CBDの基礎知識

サティベックスの個人輸入はできない!将来的には可能性アリ?

サティベックスの個人輸入はできないので注意!サティベックスとはどんなもの?

サティベックスは日本でも注目を集めていますが、個人輸入はできないです。

サティベックスとは多発性硬化症の豚痛治療薬で、イギリスの大手製薬会社GW社が開発しています。

サティベックスの主成分はCBDとTHCで、液体を口腔内にスプレーして使用します。

日本では薬事法に違反するため承認されず、海外からの輸入も近視されています。

サティベックスを開発したイギリスのGW社は創薬ベンチャー企業で、1998年にイギリスで医薬品製造の免許を取得しています。

医薬品の開発には多額の資金が飛鳥で、様々な臨床試験を行って市販に至るには長い年月がかかります。

GW社は2001年6月にロンドン証券取引所で株式を公開し、世界で初めて天然由来のCannabinoids医薬品を発売します。

アメリカでは日本の大塚製薬が独占販売権を持ち、他にも様々な一流製薬会社がGW社のパートナー企業になっています。

多発性硬化症患者の疼痛や過活動膀胱などの症状を緩和するサティベックスには、様々な特徴があります。

液化二酸化炭素を使用して、乾燥した植物から成分を抽出します。

抽出した成分にエタノールや医薬品添加物、ペパーミントなどを加えて小型スプレーに封入しています。

舌下型スプレーなので使いやすく、1回で必要量を正確に噴射できます。

患者によって必要量が変化するので、自分に合った回数を決めて使います。

目安は1度に4回から8回程度で、摂取すると15分から40分後には効果が発現します。

1日に使用するスプレー回数には上限があり、1日12回まで使えます。

THCだけでなくCBDも入っているので、余計な酩酊はないです。

医薬品なので植物性原液の規格が決められ、品質が保てるように厳しく管理されています。

国際的な基準に準じた天然由来の医薬品は、THCとCBDの組み合わせによって様々な疾患に対応できます。

日本では価格が高い医薬品を個人輸入代行会社を利用して安く購入する人が増えていますが、輸入を禁止されている医薬品は購入できないので注意が必要です。

GW社ではCBDが主成分のEPIDIOLEXも製造していますが、EPIDIOLEXはアメリカ食品医薬品局に認可されています。

現時点では日本での購入は無理ですが、合法になれば将来的に輸入できる可能性はあります。

日本で医薬品の個人輸入を検討している場合は、地方厚生局に必要な書類を提出して証明を受ける必要があります。

最近は個人輸入代行会社を利用する人も多いですが、医薬品の個人輸入は自己責任になります。

続きを読む

CBD リキッドの危険性は?持病がなければ基本的に安全

CBD リキッドの危険性について・持病がなければ用量を守っている限り安全

CBD リキッドは、世界中で使用者が増え続け市場も急拡大しています。

日本でも徐々に使用者は増え市場も広がりつつありますが、一般にはまだまだ浸透していません。

それどこから依存症や毒性などの危険性があるとイメージする人も多く、間違った知識が広がっている状況です。

CBDは、植物から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる成分です。

現在100種類以上が確認されていますが、研究が進んでいるのはCBDを含めても数種類のみとまだまだこれからとなっています。

カンナビノイドには向精神作用、いわゆる気分をハイにさせるTHCと呼ばれる成分もあり、これが依存症などの危険性を指摘される理由になっています。

しかしTHCが含まれる製品というのは、日本では違法です。

法律に違反する成分ですから、国産のCBD リキッドには一切含まれていません。

国産の製品は国内で認められている成分のみを配合し製造されているので、依存性はありません。

逆に気分を高めてハイにさせるのではなく、落ち着かせる効果があると言われています。

一部には使用することによって目が覚める人もいますが、一般的には良質な睡眠に導いてくれるとされています。

