CBDリキッドの喉への影響は?イガイガ感が気になるって方へ

    電子タバコ用のCBDリキッドを吸い続けていると「喉のイガイガ感が気になる」というレビューをよく見かけます。私も普段クリアロのフォグ・ワンで一服しているんですが、使い始めのころ電子タバコの喉の痛みが気になってました。

    そこでこの記事では、喫煙時の喉の痛み・イガイガ感の原因や対処法をご紹介していこうと思います。

    電子タバコ特有の喉の痛み 原因は?

    喉が渇いた感じでイガイガするという方は、リキッドの目盛りが少なくなるまで使っていませんか?

    私も原因はコレでした。残りのCBDリキッドが十分でないまま吸いまくると、Vape本体の変霧器のコットンが渇いてしまいます。これをドライヒットと言いますが、焦げくさい感じがしてきます。

    ドライヒットしたままパフボタンを押し続けると、喉がイガイガと痛くなってしまいます

    最悪おもいっきりムセてしまうことに!

    特に初めてVapeデバイスを購入した方は、CBDリキッドがコットンにしっかり行き渡ってから吸うようにしましょう。10〜20分くらい我慢すると美味しくいただますよ。

    原因2:アトマイザーが合っていない

    喉の乾きやイガイガ感は異常のようにCBDリキッドを上手いこと継ぎ足してやることで改善されることが多いです。というか、そもそも使い方を間違っているのかもしれませんから、説明書をもう一度確認することをお勧めします。

    それでも吸い心地が悪い・・・という方は、CBDリキッドに合うアトマイザーなのか確認してみてはいかがでしょうか?

    CBDリキッドに合うアトマイザーがわからない、という方はVapeデバイスとCBDリキッドを取り扱う電子タバコ専門店舗で選ぶと失敗せずに済みますよ。

    CBDリキッドにはCBDリキッドと相性のいいデバイスを選ぶ必要があります。CBDが配合されていないタイプのリキッド専用のものでは、CBDリキッドと相性が悪い場合もあります。

    「Vaoeデバイスを選ぶのが面倒!」「便利なスターターキットが欲しい」という人は、FOG1(フォグ・ワン)あたりがいいと思います。

    コイルをビルドしなくていいので便利です。

    原因3:CBDリキッドを変えてみる

    CBDリキッドを電子タバコのようにで吸っていて違和感がどうしても気になる・・・という方は、単純にCBDリキッドの種類が合っていない場合もあります。

    輸入解禁から5年くらい経ちましたから、現在では本当にCBDリキッドの種類が豊富です。

    テルペンやフラボイドを配合したフルスペクトラム仕様、吸い心地と配合成分のバランスが絶妙なワイドスペクトラム仕様、そして吸い心地を重視した単一CBDタイプなどなど。お酒に好みがあるように、CBDリキッドにも好き嫌いがあります。

    メーカーを変える、濃度が高い・低いものを試してみたりすることで、あなたに本当に合うCBDリキッドを見つけることができるでしょう。

    また、どんな嗜好品もそうですが、吸いすぎに気をつけましょう。ニコチンタバコより格段に安全ですが、美味しいフレーバーでついつい吸いまくってしまいますから。まぁ部屋がモクモクになるくらいがちょうどいいんですけど!笑

    それとやっぱり吸いすぎは喉が乾いたり、イガイガと痛くなったりしますから、しっかりインターバルを空けてほどほどにしましょう。カラダのためにも。

    まとめ

    電子タバコで喉に何かしらの違和感がある場合、必ず原因があります。使い方や吸い方、Vapeデバイス本体やCBDリキッドそのものに問題はないか、しっかり確認してみましょう。

    あ、それとコイルを変えると劇的に吸い心地がアップしたりします。交換がメンドかったり、もったいない気になったりしますが、中のコットンが限界になっていれば、吸い心地はかなり悪くなります。

    1〜3週間を目安にコイルを交換してみるのも1つの手です。せっかくいいものですから、最大限美味しくいただける工夫をして最高の時間を過ごして参りましょう^^

    とりあえず選ぶべきCBDリキッド3選はコチラから

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