CBDの基礎知識

CBDは「きまる」?100種類以上のリキッドを試してきた結論!!

「お酒は二十歳から」ですが、実際のところ初めて飲んだのはいくつの時ですか?

もちろん小さな子どもの頃は誰もがお酒を飲む機会なんてなかったはずですが、問題なく毎日楽しく過ごせてましたよね。

でも日常にアルコールが加わったことで、友達ともっとざっくばらんに話せるようになったんじゃあないですか。

勇気がわいて思い切って告白したら、彼女ができたという方もいるはずです。

無くてもいいけどあったらもっとイキイキと毎日が送れる、そんなアイテムです。

CBDをぜひ取りいれていただきたいのも、同じ理由からです。

アルコールは過ぎると飲まれて大失敗につながることもあります。

違法とされてるTHCリキッドも似たような存在です。

でもCBDリキッドなら大丈夫です。

大量摂取したところで、大きな害となることはありません。

CBDリキッドもきまる」なんて情報もあったりしますが、誤解です。

遠ざけるのはモッタイナイですよ。

続きを読む

CBG CBD CBNの違いは?ヘンプカンナビノイドの総まとめ!

CBDってもうご存じですよね。

最近はドンキホーテでの取り扱い商品もかなり充実してきましたし、周りでも利用されている方も増えてきてます。

あなた自身、毎日の暮らしに取り入れているでしょうか。

スパイスみたいなもの、無くても困らないけど、あったらさらに一歩ステキな日々となると思いませんか。

まだ使ったことがないなんてモッタイナイ!ぜひ試してみてほしいですね。

ところで、CBDと似た名前でCBGとかCBNとかいうのも出てきましたが知っていますか。

似ているのも当然で、どれもヘンプ由来のカンナビノイドなんです。

カンナビジオールの頭文字を取ってCBD、カンナビゲロールがCBG、カンナビノールはCBN、ぜひCBGやCBNについても覚えといてくださいね。

続きを読む

電子タバコの味が苦手な方は「グミ」を選んでみては?

ニコチンタバコは臭いです。

煙に害があるからという知識を持っていなくとも、誰もが避けたくなる臭いです。

どうやらあれは、ニコチンやタール・その他様々な毒性を持つ成分が混ざり合っての臭いのようです。

一方で、似た形状は持つものの品質にこだわって選んだのであればCBDリキッドの中にニコチンも危険な化学物質も含まれておらず、ですからあれほどの悪臭を放つことは無いのです。