使用後に興奮したといった報告もなく、気分が高揚して気持ち良くなったり、依存症となり手放せなくなるといったことはないので安心です。

CBD リキッドの危険性では、依存性とともに副作用も気になるかもしれません。

これまでの報告によると、CBD リキッドには重大な副作用はないとされています。

下痢や口の渇き、食欲の変化に強い眠気といった副作用は報告されていますが、どれも軽いもので重症化する恐れはありません。

ただし指定されている用量以上の使用をしてしまうと、重い副作用が発症してしまう可能性はありません。

具体的には用量を守らず大量に摂取した一部の患者では、肝臓の機能が悪化したとする報告があります。

現時点ではなぜ肝臓の機能が悪化した原因と、CBD リキッドの関係性は詳しくわかっていません。

しかしマウスによる実験では、大量投与した場合に肝臓の機能が悪化した実験結果が残されています。

ですから指定された用量を超える使い方をしたり、元々肝臓に持病を抱えている方は使用を避けるのが安全でしょう。

一部には重篤な副作用を引き起こす可能性はあるものの、用量を守っている限りは症状が重くなる可能性は極端に低いので、肝臓に持病がある方以外は心配する必要はありません。

続きを読む

CBD(電子タバコ)の害について・正規品ではない製品に注意

CBD(電子タバコ)の害について・違法取引された製品に含まれていた成分が原因

たばことは違い、電子たばこにはニコチンやタールがありません。それでも健康を害する人は一定数存在するので、CBDだからと言ってまったく危険性がないとは言い切れないです。最近の報告ではCBDでも肺に負担が掛かっているというデータも存在します。

電子タバコによる肺損傷の原因は、違法に取引された(CBD)リキッドに含まれていた「ビタミンEアセテート」だと言われていて、これが人体に悪影響を与えているという内容の報告です。

アメリカで死亡例が報告されたことは記憶に新しいですが、直接の原因はビタミンアセテートであって、CBDでもTHCでもありません。

それでもたばこと比較すると圧倒的に肺がんのリスクが低く、健康を損なう危険性は低いです。

ニコチンやタールが入っていないので息苦しさや眩暈のような症状が起こることもありません。

それでも近年になって健康被害が増えているのは、CBDに関して間違った知識を持っている人や、過度の頻度や量を使っている人が多いからです。

CBDは有害な成分が少ないのでどれだけ吸ってもOKだと思っている人が多いですが、微量でも有害な成分が入っていれば完璧に安全なものだとは言えません。

微量でも積み重ねれば大きなものになりますし、徐々に蓄積された有害成分は徐々に体をむしばんでいきます。

蓄積されたものをリセットすることができれば良いですが、健康面に悪影響を与えると言うことは人間の体はそれらの成分を受け入れることができません。

老廃物として排泄をしたり、代謝や分解をして違うものに変えることができれば良いですが、今のところそれは難しいです。

CBDはたばこよりも危険性は低いですが、過度に使用することは想定していません。

一日に何度も吸ったり、短い間隔で吸ってしまうと思わぬトラブルが発生することもあります。

一日に1回くらいの使用であればほとんど変化はないかもしれませんが、これが10回20回になると何かしらの問題が発生するはずです。

10回20回になると間隔もどんどん短くなっていくので、肺の機能は回復するための時間を設けることができません。

疲労がたまっている状態で動き続けていると誰でも体調を崩します。

それは内臓も同じで、負担をかけ続ければ必ず悲鳴をあげてしまいます。

それが肺炎や肺がんとしてあらわれます。今の研究ではビタミンEアセテートが問題視されていますが、もしかすると他にも人間の体に良くない成分が含まれている可能性はあります。

電子たばこと言えど、100%安全なものではないということを理解したほうが良いです。健康を意識するのであれば、電子たばこの使い方にも注目すると良いです。

続きを読む

CBDって「よくない」イメージがあるけど海外では人気のサプリ!

