CBDの基礎知識

CBDって「よくない」イメージがあるけど海外では人気のサプリ!

どうしてCBDってよくないイメージがあるのか?原材料に麻(ヘンプ)を使っているから

CBDは日本ではよくないイメージはあり、まだ認知されていませんが、海外では注目されている成分です。

身体に高い健康効果を与えることから世界中で注目されており、医療現場や気軽に購入できる製品が販売されているので誰でも気軽に購入することが可能です。

よくないイメージを与える理由のひとつに、原材料に麻を使っていることが考えられます。

日本で原材料が麻を使用したものはマイナスのイメージがもたれることはあり得ます。

そのため安全性が気になるという人も少なくないでしょう。

CBDは麻に含まれる成分のひとつで、医療への効果などが期待される有効成分です。

日本で麻の成分というとドラッグなどネガティブでマイナスなイメージがありますが、この成分は麻に含まれる成分の中でも精神作用がない化学物質です。

麻は人が栽培した最も古い作物のひとつで、繊維をとるために古来より重宝されきました。

一部では精神作用の部分が問題視されていますが、精神作用を引き起こさずに健康効果が期待できる成分として世界で注目されている成分でもあります。

麻に含まれる活性化合物のなかで、体内のカンナビノイド受容体を刺激する神経伝達物質をカンナビノイドといって、植物性と内因性があります。

植物性のカンナビノイドは麻のみに含まれ、内因性カンナビノイドは人の体内で生成されます。

植物性カンナビノイドには2大成分のTHCとCBDです。日本でよいイメージがないのはTHCです。

THCは悪い部分ばかりではなく、ストレスやうつの軽減、痛みの緩和などの医療効果が期待できるものですが、THCは精神に強く作用する物質で、カフェイン程度の依存性がある物質でもあります。

2つの成分の大きな違いは精神に作用するか否かという点にあります。

CBDは多幸感を感じることはなく、様々な医療効果を得ることができる物質です。

よくないイメージがあるCBDですが、抗炎症作用や抗酸化作用、神経保護作用という医療効果があります。

抗炎症作用は、脳と身体の両方の炎症を鎮めたり、予防する働きが期待できます。

直接作用するだけではなく特定の受容体の働きをブロックするなど間接的に症状を緩和することが期待できます。

抗酸化作用では、抗酸化ビタミンの代表とも言えるビタミンCやビタミンEよりも強力であることが分かっています。

また脳を保護する神経保護物質の働きもあるため、脳と神経系への損傷を軽減するなどの効果により様々な神経疾患の予防や進行を抑制することが期待できます。

WHOは2017年に公衆衛生上の問題も汎用の危険性もないと報告

CBDには健康効果が期待できるので世界で注目されている成分ですが、副作用は気になるものです。

基本的に安全性の高い物質で、世界では多数の臨床実験や研究が行われており、論文も公表されています。

化学的な根拠を元にWHOは、2017年に非常に安全で幅広い容量で忍容性が良好であり、公衆衛生上の問題も汎用の危険性もないという報告があります。

WHOの報告での忍容性とは、副作用の程度を示す製薬や医療業界の専門用語で、副作用が殆どなく副作用があっても非常に軽いということを意味しています。

実験でも最大1日1500mgを長期間摂取しても、副作用が起こらなかったというデータや、アメリカの国立がん研究所では、過剰摂取によって死亡することはないという結果もあります。

CBDは副作用は殆どなく安全な成分ですが、副作用は全くないというわけではありません。副作用には頭痛や薬物間相互作用、発がん性物質などが考えられます。

頭痛は質の悪い商品を使用した場合に起きる可能性があります。

薬物相互作用は、複数の薬物を併用した時に有害な作用が起こることで、どの薬を服用する時にも起こることですが、抗生物質や抗てんかん剤、ステロイドや抗ヒスタミン薬などの薬や他の薬を複数飲んでいる場合には、薬の相互作用をかかりつけの医師に相談することが必要です。

