最新ニュース

CBDがスポーツ界で注目されているワケ・ドーピングにならない!

CBDオイルがスポーツ界で注目?WADAの禁止リストから除外!

CBDオイルは、今やスポーツ界でも当たり前のように使われています。

有名なオリンピアンの中にも使用を公言している選手がおり、海外では特にメジャーなものとして認知されつつあるのです。

スポーツ界といえば、ドーピング規約など様々な成分に対して厳しい規制が設けられていることで有名ですが、実はその総本山であるWADAも2018年の1月に禁止薬物リストから除外しました。

これにより公式に問題がないものとして広まっていき、更に使用する選手が増えていった背景もあります。

ではスポーツ界では摂取方法が代表的なのか、それが経口摂取です。

これは食品を食べることでCBDオイルを摂取する方法で、一般的にはグミやカプセルの中に入れられています。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

また飲み物にCBDオイルを入れる方法も手軽で、小瓶で持ち歩いていつでも手軽に入れられるようにしている選手もいます。

一方でいくらWADAから認められたとなっても、まだまだ抵抗感を持っている選手も少なくはありません。

日本では認知度自体が依然として低い状態ですし、世界的に当たり前のように使われるようになるまでは時間が掛かるでしょう。

とはいえ、日頃から摂取成分に神経を尖らせる選手も使っている事実は、普及を後押しする要素として十分かもしれません。

CBDが鎮痛剤の代替薬?

アスリートがCBDを使用する目的意識は様々ですが、最も用途として多いのは鎮痛剤の代替だと言われています。

CBD、つまりはカンナビジオールそのものに直接痛みをケアする効果は発見されていないものの、精神を落ち着かせ安定させる効果があるため、そのおかげで結果的に痛みも緩和できる狙いがあるのです。

激しい運動をするアスリートにとって鎮痛剤は必需品なのですが、実は同じ鎮痛剤でもドーピング規約に引っ掛かるかどうか微妙な種類が沢山あることはあまり知られていません。

安易にそういったものを摂取していまい、後から規約違反で失格処分になった選手も過去にはいるのです。

ですから正式にWADAが認めて鎮痛剤に近い効果を得られるCBDは、安心して使える代替薬になるでしょう。

ただオイルから摂るCBDは、効果が出るまでに時間が掛かり実感の度合いも低いのが難点です。

そのため早く大きく効果が欲しい選手は、オイルではなくリキッドを蒸気摂取することが多いです。

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

一般の人たちが使う場合も同じことが言えますので、もし実際に購入するのであればリキッドタイプを買った方がいいかもしれません。

アスリートの使用実績が増え続ければ、もっと安く手軽に手に入る日も近くなっていくでしょう。

CBDリキッドは筋トレに合う?プロのアスリートも愛用中

CBD リキッドを使って死亡!!??【勘違いする前に】

CBD リキッドを使う上で気になるのが副作用ですが、2019年になって嫌なニュースを目にすることが増えてきました。

Vape用リキッドを使って死亡!?
https://www.businessinsider.com/category/vaping?utm_source=intl&utm_medium=ingest

これはちょっと無視できませんね。

Vape(ベイプ)が原因で健康を害してしまう可能性があることが最近アメリカを中心に明らかになってきているようですが、実際のところどうなのでしょうか。

日本国内で手に入るCBDリキッドは大丈夫なのか、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

 

死亡原因となった成分の混入なし!国産CBDはコチラ

 

続きを読む

CBDリキッドの「やばい」ヤツが入荷しました

CBDリキッドの「やばい」ヤツは…日本最高濃度60%濃度!

CBDリキッドといえば、合法的にポジティブな気分になれたり痛みが緩和されたり不眠症が緩和できることでも知られています。

タバコのようにリラックス効果があるのに、身体に有害な成分が入っていないので多くのユーザーが世界中にいるのも特徴です。

最近ユーザーの間でもやばい、として知られているのはより高い濃度のタイプのものです。

濃度が高いということは、効き目も高いということが実感できますし、コストパフォーマンスにも優れていますので色々な意味でやばいと感じることが出来るでしょう。

高濃度タイプは、日本でも全国的に人気を集めています。

やはり、多くの人がより高い効果のタイプを求めているというニーズにこたえていますし、そういう意味では+WEED(ウィード)はもっともその部類に近いと言えるでしょう。

日本で売られているCBDリキッドの中でも最高の60%濃度のリキッドが封入された、人気の高い製品ですね。

+WEEDは、CBDの他にもテルペンやCBGなどが配合されているフルスペクトラム系なので、実感力がバツグンです。

他の製品と比べると、初回特典や最大10パーセントの割引があるので、コストパフォーマンスにも優れています

使っているうちに夜中に目が覚めることがなくなったり、強いリラックス効果を得ることが出来て毎日平和な気持ちで過ごすことができるようになったというレビューが多いです。

実際に60%濃度を試しましたが、ひかえ目にいってヤバかった。。。↓

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

「キマる」作用はないのでご安心を

CBDリキッドのレビューの中で、キマるという意見が無いのはその通りで、そのような症状が出ることはありません。

一見、成分的にそういう作用がありそうに感じますが、すべて合法的な成分のみで作られた安心して使える製品ですので、安心して使うことが出来ます。

CBDリキッドというと、ほどよいキック感がありながらも安眠効果があったり様々な痛みを緩和してくれる効果が期待できるのが特徴です。

何故キマるというキーワードが出てくることがあるのかというと、それはこの製品の原料に由来するものと考えられます。

しかし、CBDリキッドには違法性のある作用が出ることは一切ありませんし、程よいリラックス感を得ることができるため安眠効果も高いです。

あくびや眠気を誘発することがありますので、車の運手を避けることが推奨されるほど、そのリラックス効果は多くのユーザーの知るところとなっています。

きめられないのなら使いたくない、という人はあまりいないかもしれませんが誤解の無いよう、購入する前には注意事項などを事前にチェックしておくのが良いでしょう。

信頼できるお店で購入することで、常に最高品質のものを手に入れることが出来るので安心です。

個人的にはやっぱり+WEEDが、ラインナップも豊富で間違いないショップだと本当に思っています。

超高濃度、フルスペクトラムの2つの条件を兼ねそなえたCBDリキッドなので、ガッツリ効果を実感できるのは間違いありません。

ドンキホーテにもありますが、やっぱり公式サイトが1番お得です。

 

WEED(プラスウィード)の公式サイトはコチラ

(送料無料・最大10%オフ!)

続きを読む

ついに世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を認めた!

世界保健機関(WHO)は、”CBDオイル”などのサプリメントに、非常に高い効果があることを認めました。CBDオイルほど安全性が気になるサプリメントはありませんよね。日本で規制解禁され、厚生労働省の審査もパスしていますから、違法性については多くの方が納得されていると思います。

CBD(カンナビジオール)の副作用や違法性について

しかし、実際に飲みつづけてカラダに悪い影響がないのか心配ですよね。わたし自身もうかれこれ4年近く飲んでいます。副作用などは感じたことはありませんが、わたし個人の感想より権威のある第3者の意見があれば、もっと安心して飲めますよね。

そこでネット上を調べてみると、海外の人気サイト「Forbes」でWHOのCBDオイルの見解が紹介されていました。でも英文ですし、和訳しても読みにくい・・・。

そこで、翻訳家の方にお願いをして読みやすい文章にしてもらいました

「CBDオイルの安全性が知りたい」
「英文の和訳は読みづらい」

そんな方は続きを読んでいただけると幸いです。

続きを読む