CBDの効果

落ち着く?セロトニンの分泌を促して健康的に!

CBDオイルは落ち着く?セロトニンの分泌を促す作用が知られている

CBDオイルを使う目的には、気分を落ち着けたいというものがあります。

実際のところ、落ち着くことはできるのかというと、それについては嘘偽りではありません。CBDオイルになぜそのような効果があるのかというと、鍵となるのはセロトニンという物質です。

セロトニンは神経伝達物質の一種で、精神の安定に関係しています。セロトニンの分泌量が多ければ、心から不安が消えて落ち着く効果があります。

仕事や人間関係などでストレスが蓄積されているときには、セロトニンの分泌を促せば健康的に過ごせます。

逆に分泌量が少ないときには、精神の安定ができずに不安を抱えながら生きていくことになります。うつ病になりやすい人は、セロトニンの分泌量が少ないという説もあるくらいで心の安定には重要な存在です。

CBDオイルはセロトニン受容体を活性化する働きがあるので、そのセロトニンが大量に分泌されます。悩み事があるときや、疲れが取れないときに使用すると、不安が消えて心が落ち着くのはこのためです。

同じように不安を消す薬として、精神安定剤とか抗うつ薬と呼ばれるものがありますが、それには副作用という問題があります。

よくある副作用は、疲れやだるさそして強い眠気と言ったものです。確か気持ちは落ち着くかもしれませんが、翌日に副作用がでてしまうと体をまともに動かすことができなくなり、仕事や家事ができなくなります。

そのようなことになれば、今まで通りの生活が壊れてしまうでしょう。

一方でCBDオイルについては、副作用を心配する必要はありません。どれだけ摂取をしても、体に影響が出ることはなく体調を整えることができます。

まれに吐き気や下痢といった副作用が出る人もいますが、日常生活に支障がでるほどの重い症状がでることはありません。

もし、使用した後に眠たくなることがあるとすれば、それは副作用からくる眠気とは異なるものです。

不安を消して落ち着くことで、体は休息を取りたいという欲求が強くなっているだけです。副作用であれば、どれだけ寝ても疲れやだるさが残ってしまうでしょうが、純粋に体を休ませるのであればある程度の睡眠で身も心もリフレッシュできます。

そういう意味での眠気に襲われるかもしれないということで、CBDオイルを使用するときには運転や集中しないとケガをするかもしれない仕事はやめておきましょう。

トラブルを防ぎたいならば、使用するタイミングは、就寝前がおすすめです。

続きを読む

CBDリキッドで「決まる」ことはない!ニコチンとは大きく異なる心地よさ

CBDリキッドで「決まる」?勘違いさせるようなブログに注意

タバコの健康被害が注目されるようになり、電子タバコの普及から加熱式タバコの普及、VAPEの普及により、以前よりもニコチンを摂取しない方が増加しています。

特にVAPEの場合は、ニコチンを一切含まないリキッドを使って吸うという方法が主流になり、デバイスによる違いはありますが、水蒸気としてそれなりの煙が出ることから本物のタバコを吸っていることと同じような感覚を得ることができます。

VAPE用のリキッドは各種メーカーからかなりの種類が販売されており、利用者は好みに合わせてリキッドを自由に選べる楽しさもあります。

一部の商品ではニコチンを含むリキッドはありますが、購入するお店やネット通販のサイトから確認することでニコチンの有無は正しく判断できます。

このリキッドは、進化を続けている段階でもあり、数多くの種類の中でも世界中で注目されるようになったものはCBDリキッドです。

麻から抽出をした成分が入れられているもので、人体に害を与えてしまうこともありません。

既に利用経験がある方であれば直ぐに分かりますが、CBDリキッドは高品質な商品を購入することが前提です。

生成する際に異物や良くない成分が入ってしまうと身体に何らかの悪影響を及ぼす可能性があるので、有名なブランド品から選べばこの問題は無くなります。

ヘンプから抽出した成分というだけで、イメージ的には吸った際にハイになったり、決まる決まるという現象や、幻覚に近い状態になるのではと考える方が多いのですが、実際には成分の質が良く、濃度が高めであっても決まるということは無いと判断をしても間違いではありません。