発がん性物質は、リキッドなど電子タバコを使用して摂取する場合には、使用する成分の成分をしっかりと確認することが大切です。

製品のなかには加熱することで発がん性のある有害物質に変わるものもあるので摂取は避けるにようにします。

CBDには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

デメリットには、実感するのは個人差がある点です。同じ製品を同じ量摂取しても、効果時間が異なったり、実感できる人もいれば実感できないという人もいます。

これは多くの健康食品やサプリメントにも言えることですが、誰でも同じように使用しても誰でも同じように効くものはないということを考えておくと良いでしょう。

選び方が難しいこともデメリットです。日本国内で生産されていないので、国内の検査機関を経て販売されているものはありません。

そのため成分表記などは外国語表記のものが大半なので、良い製品であるかの見極めが難しいです。

日本国内では医療用として認められていないので、自分の抱えている身体のトラブルにCBDの効果的であっても、仕事中などに使用することが難しいです。

医療目的で使用したいと思っても、法律上使用できないので、これもデメリットと言えます。

関連記事:

CBD(カンナビジオール)の副作用や違法性について

シービーディーは違法ではないけど信頼できる製品でなければダメ!

シービーディーは違法ではない!ただ信用のあるメーカーの商品でなければ安心できないよねって話

日本でも入手できるカンナビスオイルとかCBD(シービーディー)オイルと呼ばれるものは、使用をすれば精神の安定に役立つことが知られています。

でも原材料を確認すると、違法薬物と同じということで、使用をすることに不安を抱く人もいるでしょう。

実際のところ、それらの製品を使ったら警察に逮捕されるのかというと、その心配はないです。というのも、違法な薬物と大きく違う点があるからです。

相違点は違法薬物にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれていることで、それが異常なほどの高揚を感じる状態、いわゆる「キマる」原因です。

「キマる」という状態では多幸感やリラックス効果を感じていまるので、カンナビスオイル・CBDオイルにも共通する部分はありますが、それだけでは終わりません。

大量にTHCを含んだ違法な薬物を摂取すると、未成年は脳への影響が強くなり記憶力の低下が起こってしまう可能性があります。

このことから法律では、THCを成分とした薬物に対して厳しい規制をかけています。

一方でカンナビスオイル・CBDオイルはどうかというと、同じ植物が原材料でも、THCを含まない部分だけを使っています。

中毒症状や依存症が起きることはなく、日本で捕まってしまうこともありません。

むしろ、中毒症状や依存症に陥っているときには、改善する効果が期待できます。

法律に関する話題をするならば、販売されている商品で海外産と国内産となることにも触れたほうが良いでしょう。

海外産というのは成分の抽出から加工、パッケージまですべてを海外で作業したものです。一方で国内産ですが、国内で育てたヘンプを使うということは法律に反することなのでできません。

ですから、成分の抽出をしてつくった原料を輸入して、加工・パッケージを行ったものを国内産と呼んでいます。

一般的に国内産というと、すべてを国内でやっているイメージがあるかもしれませんが、法的にそれは無理なので別の方法がとられていることを理解しましょう。

ちなみに海外を見てみると、その優れた効果があるにもかかわらず法律で規制しているところもあります。

その流れを受けて将来的に日本でもなんらかの規制ができる可能性はゼロではありません。

それでも、現時点で法律で規制されていませんから、誰にも遠慮することなく100パーセント合法的に使用できます。

シービーディーを利用する際の注意・購入前に製造方法も確認!

CBD(シービーディー)のクリスタル(パウダー状になっている結晶)やリキッドを利用するときに注意するべきは、違法な成分であるTHCの混入です。

利用するのは、海外から輸入されたものとなるでしょうが、製造の段階でTHCが混入する可能性があります。

日本国内で製造されているのであれば、そういったことが起こらないように厳しく管理することもできるでしょうが、海外の工場で製造されたものは、どういう環境かわかりません。作業をする人の教育が徹底していなかったり、工場の設備などに問題があれば純粋なCBDの製造は難しいです。

