CBDの基礎知識

CBDは尿検査でも問題ナシ!その根拠とは?

CBDは尿検査でも問題ナシ!違法成分が入っていないから

違法な薬物をやっているかどうかは、尿検査を調べればわかります。

では、トリップしないCBDオイルを使っているにも何らかの反応が出るのかと言うと、その心配はありません。

というのも違法な薬物かどうかは、トリップを引き起こす物質であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という物質が含まれているかどうかで決まります。

CBDオイルにはリラックス効果・ストレス軽減効果があるもののTHCは含まれていませんから、健康診断で尿検査をしたときも引っかかることはありません。

CBDリキッドは「飛ぶ」?んなこたぁないっしょ

ただ、街中を歩いているときにCBDオイルを所持している場合に、職務質問をされたら疑われる可能性はあります。

そこで違法性がないことを説明しても、信じてくれないときには疑いを晴らすためにも尿検査に協力しなければいけないこともあります。

急いでいるから後日に協力するといっても、違法薬物が代謝で体から抜けた後では意味がないので、すぐに警察に行かなければいけないでしょう。

任意の取り調べであれば拒否しても問題ありませんが、この場合には過去の判例から協力を拒むことはきません。

不安を感じるでしょうが、違法な薬物をやっていないことはすぐにわかるので心配はないです。

信頼のできるショップで買いましょう!

海外からの輸入は違法成分が入っている可能性がある CBDオイルには、違法成分であるTHCが含まれていませんから安心して使えます。

ただし、手に入れた商品が嘘偽りのないCBDオイルであった時の話です。

海外から輸入した商品の中には、THCを含んだ成分がはいっていることもあります。

もしそのようなものを入手してしまうと、違法薬物の所持で逮捕される危険があります。(ちなみに、法律では規制の対象となるのは「所持」をしているときだけで、「使用」に関しては規定がありません)

とはいえ、「所持」もしないで「使用」もできませんし、うかつに使用をしてトリップをしたときに問題を起こす危険性もあるので手を出さないほうが良いです。

では、個人輸入でTHCが含まれていないCBDオイルを手に入れるためにはどうすればいいのかというと、厚生労働省が輸入許可を出した商品を取り扱っているお店を探します。

正規品だけを扱っていることを調べて、偽物を掴まされることのないように注意をしなければいけません。

それからサポートが充実しているかどうかも、信頼できるお店かどうかを判断するためには重要です。

CBD リキッドがドンキホーテで売ってるけど…大丈夫なの…??

THCを含んだ商品を扱っていないのかを問い合わせることができれば安心して購入できます。

そして万が一のときに備えて、尿検査ができるキットを購入しておけば、何か異変を感じたときにすぐ調べられます。

 

関連記事:

CBDがスポーツ界で注目されているワケ・ドーピングにならない!

CBDオイルは空腹より「食事と一緒に」

CBDオイルは空腹ではなく食事と一緒に?摂取効率の違い

CBDオイルを口から胃を通して摂取する場合は、消化の段階で吸収されていきます。しかしもし空腹の状態で飲むと、十分に摂取されずに排出してしまいます。

一般的な薬のように少量で大きな効果を生み出すために摂取するものは、長時間空白を設けた後に飲んだ場合、初回通過効果という作用によって不活性化し、本来期待される働きができなくなってしまいます。

