CBDの効果

THCVは日本で禁止されることもなく普通に製品に入っている!

THCVってご存じでしょうか。

こちらの成分は日本ではどのようにとり扱われてるのか、詳しくみていくことにします。

とりあえず、CBDは安全です。

そのことはWHO・世界保健機構でもみとめられていて、なので安心して使っていいでしょう。

ただし「CBDは」というただし書きが付きます。

だってTHCが合法の国だってあるから、いろいろまぜたフルスペクトラム製品のほうが効果が高くなっていいからとTHCが配合されてるものけっこう普通に世界にはあります。

もちろん日本だと違法、税関で検出されない程度の少量じゃあないとゆるされません。

続きを読む

THCVは「きまる」?ほんのわずかしか入っていないのでリスクなし!

THCVを使った場合、「きまる」のでしょうか。

THCを摂取すると、ついさっきご飯をたべたばかりなのにまたおなかがすいてきてたべたくなってしまうそうです。「マンチ」という名の食欲増進作用が働いている状態です。

脳の病気によっては性格が変わってしまい、すっかり怒りっぽくなった・仕事をするうえでのミスが多くなったなんて例もあります。どんなに禁煙しよう・もうやめようと思っても、タバコやアルコールがやめられなくなる依存症だって同じく自分の意志で脳を動かせなくなってる状態といえるでしょう。

ココロというのは心臓・頭の中、どこにあるのでしょうか。

それを守りとおすことは思ったほど簡単なことではありません。

人格を変えてしまうのでは、そんな恐怖心から日本人はTHCを遠ざけます。

でも一方で合法の国だってあるんです。

「きまる」という状態とは脳があやつられている状態のことなのか、そしてTHCVでもきまるものなのでしょうか。

続きを読む

THCリキッドの耐性はつく?CB-1受容体の連結部の密度の低下

THCリキッドを使いつづけていると、耐性がついてしまうのでしょうか。

痛みなどの不快な症状をおさえ健康な状態を取りもどしてくれるのがお薬ですが、あまりお世話になりすぎずできれば自身の力で打ち勝つようにしなければなりません。

摂取をし過ぎると耐性がつくから、同じ量だと効かなくなってきてどんどんふやさなければならなくなります。

薬にたよってると、せっかくの体が持っている力もおとろえてくるでしょう。

でもこのままだといったいどれだけの量を服用することとなるやら、お薬にはメリットだけでなくデメリットもあり、危険度が高いものは処方箋が必要・医師の指導をうけながら上手にお付きあいしていくしかありません。

違法とされるTHCリキッドだって依存性・中毒性で有名です。

日本では禁止されてるからこそお値段もべらぼうに高いのに耐性がついてどんどんTHCリキッドの摂取量を増やしていかなければならなくなったら、とても恐ろしいことです。

THCも耐性はできる傾向にあるんです。

でもその仕組みはお薬とはまた違う独自のものです。

まずTHCの場合、少量の摂取だと耐性が作られることはほぼないでしょう。

一度に大量摂取した時・常用を続けた時にのみ形成されるんです。

中毒性を持つとされるTHCではありますが、大量に投与した後は見向きもしなくなることが動物実験で証明されています。

摂取を繰り返すことでCB-1受容体の連結部の密度はどんどんひくくなっていく、それがTHCの耐性の仕組みです。

続きを読む

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

CBD(カンナビジオール)の安全性に不安を感じる人、多い気がするのはわたしだけでしょうか?「ヘンプ由来の成分だから」というだけで、遠ざけてしまうのはモッタイナイです。

CBDに興味があれば聞いたことあるかもしれません。

THCV(テトラヒドロカンナビバリン)という成分を聞いたことないでしょうか?

配合されている量がそもそも少ないため、あまり話題になってこなかった成分ですが、ハイになってしまう成分であるTHCの4分の1程度の効果しかもたらさないことが研究でわかっています。

え、THCVって違法じゃないの!!???

実は、日本では合法とされている成分なんです。

名前がTHCとかぶってしまいます。

違法成分THCとTHCV、名前が似てるだけ。

(正確には構造がほぼ同じで、ほんのちょっと炭素原子数が違います)

「禁忌がある以外は、ヘンプを摂取してもTHCVの量がスゴくわずかだから、無視できるレベルだから大丈夫だよ」という判断です。

慎重派の日本がスルーするレベルだから大丈夫ですよ、って表現するとわかりやすかもしれませんね。

インターネットで調べれば、THCVに関する研究や、海外の人が検索するような情報を手に入れることができます。

THCV(テトラヒドロカンナビバリン)のことだけでなく、CBDの危険性についても「用心するに越したことはない」ですが、「怪しい」と切り捨ててしまう前に、一度ご自分で調べてみるとよろしいかと思います。たとえば欧米やイスラエルのサイトであれば、じゅうぶん信頼できる情報がありますよ。

特にTHCVについては、英語のサイトが多いような印象ですね。

わたしと同じく超心配症だけど「健康の考え方を少しずつ変えていきたい」って方は、ぜひ続きを読んでみてください。

THCVの安全性は、英語を翻訳してわかったことです。ちゃんと科学的が根拠があります。(2013年からCBDを使い続けてわかった、THCVを生活に活かす方法も一緒にお伝えしています)

オイル意識がますます高まってきてますね。

THCV配合をライフスタイルに上手に取りいれたい方、ぜひご覧いただければと思います。まずはハイにならないという根拠について!!