タバコを長年にわたって吸ってきた方の中にも、VAPEに移行している方も多く、ニコチンの中毒性から抜けることも不可能ではなく、実際にCBDリキッドを吸い続けることで体調が良くなったという方も実在しています。

禁煙をするための道具と材料ということでもありませんが、一度吸ってみると中毒性は無いものの、本来のタバコとは異なる体感を感じ取ることができる成分です。

吸い続けてみて慣れてきた際には、以前吸っていたタバコは吸えないような方も多く、その背景にはニコチンとは大きく異なる心地よさを感じることをあげられます。

肝心なことは継続をして利用することで、本来の効果を発揮させられると言われている通り、気になる方はデバイスとリキッドの相性の良いセットを購入することで、これまで体験したことが無いような効果を発揮します。

続きを読む

CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出されたものならOK

CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出された製品は100%合法!

CBD(Vape)を愛用する人が少しずつ増えてきていますが、まだ名前だけしか聞いたことが無い人や、違法なのではないかと感じて手を出せない人もいます。

詳しく知るためには、まずはCBDに関しての知識を身に付けなければなりません。

これはカンナビジオールの略称であり、麻に含まれる少なくとも113あるカンナビノイドのうちの一つです。

簡単に言ってしまうと、麻に含まれる成分の中の一つということです。

様々な効果があるCBD(Vape)ですが、気になるのが違法ではないかという点であり、法に触れるようなものなら利用するわけにはいきません。

調べてみると日本では茎や種子から抽出されたものなら違法ではありませんので、安心して利用できます。

利用するのに法的な制限がないことが分かったところで、次に調べておきたいのが種類です。

現在どのくらいの種類があり、日本で購入できるものがどれくらいあるのかをチェックしてみましょう。

実は種類はとても豊富であり、CBDワックス・オイル・リキッド・パウダー・ペースト・グミ・タブレット・使い捨てカートリッジと色々あります。

利用しやすいと感じるものは人それぞれですので、いくつかの種類を試して自分に合ったものを見つけるのがお勧めです。

初めて利用する人に試して欲しいのが、吸引摂取という方法です。

吸引摂取はリキッドやワックスといった種類を電子タバコ等のデバイスを使用して蒸気にし、その蒸気を吸い込むことで摂取します。

最近人気の出ているCBDワックスも主に喫煙によって摂取するものであり、最近ではカートリッジ型やペン型のような使いやすいものも流通しているようです。

蒸気にする場合、濃度が濃いので慣れないとむせてしまうことがあります。

その他にも経口摂取することが可能ですので、なにも道具が無い時にはそのまま口に含んでも構いません。口に含む際には、舌の下に1~2分ほど留めましょう。

ジェル状のものが多いのですが、固まってしまうことがあります。

固まってしまったら湯煎すると元に戻りますので、すくにくいと感じた時に試してみることをお勧めします。

固まるのは残量が減ってきた時ですが、残量が多い場合でも冷蔵庫に入れてしまうと固まりますので注意が必要です。

保存方法としては、日差しの当たる場所に置いておくと変色してしまう恐れがあるため、日の当たらない場所を選んで保管することが大切です。

蛍光灯の光も好ましくありません。

続きを読む

CBDってどんな感じ?欧米で注目されている最新のメンタルケア!

CBDってどんな感じ?メンタルケアの方法には様々なものがありますが、CBDもそのひとつ

こんなことで悩んでいませんか?