食後の服用を推奨されている場合は、その効果を避けるためということが多いです。

そしてCBDオイルも同様にその初回通過効果の影響を受けてしまうため、空腹時には向いていないというわけです。

そのため他の食事と一緒に飲むことで、摂取量の内大部分を身体の中に取り入れられるでしょう。

タイミングの問題で日常の食事と組み合わせることができなくなってしまった場合でも、少しでも先に別のものを取り入れておくと良いです。

またCBDオイルを食事に添える以外に、直接混ぜ込んでしまうという方法もあります。

正しいものであればあくまでも食品という扱いなので、取り入れ方を誤らなければ問題はありません。

その際には特に熱に注意しましょう。一定のラインを超えると蒸気となって空気中に逃げてしまい、効果がでなくなります。

利用効率を高める方法 CBDオイルは摂取してから大体3日程度の間は体内に蓄積されるもので、その間は効果時間が持続します。

そのため毎日使用する必要はありません。自分に合った間隔を見つけることで、最低限のコストで最大の効率を発揮できるでしょう。

またオイルを単体で摂取しただけでは、中々効果を実感できない人もいますが、そんな時は摂取の方法を工夫してみましょう。

最も簡単なのは、他の食品と一緒に摂取することです。

定番なのは同系統の麻の種から採れるヘンプシードや、オリーブといった植物の油との併用です。

オリーブオイルであればどこにでも売っているのですぐに始められるでしょう。

CBDオイルとヘンプオイルの違いは?効果や効能について

その他にもスムージーにしてみる方法もあり、CBDオイルの味そのものが苦手だという人に向いています。

そしてCBDは胃に入れるだけでなく、肺からの摂取も可能なものです。

リキッドタイプを気化する機械を使用すれば、蒸気のような状態になります。

それをそのまま吸えば、胃に入れた場合と同様の効果が期待できます。

機械は特に限定された専用のものはなく、仕組みさえ適していれば幅広く対応できます。これはCBDを食事の感覚で使用したくない人でも、タバコのように使用できるのが大きなポイントです。

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

CBD リキッドに害はあるの?

CBD リキッドに害はある?喘息発作、頭痛、吐き気、眩暈などを起こしてしまう場合も

タバコの代用品としての利用や、タバコを吸ったことがない方が趣向としてVapeを利用する人口は増えていると言われています。

元々は海外発祥のものでもあり、タバコの害を減らそうとして開発された電子タバコがルーツとなる趣向品です。

その後は進化を続けている分野でもあり、最新の事情では加熱式のタイプでCBD リキッドを用いるものがかなりの人気を獲得しており、主流として多くの方々に愛用されています。

害を心配する方が多いものですが、実際に起きている作用は海外の医療機関でも報告されており、喘息発作に発展したり呼吸器が悪化してしまう問題、頭痛や吐き気、眩暈などを起こしてしまう場合もあることは事実です。

人によっては食欲不振になり、更にうつ症状が出てしまったという報告もあるように、確かに害はゼロとは言えません。

副作用の問題はどのような薬を服用しても出てしまうものですが、CBD リキッドの場合は本来であればタバコから体を守るという流があるために、一概に悪いものとは判断することは非常に難しく、実際に利用は合法化している国は多数存在していることも事実です。

もしも問題が起きてしまった際には、早期に使用を中止して、病院で診察を受けてみることが必要になり、リスクは最小限に抑えることは欠かせません。

健康被害の可能性は低く、量を控えることで重大化にはならない

海外で人気のVapeは日本語でべいぷと呼びます。

日本国内ではCBD リキッドでニコチンが入っていないものであれば使用に関しては合法になり、ネット通販から購入できる本体とリキッドがありますが、これらは違法ではありません。

海外では継続して利用することで身体に害が出てしまった事例は多数ありますが、純粋に考えてCBD リキッドは決して身体に悪いものではありません。

CBDリキッドは体に悪い?【健康をサポートするためのサプリ】

寧ろリラックス効果を感じる方が多いと言われているので、リキッドの購入は慎重に行うことが一つの条件です。

その背景には違法な成分や不純物が混じっているリキッドが海外製のもので流通している可能性はあるので、確かな商品を購入すると安心です。

害は報告されていても、実情はタールやニコチンを含むタバコよりも安全です。

健康被害の可能性は元々低いものなので、吸い過ぎてしまうことなく適量を利用することで問題は起きない可能性は非常に高く、最悪な重大化を防げます。

一説によると本物のタバコよりも中毒性は低いものと判断されており、良質なCBDを使ったリキッドで尚且つ信頼できるブランド品と、信頼できるショップから購入する方法で問題はクリアできます。

一般的な食品と同様な感覚で、どのような物でも摂取量を控えるという行動は安全性を保てます。

2020年現在、人気が上がってきているのが+WEED(プラスウィード)です。

国産なので安心して使えるのがいいですね↓

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

何パフ吸えばいいの?1日あたり25ミリグラム程度が目安

CBDリキッドは1日に何パフ(どのくらいの量)吸えばいいの?

