CBDオイル(飲むタイプ)・効果レビュー

プラスウィードの吸引回数について・まずは少なめから試していく!

グミタイプなら1個2個と食べる量を調節することに、一方でリキッドは吸引回数を変えるのですが、何しろプラスウィードのリキッドは10パーセントから60パーセントと幅広いラインナップとなっています。

お酒で考えてみて、ビールと日本酒を変わらず同じ量飲むようなことはないでしょう。

ガンガン取りいれるかちびりちびり派かで、回数は違ってくるのです。

更にはプラスウィードはフルスペクトラム製品となってますからガツンと度が高い、他社の10パーセント濃度のリキッドと同じように考えるわけにもいきません。

そして更に人それぞれちょうど良いが違う、性別とか年齢・体型にCBDの利用歴とさまざまな要素が絡み合っていい回数が決まるのです。

続きを読む

Koi CBDを個人輸入する際の注意点・密輸で逮捕?

ヘンプの栽培も制限されている日本、CBD製品のほとんどが海外製です。

KoiCBDもアメリカはカリフォルニア州を拠点に活躍しているCBDブランドです。

こちらの製品を手に入れるのに個人輸入はちょっと待って、Vapemaniaがおすすめです。

日本製じゃあないからといってやたら不安がる必要もなし、だって海外の方だって少しでも安全で品質の良い製品が使いたいという気持ちは同じです。

だから悪徳業者が長年のさばることなんてできないし、きちんとした企業ならちゃんと高い評価を受けてるんです。

Koi CBDはCBDエキスポで最優秀賞も受賞しています。

Koiとは鯉のこと、忍耐力の強さや努力して目的を成し遂げるといった企業の姿勢が現れているのです。

だから日本人の愛用者も多いです。

世界的に評価を受けている製品だから大丈夫、CBDに関してはそうとも言い切れません。

続きを読む

ENDOCAを個人輸入?日本の公式サイト経由が安全で便利!

個人輸入は危険、ENDOCAなど海外の代理店ルートでの入手がおすすめです。

やたらとルールに厳しく高い審査基準を通過したものしか使わせてくれない、ちょっとでも副作用の心配があるもの・ルールを守らず作られた品は遠ざけて、日本という国は母親のように過保護に我々を守ってくれてます。

そのおかげで治安が良く安心安全な国となったのです。

国産品の品質の高さは世界に誇れるレベルです。

でも世界の人たちは普通にそれを使って効果があったと喜んでるのだから、そんな不満の声もあることでしょう。

それなら個人輸入、自分で個人的に買うんだからいいでしょというわけです。

もちろん勝手にやって自爆しても自己責任、ただ日本には無いものが手に入るしお値段も安い、こっそりお買い物できるという利点もあり利用者は増えてきてるのです。

それならCBDも個人輸入で、それはちょっと待ってください。

続きを読む

THCリキッドの吸い方・吸いこむ前に5秒ほど息をはいておく!

THCリキッドにCBDリキッド・通常のVAPEリキッド、中の成分が異なる以上はその目的も違います。

それぞれに吸い方の違いがあるので注意しましょう。

通常のVAPEリキッドの目的、それは煙の香りを楽しむというものです。

ニコチンタバコとちがって危険な成分は含まれていないその煙、甘い香りからさわやかな柑橘系と実にさまざまな香りがあります。

それを思いっきり吸いこむことで、まるでアロマテラピーを楽しんでいるような感覚でいやし効果を得るのです。

一方で、THCやCBDといった成分が含まれているのがTHCリキッドでありCBDリキッドです。これらを吸引することで、CBDならリラックスできるでしょう。

THCもCBDも、効果効能を存分に受けるには煙の吸い方がポイントとなります。

*THCリキッドは日本では規制されています。CBDリキッドでも、同じカンナビノイドの恩恵を味わうことができますよ!

 

THCはダメだけどCBDは日本でも◎人気リキッドはコチラ!

 

続きを読む

THCリキッドの買い方は?日本には持ち込まないこと!

