最新ニュース

THCリキッドの相場はどれくらい?日本は想像以上に高い!

THCリキッドの相場はどれくらいなんでしょう。

CBDリキッドだって十分に高い、薬と言えば健康保険の適用で購入できる・日本にないものなら個人輸入で海外のジェネリック医薬品をゲットしてるという中でせいぜい定期購入することでの割引くらいしかないんですから当然です。

CBDリキッドの個人輸入、無いわけではないですよ。

ただ辞めておいた方が賢明、どうせ海外製の品質の悪いものを掴まされるかTHC配合で税関で止められるか、密輸しようとしたと逮捕されてしまう場合もあります。

ファーマヘンプの個人輸入・手元に届かないリスクも考慮すべき!

よい品をお安くなんて状況はまぼろし、恐ろしく高くつくこととなるんで危険です。

せいぜいCBDで鍛えられた皆さん、覚悟してたでしょうがTHCリキッドの相場は想像以上です。

続きを読む

THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

THCVも違法成分の一つなのでしょうか。

そもそも、取締法という法律が出来たのは戦後すぐのことです。

日本にいたアメリカ人兵士がきちんとお仕事をするように・生活や宗教など様々な部分で利用されてるヘンプを日本人から奪い取ることでちょっとは力を弱められるんじゃないか、そんな様々な思惑からマッカーサー率いる連合国軍最高司令部が制定し、そのまま現代に続いてるんです。

フルスペクトラムといった形でTHCも入った製品を作り出し、それを使ってる方もたくさんいるんですから使い方さえ誤らなければ危険なだけの成分ではありません。カナダなど合法の国もあり、ただ日本だとTHCは栽培も制限されてるので研究が出来ない。

だから本当に安全かどうかの実験もできない、なので違法じゃないと強く推すことも出来ずといった八方塞がり状態を続けてるに過ぎません。

小学校とかでも危険なものといった教育がなされていて、なかなか意識を変えることは難しいでしょう。似たような名称であるTHCVに対しても苦手意識が発揮されるのではないでしょうか。

ただし、こちらは合法です。

続きを読む

CBDグミにTHCは入っている?不信感・不安感を強く抱いてる方へ

CBDグミにTHCは入っているのでしょうか。

カラフルな色味に可愛らしいクマさんの形、CBD自体は大人を中心に食べられるもののはずなんですがそうとは思えないファンタジーな雰囲気、CBDグミを見るとワクワクして見た目だけですでにリラックス効果が得られそうです。

でもそんなCBDグミとTHCがイコールで繋がることなんて、想像もつかないでしょう。やっぱりCBDグミだってCBD製品、ヘンプを由来とする以上はTHCの危険性はとっても身近に潜んでます。

続きを読む

THCリキッドで死亡?39人の死亡者の肺組織からわかったこと

日本人にとってはTHCはとにかく悪者、だから「THCリキッドで死亡事故が起こったと言われても当然」と受け止めてる方も多いのかもしれません。

でもTHCってヘンプっていう植物から抽出された成分で、健康効果が高いCBDと立場はおんなじなんですよ。

化粧品とかサプリメントでやたらと「植物由来・自然の成分100パーセント」なんて語ってるものに心動かされてるのにヘンプに対するこの仕打ち、よっぽど教育がなされてるんだなと感心してしまいます。

普通にTHCリキッドを使って死亡事故なんてまず起こりません。カナダとかアメリカの一部だと合法、タバコもお酒も依存性とか健康被害とかあることを分かりながら上手く付きあってる方がいて、それと同列に考えればいいんです。

あるお酒を飲んだ人が次々と死んでいったなんてことがあれば大ニュース、米国でのTHCリキッド使用者の死亡事故も大々的に取り上げられたのは当然と言えるでしょう。やっぱりTHCは悪だったんだと受け止めるのじゃなく、同系列のCBDを使う私たち日本人も何が原因だったのか正しく知ることが大切です。

続きを読む

THCリキッドはアメリカではオッケー!日本も研究の幅を広げる?

THCリキッド、アメリカでは合法ですが日本では違法です。

THC単体のリキッドだけでなく、CBDリキッドの中に少量含まれたフルスペクトラム製品ですら許されない、徹底した排除っぷりなのです。

CBDですらヘンプを由来とするのだから危険かもしれない、日本人なら誰もが強い不安感を抱いているはずです。

学校でも危険性を教える授業が組みこまれていて、でもそんな精神を叩きこんだのはアメリカ人です。

縄文時代からヘンプは日本人にとって身近な存在でした。

今も七味唐辛子には麻の実が入っているし夏場には麻素材の衣類が、断熱材・紙と用途は幅広いです。

身近に自然に生えている植物だからこそ、いろいろな場面で利用したのです。

それなのに現代日本でTHCリキッドを使用できないのは取締法があるからです。

続きを読む

海外のTHCリキッドの事情について・中には粗悪な製品も!