 

 【ハイにならない】THCVを美味しく摂りたい方はコチラ!

(ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

 

続きを読む

THCのアレルギー・まれにアナフィラキシー症状になることも

化粧品などでも、自然由来の成分が使われている製品ほどアレルギーが起こりにくいと重宝されています。

THCの原材料はヘンプという植物、安心して誰でも使うことができるのでしょうか。

同じくヘンプの成分であるCBDは毒性が低くて副作用が少ない・さまざまな効果効能があると言われて、医療の現場でも注目を集めています。

でも残念ながらCBDにTHC、アレルギーで使うことが出来ない方がいないわけではないのです。

春になれば花粉症で悩んでいる方が数多くいます。

スギ花粉だけでなく様々な植物で年中何らかの症状に苦しめられる方も、自然の原料だからといって安心というわけでもありません。

続きを読む

THCリキッドの濃度について・15%から70%を超えるものまで!

THCリキッドの濃度は液体の中にTHCがどれくらい入っているかで決まります。

ベースとなる液体はPG・プロピレングリコールやVG・植物性グリセリンが一般的です。

VGの方が植物油由来の天然のものなので安心感は高いでしょう。

ほんのりの甘味さえ感じられ、摂取しやすいです。

無味無臭の有機化合物であるPG、粘度がVGと比べてそれほど高くないことからカートリッジの補充・デバイスのクリーニングがやりやすいという利点があるのです。

いずれもインターネット経由で簡単に手に入ります。

そこに濃縮されたTHC・ロジンを混ぜるのです。

かたまりのままのロジン、電子レンジで加熱してやれば溶けます。

麻薬禁止法の日本なので無理ですが、合法の国ならこれらの材料を取り寄せて自分好みの濃度のTHCリキッド作り、意外とかんたんです。

アメリカやカナダなどで市販されているTHCリキッドも濃度はさまざま、15パーセント程度から30パーセント、70パーセントを超えるものまであります。

続きを読む

THCリキッドの効き目は?不安感を感じる場合もあるので注意!

THCリキッドが世の中に出回っているのは使用することでメリットがあるから、それではどのような効き目がえられるのでしょう。

今の世の中、セレブな生活をしているのはごく一部のみで中間層はおらず、残りは低所得者層に分類されてしまうと言われています。

でもセレブたちだってその地位が安泰とは言えずいつ下に突き落とされることか、よい会社で勤めていたって倒産・リストラは当たり前です。

心の片すみには不安を抱えているかもしれません。

低所得者層にいる方たちの不安や緊張はより深刻です。

毎日夜遅くまでお仕事を頑張って、ようやく今の状態を続けているのです。

そんな世の中、未来を考えると絶望ばかりです。

だからこそTHC・そしてCBDがもてはやされるのです。

摂取することで気持ちがリラックスし、嫌なことが忘れられます。

続きを読む

CBDとタバコの違いは?健康への影響が全然違う!


ニコチンにタール・一酸化炭素、その他にもなんと200種類以上の有害物質がタバコの煙には含まれているそうです。

発がん性物質も50種以上、タバコを吸ったりその煙を吸い込んでいたら健康被害を受けるというのはもはや常識ですが、この数値を見ればより恐ろしさが分かることでしょう。

そんなタバコと似たような形状の電子タバコ、しかも吸いこんで煙を出すのですから使用方法も全く同じです。

若者を中心に広まりを見せているとは言えまだまだ認知度が低い電子タバコ、更にはリキッドではなくCBDリキッドを吸っているという方はほんの一握りです。

だからこそ同じようなものと敬遠し、冷たい目で見ているかもしれません。

でもそれは勿体ない、だってあなた自身が日々感じている不調を改善できるアイテムとなるかもしれないのです。

ヘンプを由来とするから危険だといった考え方も捨て去るべき、ぜひ電子タバコに・CBDリキッドに注目してみましょう。

続きを読む

タバコを吸ってる人にどんな効果?喫煙本数が40パーセントも減少!

病院に禁煙外来というのが出来ました。

でもわざわざ通院するのは面倒ではないですか。

ニコチンパッチなどの製品にも懐疑的で、新しい禁煙方法が知りたいというならCBDでの禁煙を試してみるのはいかがでしょう。

タバコを吸う代わりに電子タバコでCBDリキッドを摂取する、でも本当にこれでニコチンへの依存症を抑え本当に禁煙成功できるのでしょうか。

続きを読む

集中力との関係・ECSのバランスを整えてパフォーマンスアップ!

タバコを使用するのは日々感じるストレスを緩和するためという方は多いです。

CBDにも同じ効果があり、しかもニコチンが入っていないがゆえに身体への悪影響もないのです。

よりメリットが高いCBDに移行する方は増えてきています。

もともと喫煙者ではなくともストレスが溜まっているのは皆同じです。

更には健康や美容にも良い効果をもたらしてくれるというのですから、元喫煙者であるかどうかに関係なく世界中で電子タバコを使用したCBDリキッドの喫煙者が増えているのも当然なのかもしれません。

ストレスやプレッシャーが緩和されるCBD、摂取することでのんびりリラックスした状態へと導かれるので睡眠障害の改善に役立っているという理屈はすぐにも理解できるでしょう。

その一方で、CBDリキッドには集中力を高めて仕事のパフォーマンスを向上させてくれるといった効果もあることをご存じですか。
ある時は眠りをもたらしてくれてある時はすっきり目覚めて活動をしやすくしてくれる、奥深い成分です。

続きを読む