  • 夜になるとあれこれ考え事をしてしまい漠然とした不安が襲ってきて目が冴えてしまいベッドに入ってから眠りにつくまでに何時間もかかる
  • 仕事におけるプレッシャーや家庭内のいざこざやプライベートの人間関係などによるストレスのせいで心が疲れ果てている
  • 自律神経の乱れや体のめぐりの悪さを感じていて緊張型頭痛や眼精疲労や肩こりや首痛や腰痛やむくみや神経痛やこむら返りや冷えなどの不快な症状がつきまとう
  • 些細なことが気になったりすぐにイライラしたり気分が落ち込んだり鬱っぽくなったりなど情緒不安定になりがちで感情のコントロールが上手くいかない

心身の不調を抱えていて生きにくさを感じている方は多いのではないでしょうか。

心の不調は深刻化しやすいので、早めのメンタルケアが必要です。

現実逃避をするために趣味に没頭して気分転換を図る、美味しいディナーを食べたり旅行に行ったり高価なものを購入したりエステサロンを利用したりなどの心が豊かになるちょっとした贅沢をする、スポーツやアクティビティで思いっきり体を動かして気持ちの良い汗を流す、メンタルクリニックやカウンセリングルームで今抱えている悩みを相談して適切な処置をしてもらうなどメンタルケアの方法には様々なものがありますが、CBDの摂取もその一つです。

CBDは植物の麻から抽出されたカンナビジオールという成分で、ストレスや環境によって疲弊した心を優しく癒してくれます。

聞いたことはあるけど、摂取した際の体や心の変化はどんな感じ?摂取することでもたらされる具体的な効果は?などの疑問を抱いているという方も多いでしょう。

CBDが配合されたリキッドやオイルを摂取することでもたらされる効果や心身の変化についてですが、寝る前に摂取すると副交感神経が優位になりリラックスモードになるので睡眠導入がスムーズになる、緊張感や恐怖感や不安感を取り除くことが出来て精神状態を安定的に保てるようになり気持ちが楽になる、脳が冴えて集中力がアップし仕事などにおいて本来のパフォーマンスを発揮することが出来る、うつ病や統合失調症やパニック障害や不安障害や自律神経失調症や不眠症などの精神疾患の症状を緩和させたり予防したりする効果が期待できる、ホルモンバランスの乱れによって生じる生理前のPMSや閉経前の更年期障害の症状が和らぐなどがあります。

心の不調を改善させることが出来れば体も自ずと楽になりますし、アクティブに前向きに元気に健やかに過ごせるようになります。

続きを読む

CBDで「ぶりる」?規制物質を除去しているので悪影響なし

CBDで「ぶりる」ことはない!規制物質を除去しているので悪影響なし

様々な違法薬物を使用すると問題を生じるのは、覚醒効果などが生じてしまい様々な問題行動を引き起こすことになる場合が多いためです。

これはいわゆるキマると言う状態のことで、この状態が常習性やその他の精神的な問題を引き起こすことにつながり、体を蝕むことになると言うことも少なくありません。

CBDはこのような成分を取り除いているものであるため、リラックス効果だけを持っているものとなっておりそのためにキマると言う事は無いのが特徴です。

リラックスをする成分だけが配合されている形となるため、常習性を伴うこともなく、安心して利用することができるのが特徴です。

違法薬物でキマると言ったり、ぶりるといった状態は精神状態が活性化しており、容量を間違えてしまうと初心者だとパニックになってしまったり、様々な問題を引き起こしてしまうことが少なくありません。

またこの状態の場合には精神的に非常に高揚した状態となり、様々な物事が快楽に感じてしまう状態でもあるのです。

これらの要素となる成分は人体を蝕み精神状態を不安定にさせる要素を持っていることから、様々な社会的な問題を引き起こす(日本で逮捕されてしまう)ことにつながるため、多くの国でその副業が禁止されているのが実態です。

CBDはこのような人体に有害な問題のある成分を除去し、精神をリラックスさせる成分だけを含んでいるのが特徴となっており、安心して利用することができるばかりでなく様々な精神的な不安を解消することができると言う効果を持っています。

精神状態を安定させることで様々な物事をスムーズに進めるばかりでなく、効果的な人間関係を維持することも可能となるのです。

そのため近年では様々な場面で利用されており、精神的な要因で睡眠を十分にとることができなかったり、また様々な要因による不安で物事を冷静に進めることができない場合などに効果的に利用することができるものとなっています。

