CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

 

CBD製品の中でもちょっと怪しいイメージがついて回る電子タバコ用リキッド。

タイやマレーシアでは電子タバコそのものが違法ですし、日本でもCBDのイメージから「怪しい」と感じてしまう方も少なくないかもしれません。

結論から言うと電子タバコ用のCBDオイルリキッドを購入しても違法性に問われることはありません

ただ、それでも不安って方のために「どうして違法性について不安に感じる人が多いのか」「日本でも捕まらないという根拠」「通販する際の注意点」などをご紹介していこうと思います。

CBD(電子タバコ)は違法?信頼のできるショップから買えば問題なし!でも海外から輸入する際は注意

CBD(電子タバコ)を購入したり使用したりすると違法になってしまうと勘違いしている人が非常に多いです。

こういった製品に対して日本は後進国であり、正しい知識を持っていない人は多いのですが、これを買ったり使ったりすることは違法ではありません。

日本国内で使用しても全く問題ないので、安心して使用することができます。

ハイになったりする恐れがないだろうかと心配する人もいますが、CBDにはそういった作用を引き起こす成分が含まれていません。

ハイになる状態にしてしまう、つまり、精神作用を及ぼすものにはTHCという物質が含まれており、この製品にはTHCが含まれていないので安心です。

完全に合法な製品だと言えますが、購入方法を誤ってしまうと違法になる可能性があります。正規販売を行っていないものやフルスペクトラム系のCBDリキッドを購入すると、THCが含まれている可能性もあるので危険です。

正規店で購入すれば表示されている成分以外は配合されていませんが、正規品を騙った輸入代行サービスなどを利用すると危険な製品を手にしてしまう可能性があります。

個人輸入代行サービスなどを利用すると海外から商品を購入することができ、この方法で購入すると正規ショップで買うよりも安くなることが多いです。

値段の安さに惹かれて購入してしまう人がいますが、THCが含まれていて違法になってしまう可能性もあります。

信頼できるショップであればこういった問題が起こらないので、正規代理店を利用することが大切です。

正規代理店を利用すると値段が高くなってしまうと感じるかもしれませんが、この購入方法であれば違法になってしまう恐れがありません。

精神作用を及ぼす成分ではなくても、詳細が分からない違った成分が含まれている可能性もあるので、代理店以外では買うべきではないと言えます。

正規代理店は複数購入でお得なキャンペーンを実施していたり、定期購入で割引が受けられたりするという魅力もあるので、こちらを選ぶことで損をしてしまうことはないです。CBD製品は日本でも合法とされていますが、買い方を間違えてしまうと処罰の対象となってしまうので注意しておきましょう。

日本の大手通販サイトで販売しているような会社であったとしても、実際に安全な製品を販売しているかどうか見極めることは難しいです。

確実に信頼できる正規代理店の公式ホームページを利用することが最も安全な方法であると知っておきましょう。

 

国産のCBDリキッドのレビューを見てみる

 

電子タバコで死亡するケース?信頼のできるメーカーから買うべし

電子タバコは日本でも浸透しつつあるので、安全な製品だと思ってしまう人が多いです。しかしながら、フルスペクトラムCBDを電子タバコを用いて吸うことには危険が潜んでいます。

これには微量ですがTHCが含まれており、一部の国ではこの製品の販売を禁止し始めているほどです。

アメリカではフルスペクトラム系リキッドを加熱して吸うことによって1年間に6人が死亡したと発表しており、6人はいずれも肺疾患などが死亡理由でした。

原因はアンダーグラウンドで流通していたTHCリキッドに含まれていた「ビタミンEアセテート」だそうです。(CBD、THCが原因ではない)

良い香りつきのものや味つきのものが出ているので、タバコ自体の煙臭さや苦さが苦手であった人も積極的に使用することができるようになったのですが、実際には死亡リスクも潜んでたいのです。

アイコスやベイプはタバコよりも安全だと思っている人が多いですが、CBD製品に使用する場合は必ずしもそう言えないことを知っておく必要があります。

フルスペクトラムCBDをアイコスやベイプを用いて吸ってしまうと、死亡してしまう可能性があるので危険です。

THCが含まれないCBD製品であれば問題がないので、こういった安全性の高い商品を信頼できるメーカーから購入することが大切だと言えます。

加熱するためのリキッドの中にはTHCが含まれないものもありますが、信頼できるメーカーから購入しなければ、実はTHCが含まれていたというトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので危険です。

格安で販売している海外の通販サイトなどは危険な物質を含んだ製品を販売していることがあるので、正規代理店のような信頼できるメーカーで購入することが大切であると知っておきましょう。

アイコスやベイプのような電子タバコを利用してCBD製品を摂取する場合、危険な製品であれば死亡してしまう可能性があります。

そもそも、日本ではTHC入りの製品を使用することは違法だとされていますが、これが含まれない合法の製品だと思って買ったものが違法であるケースもあるでしょう。

きちんと信頼できるメーカーから購入するようにすれば大きな問題を引き起こすことがないので、値段だけを意識して格安通販などで購入しないようにしてください。

電子タバコやCBD製品を愛用する人は日本でも少しずつ増えています。

ですが、正しい知識を持った上で使うようにしなければ、取り返しのつかない問題を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

これらを使用するのであれば、信頼できるメーカーから買うなどの正しい知識を事前に持つことが大切だと言えます。

CBD(電子タバコ用)のおすすめ!国内製で高品質がベスト!!