CBDリキッドの吸引には精神面の安定や各症状の緩和などの様々な効能があると言われています。

しかし、1日にある程度を吸わないと効能が現れません。

さらに純度の高いアイソレート系を使用している場合は、使用量が多くなると逆に効能が薄くなるという問題点もあります。

CBD単体では限界があるって知ってました?

そのため、適量を見極めるということが非常に重要となってきます。

実際にどのくらいを使用するのが良いのかということについては、個々人の体質などもあって一概には言えませんが、一般的には、およそ1日当たり25ミリグラム程度が良いと言われています。

これを目安に個々人の好みで何パフかに分けて吸っていくとよいでしょう。

ただし、CBDリキッドはしばらくの間体内に留まるため、毎日吸っていると確実に体内に蓄積されていきます。

蓄積が続くと、前述のようにアイソレート系の場合は効能が薄くなってきますし、神経過敏や食欲の減退の他、場合によっては肝疾患や精神疾患などの副作用を引き起こす可能性もあります。

このような状態になった場合は、しばらくの間CBDリキッドを吸うのを止めて体内から消えるのを待ち、そのうえで1回当たりの使用量を減らして使用してみることが推奨されます。

目安となる摂取量はどれくらい?

単体では釣鐘状の曲線となるデメリットがあるので、フルスペクトラム系がベスト

CBDは、CBD単体で構成されるアイソレート系と他の成分を含むフルスペクトラム系に分類されます。

このうち、アイソレート系は価格が安く、口当たりが良いというメリットがありますが、多く摂取しすぎると逆に効能が落ち、グラフに表すと釣鐘状の曲線のようなかたちになるというデメリットがあります。

また、フルスペクトラム系のような相乗効果を期待することもできません。

一方、フルスペクトラム系はカンナビノイド成分やテルペン、フラボノイド、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪酸などの様々な成分を含んでおり、それぞれの成分が相乗効果を生み出して高い効果を期待することができます。

この効果を「アントラージュ効果」と言いますが、これは含まれている成分やベースとなるオイルによって変わってくるため、自分好みの効果をもたらすCBDを見つけ出す楽しみもあります。

ただし、デメリットもないわけではありません。

まず、抽出技術の問題からアイソレート系よりも価格は高くなりがちで、味はアイソレート系よりも苦めで喉に違和感が残ることもありますが、

とは言え、アントラージュ効果のもたらす高い効能を体感したい場合は、やはりこちらを選択するのがベストであると言えます。

フルスペクトラム・CBDリキッドとは?

肝臓で酵素に作用する危険性?神経質になる必要ナシ

CBDリキッドが肝臓を経ると処方薬の作用を変化させる?

CBDリキッドには様々な効能がありますが、一方では副作用もあります。

代表的なものとしては神経過敏や食欲の減退、排尿量の減少の他、胃腸障害や発疹、呼吸障害、さらには肝疾患や精神疾患などを引き起こすこともあります。

基本的には粗悪品の摂取か過剰摂取によって引き起こされるものであるため、正しい使い方をしている限りは問題ないのですが、やはりそのこと自体は忘れない方が良いでしょう。