どうしてCBDってよくないイメージがあるのか?原材料に麻(ヘンプ)を使っているから

CBDは日本ではよくないイメージはあり、まだ認知されていませんが、海外では注目されている成分です。

身体に高い健康効果を与えることから世界中で注目されており、医療現場や気軽に購入できる製品が販売されているので誰でも気軽に購入することが可能です。

よくないイメージを与える理由のひとつに、原材料に麻を使っていることが考えられます。

日本で原材料が麻を使用したものはマイナスのイメージがもたれることはあり得ます。

そのため安全性が気になるという人も少なくないでしょう。

CBDは麻に含まれる成分のひとつで、医療への効果などが期待される有効成分です。

日本で麻の成分というとドラッグなどネガティブでマイナスなイメージがありますが、この成分は麻に含まれる成分の中でも精神作用がない化学物質です。

麻は人が栽培した最も古い作物のひとつで、繊維をとるために古来より重宝されきました。

一部では精神作用の部分が問題視されていますが、精神作用を引き起こさずに健康効果が期待できる成分として世界で注目されている成分でもあります。

麻に含まれる活性化合物のなかで、体内のカンナビノイド受容体を刺激する神経伝達物質をカンナビノイドといって、植物性と内因性があります。

植物性のカンナビノイドは麻のみに含まれ、内因性カンナビノイドは人の体内で生成されます。

植物性カンナビノイドには2大成分のTHCとCBDです。日本でよいイメージがないのはTHCです。

THCは悪い部分ばかりではなく、ストレスやうつの軽減、痛みの緩和などの医療効果が期待できるものですが、THCは精神に強く作用する物質で、カフェイン程度の依存性がある物質でもあります。

2つの成分の大きな違いは精神に作用するか否かという点にあります。

CBDは多幸感を感じることはなく、様々な医療効果を得ることができる物質です。

よくないイメージがあるCBDですが、抗炎症作用や抗酸化作用、神経保護作用という医療効果があります。

抗炎症作用は、脳と身体の両方の炎症を鎮めたり、予防する働きが期待できます。

直接作用するだけではなく特定の受容体の働きをブロックするなど間接的に症状を緩和することが期待できます。

抗酸化作用では、抗酸化ビタミンの代表とも言えるビタミンCやビタミンEよりも強力であることが分かっています。

また脳を保護する神経保護物質の働きもあるため、脳と神経系への損傷を軽減するなどの効果により様々な神経疾患の予防や進行を抑制することが期待できます。

続きを読む

シービーディーは違法ではないけど信頼できる製品でなければダメ!

シービーディーは違法ではない!ただ信用のあるメーカーの商品でなければ安心できないよねって話

日本でも入手できるカンナビスオイルとかCBD(シービーディー)オイルと呼ばれるものは、使用をすれば精神の安定に役立つことが知られています。

でも原材料を確認すると、違法薬物と同じということで、使用をすることに不安を抱く人もいるでしょう。

実際のところ、それらの製品を使ったら警察に逮捕されるのかというと、その心配はないです。というのも、違法な薬物と大きく違う点があるからです。

相違点は違法薬物にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれていることで、それが異常なほどの高揚を感じる状態、いわゆる「キマる」原因です。

「キマる」という状態では多幸感やリラックス効果を感じていまるので、カンナビスオイル・CBDオイルにも共通する部分はありますが、それだけでは終わりません。

大量にTHCを含んだ違法な薬物を摂取すると、未成年は脳への影響が強くなり記憶力の低下が起こってしまう可能性があります。

このことから法律では、THCを成分とした薬物に対して厳しい規制をかけています。

一方でカンナビスオイル・CBDオイルはどうかというと、同じ植物が原材料でも、THCを含まない部分だけを使っています。

中毒症状や依存症が起きることはなく、日本で捕まってしまうこともありません。

むしろ、中毒症状や依存症に陥っているときには、改善する効果が期待できます。

法律に関する話題をするならば、販売されている商品で海外産と国内産となることにも触れたほうが良いでしょう。

海外産というのは成分の抽出から加工、パッケージまですべてを海外で作業したものです。一方で国内産ですが、国内で育てたヘンプを使うということは法律に反することなのでできません。

ですから、成分の抽出をしてつくった原料を輸入して、加工・パッケージを行ったものを国内産と呼んでいます。

一般的に国内産というと、すべてを国内でやっているイメージがあるかもしれませんが、法的にそれは無理なので別の方法がとられていることを理解しましょう。

ちなみに海外を見てみると、その優れた効果があるにもかかわらず法律で規制しているところもあります。

その流れを受けて将来的に日本でもなんらかの規制ができる可能性はゼロではありません。

それでも、現時点で法律で規制されていませんから、誰にも遠慮することなく100パーセント合法的に使用できます。

続きを読む

エピ ディオ レックスを個人輸入?可能性はあるが現実的ではない….

