電子タバコのデメリット・ヘンプの独特のフレーバーが気になるかも

    CBD(電子タバコ)のデメリットは?専用の機器が必要なこと、ヘンプの独特のフレーバーが気になること

    日本でも少しずつ知名度が上がってきているCBD、ただしまだ実店舗で置かれているのは空港や都会にのみ存在するCBD専門店・そしてドンキホーテなどだけです。

    実はCBD製品にはパウダーやワックス・オイルなど様々な形状があるものの、ドンキホーテで見かけるのはせいぜいCBDリキッドとグミ程度でしょう。

    まずは電子タバコを使用するようになってそこからCBDリキッドにも興味を持ってといった経緯でこの世界に入っていく方も多く、何となくそのままリキッドを使っているかもしれません。

    でもせっかくその他にも形状があるのに勿体ない、CBDリキッドならではのデメリットも多くそれを不満に思っている方・使いづらい効果が得にくいと考えているのなら、この機会に違ったCBD製品に移行を考えてみてもいいのです。

    CBDリキッドを買ってきてもそれだけでは使うことは出来ません。

    同じく液体状のCBDオイルは飲めば良いのですが、CBDリキッドは電子タバコで気化して吸引して使用します。

    専用の機器が必要となるのがデメリット、小さければ数千円とは言え初回にどうしても大きな金額が出ていきます。

    それが嫌ならばCBDグミで、こちらはおやつのグミを食べるようにオイルと同じく経口摂取すればいいのです。

    CBDリキッド使用で必須の電子タバコ、その名に不安を覚えた方も多いことでしょう。

    タバコと言えば自分自身はもちろんながら副流煙が周りの人にも害をなすのです。

    日本ではどんどん喫煙スペースが減らされていっていて、喫煙者に対する世間の目は冷たいです。

    電子タバコを使っていると言ったところで白い目が変化することはありません。

    吸っている姿を見たって同じく煙を出していて、CBDも電子タバコも利用者もその存在を知っている人ですら少数派なのですから大っぴらに喫煙出来ないというデメリットもあるのです。

    補導されてもおかしくはありません。

    喫煙所で吸っていたらニコチンタバコの副流煙を吸ってしまうことになるし、手軽に使用できるとは言えない製品です。

    電子タバコからCBDへと移行してきたという方、それまではただのリキッドを使っていたはずです。

    バニラやフルーツなど様々な香りの付いたフレーバー、気化することで良い香りを楽しんでアロマテラピーをするように香りに癒しを受けていたのです。

    一方でCBDリキッドは香りのバリエーションは少ないです。

    せいぜい1種類か2種類、むしろ無味無臭が一般的です。

    だって香りを楽しむのではなくCBDの成分を摂取することが目的です。

    薬を服用しているようなものだと思っておくといいでしょう。

    本当に無味無臭、カプセル錠を飲む感覚で何も考えずに摂取出来たら良いものです。

    でも実際には、CBDの原材料であるヘンプの香りはちゃんと残っています。

    なので、草っぽさや苦い香りに不快感を感じる方も少なくはないのです。

    続けることでリラックス効果を得られるCBDリキッド、でも摂取の瞬間は毎度嫌な思いをするのだとしたら続けたいとは思えないはずです。

    継続してこそのCBD、それを妨げるヘンプの香りはデメリットでしかありません。

    同じくCBDオイルも苦手だと感じる方多数、それならば甘いおやつのような味でヘンプ臭さをオブラートに包みこんだCBDグミに変えた方が良いでしょう。

    これなら摂取する場所も選ばずどこででも手軽に利用出来て、CBD電子タバコならではのデメリットを無くしてくれます。

    ただ、経口摂取は身体にCBDの成分が吸収されて効果を発揮するまでに時間がかかりすぎるのが欠点、リキッドの方が肺に直接入っていくのであっという間に効果が現れます。

    味が苦手だという方、香りも付いた正にリキッドのようなCBDリキッドを選ぶのも手です。

    それだとグミと同じく、嫌な臭いはごまかされるのです。

    でも気化して摂取するCBDリキッドはCBDグミ以上に香りが広がりやすいものです。

    甘い香りが好きな方ばかりとも言えず、臭いの害をもたらすがゆえに更に公共の場で使いづらくなってしまいます。

    車の中で使ったとしても車内に香りが思いっきり充満して、せいぜい自室で楽しむしかないのかもしれません。

    リラックス効果が得られて睡眠へと導いてくれるCBDリキッド、使うのが夜眠る前に限られているのであれば自宅での摂取となります。

    甘い香りに包まれて眠るのも問題は無し、それにヘンプの臭いが特に気にならない方もいます。

    専用の機器も一度買ってしまえばずっと使えるのですからその後はリキッドを買い足すだけ、お金が多くかかるのは最初だけです。

    複数のデメリットはありますが、好みや使い方によっては特に問題とはならないこともあるのです。

    一方でCBDオイルやグミにだってメリットもあればデメリットもあります。

    それらを知ったうえで自分に合うものを選ぶことです。

    そもそも、車内がCBD臭くなると言いますがリラックス作用のあるCBDは安全運転の妨げとなるため使わない方が身のためです。

    もしも強い眠気が運転中に襲ってきてしまったとしたら、大変なことになるのです。

    運転するときは吸わない方がイイですよ〜

    (Visited 10 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