THCリキッドの買い方について検索してはいけません。

だって日本で買うことなどできないのです。

THCという成分は日本に持ち込むことも日本で使用することも日本でくらしているだれかにあげることも、すべて違法となっているのです。

ヘンプを原材料とする製品ですが、CBDが安全であるという情報はすこしずつ日本でも認知されてきました。

一方で、THCだって正しい使い方をしていれば・質のよい製品を選ぶようにすればメリットだってたくさんあります。

でも日本の法律でだめだと言われている以上、その法律がなくならない限りは守るしかないのです。

ようやくCBDが広まってきたとはいえまだまだ知名度が高いとはいえず、安全なはずのCBDをこわがって使えずにいる方もたくさんいます。

THCリキッドも合法に、そんなふうに法律が変わるのはまだもうちょっと先になりそうです。

それなら日本の方は一生THCリキッドを手にすることはできないのかというと、そんなことはありません。

続きを読む

CBDのフルスペクトラムにはTHCが含まれている?

「フル活用。フルスペック」という言葉で使われるように、「フル」には「いっぱいの・最大限の」といった意味があるのです。

CBDのフルスペクトラムにはヘンプの成分すべてがはいってます。

つまりはTHCも含めてということ、そこに引っかかっている方はブロードスペクトラム製品を選ぶようにしましょう。

これはTHCを除くすべてという意味、これなら安心して使えます。

続きを読む

タバコに混ぜる?リキッドに混ぜる?【自分好みにカスタマイズ】

日本でも認知度が高まってきているCBD、実際にインターネットで調べてみてその種類の多さに驚かされたのではないでしょうか。

何しろ世界中でいくつものメーカーが参戦しているのですからその種類は無限大です。

日本からも、胃ではなく腸にたどり着いた段階で溶ける腸溶性のカプセルタイプなど売り出されています。

人それぞれにCBDを取り入れてのライフスタイルや、そもそもなぜCBDを導入しようと考えたかの目的が異なるのですから、自分に合ったものを選べるのは大きな利点です。

 

生活のクオリティアップが期待できるCBDリキッドはコチラ

 

続きを読む

目が冴える?セロトニンとメラトニンが大事なポイント!

夜に使用して目が冴えて眠れなくなってしまったら、日中にCBDを摂取した結果眠気が襲いお仕事どころではなくなったら困りますよね。

依存症や中毒を緩和・鎮痛・抗炎症・食欲の改善、など様々な効果をもたらしてくれるということで、CBD製品が注目されています。

身体のバランスを整えてくれるCBD、取り入れれば医療の世界だけでなく美肌効果もあり性生活も快適になり今の生活が更に向上し暮らしやすくなるわけです。

ただ、インターネットなどで調べていて効果効能として「眠気を誘ってくれる」という一方で「集中力を高める・すっきりと目を覚まさせる」というものも、真逆なのではと不思議に思われた方も多いはずです。

これはどういうことなのでしょう。

続きを読む

CBDは「ブリブリ」にならない!海外では医療用として認められている

VAPEでCBDを摂取すると、いわゆるキマるとも呼ばれるブリブリになると思われがちです。

実際に販売店のスタッフにも同じような質問をするお客様も多いので、多くの人が気になっている疑問かもしれません。

CBDは「ブリブリ」になる成分は一切含まれていない!

しかし結論から述べると、CBDを摂取してキマることはありません。

一般的にやばいとされる成分は、一切含まれていないからです。

日本の法律でも認められている範囲の成分を商品化し販売しているので、ブリブリになって精神的にハイになることはないとされています。

医療用としても海外では認められていますから、キマることはなく安全に摂取できる成分です。

現在では医薬品ではなく健康食品やサプリメントと同じ位置付けになっていますから、安心して使用できます。

もし不安があるなら、購入前にお試しできる店舗を利用するのがおすすめです。

店舗で専門知識が豊富なスタッフから説明を受けながら、少しずつお試ししていくと安心して摂取できるようになります。

何度か試してやばい成分ではないと理解できてからは、ネット通販を利用し購入するのが便利なのでおすすめですが、不安や疑問がたくさんある初心者は専門家のアドバイスを受けられる店舗を利用しながらCBDの摂取を始めると良いでしょう。

世界的なCBD(ヘンプ)の位置づけ・幅広い医療への応用

CBDは、世界的に認められている成分です。

ヘンプの茎や種に含まれている化学物質の一つとして、日本国内では健康食品やサプリメントと同じ位置付けになっていますが、海外では医療用途があるとして認められています。

