電子タバコは安い?月々のタバコ費が一切かからなくて医療費も下がる

    フィリップ・モリス・ジャパンの販売するマールボロ、2005年頃には280円で販売されていました。

    それから15年ほど経った今、倍近くまで価格が上がっています。

    その理由として大きいのはたばこ税の増税、日本の経済を守るためにも日本に暮らす人たちをタバコによる健康被害を受けさせないためにも必要なことです。

    政府の狙い通り、今は健康被害以上にお値段が高すぎて続けられないと禁煙を志す人が多くなっているのです。

    禁煙に成功すれば月々たくさん出ていっていたタバコ費が一切かからなくなります。

    更には肺がんなどの病気のリスクも下がって、医療費も下がるのでかなりの節約となるでしょう。

    ただ、このようなメリットは分かっていても、すでにニコチン依存症状態で辞められないでいる方もいます。

    それなら禁煙外来にかかってお医者さんと一緒に治療を行うもよし、最近では電子タバコを使ってCBDリキッドに移行することで自然に禁煙できたという方も多いのではないでしょうか。

    同じくタバコと名が付く電子タバコ、健康被害のリスクはどうなるのか・CBD製品というとお値段が高い印象にありますが節約になるものなのかを見ていきます。

    電子タバコは安い?月々のタバコ費が一切かからなくて医療費も下がる

    タバコという名前ですが、電子タバコで病気になることはありません。

    アメリカにてCBD電子タバコで様々な症状を発症してしまったという例はありますが、こちらはCBDの成分が悪いのではなくTHCなどの危険な成分が入った製品を安いからと使ったことが原因なのです。

    信頼できるメーカーを選んで安全なものを購入して使えばこのような問題は起こらないのです。

    むしろ、CBDには健康効果がたっぷりで医療業界でも注目されているほどです。

    頭痛や食欲不振・睡眠障害などで鎮痛剤や睡眠導入剤を使っていた方、元気に毎日過ごせるようになるのですから医療費の削減に役立つことでしょう。

    ニコチンタバコでボロボロになってしまっていた身体を、CBD電子タバコでいたわってやることです。

    CBDには中毒性や依存性を緩和してくれる作用もあるため、お医者さんとか治療薬が無くとも無理なく禁煙が出来るはずです。
    日本の景気は良いとは言えません。

    借金だらけの今の経済、立て直すのに手っ取り早いのは国民から税金を集めることなのです。

    今後もたばこ税は上がって行って不思議はありません。

    何しろ吸っている本人だけでなく周りでその煙を吸い込んでしまった方々の健康まで概してしまうのですから、根絶やしにしたいほどです。

    安くなることは絶対になし、今はなんとか購入出来ている方もやがてはお金がかかりすぎてギブアップするのです。

    喫煙者が少なくなれば肺がんなどの病気になる患者数も減って医療費も節約に、一石二鳥です。

    一方で、CBD電子タバコは今のところお値段が高いです。

    まだまだごく一部にしか知られていないからこそ売られているのは一部のCBD専門店と、インターネットの世界だけです。

    なのでほぼ定価での販売、価格競争にさらされることはないのです。

    あと数年もするとコンビニでCBD飲料が販売される計画ができています。

    そうすれば日本人の多くが知ることとなって、スーパーマーケットやドラッグストアにも並ぶこととなります。

    日本の実店舗に置かれている時点で信頼性は十分、そうなればバリエーションの豊富さやお値段に注目され始めるのです。

    高すぎる製品は売れない、現在のお値段が嘘のようにどんどん安くなっていくはずです。

    一部で知られているCBD、でも知っていても試せずにいる方も多いです。

    なぜならCBDの原材料はヘンプ、麻薬のTHCと同じですから不安が先に立つのです。

    THCは所持することさえ法律違反だけれどもCBDは摂取すべきで、まだ歴史が新しいこともあって今の日本だとあいまいな部分も多く税関ではそのたびに業務がストップしてしまっています。

    手続きの面倒さなどもお値段を上げることに、コンビニでも売られるようになれば不安視する声も小さくなります。

    大手メーカーも取り扱うようになるので輸入に関する手続きもどんどん整備されて行って、そういった意味でも安くなっていく事間違いなしです。

    特にCBDリキッドを摂取する場合、電子タバコという特別な機器も購入しなければなりませんから初回のお値段は高くなります。

    でも一度購入すればずっと使えて、後はリキッドを買い足せばいいだけです。

    すでに現在の段階でニコチンタバコを買うよりも安いCBD電子タバコ、これからもっと安くなり身近なお店の店頭にも並んで手軽に買うことができるようになるでしょう。

    アメリカではCBDの自動販売機も登場したということですが、日本でも数年か数十年したら当たり前の風景となります。

    一方でニコチンタバコはどんどんお値段が上がっていく一方、吸っていたら周りから白い目で見られるし健康被害も受けてしまいます。

    自分だけならまだしも、大切な家族にも害を成すのです。

    どちらを選ぶべきかは分かるはずです。

    肺がんで死んでしまう確率、5年禁煙するだけで半分になるのです。

    今すぐにでも、CBDに移行すべきです。

     

    CBD リキッドを売ってる場所まとめ

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