CBDは違法薬物等とその由来が近いことから混同されることも多いのですが、しっかりとした製造元で作られているものであればこのような問題がなく安心して利用できるものです。

キマることやぶれる事は無いため、問題なく使用することができるのも特徴です。

しかし中にはしっかりとした製造工程を経ていないものもあるため、このようなものには十分に注意をすることも必要となります。個人輸入で購入する場合などは信頼できるところから購入するように意識することが必要なほか、安いからと不純なものに飛びつかないようにすることも必要です。

続きを読む

CBDは目が覚める?低用量の場合は眠らない傾向にあることが判明!

CBDを使うと目が覚める?低用量の被験者は覚醒して眠らない傾向にあることが判明

CBDは精神面で非常にリラックスをすることができるものと注目されており、睡眠不足などを解消するために利用すると言う人も少なくありません。

しかし場合によってはCBDを利用すると逆に目が覚めると言うことも多く、リラックス効果がないのではないかと考える人も多いものです。

実はこれは、CBDを服用する量によって異なることが研究によってわかっており、低用量の場合には目が覚める傾向にあり、高用量の場合には眠くなる傾向があることがわかっています。

CBDクリームは低用量であることが多く、そのためこれを使用すると集中力が増し様々な仕事がはかどるため、積極的に利用をしていると言う人も少なくありません。

上手に使い分けることでリラックス効果と集中力を高めると言う効果を得ることができるため、非常に効果的なものとなっているのです。

CBDは神経を覚醒させるための成分を取り除いていることから、このような目が覚めるといった効果があるとその成分が完全に取り除かれていないのではないかと不審に思う人も多いのですが、実際にはその成分は単純なものではなく、人間の神経に様々な影響を及ぼすものであることがわかっています。

しかしその中から効果的にリラックスすることができる成分だけを残していることになるため、眠くならないと言う状況であっても常習性をもたらしたり、その他の様々なトラブルを招くものでは無いことも同時に研究で確認されているのが実態です。

CBDクリームはその中に含まれるCBDの用量が少ないことから、眠くなるという効果は無いものですが、精神状態をリラックスさせた上で覚醒効果をもたらす非常に効果的な利用をすることができるものとなっています。

そのため一般的な有害薬物とは異なり、安心して利用することができるのがポイントです。

睡眠時間が足りなくてなかなか作業を上手に進めることができない場合には、CBDクリームを利用すると非常に効果的であるほか、精神状態をリラックスさせることができるので様々な仕事をスムーズにこなすことができると言うメリットを得ることができるのです。

この使い方は効果的なものであり、これまでCBDクリームを使用すると本来の効果が得られないと言う人にとっては、様々な利用方法ができる中の1つと認識することが重要なポイントとなっています。

CBDクリームは上手に利用することで日常生活を豊かにするとともに、様々な作業効率を高める上でも有効なものとなっているのが特徴です。

続きを読む

CBDを仕事中に取り入れると高い集中力を保った状態をキープ!

ECSの機能が低下した状態だと新たなストレスやプレッシャーにさらされる

仕事での責任が重くプレッシャーを感じていたり、忙しくてストレスフルな状態になっているという人も多いのではないでしょうか。

そういった人におすすめなのが、ストレスを緩和する効果のあるCBDです。

CBDには、ECSという体の機能を調整する働きがあります。

ECSとは、睡眠・食欲・ストレス・免疫・記憶といった体に備わっている様々な機能を調整する働きのことをいいます。

ECSの機能が弱まってしまうと、体に様々な不調が現れるようになります。

免疫が衰えるので風邪をひきやすくなるなど体調不良を起こしやすいですし、記憶力が低下するので仕事でのミスが増えます。

眠いのになかなか寝付けなかったり、就寝中に目が覚めてしまうなど質の良い睡眠がとれないことも多いです。それにより集中力が低下して、仕事のパフォーマンスが下がってしまうこともあります。

