然成分でできた健康食品と同等の扱いになります。

    CBD(カンナビジオール)の副作用や違法性について

    世界保健機構(WHO)がその安全性、サプリメントの効果を認めている点も安心感につながりますね。

    ついに世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を認めた!

    気になる価格ですが、高濃度CBDの最大濃度は50パーセント。やはり、濃度が上がれば価格設定も上がります。価格が手ごろなCBDを選ぶ際には、味、効果、コスパを比較したサイトがあるのでそちらを参考にされると良いでしょう。

    さまざまな濃度やフレーバー、コスパと照らし合わせて自分に合うもの、穏やかな日々のためのサプリメントとしてCBDを選んでみてはいかがでしょうか。

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