悩み別

CBD リキッドで睡眠障害対策!病院の治療薬には頼らないスタイル

病院の処方薬で気になるのは「依存性」と「副作用」

夜になっても眠れない、いくら寝ても疲れが取れず朝になっても起きることができない、などの症状が出ているときには睡眠障害になっている恐れがあります。

睡眠障害の原因は体のどこかが病気になっていることもあれば、日常のストレスが積み重なっていることもあります。

これをなんとかしたいのであれば、睡眠薬や抗不安薬など薬物療法で治療をして行くことが多いです。

ただ、薬は効果がある代りに依存性と副作用が出る可能性があります。

薬の依存性というのは、飲み続けていくうちに少量では効果が出ないので一回に飲む量がどんどんと増えていきます。

もし、依存している状態で少しでも薬を飲めば、たちまち不安に襲われて以前よりも睡眠障害がひどくなります。

それに副作用ということでは、薬が切れたときに集中力が失われたり、倦怠感、脱力感に襲われるなどの症状が出てきます。

最近の薬は、そういった依存性や副作用がでにくくなっていますが、完全に出ないわけではありません。

薬に依存していると、一生にわたって飲み続けるわけではありませんが、計画的に飲む量を減らしていく必要があります。

そのように依存性と副作用に悩まされるリスクを考えると、薬を頼りたくないと思う人も出てきます。

CBD リキッドは睡眠の質に関係している

CBD リキッドは、産業用ヘンプから抽出されたものです。

CBD(カナビジオール)という成分には、心身をリラックスさせる働きがあり、緊張状態による睡眠障害を改善するのに役立ちます。

睡眠薬や抗不安薬のように依存性や副作用もないので、安心して使えます。病院ではなく専門の通販サイトなどで購入できますから、気軽に試せます。

同じく産業用ヘンプが材料となっているCBD オイルがありますが、こちらは舌下に垂らして摂取するのに対して、CBD リキッドは電子タバコで煙を吸って体に取り入れます。CBD リキッドは体への吸収がはやいのですが効果が消えるのもはやいです。

眠る直前に吸引しても30分くらいしか効果がありません。

CBD オイル は体に成分が回るまでに時間がかかりますが、効果が消えるのがゆっくりです。こちらは眠り始めてから30分から60分くらいの間に効果が出てきます。

この2つを併用すればおよそ90分間はCBDの成分が体に残っているので、質の良い眠りが手に入ります。

使用するに当たっては、これまでも電子タバコを吸っている人であれば、煙を吸引するのは難しくないでしょうが、初めてならば使い方がわからないでしょう。

とはいっても、そんなに難しいことではなく、ゆっくりと吸い込むことで体に吸収されやすくなります。

 

CBD リキッドとダイエットの関係!最近の研究でわかってきたこと

「CBDリキッドはダイエットに◎」研究チームが発表!

アメリカの有名な大学が、CBD リキッドに関して世間を騒がせる発表をしました。

それはCBD リキッドがダイエットに効果があるという衝撃的な内容です。

それまでは美容や健康にとってネガティブに捉えられることも多かったのですが、この発表を受けて多くの女性の関心を集めることになったのです。

その学説の根拠となっているのは、含まれている成分が脂肪の分解を促すという点で、厳密にはその働きをする遺伝子を刺激する形になります。

脂肪を酸化させる働きを強くする点も注目が集まっており、カロリーを効率よく消費するためのミトコンドリアが活性することも大きなポイントです。

実際にはもっと複雑な仕組みがありますが、このような複数の作用がダイエットの効果アップにつながると見られています。

とはいえ、これまでにも痩せたことを実感している人はたくさんいましたが。それは何らかの健康被害による副産物だと解釈されていたのです。

しかしこの発表によって、実際には健康被害ではなく、含まれている成分の働きである可能性が高いと見られるようになりました。

メーカーの調査ではなく大学の研究結果であるため、信憑性が高い検証結果だと考えている人が多いです。

研究でわかってきたメカニズム!

CBD リキッドで得られるダイエットの効果はどれも研究段階のものです。

したがって自己責任で判断して利用する必要がありますが、期待される具体的な効果について把握しておくと参考になるでしょう。

まずカロリーを燃焼しやすくすることもその一つです。

脂肪が効率的に分解されたり酸化したりすることで、普段よりもカロリー消費のペースが速くなる可能性があります。

それは同時に新陳代謝の活性化にもつながる見込みがあるのです。

細胞レベルで活性化が促されることで、栄養分と老廃物の交換が活発に行われるようになり、カラダ全体がフレッシュな状態に維持されやすくなるでしょう。

それが恒常的な状態になると、体質自体が太りにくくなる現象も起こりえます。

また、抗酸化の作用が働くことで手足の血行が促進されるという見方もあります。

血流が盛んになれば、その分だけ老廃物が多く排出されるのでデトックスの効果も期待できるのです。

立ち仕事で足がむくみやすい人などは改善を実感できるかもしれません。

その他にも、筋肉の疲労回復をサポートする働きがあるという見解もあります。

このように研究を通じて複数の項目が挙がっているので、ダイエットに興味がある人はチェックしてみると良いでしょう。

 