たとえ、商品のラベルには、THCが入っていなかったとしても、それが正しい保証などありません。

しかも、人の目ではTHCが混入しているかどうかの区別ができるはずもなく、使った後に効果がいつもと違う事に気がついても手遅れです。

たとえTHCが混入していなかったとしても、異物が混入している可能性は依然としてあります。

その異物が、人体に影響がなければ問題はないのですが、そうとは限らないから厄介です。

ですから、よほど信用のあるメーカーの商品を信頼できるルートで輸入したのでなければ安心して利用はできません。

国内でCBDを販売しているお店で、信用を重視しているのであれば扱っている商品を検査してTHCなどが混入していないことを立証しています。

購入するお店を選ぶときには、そういった点をよく確認しておくほうが良いでしょう。

あと、気をつけなければならない点として、原材料である麻が有害な物質に汚染されている可能性があります。

なぜなら、麻は土壌から有害な物質を吸収する性質があり、土地の浄化にも役立つ植物だからです。

その有害な物質を利用する事なく廃棄するなら良いのですが、成分を抽出して人体に投与するとなれば問題です。

製造の段階では、有害な物質が濃縮されていきますからより危険度が高まります。

そういったリスクがわかっているメーカーであれば、抽出法に工夫をして有害な物質を除去しています。

購入するときには、どうやって製造されたのかを確認できると安心です。

そして吸引法によっては、別のリスクがあります。

それはリキッドを蒸気で吸うときに、使われている成分が熱せられると発ガン性物質であるホルムアルデヒドが発生するリスクです。

いくら精神が落ち着いても、それで病気になるのでは割にあいません。

ですから利用前にホルムアルデヒドに変化しそうな成分がないかを、よく調べておく必要があります。

関連記事:

CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

エピ ディオ レックスを個人輸入?可能性はあるが現実的ではない….

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はアメリカから個人輸入できる?日本国内で検査が完了しないと認可できない

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はカンナビノイド製剤としては初めてアメリカのFDAで認可された薬であり、これが今後の製薬の常識を大きく変えるものと注目されています。

その理由はカンナビノイド製剤は世界の多くの国で違法薬物と指定されている薬剤と同じ成分から抽出されるものであるため、人体に対する影響が問題視されることが多いものでした。

しかし最近では抽出方法も非常に正確となっており、同じ違法薬物とは全く異なる性質を持ち医療分野でも様々な方面で役立つものと期待されています。

今回アメリカのFDAがこの薬品を承認したことにより、その動きは今後世界の様々な国で広がるのではないかと期待されているのです。

しかしこの薬品をアメリカから個人輸入しようとした場合には、なかなか難しい状況になると考えられます。

1つは米国の厚生労働省とも言われるFDAが採用したのが最近であるため、日本の厚生労働省がこれに追従できないのではないかと言う問題です。

日本の厚生労働省では海外の医薬品がその国で承認された場合であっても、日本国内で一定の検査が完了してからでないと認可をすることができない仕組みとなっているのが特徴です。

1部には個人輸入をすることができるものもありますが、このような薬の場合には基本的には医師の処方のもとで使用することができる薬であることが前提であり、現在のエピ ディオ レックスはこの条件をまだ満たしていないと考えられるためです。

エピ ディオ レックスはてんかんの治療に効果的な医薬品であると言われており、CBDが精神的なリラックス効果があることからこれを応用して開発された薬品となっています。

日本国内ではてんかんの治療薬は大塚製薬が独自の研究開発により既に開発を行っており、これは一般的には医師の処方のもとでよく利用される薬となっていますが、新薬であるためその価格が非常に高額であることが問題となる場合が少なくありません。

てんかんは精神的な病気であるためその効果を期待する人も多いのですが、日本国内では薬剤にかかる費用が非常に高いためになかなか効果的な治療を受けることができない状況にあります。

そのため、非常にエピ ディオ レックスに対する期待も大きくなっていますが、現場の日本の様々な薬に関する法律の下では使用することが非常に難しく、そのため個人輸入をする事は非常に難しいのが現場です。

そのため現在では、大塚製薬が販売する薬品を使用することが唯一の手段となっています。

日本の代理店から通販する方が安心・含有率でいえば PharmaHemp 社の 12%CBD オイルと同じ

エピディオレックスは非常に効果的な医薬品であると期待されていますが、現場では個人輸入であっても日本国内に持ち込む事は非常に難しいのが実態です。

そのため、個人輸入をする事は非常に困難な状況となっていますが、既に存在している日本の代理店から購入すると言う方法が非常に有効に利用できる可能性があります。

この代理店では様々なCBD製品を取り扱っているため、その中の1つとしてエピディオレックスに相当する成分を持ったものを購入することが可能となっているのです。

エピディオレックスはてんかんの治療薬として認可をされていますが、実際にはその成分はCBDの成分と同様であり、含有率で言えばPharmahempの12%のCBDオイルと同じ位のものとなります。

そのためこれを購入することで同じような効果をもたらすことができる可能性があるのです。

CBDオイルは日本国内でも安全性が確認されており個人輸入することが可能であるため、この方法を利用すれば本来のエピディオレックスが手に入りにくくても比較的簡単に手に入れることができるのがポイントです。