また、ECSの機能が低下いた状態で仕事をすると新たなストレスやプレッシャーにさらされることになり、ますます体調不良が深刻化したり睡眠の質が低下するということも起こります。

一度悪循環に陥ってしまうと、そのサイクルから抜け出すのはとても大変です。

そういった時にCBDを活用すると、ECSを活性化して体の調子を整えることができます。仕事中に使用するのも最適で、仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

効果時間は大体、8時間程度とされています。副作用などの心配はほとんどありません。

CBDを活用することで、ストレスを緩和してリラックスした状態に導くことができます。

仕事のパフォーマンスを高めるには、オンとオフの切り替えをはっきりししっかりとした休息をとることが欠かせません。

特に大事なプレゼンテーションを控えているなど、ここぞという時ほど事前にリラックスして頭をシャープな状態にしておくことが大切なのです。

十分な睡眠が取れれば頭もリフレッシュし、集中力が高まった状態になります。

また、ストレスフルな状態が長く続くと、うつ病などの疾患を患うこともあります。

症状が悪化してから医療機関を受診しても、休職しなければいけなくなったり回復するまでに時間がかかってしまうことも多いです。

近年ではメンタルヘルスも重視されるようになってきたので、ストレスを感じたら早い段階で対処することが求められます。

そのまま放置してしまうと、深刻な状態になりかねません。CBDを上手に活用して、上手くストレスを緩和することが重要になります。

続きを読む

CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

 

陰部ではなく肌に塗るのが一般的・CBDクリームはコチラ

 (CBDMANIA公式サイトへ)

CBDオイルは陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するもの

CBDオイルはてんかんやガンなど、多くの病気に対して有効な薬理作用があるため、健康面にも有益なオイルといわれています。

しかし、このオイルの作用はそれだけではなく、強いリラックス効果を得ることも可能です。

この程よいリラックス効果の作用は、眠れないときや極度に緊張してしまって眠れないときなどに有効な作用ですが、それだけではなくパートナーとのセックスにも有効だと好評となっています。

自律神経のバランスを整えることにより、パートナーとのセックスに落ち着いた状態で臨めます。

一方、CBDオイルをセックスのときに使用すると聞くと、使い方を勘違いしてしまう方は少なくありません。

このオイルは、基本的に飲むことによって効果が現れます。ローションや何か潤滑用のオイルなどのように陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するものです。

ただ、塗る場所によって多少なり効果が得られる場合もあります。

基本的には飲んで摂取することによって作用が現れますが、口周りなど体内にオイルが吸収されそうな箇所であれば、アルコールなどと同じく効果が現れる可能性も考えられます。

ですが、効果を確実に得たい場合はCBDオイルを飲むよう心がけましょう。

続きを読む

CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めてみましょう

CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めるべし!

CBDリキッドは、気分を落ち着けたい時などに吸うことで効果を実感することができますが、中には初めて吸うので濃度や使う頻度などがわからずに、吐き気がしたり気分が悪くなってしまうケースがあるので注意が必要です。

CBDリキッドは、吸いすぎても毒にはなりませんし5パーセント程度のものを、香りを楽しむ感じで吸っている分には何の問題もありませんが、初めてで超高濃度タイプを思いっきり吸うことで気分が悪くなったように感じることがありますが、焦らず30分程度休んでいれば元に戻りますし気にすることもありません。

初めての時にはその使用感に戸惑うかもしれませんが、濃度に気を付けていれば大丈夫です。10パーセントのものを使うとかなり濃いと感じることがあるので、3から5パーセント程度のものをたしなむようにしましょう。