ほぼ無臭と言われるCBDリキッドの匂い、ただし万人に好まれるかというと決してそんなことはありません。

続きを読む

THCリキッドは肺に悪い?重度の呼吸器疾患を起こした犯人とは

ここ最近、アメリカで電子タバコの使用者たちに廃疾病が引きおこされ問題となってます。
2000人以上もの被害者、その中の30人ほどは死亡しました。
原因はTHCリキッド、ではありません。
彼らの肺から共通して検出されたのは「ビタミンEアセテート」という成分だったのです。
このビタミンEアセテート、すべてのTHCリキッドに含まれているわけではありません。
被害者たちが使用していたのはいずれも粗悪な違法品ばかり、日本ならともかくアメリカは一部の州はTHCが合法となっているはずです。
それなのになぜ敢えて危険な製品に手を出さなければならなかったのでしょうか。
この成分が入れられた理由とは、なぜ肺に悪影響を及ぼすこととなったのか詳しく見ていくことにします。
THCリキッドを使いたいという人が一定数いて、でも法律では違法とされているし税関職員も厳しく目を光らせています。
それゆえに需要と供給のバランスが崩れ、日本・特に東京ではTHCは金と変わらない価格帯で取引されているのです。
THC製品のお値段第1位は日本、それではカナダやアメリカといった合法の国が安値上位を独占してるのかというとそんなことはありません。
医療用ならともかく嗜好用として使われるTHCリキッドなどは、何パーセントもの税金が課せられてるので国も認める正式な製品はけっこういい値段がするのです。
法律では認められていても庶民が気軽に手を出すことはできません。
そこで、国の認可していないTHCリキッドを使うしかないというのが現状です。
その中に悪徳業者の作った粗悪品もあるというわけ、ただビタミンEアセテートが含まれてなければ肺の疾患で死んでしまうといった痛ましい事故は起こらなかったのです。
ビタミンEアセテート、必ず入れなければならない成分ではありません。
それならすべてのTHCリキッド使用者に害が及ぶはず、粗悪な品に入っていたのはとろみを出すためです。
さらりとした液体ととろみがあるもの、どっちがより多くTHCが入ってるように見えますか。
THCの配合量が多いほど高級品となるのがTHCリキッドの世界、実際にはTHCはそれほどでもないのにいっぱいあるかに見せかけるのが目的だったわけです。
だってその方が安く作れて大勢の方が買ってくれるから、悪徳業者ならではの思考です。
「ビタミンE」とある以上、もしもラベルに記載されてる文字を見たとしても体によさそうと思ってしまいますよね。
ビタミンEアセテート自体も化粧品や医薬品でお馴染みなんで、肺に悪影響を及ぼすとは悪徳業者も考えなかったようです。
お肌に付ける分にはいいんです。
保湿効果が高く、ぷるんぷるんの状態が保てます。
でもTHCリキッドだと電子タバコで気化して肺から取りこむことに、それがいけなかったのです。
とろみを出すためのこの成分が肺に絡みつき、わずか数日から数週間程度であっというまに重症化、何人もの方が病院に運びこまれたそうです。
さぞや苦しかったことでしょう。
THCリキッドがというのではなく、ビタミンEアセテートこそが肺を侵し重度の呼吸器疾患という症状を起こした犯人だったわけです。
今やこのニュースは全米はもちろん世界に広がり、ビタミンEアセテートが入ったTHCリキッドの数は一気にすくなくなっているはずです。
とはいえ、いきなりゼロになるわけもありません。
THC自体が違法の日本だとTHCリキッドによる死亡のニュースはどこか現実味がなく、知らない方も多いでしょう。
もしそんな方が海外からこっそり個人輸入でTHCリキッドを購入しようとしてその中にこの成分がはいっていたら、THCは違法・絶対につかわないようにしてください。
CBDリキッドの粗悪品にも同じくビタミンEアセテートが含まれている可能性はあり、信頼できるメーカーから正規の品を手に入れることです。
だれもが賢い消費者となれば、痛ましい事故は防ぐことができるのです。
ちなみに、ビタミンEは自然由来のもので身体にいいです。
むしろ積極的にとり入れなければならない成分、ですがビタミンEアセテートとはビタミンEが酸化しないようにと化学修飾がなされたもの・人工的な成分なんです。
ビタミンEとあるから大丈夫と安易に考えることなく、体内に取りこむ以上はきちんと調べて使用する必要があります。
食品や化粧品に入ってるビタミンEアセテートまで怖がらなくてもいいですよ。
さまざまなものに含まれている成分ですが、THCリキッドのように肺に届けられることがなければ問題ないのです。
身近にあって手軽に手に入るものだからこそ悪徳業者も目を付けたのです。
まさかビタミンEアセテートに肺に対するこんな恐ろしい作用があったとは、THCリキッドを入れた悪徳業者自身がおどろいているのかもしれません。
THCにCBD、価格よりも品質にこだわるべきというのがよく分かったでしょう。
何でもいいやと適当に選んでいると、たいほされることもあれば死んでしまうことだってあるのです。
正規の品を手にいれれば、THCリキッドもCBDリキッドも肺に悪影響を及ぼすことなんて全然ないですよ。

THC free と は?規制されていない国で買う際はチェック!

CBDの瓶をよく見てみてください。

ラベルに書かれてあるTHC freeとはどういうことなのでしょう。

THCとCBD、どちらもヘンプという植物から抽出される成分です。

いま世界的に話題となってるのがCBD、リラックス効果があって健康にも美容にもおすすめでWHOも認めるほどに安全性もバツグン、とにかく言うことなしのベストアイテムです。

まあ強いてあげればお値段がちょっと高い、健康保険の対象にでもなれば日本人に更に広まっていくでしょうに残念です。

そしてTHC、こっちもリラックス効果あるんです。

食欲も取り戻せてしっかり休めるので健康や美容にだっていいでしょう。

ただしちょっと効果が高すぎて行きすぎてしまうことは危ぐされます。

さらにGHQとかなんとか、歴史的な背景もあって日本では違法となってます。

同じヘンプ由来の成分だから混じってはいってしまってたら大変、THC freeとはこのCBDの瓶の中にTHCははいってないよというしるしです。

続きを読む

THCリキッドの裏技は?ベイプリキッドの合わせ技でオリジナルを!

日本ではTHCリキッドは違法です。

持ってることだってゆるされない、でもそんなこと分かっていて高いお金をだして手に入れたんです。

どうぞご自由に、せっかくだからよりTHCライフがたのしめそうな裏技を伝授させていただきます。

上司はうるさいし給料はすくない、いやなことを忘れたいとTHCリキッドについつい手をだしてしまったのでしょうか。

はじめてのTHCリキッド、どうでしたか。

なんだか青くさいというかにがい、正直おいしくないとおもいませんでしたか。

THCとかアルファベット3文字のオシャレな名前になってますが、つまりは草なんですから当然です。

せっかく高いお金を出して買ったのにこのまずさ、だまされたと思われてるでしょう。

リラックス効果を手にいれるためのTHCリキッドでいつも苦痛を感じてる人、おいしくいただける裏技があります。

続きを読む

結晶化しないCBDってどれ?選んでおけば間違いないヤツはコレ!

