どれくらいの頻度で使うと、どれくらいもつのか

    CBD リキッドはどれくらいの頻度で、どれくらいもつのか

    国内ではまだまだ取扱いの少ないCBDリキッドですが、摂取量を考える際にまず押さえておきたいのが人によって異なるという点です。

    誰もが一般的とされている量が合うわけではなく、人によって減らしたり増やしたり調節しなければなりません。

    それを踏まえた上でCBDリキッドの働きをしっかりと実感するためには、大体20~150mgが必要とされています

    目安となる摂取量はどれくらい?

    例えば 500mg配合 の製品を考えてみますね。

    1日あたり 20mg を使ったとすると、25日間 はもつ計算で、20mg といえば、デバイス(電子タバコ本体)のタンクの半分の量です。

    最初はこの範囲で始めてみて、慣れてきたら増やしても構いません。

    増やした時の量は200~300mgを目安にしましょう。

    頻度に関してはそれぞれが好きなタイミングで摂取するので構いません。

    特に注意点や決まりはなく、一日の大まかな摂取量を守っていれば心配なことはありません。

    少し気を付けることがあるとしたら、一度に取り込める量には限りがありますので、こまめに分けて取り入れた方が効果を感じやすいという点です。

    リキッドは即効性がありますのですぐに変化を感じたい時に便利ですが、その分持続時間が短くなっていますので、一気に使用してしまったら短時間しか作用を得られなくなります。

    このことを考えながら、上手くペース配分してどのようなタイミングで取り入れるのが良いのかを考えてみましょう。

    喫煙回数が多い人は、「RDAの温度セット」と「吸い方」が重要

    CBDリキッドの喫煙回数が多い人は、温度管理機能が必須となります。RDAはRebuildableDrippingAtomizer の略であり、リキッドをドリップするタイプのアトマイザーです。

    RDAの温度セットを購入する場合には吸い方がとても重要になり、熱すぎないように調節しなければなりません。

    煙が少ないと物足りなさを感じるかもしれませんが、実際に吸ってみると吸いやすいことが分かりますし、効き目も優れているように感じる人が多いようです。

    どの程度の温度が良いかは少しずつ調整して確かめてみるのが一番です。

    何度か試すとその中でもっとも良い設定が分かります。

    喫煙回数が多い場合、加熱し過ぎると蒸気が出過ぎて喉に違和感が出たり痛みを感じることがありますが、それを上手く調節することで長く愛用できます。

    CBDリキッドは喉にツライ?むせる原因と対処法

    健康対策に用いるものなのに、それが原因で問題が生じては意味がありません。

    ですから、取り入れやすい方法を自分なりに研究して、使いにくいと思っている部分を改善していくことが大切です。

    基本的にリキッドの量を上手く調節することで不調が緩和される可能性が高いですし、快適にヘルスケアを行えるようになりますのでお勧めです。

     

    ↓2019年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓


    CBD!音楽!リラックス ♫