最近では様々な医薬品が、個人輸入サイトを利用して簡単に手に入れることができるようになりました。

日本の厚生労働省では薬局などで販売することはできなくても、個人が自分自身で利用する場合に限って一定の検査を行った薬剤に関しては輸入をすることができるようになっています。

そのため様々な医薬品が日本でも手に入れることができるようになっているのですが、CBDを応用したカンナビノイド製剤に関してはまだそのハードルが高いのは実態となっているのです。

これは日本が違法薬物に対して非常に厳しいと言う文化もあり、様々な医薬品に関してその認可が非常に厳しい基準のもとで成り立っていると言う背景もあります。

しかし治療には使用されない前提のオイルの場合は、あくまでも違法薬物としての成分が含まれていない前提ではその個人輸入を制限する要素がありません。

医薬品を個人輸入する場合には様々な制約がありますが、そのような制約がない様々なものの場合は比較的自由に購入することができるのが特徴です。

そのため、Pharmahempのオイルがカンナビノイド製剤であるエピディオレックスとほぼ性質が似ていることや、その成分が同等であることから同じような効果を示すと考えられており、症状の緩和に非常に役立つものと考えられていることから、これを購入することが非常に効率的な方法と考えられているのです。

関連記事:

ファーマヘンプは違法ではない!第三者機関による品質検査も徹底

AZTECのCBDは違法?実際に使ってみたけど信頼性高め!

AZTECのCBDは違法?輸入時に数十種類の書類を関税に提出&厳しい審査を通過

最近イライラした気持ちがいつまでも続いていてリラックスすることができない、落ち着きがなくて毎日憂鬱な気分で生活している、夜になると寝付けなくなって寝不足の状態で仕事に向かうことが多い等、何か一つでも思い当たる症状が現れた場合にはぜひAZTECのCBDを使用してみましょう。

CBDという言葉を始めて聞いた方も多いと思いますが、簡単に説明すると、アメリカやヨーロッパを中心に人気を集めているサプリメントの一種になります。

使用されている成分の中に日本では禁止されている薬物性の高い草が含まれているため、口コミなどで違法性があるのではないかと噂されてしまうこともある商品でした。

しかし、そんな噂を気にする必要は全くないほど合法的に輸出されている商品で、イギリスで誕生した信頼性の高いAZTECの商品だけを積極的に輸入して販売しているので、厳しい検査を通過してきた合法的な商品であることは間違いありません。

どうしてそこまで信用できるのかと言うと、AZTECの商品は全て輸入時に数十種類の書類を関税に提出している背景があり、厳しい審査を通過したものだけを安全に販売するように義務付けられているため、国からの正式な許可を得ていると言う大きな強みがあるからです。

海外からサプリメントなどを輸出する際には国からの許可が必要になるのですが、日本の基準が世界に比べてもかなり厳しく設定されているため、輸入するには様々な審査が必要になるなど厳しい状況で置かれることが多いとされてきました。

このような行動は安心と安全を守るうえで非常に大切なことですし、私たちの健康を守るためにも有難い制度であることは言うまでもありません。

そして、100%合法であると証明された商品だけを買えるようになるので、海外製に対する偏見なども一切無くなってくるというメリットがあります。

また、度々中毒性について心配する声が聞かれたりしますが、CBDにはそのような問題は一切ないと言われており、度重なる研究を行ったうえで販売されているので安心することができるでしょう。

心が落ち着かなくて何も手に付かないと悩んでいる方には非常におすすめできますし、なかなか治すことのできない不眠症の改善にも大きな期待ができるのでぜひ利用してみてください。

違法は商品ではないので値段もかなり手頃に販売されていたり、一度使うだけで驚くような効果を実感することができるので、気になる方は積極的に購入してその効能を確かめてみて欲しいと考えます。

AZTEC社のCBDリキッド、CBDワックス、CBDカートリッジ・おすすめは断然ワックス!