固形物のCBDグミと違ってCBDリキッドは液体、のはずだったのに気が付くとドロドロに結晶化してたり分離したりといったことありませんか。

こんな状態になったからといって品質が変わったわけではなし、捨てる必要はありません。

でももう一度使えるようにするにはちょっと面倒な作業が必要、できれば結晶化しない製品を手に入れたいと思えることでしょう。

CBDリキッドというのはPG(プロピレングリコール)とかVG(ベジタブルグリセリン)などの液体に、CBDの成分を混ぜたものです。

パウダーを加えたり結晶をそのまま入れたりとやり方はさまざまあるものの、ただ混ぜるだけだと分離したままです。

湯煎にかけて溶かして混ぜ合わせるといった作業が必要、なので逆に熱に弱いからと冷蔵庫とかに保管してると冷やされて結晶化しやすいんです。

元の状態に戻ってしまうというわけ、CBDの成分が低濃度だとしない・出来る限り室温に置いておき濃度にも気を配るのがポイントとなるでしょう。

と言っても、同じ濃度で同じ場所に保管しても違いが出てしまう場合も、口コミ評判とかを見て少しでも「結晶化してしまった」といった声が少ないものを選ぶようにするのもいいです。

続きを読む

THCリキッドはやばい?間違った知識がイチバンやばいかも

日本ではTHCが違法とされてます。

なのでTHCリキッドはやばいと思ってるはず、でも世界を見渡すと合法の国だってあるんです。

違法薬物なんかとごっちゃになってませんか。

やばい点もないわけではなし、でもちょっと過剰に反応しすぎてる日本人に真実をお伝えします。

校則なんかでも、禁止されてることは敢えてやってみたくなるもんです。

ただ、THCリキッドを使いたいと思うのはそれだけが理由ではありません。

メリットがあるから、使用することで気持ちがリラックスする・食事がおいしくなる・集中力がアップするなどの効果が得られます。

これってCBDリキッドとおんなじです。

でもCBDよりももっと強い作用で、すでにご飯をたべたあとでもTHCリキッドを使うとまたお腹がすいてきてしまうとか、やばいですね。

THCリキッドがやばいのは一度使うとやめられなくなってしまうから、そう思ってる日本人けっこう多いんですよ。
でもその知識まちがってます。

自分の意志でやめられないのは中毒症・依存症という病気になってるから、お医者さんと一緒に薬を使って治そうと禁煙外来に通ってる方いませんか。

タバコとかアルコールの方がよっぽど中毒性・依存性の数値は高いです。

依存性なしではありませんが、お酒にのまれず日常生活が送れてる方がそんなに怖がる必要もないですよね。

続きを読む

THCリキッドは日本では合法ではない【一線を超えないように!】

スペインにチェコ・チリ・コロンビア・ウルグアイ・カナダ・アメリカの一部の州、これらがTHCリキッドやオイルなどTHC製品が合法とされている国です。

コロナウイルスが蔓延している今はともかく、観光にお仕事にと訪れる日本人も多いでしょう。

「旅の恥は搔き捨て」なんて言葉もありますが、真面目な印象の強い日本人だって海外に行けば羽目を外すことだってあるんです。

でもTHCリキッドを試してみようと思うのはやめましょう。

特にカナダとか、留学生が軽い気持ちで手を出すことよくあるんです。

海外にて購入のTHC製品を日本に持ちこむのはダメだというのは皆さんご存じです。税関検査の優秀さも、こっそりごまかそうと思っても絶対にばれてしまうでしょう。

でも合法の国で使用するのくらいいいのではと考えてるかもしれませんが、日本人は外国に行こうとも日本人・日本の法律に守られていると同時に日本の法律にがんじがらめにされています。

帰国後に逮捕されるかも、海を越えたからといってはしゃぎ過ぎにはご用心、一線は超えないようにしましょう。

続きを読む

CBDオイルは「やばい」?知らないと勘違いすることまとめ!

黒い怪しげな瓶に入った液体、それを舌の下にスポイトで注ぎいれてというCBDオイルにやばいと感じている方、心配無用です。

同じことをTHCオイルでやったら捕まりますが、同じようにヘンプから採取されてるもののCBDオイルを使ったからといって幻覚がみえたり精神的にやばくなる心配はないんです。

それよりも、気持ちがリラックスできるし食欲も戻ってくる・ぐっすり眠れてといい効果がたっぷりでカフェインよりも低い毒性、日本政府が認めてくれないわけないですよね。

まあ、CBDオイルと言いながら実際にはTHCとかその他の危険な成分がはいってるやばいものも世界にはけっこうたくさん出回ってます。

そんなのを使ってしまったらやばい、「知らなかったんだ」って言っても逮捕されてしまうこともあります。CBDオイルの品質にこそ気を配って選んでいたら、危険性も捕まる可能性もありませんよ。

 

やばい状況がすぐ近くにある、そんなところがやばいです。

CBDオイルを使うことで身体に変化が訪れるわけです。

なのですから、副作用ゼロとは言えません。

特に過剰に摂取してしまった時には副作用が強まる傾向にあり、適量を守るようにしましょう。

強い眠気とか下痢・イライラといった症状が起きた例が報告されてます。

リラックスするために摂取したのにイライラ、食欲改善のためにと使ってむしろ食欲が減退してしまっていたのであれば意味が無いんです。

どれだけ安全な薬だって取扱説明書にはどのような副作用があるか書かれてるでしょう。過剰に心配する必要もないけどむやみに信頼しすぎもやばい、日々使用する以上はCBDオイルについて最低限の正しい知識は身に付けておくことです。

続きを読む