CBDリキッドでストレスなく禁煙するコツ

VapeでCBDリキッドを使うと本当に禁煙できるの?って気になるトコロ。

統計データを元に真相を探っていきます。

禁煙出来なくても減煙に繋がるメリット

禁煙経験者100人を対象にしてこれまで試した事のある禁煙方法の中で、もっとも多い方法はガムや飴を利用するものだそうです。

でも6人に1人は、Vapeを使った禁煙を試したことがあるそう。

そもそもVape(電子タバコ)とは

そもそも電子タバコとはリキッドと呼ばれる様々な味や香りの液体を電気熱で気化させて、その蒸気を吸って楽しむ嗜好品の事です。

通称はVape(ベイプ)と呼ばれていて、ガムや飴のように様々な味を楽しめるのが特徴です。

当サイトでも一番人気の『BLUE Koi CBDリキッド』はニオイを嗅ぐとアメリカの甘〜いガムのような感じで、ケムリを吐きだすと思いのほかスッキリした後味が人気の秘訣です。(ラズベリー&ドラゴンフルーツフレーバー)

関連記事:

BLUE Koi CBDリキッドを実際に通販して効果レビュー【口コミ】

またCBDリキッドは禁煙パイポとは違い、タバコのように十分な煙量を楽しめるためタバコを吸っているような満足感を得られるのも特徴です。

さらに通院が必要な禁煙外来や容量や用法が決められているニコレット等の禁煙補助薬に比べると、気軽に禁煙を始められるメリットがあります。

禁煙を始める時に、Vapeを使用する人が増えてきています。

実際にどれくらいの人がVapeで禁煙ができた?

17人にアンケートをすると、禁煙に成功した人が6人で、禁煙はできなかったが減煙はできた人は4人で禁煙に失敗した人が7人になっています。

言うまでもありませんが効果には個人差がありますが、禁煙出来なくても減煙に繋がるのは大きなメリットです。

電子タバコにはタバコ葉は使用されていないため、ニコチンやタールによる体への悪い影響は少ないのも嬉しいポイントですね。

Vape用CBDリキッドでストレスなく禁煙をするコツ

Vape(CBDリキッド)を使って禁煙をする場合は、自分の好みの味を見つける事がイチバンです。

好みではない味のリキッドを使っていると、Vapeを使わなくなってしまう可能性があります。

CBDリキッドは、まだまだ種類は多くないものの、フルーツ系やデザート系まで幅広くリリースされているのであなたの好きなフレーバーが見つかりやすいと思います。

そのため、味の好みではないと感じたら無理して同じCBDリキッドを使い続けるのは辞めてオイシイと感じるリキッドを探した方がいいですよ。

好みのリキッドを見つけたら、最初は減煙から始めていくのがおすすめです。なぜなら個人差はありますが、最初から完全に禁煙しようとするよりもストレスなく禁煙に取り組めます。

そして徐々にタバコの本数を減らしていきましょう。

もちろんいきなりCBDリキッドに切り替えられる人もいますが、禁煙できるかどうか不安な方は気軽にできる減煙から始めていくとストレスないですよ^^

 

以下ではわたし個人が自腹をきって購入して体験したCBDリキッドをご紹介しています。

あなたに合ったフレーバーを見つける際にご参考にしていただければ幸いです。

関連記事:

Vape用CBDリキッド・比較ランキング!2018年オススメ

 

↓2017年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