イギリスが開発したAZTEC社のCBDについてですが、購入できる商品にはCBDリキッドやCBDワックス、CBDカートリッジなどの3種類があります。

どれも非常に素晴らしい商品となっていますが、なかでも特におすすめしたいのがCBDワックスかもしれません。

なぜかと言うと、直接舐めるなどの使用方法が一般的とされているのですが、ワックスになっているので肌に塗って使用することができるなど利便性に優れているからです。

また、どの種類よりも一番吸引接収効果が高いと言われていて、絶大な効果を実感することができる最強のCBDと言われているので買って損することはないでしょう。

専用デバイスに入れて使用するだけで誰でも簡単に始めることができるので、初心者の方であっても問題なく使うことができるなど安心感も抜群です。

使用するタイミングについては特に決められていることは無いですが、基本的には自分が使用したいと思えた時に使うのがポイントになります。

アステカのCBDワックスには、リラックス効果の高い有効成分が高濃度に配合されているため、仕事中に強い眠気を感じた際にさっと舐めることも可能ですし、朝起きて着替える前に少しだけ肌に塗ることもおすすめの使用方法です。

こうしなければならないという決まりは一切ないので、自分の気分に合わせて上手に活用するように心掛け、毎日憂鬱な気持ちでいる心の問題を解決させていけるようにしていってください。

最初は慣れないことも多いかもしれませんが、毎日使用し続けているとコツなどが分かるようになってきて抵抗感も無くなるので、上級者になってくると一日に数回使用できるようになるなどペースも上がってきます。

そして、アステカのCBDワックスを購入するメリットについては、種類の中でもかなり最強と呼ばれている成分を高濃度で取り入れることができる点、コストパフォーマンスが良いので家計の負担になりにくいところ、効果を実感する割合が高いので初心者でも安心して使える点にあると言えます。

今では生活必需品となっている方も現れるようになっているほどなので、どうしても気分を変えることができずに悩んでいるのであれば、恐がらずに購入して使用してみることをおすすめしますし、安全に購入するためには便利な通販サイトを利用してみましょう。

正規品を買うためには楽天の販売代理店を利用するか、CBDMANiAと言うお店を選択するのがベストです。

値段も比較的お手頃になっていますし、日本で一番安全に購入することができるので心配せずに買い物ができます。

CBDオイルは怪しい?WHOが医療的な有用性を認めた!

CBDオイルは怪しいってイメージがある?WHOによって医療的な有用性が認められた!

CBDオイルという名前は知っているけれど、詳しい特徴を知らないという人は少なくありません。

どちらかと言えば、怪しいというイメージを持つ人が多いですが、実はこれは怪しいものではないです。

2chのような口コミ評判を知ることができるサイトでやばいと言われることが多いので、危ないものだと勘違いしてしまう人は多いと言えます。

ですが、このやばいには危険という意味はなく、期待していたよりも効果が良かった、思っていたより使い勝手が良かったなどの意味が込められているので、危険なものではないと知っておくと良いです。

この製品はもともと海外で使用されることが多かったものですが、需要が高まるにつれて多くの会社が販売するようになりました。

そのせいで、表示している成分と違う成分を含んだ製品を販売しているような会社も出てくるようになっています。

こういった危険な販売会社があるのであれば使用することが危険だと思うかもしれませんが、信頼できるメーカーで購入すれば問題ありません。

日本から購入する場合は、きちんとした代理店を活用すると良いです。

個人輸入通販サイトなどを利用すると安価に入手することができますが、本来の成分とは違った成分が含まれる可能性があることを理解しておきましょう。

CBD自体が本当に安全なのだろうかと心配になる人もいるかもしれませんが、これ自体に毒性があったり使用することで副作用が起こったりすることはないです。

寧ろ継続して使用することで良い効果が得られることが分かっており、その有用性はWHOも認めています。

WHOによって行われた調査の結果、医療的な有用性があることが示され、具体的には生理痛や不眠症、喘息などの様々な症状に対する効果が期待できるとされていることを知っておきましょう。

これ以外にも集中力を高めたり気持ちを落ち着けたりする効能を期待することができ、使用することで種々の症状を緩和することができるものだと言えます。

日本はCBD製品について後進国だと言えるので、正しい知識を持っていない人が非常に多いです。

CBDは嘘だらけ!!??エビデンスと実体験から暴露

その結果、悪いイメージを持った人がそれをSNSなどで発信してしまい、他の人まで危険なイメージを持ってしまうという悪循環に陥っています。

怪しいというイメージを持っているかもしれませんが、CBDオイルは信頼できるメーカーで買えば何も心配することがないので、興味がある人は積極的に使用してみても問題ないです。