国際的な機関も幅広い医療への応用が可能と判断しており、実際にアメリカではプロのアスリートも身体のメンテナンスなどに使用しているほどです。

紙タバコを吸うように、試合後の記者会見でも多くの記者やカメラの前で使っているほどですから、世界的には違法な薬物ではないと認められています。

日本国内でも違法な成分ではなく、健康食品やサプリメントと同じ位置付けです。

そのためドンキホーテなどの量販店でも取り扱いがされており、紙タバコと同じ感覚で店頭購入できます。

紙タバコの代わりとして使われる電子タバコで吸うことも可能ですから、ドンキホーテで買って気軽に使えるところまで国内でも広がりを見せ始めています。

ここまで広がっても不安に思う人もいるかもしれませんが、ドンキホーテは日本を代表する量販店です。

そうした店舗が法律で認められない違法なものを店頭で販売するわけがないので、ヘンプから抽出される成分でも合法であり安心して試せる成分です。

 

関連記事:

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

CBDで「ぶりる」?規制物質を除去しているので悪影響なし

 

CBDで「ラリる」ことはない!有効性が認知されはじめてきた!!

CBDは電子タバコで使うリキッドや粉末の状態の粉、麻薬と同じ植物から抽出されたものではあるけれども、麻薬のような精神作用が起きないので違法にならない、

しかも喫煙した時と同じようにキック感を味わえるので、タバコみたいな刺激があります。また、実際に欧米では、タバコへの依存を改善できるのか、研究されています。

科学的なエビデンスからも、紙巻きタバコをやめる目的に使う人も増えてきているようですね。

関連記事:

CBDオイルをタバコに垂らす方法よりVapeで気化させた方が気軽

電子タバコのアイコスやプルームテックはニコチンが入っていますが、代わりに有効成分のCBD(カンナビジオール)をサクッと摂取できちゃいます。

CBDに「ラリる=精神作用」はない!安全性はWHOお墨つき

ちなみに、CBDはカンナビジオールと呼ばれるもので、世界保健機構でもあるWHOの中では複数の医療用途がある、認可されている成分で麻薬を使ったときなど「ラリる」といったことがないのが特徴です。

シンナーなどのような精神作用を与えるものは「ラリる」ものであり、これは当然ながら体への害もあるわけですからWHOが認可することもありませんし、立派な違法になります。

天然由来のカンナビジオールでもあるCBDには、てんかんに有効である・歯ぎしりの改善作用を持つ・鎮痛作用があるなど無限に広がる有効性があり、健康にも良いといわれているのは世界的な規模です。

さらに、カンナビジオールのリキッドを使っている人の中には、ラリるといった症状がないだけでなく、以前は不眠症に悩んでいたけれどもこのリキッドを使うようになったら不眠症から脱出できた人もいるようです。

ラリることはないが気化摂取すると効率よく体内に吸収されるのでおすすめ

タバコは体にとても悪いけれどもCBDは体にも良い成分である、これは世界保健機構のWHOが認めているなどからも安全性についての不安もなく愛好品として使えると考える人は多いといえましょう。

鎮痛作用があるので世界アンチドーピング機関(WADA)では、ドーピングの禁止リストから削除したといわれており、数多くのスポーツ選手がCBDを使っているようです。

スポーツ選手は肉体的な疲労が起きるわけですが、CBDには疲労回復効果もあるのでスポーツ選手にとっては体調管理を行う目的で導入する選手が多くなっているといいます。

さらに、ガンの転移抑止効果を持つことは世界的にも有名な話、ガンを克服した患者さんも実在しており、新たな使い方が続々と登場するのではないかと考えられます。

摂取の仕方は紙巻タバコのように使う方法もあるようですが、最も簡単に吸収する方法はリキッドを使うやり方で電子タバコのVAPEのリキッドで使う人が多いのです。

VAPE界の中でもっとも知られていると言っても過言ではない、Pharmahemp(ファーマヘンプ社)

信頼できるCBDを買うなら、まず間違いないメーカです。

しかしながら、気化摂取することでより効率よく体内に吸収されるなどから、現在喫煙で使っているタバコに垂らして使うことはできないので、専用のCBDリキッドを選ぶようにしておきましょう。

タバコに垂らすときに咥える側ではなく、火をつける部分に垂らして吸う方法はマズい煙を吸うハメになってしまいます。

 

関連記事:

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