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はアメリカから個人輸入できる?日本国内で検査が完了しないと認可できない

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はカンナビノイド製剤としては初めてアメリカのFDAで認可された薬であり、これが今後の製薬の常識を大きく変えるものと注目されています。

その理由はカンナビノイド製剤は世界の多くの国で違法薬物と指定されている薬剤と同じ成分から抽出されるものであるため、人体に対する影響が問題視されることが多いものでした。

しかし最近では抽出方法も非常に正確となっており、同じ違法薬物とは全く異なる性質を持ち医療分野でも様々な方面で役立つものと期待されています。

今回アメリカのFDAがこの薬品を承認したことにより、その動きは今後世界の様々な国で広がるのではないかと期待されているのです。

しかしこの薬品をアメリカから個人輸入しようとした場合には、なかなか難しい状況になると考えられます。

1つは米国の厚生労働省とも言われるFDAが採用したのが最近であるため、日本の厚生労働省がこれに追従できないのではないかと言う問題です。

日本の厚生労働省では海外の医薬品がその国で承認された場合であっても、日本国内で一定の検査が完了してからでないと認可をすることができない仕組みとなっているのが特徴です。

1部には個人輸入をすることができるものもありますが、このような薬の場合には基本的には医師の処方のもとで使用することができる薬であることが前提であり、現在のエピ ディオ レックスはこの条件をまだ満たしていないと考えられるためです。

エピ ディオ レックスはてんかんの治療に効果的な医薬品であると言われており、CBDが精神的なリラックス効果があることからこれを応用して開発された薬品となっています。

日本国内ではてんかんの治療薬は大塚製薬が独自の研究開発により既に開発を行っており、これは一般的には医師の処方のもとでよく利用される薬となっていますが、新薬であるためその価格が非常に高額であることが問題となる場合が少なくありません。

てんかんは精神的な病気であるためその効果を期待する人も多いのですが、日本国内では薬剤にかかる費用が非常に高いためになかなか効果的な治療を受けることができない状況にあります。

そのため、非常にエピ ディオ レックスに対する期待も大きくなっていますが、現場の日本の様々な薬に関する法律の下では使用することが非常に難しく、そのため個人輸入をする事は非常に難しいのが現場です。

そのため現在では、大塚製薬が販売する薬品を使用することが唯一の手段となっています。

続きを読む

AZTECのCBDは違法?実際に使ってみたけど信頼性高め!

AZTECのCBDは違法?輸入時に数十種類の書類を関税に提出&厳しい審査を通過

最近イライラした気持ちがいつまでも続いていてリラックスすることができない、落ち着きがなくて毎日憂鬱な気分で生活している、夜になると寝付けなくなって寝不足の状態で仕事に向かうことが多い等、何か一つでも思い当たる症状が現れた場合にはぜひAZTECのCBDを使用してみましょう。

CBDという言葉を始めて聞いた方も多いと思いますが、簡単に説明すると、アメリカやヨーロッパを中心に人気を集めているサプリメントの一種になります。

使用されている成分の中に日本では禁止されている薬物性の高い草が含まれているため、口コミなどで違法性があるのではないかと噂されてしまうこともある商品でした。

しかし、そんな噂を気にする必要は全くないほど合法的に輸出されている商品で、イギリスで誕生した信頼性の高いAZTECの商品だけを積極的に輸入して販売しているので、厳しい検査を通過してきた合法的な商品であることは間違いありません。

どうしてそこまで信用できるのかと言うと、AZTECの商品は全て輸入時に数十種類の書類を関税に提出している背景があり、厳しい審査を通過したものだけを安全に販売するように義務付けられているため、国からの正式な許可を得ていると言う大きな強みがあるからです。

海外からサプリメントなどを輸出する際には国からの許可が必要になるのですが、日本の基準が世界に比べてもかなり厳しく設定されているため、輸入するには様々な審査が必要になるなど厳しい状況で置かれることが多いとされてきました。

このような行動は安心と安全を守るうえで非常に大切なことですし、私たちの健康を守るためにも有難い制度であることは言うまでもありません。

そして、100%合法であると証明された商品だけを買えるようになるので、海外製に対する偏見なども一切無くなってくるというメリットがあります。

また、度々中毒性について心配する声が聞かれたりしますが、CBDにはそのような問題は一切ないと言われており、度重なる研究を行ったうえで販売されているので安心することができるでしょう。

心が落ち着かなくて何も手に付かないと悩んでいる方には非常におすすめできますし、なかなか治すことのできない不眠症の改善にも大きな期待ができるのでぜひ利用してみてください。

違法は商品ではないので値段もかなり手頃に販売されていたり、一度使うだけで驚くような効果を実感することができるので、気になる方は積極的に購入してその効能を確かめてみて欲しいと考えます。

続きを読む

CBDオイルは怪しい?WHOが医療的な有用性を認めた!