しかし、特に問題となるのは、肝臓に入ったCBDリキッドが酵素に作用することで処方薬の作用を変化させてしまう可能性があるということです。

これは想定外の薬を過剰摂取するということであり、それに伴う各症状を引き起こすことになります。

このようなことが起こる可能性のある処方薬としては、抗凝血剤や抗けいれん剤、抗うつ剤などが挙げられます。

双極性障害との関係性【気分の落ち込みを予防】

現在のところは、まだCBDリキッドの歴史が浅いために検証が不十分であり、各処方薬の因果関係が完全に解明されていないという状況にあります。

可能性自体は低いとは言え、これらの薬を服用している人は十分に気を付けなくてはなりません。

ただし、実際に問題が起こったとしても、用量を減らすなどの処置で対処できるというのが一般的な見解であるため、それほど神経質になる必要もないようです。

粗悪なCBDを買ってしまう前に、日本の信頼できる代理店を選ぶべし

CBDVape(ベイプ、電子タバコ)などで摂取することになります。

現在のところ、日本ではCBDの規制はないため、自由に購入することができます。

しかし、中には悪質な業者もおり、粗悪なCBDを販売していることもあり、粗悪なCBDを使用すると、頭痛などの副作用が起こりやすいため、注意しなくてはなりません。

業者の良し悪しを見分ける点としては、まず情報の透明性が挙げられます。

つまり、業者の所在地やプライバシーの保護、あるいはCBDの産地やデータを明記している業者ほど信頼がおけるということです。

さらに、法定表示を守っているかどうかということも重要で、商品であるCBDに対して正しい情報を告知しているかどうかということです。

CBDには様々な効能があり、それらが盛んに喧伝されていますが、極端な効能をアピールしている業者は避けるべきであると言えます。

このような事情から、CBDを購入する際には、日本の信頼できる代理店から購入するのが適切です。

粗悪なCBDは粗悪なだけあって値段も安い傾向にありますが、安いには安いなりの事情があるというものです。

価格だけを見てすぐに飛びつくのではなく、良く情報を確認し、安全で高品質のCBDを利用することが推奨されます。

CBD リキッドを売ってる場所まとめ

CBD リキッド、ワックスが固まる?イチバン簡単な対処法は…

CBDリキッドが固まる・結晶化する場合は湯煎が有効

CBD リキッドが固まるので困っている場合は、湯煎によって解決できる可能性があります。

ただし、単純にお湯で煮るというわけではなくて、まずお湯が入ってこないように、ジッパー付きの機密性の高い袋に入れましょう。

このときのポイントはできるだけ空気を抜いておくことです。空気が多いと熱せられて膨張してしまい、それによって袋が破裂してしまう恐れがあります。

コツは、袋に入れた後は重しなどを使って膨らみのない状態にしておくことが大切です。

それが終わったらお湯をケトルなどで沸かすんですが、極端な高温でなくても溶かせるので沸騰させる必要はありません。

これで基本的な準備は完了。あとはお湯に袋を入れて放置するだけです。

放置する最適な時間は結晶化の状態などで異なりますが、だいたい30分を目安にすればよいでしょう。

終わったらお湯から袋を取り出しますが、やけどするほど熱くないはずですが、心配な場合はお湯を捨ててから行うと安心です。

次に袋から容器を取り出して、中身の状態を詳しくチェックして、もし固まったままなら、この手順をもう一度繰り返してみてください。

前回よりもお湯の温度を少し上げると良いでしょう。

湯煎をしない方法「PG や MCT オイルを使用」する

いくら湯煎をしても解決しない場合や、そもそもお湯を沸かす手段がない場合も諦めることはありません。

ベイパーなら誰しも知っている方法で、問題を解消する選択肢も残されているからです。

そこでポイントになるのはCBD リキッドの成分に注目することです。

これらは一定の条件を満たす物質に溶ける性質があります。

とはいえ、どれに溶かしても良いというわけではなくて、安全性の高さを重視して、体への悪影響が少ないものを選択する必要があります。

いろいろと存在しますが、一般的によく用いられているのはPGとMCTオイルの2種類です。

前者は馴染みがないかもしれませんが、後者はココナッツオイルと同じと考えても構いません。

どちらも本商品と同系統の商品原材料としてよく用いられるもので、、カラダへの害が大きなものではないと分かるでしょう。

これらにしっかりと溶けてくれるので、固まっているなら容器に注いでみると良いでしょう。

もちろん注いだ分だけ薄まってしまうので、様子を見ながら足していくことが大切です。

溶けたとしても濃度が低くなりすぎて効果がなくなると本末転倒になってしまいます。

また、入れても瞬間的に溶けるわけではないので、しばらく観察することも大切です。

ちゃんと保管してますか?最後まで美味しく吸いきる方法

CBD リキッドの保管方法

CBDリキッドの保存方法にこれといって特別なことはなく、20度以下くらいの温度の直射日光の当たらない場所に、ちゃんと蓋をしめて保管しておけば通常は問題ないでしょう。