続きを読む

CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

CBD製品の中でもちょっと怪しいイメージがついて回る電子タバコ用リキッド。

タイやマレーシアでは電子タバコそのものが違法ですし、日本でもCBDのイメージから「怪しい」と感じてしまう方も少なくないかもしれません。

結論から言うと電子タバコ用のCBDオイルリキッドを購入しても違法性に問われることはありません

ただ、それでも不安って方のために「どうして違法性について不安に感じる人が多いのか」「日本でも捕まらないという根拠」「通販する際の注意点」などをご紹介していこうと思います。

 

CBD(電子タバコ)の違法性が心配な方はコチラから

(国産で安心のプラスウィード公式サイトへ)

 

続きを読む

CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

 

陰部ではなく肌に塗るのが一般的・CBDクリームはコチラ

 (CBDMANIA公式サイトへ)

CBDオイルは陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するもの

CBDオイルはてんかんやガンなど、多くの病気に対して有効な薬理作用があるため、健康面にも有益なオイルといわれています。

しかし、このオイルの作用はそれだけではなく、強いリラックス効果を得ることも可能です。

この程よいリラックス効果の作用は、眠れないときや極度に緊張してしまって眠れないときなどに有効な作用ですが、それだけではなくパートナーとのセックスにも有効だと好評となっています。

自律神経のバランスを整えることにより、パートナーとのセックスに落ち着いた状態で臨めます。

一方、CBDオイルをセックスのときに使用すると聞くと、使い方を勘違いしてしまう方は少なくありません。

このオイルは、基本的に飲むことによって効果が現れます。ローションや何か潤滑用のオイルなどのように陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するものです。

ただ、塗る場所によって多少なり効果が得られる場合もあります。

基本的には飲んで摂取することによって作用が現れますが、口周りなど体内にオイルが吸収されそうな箇所であれば、アルコールなどと同じく効果が現れる可能性も考えられます。

ですが、効果を確実に得たい場合はCBDオイルを飲むよう心がけましょう。

続きを読む

CBDは大量 摂取しても致死量に達することはない!

こんなことで悩んでいませんか?

身体的な疲労感や心のモヤモヤや精神的なストレスが常につきまとい

  • スッキリしない

夜になると色々と考えてしまい漠然とした不安が襲ってきて

  • 眠れなくなる

頭痛やだるさや食欲不振や頻脈やめまいや動悸など原因がはっきりしない

  • 体調不良に見舞われる

気力や体力やエネルギーやバイタリティーが失われていく感じで

  • 全くやる気が起こらない

イライラしたり涙もろくなったり怒りっぽくなったり気分が落ち込んだり

  • 情緒不安定になりがち

などの不調に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、麻の茎や種子から抽出されるカンナビジオールという成分が配合されたCBDのオイルやリキッドです。

CBDを大量 摂取すると?1日1,500mg摂取しても身体に害を及ぼさない

カンナビジオールは日本国内において合法的な使用が認められている成分で、大量摂取しても致死量に達することはありませんし、一日1500mg摂取しても体に害や悪影響を及ぼさないということがわかっています。

中毒症状や副作用などを気にすることなく、安全に安心して摂取することが出来る危険性の少ないものです。

サプリメント的な感覚で気軽に取り入れることが出来ますので、心療内科や精神科で精神安定剤や睡眠薬や抗うつ薬などを処方してもらうことに抵抗感を抱いている方にもおすすめです。

まずは少量から始めてみて、徐々に増やしていき適量を見極めましょう

CBDのリキッドやオイルを摂取すると蓄積され、カンナビジオールの成分が3~5日間程度体内に残ります。

効果のあらわれ方には個人差があり、成分がすぐに排出されて体内に残りにくい人もいますし、どんどん蓄積されて成分が長く体内に留まる人もいます。

体調や使うタイミングなどによっても実感力は変わってきますので、摂取する量や使うタイミングを変えたりして自分の体にぴったり合う適量や使うベストタイミングを見極めるということが、CBDを用いるうえで重要なポイントとなります。

舌に垂らして使用するオイルタイプと電子タバコで気化して蒸気を吸うリキッドタイプがポピュラーですが、オイルタイプの方は効き目がゆっくりで効果が長持ちするという特徴があり、リキッドタイプの方は吸収がはやくて即効性が得られるという特徴があります。

両方使ってみて、効果の実感力が高くて使用感が良い方を選びましょう。

CBDは安全性が高くて副作用や中毒性の心配が無いアイテムですが、だからといって過剰摂取するのは絶対にNGです。

まずは少量から始めてみて、徐々に増やしていき適量を見極めるという方法がおすすめです。日常生活の中に上手に取り入れて、心と体のコンディショニングに役立てましょう。

関連記事:

CBDを「一気飲み」しても大丈夫?科学的にも問題ない!