CBDオイルは怪しいってイメージがある?WHOによって医療的な有用性が認められた!

CBDオイルという名前は知っているけれど、詳しい特徴を知らないという人は少なくありません。

どちらかと言えば、怪しいというイメージを持つ人が多いですが、実はこれは怪しいものではないです。

2chのような口コミ評判を知ることができるサイトでやばいと言われることが多いので、危ないものだと勘違いしてしまう人は多いと言えます。

ですが、このやばいには危険という意味はなく、期待していたよりも効果が良かった、思っていたより使い勝手が良かったなどの意味が込められているので、危険なものではないと知っておくと良いです。

この製品はもともと海外で使用されることが多かったものですが、需要が高まるにつれて多くの会社が販売するようになりました。

そのせいで、表示している成分と違う成分を含んだ製品を販売しているような会社も出てくるようになっています。

こういった危険な販売会社があるのであれば使用することが危険だと思うかもしれませんが、信頼できるメーカーで購入すれば問題ありません。

日本から購入する場合は、きちんとした代理店を活用すると良いです。

個人輸入通販サイトなどを利用すると安価に入手することができますが、本来の成分とは違った成分が含まれる可能性があることを理解しておきましょう。

CBD自体が本当に安全なのだろうかと心配になる人もいるかもしれませんが、これ自体に毒性があったり使用することで副作用が起こったりすることはないです。

寧ろ継続して使用することで良い効果が得られることが分かっており、その有用性はWHOも認めています。

WHOによって行われた調査の結果、医療的な有用性があることが示され、具体的には生理痛や不眠症、喘息などの様々な症状に対する効果が期待できるとされていることを知っておきましょう。

これ以外にも集中力を高めたり気持ちを落ち着けたりする効能を期待することができ、使用することで種々の症状を緩和することができるものだと言えます。

日本はCBD製品について後進国だと言えるので、正しい知識を持っていない人が非常に多いです。

CBDは嘘だらけ!!??エビデンスと実体験から暴露

その結果、悪いイメージを持った人がそれをSNSなどで発信してしまい、他の人まで危険なイメージを持ってしまうという悪循環に陥っています。

怪しいというイメージを持っているかもしれませんが、CBDオイルは信頼できるメーカーで買えば何も心配することがないので、興味がある人は積極的に使用してみても問題ないです。

続きを読む

CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

CBD製品の中でもちょっと怪しいイメージがついて回る電子タバコ用リキッド。

タイやマレーシアでは電子タバコそのものが違法ですし、日本でもCBDのイメージから「怪しい」と感じてしまう方も少なくないかもしれません。

結論から言うと電子タバコ用のCBDオイルリキッドを購入しても違法性に問われることはありません

ただ、それでも不安って方のために「どうして違法性について不安に感じる人が多いのか」「日本でも捕まらないという根拠」「通販する際の注意点」などをご紹介していこうと思います。

 

CBD(電子タバコ)の違法性が心配な方はコチラから

(国産で安心のプラスウィード公式サイトへ)

 

続きを読む

CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

 

陰部ではなく肌に塗るのが一般的・CBDクリームはコチラ

 (CBDMANIA公式サイトへ)

CBDオイルは陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するもの

CBDオイルはてんかんやガンなど、多くの病気に対して有効な薬理作用があるため、健康面にも有益なオイルといわれています。

しかし、このオイルの作用はそれだけではなく、強いリラックス効果を得ることも可能です。

この程よいリラックス効果の作用は、眠れないときや極度に緊張してしまって眠れないときなどに有効な作用ですが、それだけではなくパートナーとのセックスにも有効だと好評となっています。

自律神経のバランスを整えることにより、パートナーとのセックスに落ち着いた状態で臨めます。

一方、CBDオイルをセックスのときに使用すると聞くと、使い方を勘違いしてしまう方は少なくありません。

このオイルは、基本的に飲むことによって効果が現れます。ローションや何か潤滑用のオイルなどのように陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するものです。

ただ、塗る場所によって多少なり効果が得られる場合もあります。

基本的には飲んで摂取することによって作用が現れますが、口周りなど体内にオイルが吸収されそうな箇所であれば、アルコールなどと同じく効果が現れる可能性も考えられます。

ですが、効果を確実に得たい場合はCBDオイルを飲むよう心がけましょう。

続きを読む