日本人のTHCリキッドに対する、というよりもより安全性が高いはずのCBDリキッドに対してさえ拒否反応は強く、なので海外の事情を知ると驚かされることでしょう。

何しろ合法の国も多数あり、サプリメント感覚で自由に利用できるのです。

日本はというと所持することさえ不可能、差がありすぎます。

国単位での全面的許容がなされているのがカナダ・ウルグアイなどです。

英語留学にとカナダに行く日本人も多いですが、勉学に励む予定が結局はTHCリキッドでのんびりリラックスして終わったなんて方も中にはいるかもしれません。

日本に身近といえばアメリカも、ただし州ごとに許される範囲が異なるためどこにいくかでTHC事情を詳しく調べておかなければなりません。

医療用製品は可、でも嗜好用に使うTHCリキッドはだめというところもあります。

海外には運転前は禁止といったものもあり、THCリキッドを吸うことで車の運転に影響を及ぼす危険性が高いという証です。

法律で決められていなかったとしても、国際免許で海外で運転も考えているのなら注意すべきです。

海外で日本人がTHCリキッドを購入することは特に問題ありません。

日本から出ていったものまで含めての徹底管理はむりです。

THCリキッドでトリップする感覚を試してみたいというのなら、合法の国に行ってみるとよいでしょう。

手軽に街中で購入することができて、でもそれをバッグにいれて日本に持って帰ることはできないのです。

続きを読む

THCリキッドのアメリカの値段は?安いけど所持も譲渡も禁止!

ヘンプという植物から抽出されるTHCリキッド、そのお値段は国ごとに異なります。

日本だとなんと金と変わらないくらいの高級品に、それに比べるとアメリカはかなり安いです。

その差はまずは、THCが合法か違法かということが関係します。

取締法のある日本ですからTHCリキッドを国内に入れるわけにはいきません。

でもそれを利用したいと考える人は確実に何人もいる、需要に対して供給量がとにかく少ないのでただの植物がおどろきの金額へとはねあがっていくのです。

一方でアメリカは国全体でというわけではありませんが合法です。

ニュース報道で末端価格いくらとか紹介されていて、ある程度売れた有名芸能人らがたいほされている状況を見ていると、アメリカに旅行や留学で訪れた時にTHCリキッドのお値段の安さに驚かされるはずです。

続きを読む

THCリキッドを空港で持っていると厄介!関わらないのがベスト

日本の税関職員は大変優秀、THCリキッドはもちろんCBDリキッドだって空港で持っていると厄介なこととなります。

CBDリキッド、日本だとドンキホーテで取り扱いされていますがとにかく様々な製品があってどこにあるのか分からないというのであればサプリメントコーナーに行ってみてください。

日々続けてこそ健康や美容効果を発揮してくれて、正にサプリメント的な存在なのです。

だからこそ旅行や出張に持っていきたくなる気持ちも分かります。

特に出張で大勢の前でプレゼンをしなければならない時・交換留学で言葉も分からないような国にたった一人で行かなければならない時に、緊張や不安を緩和してくれる力強い味方となってくれるでしょう。

THCリキッドを空港に持ってきているというのであれば、海外に持ち込んで・あるいは海外から持ってきて高く売りつけようという気持ちもあるはずです。

とは言え合法違法に関わらず、飛行機の機内には一定量以上の液体は禁止されているのです。

ただの化粧水・飲料と申告したとしてもそれが真実かどうかは本人にしか分かりません。

液体を原料として混ぜ合わせることで爆発物を作り、それをテロ計画に使用しようといった計画がなされたことから警戒は厳しくなりました。

コンタクトの洗浄液ですら細かくチェックされて、痛くもない腹を探られてストレスを溜めるくらいなら初めから持ってこない方が得策です。

リラックス効果を得る目的なのですから本末転倒となるのです。

続きを読む

事故につながる可能性は?どう選ぶのか・どう使うのか、もう一度確認!

CBDは本当に大丈夫なのか、調べてみると不安を搔き立てられただけで終わったという方もいるのではないでしょうか。

ヘンプ由来のCBD製品、麻薬禁止国である日本でのヘンプに対する拒否反応は偏見も含めてかなり強いようです。

「THCが含まれていないものならば安全安心です」という記事がインターネット上に数多く飛び交っています。

「やっぱり大丈夫なんだ」と胸をなでおろしかけたところに入ってくる「アメリカで電子タバコが原因で起こった死亡事故」の話題、CBDリキッドだって電子タバコで液体を気化して成分を吸い込むといった使い方をするのですから無関係ではありません。

どうやら2019年10月の時点ですでにアメリカ国内の電子タバコを原因とする事故での死者の数は39人、そこからまた1年以上経過しているのですから更に数は増えているはずです。決して少ないとは言えないその数字、どういった状況で起こった事故なのでしょう。

続きを読む

タイへ持ち込みできる?そもそも電子タバコは処罰の対象なので注意!

アメリカやヨーロッパから広まったCBD製品、近年では麻薬に対する取り締まりの厳しい日本でも若者を中心に使用されるようになってきました。

ドンキホーテなどに行けば、実店舗でも手軽に手に入ります。

それでは同じアジアの国であるタイでは、ヘンプとは、そしてCBDとはどういった位置づけなのでしょう。

微笑みの国・タイに観光旅行で行くという方も多いはず、日ごろからCBD製品を使用しているというなら旅行中にもぜひとも持っていきたいものです。

続きを読む