最近ではフルスペクトラム系のCBDリキッドが人気となっていますが、値段が高いので購入しにくいと感じている人もいるでしょう。

プラスウィードはコストパフォーマンスに優れており、高品質な日本製の電子タバコ用のCBDを求めている人におすすめです。

プラスウィードは日本で合法的な使用が認められている4つの成分を配合しており、CBDは最高で60%濃度のものがあります。

違法となる成分は一切含まれていないため、安心して利用することができるでしょう。一般的なCBDリキッドのCBD濃度は1~5%と言われています。

しかし、プラスウィードは最大60%という高濃度のCBDが配合されているのです。

60%も配合されていると聞くと、驚いてしまうかもしれません。

もちろん高濃度だから危険というわけではありませんし、安全性にこだわって作られていることが特徴です。

他のCBDリキッドを試しても効果が期待できなかった場合、こちらの商品を試してみると良いでしょう。

プラスウィードはクリーンルームが完備された設備で製造されています。

さらに、日本製であることも安心できる点です。濃度が高いのでしっかりCBDを実感することができますし、味が美味しいということも人気の理由です。

CBDは海外では医療目的でも使われ始め、注目を集めています

CBDは麻由来の成分であり、違法になるのではないかと心配している人もいるかと思いますが、これは麻の茎と種から抽出した成分なので法律的にまったく問題ありません。

CBDにはリラックス作用や痛みを和らげる作用、アトピーを緩和する作用などが期待できます。

そのため電子タバコのリキッドとして人気が高くなっています。

CBDリキッドには食品添加物に使われるプロピレングリコールと植物性グリセリンが含まれています。

この成分を加熱することにより、白い煙が出るということです。また、リキッドには香料が入っており、その香料がフレーバーとして表記されています。

電子タバコは基本的に香りを楽しむためのものであり、日本で販売されているリキッドにはニコチンやタールが含まれていません。

プラスウィードのリキッドにはCBDが含まれているため、CBDの効果も実感できることが特徴です。

電子タバコでCBDを摂取した場合、健康にどのような影響があるのか知りたいという人もいるかもしれません。

リキッドに含まれる成分は食品に使われているものだけですし、一度に大量に摂取しない限りは健康に影響を与えることはないでしょう。

CBDは海外では医療目的でも使われており、リラックス効果が期待できるものとして注目を集めています。

プラスウィードはカートリッジ部分を使い捨てるタイプもあって便利!

プラスウィードにはいろいろなタイプがありますが、ランキングで最も人気が高いのはカートリッジタイプです。

カートリッジタイプの人気が高い理由としては、簡単に使えるということが挙げられます。わざわざリキッドを充填する必要はありませんし、リキッドが無くなれば新しいカートリッジに交換するだけで何度も使用することができるのです。

最初にバッテリーを購入する必要がありますが、その後は新しいカートリッジを交換するだけでいろいろな濃度のものやフレーバーを楽しむことができます。最初は濃度の低いものから始め、少しずつ濃度を上げていくということもできるでしょう。

これからプラスウィードを試したい場合や次は違うフレーバーを試したい場合にもおすすめです。

プラスウィードのカートリッジタイプはバッテリーに装着して使用します。

バッテリーのボタンを5回連続で押すと電源がオンになり、さらにスイッチボタンを2回連続で押すと予熱が始まります。

電源ボタンを長押ししながら吸引しまましょう。

プラスウィードを吸引する時は、肺に溜め込んで鼻から少しずつ吐き出していくことになります。

蒸気はすぐに吐き出すのではなく、10秒程度肺に溜めておきましょう。

ちなみに、プラスウィードのカートリッジは使い捨てであり、繰り返し使うことはできないので注意が必要です。

ヴェポライザー本体(Vape)のセットも販売!あれこれ迷わなくて済む

プラスウィードにはヴェポライザー本体(Vape)がセットになったものも販売されています。バッテリーとカートリッジ、充電用のUSBケーブルがついているため、購入したらすぐに電子タバコを楽しむことができます。

価格はCBDの含有量によって異なっており、高濃度のものの方が高く設定されています。フレーバーは2種類用意されているため、好きな物を選ぶことができるでしょう。プラスウィードは単品購入よりも定期購入の方がお得です。

最初は単品購入で試してみても良いですが、気に入ったら定期購入に切り替えましょう。定期購入にした場合、ヴェポライザー本体(Vape)が無料でついてきます。

つまり最初から定期購入にすればかなりお得と言えるでしょう。

定期購入と聞くと不安に感じるかもしれませんが、値段は変わらないのでこちらの方がメリットが大きいです。

また、使い続けることで割引率がアップするという魅力もあります。

長く続けるほどお得になりますし、きちんとCBDの効果を実感したい場合に最適です。また、定期購入なら送料が無料になることも大きなポイントです。

単品購入では送料がかかってしまうため、続けたいと考えているなら定期購入の方が良いでしょう。

ちなみに、公式サイトには本格派デバイスなども販売されています。

 

関連記事:注目成分「THCV」は違法なのか

 

(Visited 726 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