「だるい」症状は出る?量とタイミングさえ気をつければスッキリ!

    CBDは麻などに含まれる天然成分で、病気の予防や治療に様々な効果がある他、食欲や記憶、痛みの知覚などの生体機能の働きにも効果があることが分かって、世界中で注目されている成分です。

    近年はこの成分を配合した様々な製品が販売されるようになり、ココナッツやオリーブオイルなどのオイルにこの成分を配合したCBDオイルという製品が人気で、その他にも様々なタイプのものが広く流通しています。

    この成分は睡眠の質を高め、不眠症や睡眠障害にも効果があるとされていますが、病院で処方される睡眠薬などのように昼間に眠気や疲れ、身体がだるいといった症状が出ないか不安になる人もいるでしょう。

    CBDオイルで「だるい」症状は出る?むしろスッキリ!

    しかし、CBDの眠りを助ける効果は、一般的な睡眠薬などとは仕組みが少し違っていて、日中は頭がスッキリし活動的に過ごすことができます。

    脳の機能が落ちたり催眠作用がある一般的な睡眠薬などの、神経伝達物質の働きで強制的に眠りを誘うものではなく、この成分はリラックス効果や不安解消効果で安眠に誘導します。

    脳内の神経伝達物質であるセロトニンの受容体を、活性化しその働きを高めるので、気分を安定させたり集中力を上げる効果があり、夜には眠りを助けるメラトニンという物質に変わります。

    依存性や副作用の心配はないけど、量やタイミングは大事!

    CBDオイルは喉の渇きや低血圧、立ちくらみなどの副作用が起こる可能性があるという報告があり、使用した人の中には、眠気や便秘が起こったという報告もあります。

    処方薬を服用している場合には、薬の成分との薬物相互作用を起こす可能性もあります。しかし、CBDには依存性や悪影響はなく正しい使用方法をすれば安全で、他の薬を服用していてこの成分も使用することを考えている人は、前もって医師に相談することが大切です。

    万が一、使用していて眠気が出た時は、昼間は起床してすぐや出社後、夜は寝る前に多めのCBDを摂取するなどタイミングや量の調節をしましょう。

    昼間は活動的に動いて夜はゆっくり休むという良い周期ができやすくなります。

    この成分の摂取で消化管の機能に影響が出て、便秘の副作用が出る場合や、製品の添加物の中に便秘を起こす成分が含まれていることもあります。

    このような副作用を防ぐには、最初の3週間は使用してその後の1週間は休むといった、使用しない期間を作るようにします。

    使用しない期間を設けて様子を見ることで、身体への影響を確認することができます。悪い影響が出る場合は、使用を止めたり、オイルの種類を変更しましょう。

    どうしても副作用や身体への悪影響が改善されなかったり、他の副作用がある場合は医師による診察を受けることが大切です。

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