結晶化しないCBDってどれ?選んでおけば間違いないヤツはコレ!

    固形物のCBDグミと違ってCBDリキッドは液体、のはずだったのに気が付くとドロドロに結晶化してたり分離したりといったことありませんか。

    こんな状態になったからといって品質が変わったわけではなし、捨てる必要はありません。

    でももう一度使えるようにするにはちょっと面倒な作業が必要、できれば結晶化しない製品を手に入れたいと思えることでしょう。

    CBDリキッドというのはPG(プロピレングリコール)とかVG(ベジタブルグリセリン)などの液体に、CBDの成分を混ぜたものです。

    パウダーを加えたり結晶をそのまま入れたりとやり方はさまざまあるものの、ただ混ぜるだけだと分離したままです。

    湯煎にかけて溶かして混ぜ合わせるといった作業が必要、なので逆に熱に弱いからと冷蔵庫とかに保管してると冷やされて結晶化しやすいんです。

    元の状態に戻ってしまうというわけ、CBDの成分が低濃度だとしない・出来る限り室温に置いておき濃度にも気を配るのがポイントとなるでしょう。

    と言っても、同じ濃度で同じ場所に保管しても違いが出てしまう場合も、口コミ評判とかを見て少しでも「結晶化してしまった」といった声が少ないものを選ぶようにするのもいいです。

    結晶化しないCBDってどれ?選んでおけば間違いないヤツはコレ!

    AZTECシリーズとかKoiシリーズの中のPINKKoi、なりやすいと評判の品です。

    まあ結晶化したところで湯煎にかければいいだけです。

    お料理はしないという方もお湯くらいは沸かせるんじゃないですか。

    マグカップにお湯を張って、そこにビニール袋に入れた瓶を沈めて放置しとくだけです。

    せっかく購入したそれなりにお高い値段のCBDリキッド、無駄にしないためにもそのくらいの手間はかけましょう。

    結晶化しないようにと暑い夏場に室温に置いておくと、品質が変わってしまいますから冷蔵庫保存も仕方なかったりするんです。

    Koiシリーズのほとんどは結晶化しないと言われてますが、なぜかPINKKoiだけが別です。

    そこには香料も影響しているのではないでしょうか。

    例えばNatuuR420withTERPENES、こちらはテルペンが分離しやすい状況を作り出していると言われてます。

    中にはCBDの結晶とPGをインターネット経由で購入してわざわざ自家製CBDリキッドを作り出してる方だっているんですから、結晶化するかしないかだけをCBD選びの基準とはせず本当に自分に合うものを選ぶことです。

    ちょっと出かければレストランも多数、コンビニとかスーパーでお弁当を買って温めまでもやってもらえます。

    お湯を沸かすためのやかんもポットも無し、電子レンジだって持ってないなんて方ももしかしたら中にはいるかもしれません。

    究極のずぼらさんにも朗報、湯煎をしない方法もあります。

    CBDリキッド作りで取り寄せたPGを注いでみてください。

    MCTオイル(ココナッツオイル)でも有効、CBDはこれらの液体に溶けやすいといった性質を持っているんで長期間の放置による結晶化程度なら注いで瓶の蓋を閉めて軽く振る、それだけでも悩みは解消されます。

    とっても簡単なやり方ですがデメリットはあります。

    PGやMCTオイルの分だけ濃度が薄まってしまうんです。

    濃すぎて自分の好みに適さない、そんなCBDリキッドに使用するか更にCBDパウダーなどを加えて濃くするなどの対処法が必要です。

    結晶化状態は改善できたけど効果が得られなくなったとあれば、本末転倒なんです。

    CBDが結晶化しないようにするには濃度が低いものを使用するのが吉、でもそれだと効果も薄れてしまうしといったジレンマに悩まされてるんじゃあありませんか。

    ほどほどの濃度でもガツンと効果が得られて、それを可能とするのがフルスペクトラム製品です。

    CBD以外にもカンナビノイドが多数入っていて、それらが相乗効果をもたらしてくれるんです。

    ただし要注意、いろいろ入ってるってことはお値段も更にお高くなってしまいます。

    日々使ってこそのCBD製品ですから、手ごろなお値段が望まれるんです。

    そこでおすすめなのがプラスウィードの低濃度製品です。

    低濃度だから結晶化しない、でもフルスペクトラム系なのでガツンと効果はあり、そしてCBD単一製品とそれほど違わないお値段で購入出来てコストパフォーマンスも抜群で、CBD製品の人気度ランキングで上位にいつもいるのも当然と思えませんか。

    更にはCBD製品としては珍しい日本製で安心感も抜群、低濃度のもあるけど他社には類を見ない高濃度のものもちゃんと揃っていて、とにかくこちらを選んでおけば間違いなしと太鼓判を押せるんです。

    初めて結晶化してしまった製品を見たらきっとぎょっとしてしまうはず、泣く泣く捨ててしまう方も多いでしょう。

    だって液体を気化することで成分を摂取するのですから、塊になった状態をどう扱ったらよいのかはてなマークがいっぱい浮かんでしまうこととなるんです。

    日本製のプラスウィード、CBDリキッドが結晶化しないだけでなくもししてしまっても対処法を手軽に聞けるといったメリットもあります。

    ぜひともおすすめします。

    分離して・結晶化してというのはよっぽど長く放置した状態、見た目としてはほとんど変わらないけど実はそこの方ほど濃く沈殿してるということもあります。

    毎度よく振ってから使用するようにしてください。

     

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