しかし、CBDリキッドは、分離や結晶化が起こってしまうことがあります。

分離・結晶化すると、ドロドロになったり容器にこびりついてしまったりして、使い物にならなくなったりします。

CBDリキッドはけして安いものではありませんから、そんなふうになって使えなくなるのはもったいないです。

もし万が一分離や結晶化が起きて使えなくなっても廃棄するのはもったいないです。

そういう場合は、お湯などにつけてやると結晶化したCBDリキッドが再び溶けて使えるようになるでしょう。

お湯につけて溶かす場合は、容器を直接お湯につけたりするのではなく、袋などにいれて、ケトルなどにつけてやりましょう。

また、お湯はそんなに沸騰させる必要はありません。ちょっとぬるいくらいでも結晶は溶かすことができるはずです。

もっとも、お湯で結晶を溶かしたりするのは面倒な作業ですから、CBDリキッドは結晶化するまえにどんどん使ってしまうのがおすすめです。

毎日のように吸えば、保存方法にあまり神経質になる必要もありません。

RDAで早めに吸いきってしまおう!

テルペン配合 CBDリキッドは、長期間使わないで放置していたりすると、結晶化したりして面倒ですから、買ったらなるべく早く吸いきってしまいましょう。

CBDリキッドを使うなら、RDAを使う吸い方がおすすめです。

なぜRDAがおすすめかといえば、温度管理機能があるためCBDを効率よく摂取できるからに他なりません。

温度管理機能があるので、CBDの沸点より温度を上げ、さらに燃焼点を超えないという微妙な設定が可能になるのです。

例えばテルペン類が含まれるフルスペクトラムなら215℃以上から225℃くらいまでの設定にしてやると、CBDをとても効率よく摂取することができるようになるでしょう。

リキッドの漏れが少ないというメリットもあります。少ないというか、そもそもコットンに染み込ませますから、漏れる心配などありません。

CBDはわりと効果な商品ですから、漏れたりこぼしたりしてしまうと非常にもったいないです。

なるべく無駄のない効率的な方法で摂るのがおすすめでしょう。

また、RDAは長く使えるのも良い点です。

本体が壊れない限りはずっと利用することができるため、コストパフォーマンスに優れています。どんどん毎日吸って、使い倒していきたいところです。

関連記事:

中身が変色しないように気をつけること

 

CBD リキッドは飛行機に持ち込める?

CBD リキッドは飛行機に持ち込める?

CBDリキッドは数滴摂取するだけでリラックス効果をもたらせてくれるとても便利なアイテムで、旅行の時に持って行くと重宝します。乗り物が苦手な方でも、少しだけ摂取することで精神を落ち着かせてゆったりした気分で過ごすことができます。

飛行機で旅行する時に注意すべき事は、飲み物・化粧水・香水などの液体を機内に持ち込むことができないケースがあることです。

鉄道を利用した旅行に慣れている人であれば、うっかりペットボトルの飲料をバッグに入れているだけでも保安検査に引っかかって機内持ち込みができない場合があります。

CBDリキッドは容器に入れられた液体なので、飛行機で移動する時に機内持ち込みができるかどうか心配になる方がいるかもしれません。

日本の法律では、一定量以下の液体で禁止されている一部の品目でなければ機内に持ち込むことが可能です。

CBDリキッドは内容量が10~15mlと規定値以下で安全性に問題がないことから、国内線であれば問題なく機内持ち込みが可能です。

ただし海外では日本とは違う法律が適用されるので、飛行機の機内に持ち込むことができない恐れがあります。

場合によっては、保安検査で指摘を受ける恐れがあるので注意しましょう。

関連記事:

税関で止められる前に知っておきたいこと

液漏れしないように、フタはしっかり閉めておきましょう

日本国内では法律の規定により、1容器あたりの内容量が500ml以下で1人につきトータルで2L(2,
000ml)以下であれば液体を飛行機の機内に持ち込むことが許されています。

vape用CBDリキッドは容器のサイズが10~15ml程度と非常に小さいので、トータルで2Lを越えなければ問題なく飛行機の機内に持ち込むことができます。

CBDリキッドを機内に持ち込む際は、注意すべきことがあります。

国内線であれば国際線のように液体を入れた容器を透明なプラスチック袋の中に入れてパッケージングする必要がありませんが、液漏れをしないように対策を講じなければなりません。

しっかりフタを閉めておき、液漏れを起こしたりニオイが周囲に漏れることがないようにしておきましょう

vape用CBDリキッドは揮発性が高く、微量でも漏れてしまうと周囲にニオイをまき散らしてしまう恐れがあります。

保安検査の際に一目で内容物がわかるようにするために、別の容器に移し替えたりラベルを隠すといったことをしないようにすべきです。

購入時と同じ容器に入れるようにして、保安検査場を通る前にフタを確認して液漏れを起こしていないかどうかをチェックしておきましょう。

関連記事:

ちゃんと保管してますか?最後まで美味しく吸いきる方法

 

補足・CBDグミが税関で止められるケースが多発!

2019年に日本でも解禁となったエディブル(食べられる)CBDグミが、税関で止められるケースが頻繁に起こっています。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

日本の規格にあった製品でも、です。

つまり、違法成分を含まないものでも、国際線のチェックで止められる、または没収されてしまう可能性があります。

国内線は問題ありませんが、海外から持ち込む際は注意が必要です。

持ち込む場合は、購入店に証明書を出してもらい、税関に提出しなければダメです。

詳しい理由は正直わかりませんが、国際線への持ち込みはより一層気をつけておきたいところです。

 

ここらへんのCBDの詳しい情報は、Vapemania(ベイプマニア)が一番参考になりますよ。おそらく日本一の情報量です。

 

ベイプマニアで詳細を確認する

 

CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

CBDリキッドを吸いすぎても焦らなくてイイですよ

CBD リキッドは、蒸気化させて吸い込みますが、吸いすぎると咳き込むことなどがありますが心配ないです

万が一吸い過ぎで気分が悪くなった場合には、焦らずに安心して横になっていれば気分は改善します。

CBDリキッドは、吸い方によって上手にCBDを摂取できないこともあるので、正しく摂取することが大切です。

CBDリキッドを吸いすぎる事に不安を感じることもありますが、実はCBDリキッドを吸う場合、蒸気化して肺に溜めることがポイントとなります。

そのためCBDを可能な限り肺に溜めるようにします。

吸い方のポイントは、吸い込み過ぎにならないように空気を吸える状態を残す必要はあります。

1度に沢山吸い込むというよりも、何回かに分けて吸うほうがCBDを余すことなく摂取することができます。

パフボタンから指を離すと同時にドリップチップから口を離すと、水蒸気化したCBDがデバイスに残ってしまいます。

そのためパフボタンから指を離した後も息を吸い続けます。その際、息を吸い込むことができる半分くらいの量を吸い込むようにします。

肺に半分くらいの余力を残し、できるだけ息を止めて蒸気を肺に長く留めます。

苦しくなったら息を吸いますが、息を吐き出さないようにすることがポイントです。

可能な限り息を吐かないようにする事でCBDを余すことなく血液に乗せて摂取することが出来ます。

続きを読む

運転するときは吸わない方がイイですよ〜

CBDリキッドを吸ったあとに運転しない方がイイ理由

薬や処方箋に頼りたくない人達に愛用されているCBDリキッドは、天然成分のみで作られているので、客観的にも安全性が高いサプリメントです。

「カラダに取り入れるものはオーガニックなものを選びたい!」という人も多いので、そういった人達にも広く受け入れられています。

WHO(世界保健機関)でも安全性が認められていて、基本的には副作用はないとされていますが、

ついに世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を認めた!

運転をする時には注意が必要です。

続きを読む