ファーマヘンプは違法ではない!第三者機関による品質検査も徹底

CBDリキッドやオイルは近年話題となっていますが、違法性があると思われがちな部分があるのも事実かも知れません。

合法なのかどうかをはっきりと分からないまま使用するのは不安な点もありますので、しっかりと安全性を確認して購入する事が大事です。

 

ファーマヘンプと比較しておきたいCBDリキッドを見てみる

(プラスウィード公式サイトへ)

 

ファーマヘンプ製品は違法ではない!第三者機関による品質検査も実施

様々なブランドからCBDリキッドが発売されていますが、その中でも人気のある安全なブランドが「ファーマヘンプ」です。

この会社はスロベニアを拠点とする会社で、最高級のCBDの生産と販売を手がけているのが特徴です。

2011年創業という業界でも老舗に入る実績があり、革新的技術を活用して幅広い製品を健康市場に販売しています。

このファーマヘンプは家族経営の会社ですので、作物の栽培から流通までワンストップで関わっているのが見逃せません。

栽培するための土壌選びにもこだわりを見せていますので、安定した高い品質で世界に流通する事ができるのです。

また第三者機関においての品質検査も実施していますので、安全性もしっかりと証明されているのが特徴です。

もちろん違法な成分は含まれていませんので、安全なCBDリキッドを購入したいという方はこのファーマヘンプの製品を選択するのがおすすめです。

最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

続きを読む

CBDオイルは怖い?やめたいときにやめられる頼りになるサプリ

CBDオイルを使い始めたばかりの人や興味がある人は、「依存性」があるのではないかという点を気にしているようです。

あまり知らないものに対して恐怖を覚えることは仕方がないことですが、はじめから伝えておくとCBDオイルには依存性のある作用はありません。

CBDオイルは「怖い」?慣れてしまえば日常生活の一部になりますよ

安全性の高いサプリメントのためキマることはないし、「怖い」と恐れるようなものでもありません。

有名なアスリートも使用し、効果を発揮するほどのサプリメントなので安全性は確証済みです。

その結果スポーツをしている人は年々、CBDオイルを利用している人が増えてきています。ネットなどでも使用している芸能人が、写真などをアップして効果を伝えているので知名度も上がりました。

中毒性においては、お酒やたばこの方が中毒性は高く依存しやすいとされていて、そのことは医学的にも証明されています。

勘違いしている人もいますがCBDに関しては所持すること、使用することは日本でも問題はありません。

飲み方、使い方次第でより効果を発揮するので上手く付き合っていくことで良さを体感することができるでしょう。

効果の出る飲み方などは少し特殊かもしれませんが、慣れてしまえば日常生活の一部としても取り入れられます。

やめたいときにやめられるものなので、気軽にはじめてみましょう!

日本では浸透してきましたが、まだ海外のように知名度は高くありません。

そのためCBDオイルは依存性はありませんが、やめたときに起こる身体の状態を心配する人もまだまだ多いようです。

効果が切れた場合でも気だるさや疲労感が襲うことのないのがこのサプリメントです。結果を伝えると、使用を突然やめたとしても体調が悪くなるということはありません。

とくに今までもやめたせいで状態が悪くなったという事実はないです。

CBDオイルは検証によるとコーヒーよりも依存性が低いとされているサプリメントです。これを聞くといかに安全なものかということが伝わるでしょう。

コーヒーをやめても何も異常が起こらないように、CBDをやめても何か起こるということは確率的にもほぼないと言えるでしょう。

自分に合った方法で使用している限り何も心配をすることなく効果を発揮してくれる存在です。恐れるべき存在ではなく、身近な頼りになる存在なのです。

効果を発揮させたいときに使用でき、やめたいときにやめられるものなので、気軽にはじめることもできます。

安全性の高いサプリメントなので、危険性や恐怖を感じる点はありません。合わないと思ったらやめたら良いだけです。