結晶は専用の電子タバコでそのまま吸える!用意するものは?

    CBDの結晶をプロピレングリコール・PGや植物性グリセリン・VGに溶かして、CBDリキッドは自分で作ることだって出来るのです。

    それならば濃度も自由自在、むしろお値段も安くなるというメリットもあります。

    自作品でなく市販されているものだって作り方は同じ、なので逆にふと気が付くと液体と結晶に分離してしまっていたこともあるはずです。

    長期間置いてあったり保管場所が悪かったり、濃度が高いものに多く見られる現象です。

    液体状のCBDリキッドを電子タバコに補充し、それを気化して煙を吸い込むことでCBDの成分を摂取しているのです。

    結晶となったら補充は不可能、もう捨てるしかないと諦めてはいませんか。

    決して安いとは言えないCBDリキッド、そのような理由で捨ててしまうのは大変に勿体ないことです。

    だって結晶をCBDリキッドに変化させる方法だってあるのですから分離したって元通りになります。

    正しい知識を持っていれば、無駄にすることなどありません。

    こういった場合にどうすれば良いか、湯煎にかけるのです。

    CBDの結晶は専用の電子タバコでそのまま吸える!用意するものは?

    電気ケトルか鍋・マグカップでも良いでしょう。

    そこにお湯を入れます。

    グラグラと沸騰している状態でなくとも良し、というよりもむしろそうなっているとリキッドを入れている瓶が割れてしまうかもし

    れないので沸き上がる前くらいの温度で大丈夫です。

    鍋を火にかけて温めるもよし、コップをレンジに入れてチンするのであればより手軽です。

    その中にリキッドの瓶を入れるのですが、もしも割れてしまった時の対策に必ずチャックの付いたビニール袋に入れてからきちんとチャックを閉め、それを湯に沈めるようにしましょう。

    瓶全体が沈み込んで均一に温かさが受けられるのが理想、袋が浮いてくるのであれば重しをしてやることです。

    袋の空気を出来るだけ抜いてぺちゃんこにしてから入れると浮き上がりにくくなります。

    そのまま置いておくこと30分程度、温かくなったら結晶化してしまっていたCBDは溶けるのです。

    そうすれば液体と混ざり合います。

    ずっと火にかけておかずとも余熱で溶けていくはずです。

    しばらく置いて溶け切っていなかったなら、もう一度火にかけて水を温めることにしましょう。

    鍋から出して常温に置いて粗熱が取れたら出来上がりです。

    瓶を振って中身を均一にしてやれば、電子タバコで普通に使用することが可能となります。

    もしもCBDの結晶を購入した場合も同じ、液体と一緒に入れて置いて勝手に溶けて完成とはいきません。

    湯煎にかけて結晶を溶かして混ぜ合わせるのです。

    PGもVGも300ミリリットル1000円程度と安価にインターネットなどで購入出来ます。

    お湯を使ったりというやり方が面倒なのであれば、ココナッツオイルを使って溶かすという方法もあります。

    CBDがココナッツオイルに溶けやすいという性質を利用するのです

    ただ瓶の中に注ぎ込むだけ、確かに簡単です。

    デメリットがあるとすれば、ココナッツオイルの分だけ濃度が薄まってしまうということでしょう。

    濃すぎる製品を使っていたのならちょうど良くなりますが、せっかくリキッドとしてまた使えるようになったもののCBDとしての効果があまり感じられなくなったというのであれば勿体ないことです。

    濃度が高いほどお値段も高くなるのがCBDの世界、自ら濃度を下げてしまうのは得策とは言えません。

    自作のCBDリキッドをという時に、塊である結晶だとどうしても溶けるのに時間はかかってしまいます。

    それならパウダーもあります。

    CBDを粉状にしたもの、純度が高く99パーセントなんてものもあります。

    自身で結晶を粉末化するのもいいでしょう。

    ココナッツオイルで溶かす場合も、濃度が薄まった分だけCBDパウダーを加えてやれば問題解決なのです。

    このパウダー、専用の電子タバコでそのまま吸うことも出来ます。

    そのまま舐めるのもよし、シアバターやボディークリームに化粧水などと混ぜて皮膚に塗ってやっても良いでしょう。

    CBDオイルにだって混ぜることもできるし、はちみつと混ぜてCBDはちみつにしたりととにかくいろいろな摂取方法があり便利です。

    ただ、CBD濃度99パーセント、最も効果が高いかと言うと残念ながらそうとは言い切れません。

    だってCBDは単体よりもむしろその他の有効成分も入っている方が相乗効果が出て高い効果が得られるようになります。

    正にCBD単一のCBDパウダー、いつかは限界が来てしまうというわけです。

    そのまま摂取することも出来ますが、出来ればCBDリキッドやオイルのフルスペクトラム製品に混ぜて使用することです。

    それならばCBDリキッドの濃度がより高まるし、すでに配合されている様々な成分がパウダーだけで使う以上に良い効果をもたらしてくれるというわけです。

    結晶はメーカーによってかなり溶けにくさが強いものもあります。

    それよりはすでにパウダー化しているものの方が取り扱いやすいです。

    その中でもできるだけ粒子が細かいものがおすすめです。

    これがあれば、いつでも世界に一つだけ・自分好みにCBDリキッドが作れるのです。

    CBD リキッド、ワックスが固まる?イチバン簡単な対処法は…

     

    (Visited 2 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