バッドトリップになるのではないかと心配するかもしれませんが、その心配をする必要はないです。

たいていの場合は、少し休んでいれば元に戻るので安心して吸うことができます。

バッドトリップになることはないですが、初心者のうちは濃度の低いものから初めて楽しむ感じで味わうのがお勧めの使い方です。

気分が悪くなってしまったら?30分くらい横になれば大丈夫。

CBDリキッドを吸いすぎて気分が悪くなってしまった時の対処法は、特にありませんが少し休んでいれば改善することがほとんどです。

初めのうちは、吸い方に慣れていないので大きく深呼吸をするように吸い込んでしまったため、リラックスよりもだるさの方が買ってしまうことがあります。

人によっては、それが気分が悪くなったと感じることがありますが吸い方の問題が大きいですし、濃度を低くすることでそうした症状が感じられなくなることが多いです。

人に合う予定の時は、少し時間をずらしてもらって横になるなどの対応をするのをお勧めします。

CBDリキッドは、推奨されている濃度や頻度を守っている限りは具合が悪くなるというケースは少ないです。

でも、体調がもともと悪かったり濃度が高いものを吸うと気分がすぐれなくなることがあります。

横になることができるなら、30分程度休んでいると症状が治まってきますしそこまでかからないケースも多いです。

初めて使う場合には、濃度の高すぎるものを避けてゆっくり香りを楽しむ感じで吸うと、トラブルを避けることができます。

又、体調の悪い時に使って効果を感じる人もいますが、効果には個人差があるのでそういう時には避ける必要もあります。

数少ない国産のCBDリキッドはプラスウィードです。濃度も5パーセントから60パーセントと幅広いので、目的にあった商品を選びやすいですよ。

 

バッドトリップの心配なし!安心・安全のCBDはコチラ

(国産のプラスウィード公式サイトへ)

 

CBDオイルに離脱症状はない!ネガティブなイメージがあるよね

CBDオイルに離脱症状はない!禁断症状は出ない、安全性が高いサプリメント

CBDオイルには、所謂離脱症状がありません。一般的な薬物のような、暫く使わないでいると禁断症状が出るなどということにはならないのです。

そのため使い始めるハードルが低ければ、使い終えるハードルもまた低いと思っていいでしょう。

元の成分を見れば、多少なり怖いというイメージを持つのは仕方ないのかもしれません。ただ今やCBDオイルはプロアスリートでさえ使っている事実があり、日本ではまだ普及してはいないものの安全性には太鼓判を捺されている状態です。

摂取量に制限がないのも、大きな魅力でしょう。沢山摂取すればその分だけ効果は出やすくなりますが、決して弊害も大きくなるわけではありません。

よく悪い離脱症状や飛躍した快感を得ることをバッドトリップなどと呼び、そのリスクは摂取量に応じて上がっていきます。

CBDオイルにはその特徴もないため、完全に中毒性のある他のものとは区別して考えるべきです。

その代わり、一部で偽物が出回っていることも知っておいてください。

偽物は名前だけを借りた全く別の成分でできていますから、最悪トリップ状態になる可能性があります。

あくまでも正規品を買った場合のみの安全性ですので、そこは慎重に買うものを選ぶようにしましょう。

使用をやめても依存することはない!

CBDの使用を止めると、使用前と同じような不安や疲労がぶり返す可能性があります。しかしこのリスクは過度なものではなく、普通の生活を送っていれば誰しもが感じるような規模のものです。

これを踏まえて再度CBDを使いたくなる人もいるでしょうが、その欲に従って素直に使ってしまっても構いません。

再度使用すれば、やはりこちらも同じように落ち着きを得ることができるでしょう。落ち着くことができればもう一度止める機会が訪れますし、慣れるまではこの繰り返しと思ってください。

1つ勘違いしてはいけないのが、これは依存ではないということです。

例えば頭痛がするときに頭痛薬を飲む、リフレッシュしたいときに甘いものを口にする、それらの行動と何ら変わりないのがCBDの摂取です。

止めた途端パニックになったり激しい感情に襲われることはありませんから、気軽に始めてみるといいでしょう。

仮に依存しているかもしれないと感じたら、念のため医師に相談してみてください。依存への不安が新たなストレスを生むこともあり、せっかく安心感を得ても長く続かないことがあります。

元より安全性は問題ありませんが、心配なときに駆け込める医師を見つけておくと更に安心して使うことができます。

関連記事:

CBDは危ない?第三者機関による検査を通っている製品なら安心