CBD リキッド、ワックスが固まる?イチバン簡単な対処法は…

CBDリキッドが固まる・結晶化する場合は湯煎が有効

CBD リキッドが固まるので困っている場合は、湯煎によって解決できる可能性があります。

ただし、単純にお湯で煮るというわけではなくて、まずお湯が入ってこないように、ジッパー付きの機密性の高い袋に入れましょう。

このときのポイントはできるだけ空気を抜いておくことです。空気が多いと熱せられて膨張してしまい、それによって袋が破裂してしまう恐れがあります。

コツは、袋に入れた後は重しなどを使って膨らみのない状態にしておくことが大切です。

それが終わったらお湯をケトルなどで沸かすんですが、極端な高温でなくても溶かせるので沸騰させる必要はありません。

これで基本的な準備は完了。あとはお湯に袋を入れて放置するだけです。

放置する最適な時間は結晶化の状態などで異なりますが、だいたい30分を目安にすればよいでしょう。

終わったらお湯から袋を取り出しますが、やけどするほど熱くないはずですが、心配な場合はお湯を捨ててから行うと安心です。

次に袋から容器を取り出して、中身の状態を詳しくチェックして、もし固まったままなら、この手順をもう一度繰り返してみてください。

前回よりもお湯の温度を少し上げると良いでしょう。

湯煎をしない方法「PG や MCT オイルを使用」する

いくら湯煎をしても解決しない場合や、そもそもお湯を沸かす手段がない場合も諦めることはありません。

ベイパーなら誰しも知っている方法で、問題を解消する選択肢も残されているからです。

そこでポイントになるのはCBD リキッドの成分に注目することです。

これらは一定の条件を満たす物質に溶ける性質があります。

とはいえ、どれに溶かしても良いというわけではなくて、安全性の高さを重視して、体への悪影響が少ないものを選択する必要があります。

いろいろと存在しますが、一般的によく用いられているのはPGとMCTオイルの2種類です。

前者は馴染みがないかもしれませんが、後者はココナッツオイルと同じと考えても構いません。

どちらも本商品と同系統の商品原材料としてよく用いられるもので、、カラダへの害が大きなものではないと分かるでしょう。

これらにしっかりと溶けてくれるので、固まっているなら容器に注いでみると良いでしょう。

もちろん注いだ分だけ薄まってしまうので、様子を見ながら足していくことが大切です。

溶けたとしても濃度が低くなりすぎて効果がなくなると本末転倒になってしまいます。

また、入れても瞬間的に溶けるわけではないので、しばらく観察することも大切です。

CBD リキッドは飛行機に持ち込める?

CBD リキッドは飛行機に持ち込める?

CBDリキッドは数滴摂取するだけでリラックス効果をもたらせてくれるとても便利なアイテムで、旅行の時に持って行くと重宝します。乗り物が苦手な方でも、少しだけ摂取することで精神を落ち着かせてゆったりした気分で過ごすことができます。

飛行機で旅行する時に注意すべき事は、飲み物・化粧水・香水などの液体を機内に持ち込むことができないケースがあることです。

鉄道を利用した旅行に慣れている人であれば、うっかりペットボトルの飲料をバッグに入れているだけでも保安検査に引っかかって機内持ち込みができない場合があります。

CBDリキッドは容器に入れられた液体なので、飛行機で移動する時に機内持ち込みができるかどうか心配になる方がいるかもしれません。

日本の法律では、一定量以下の液体で禁止されている一部の品目でなければ機内に持ち込むことが可能です。

CBDリキッドは内容量が10~15mlと規定値以下で安全性に問題がないことから、国内線であれば問題なく機内持ち込みが可能です。

ただし海外では日本とは違う法律が適用されるので、飛行機の機内に持ち込むことができない恐れがあります。

場合によっては、保安検査で指摘を受ける恐れがあるので注意しましょう。

関連記事:

税関で止められる前に知っておきたいこと

液漏れしないように、フタはしっかり閉めておきましょう

日本国内では法律の規定により、1容器あたりの内容量が500ml以下で1人につきトータルで2L(2,
000ml)以下であれば液体を飛行機の機内に持ち込むことが許されています。

vape用CBDリキッドは容器のサイズが10~15ml程度と非常に小さいので、トータルで2Lを越えなければ問題なく飛行機の機内に持ち込むことができます。

CBDリキッドを機内に持ち込む際は、注意すべきことがあります。

国内線であれば国際線のように液体を入れた容器を透明なプラスチック袋の中に入れてパッケージングする必要がありませんが、液漏れをしないように対策を講じなければなりません。

しっかりフタを閉めておき、液漏れを起こしたりニオイが周囲に漏れることがないようにしておきましょう

vape用CBDリキッドは揮発性が高く、微量でも漏れてしまうと周囲にニオイをまき散らしてしまう恐れがあります。

保安検査の際に一目で内容物がわかるようにするために、別の容器に移し替えたりラベルを隠すといったことをしないようにすべきです。

購入時と同じ容器に入れるようにして、保安検査場を通る前にフタを確認して液漏れを起こしていないかどうかをチェックしておきましょう。

関連記事:

ちゃんと保管してますか?最後まで美味しく吸いきる方法

 

補足・CBDグミが税関で止められるケースが多発!

2019年に日本でも解禁となったエディブル(食べられる)CBDグミが、税関で止められるケースが頻繁に起こっています。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

日本の規格にあった製品でも、です。

つまり、違法成分を含まないものでも、国際線のチェックで止められる、または没収されてしまう可能性があります。

国内線は問題ありませんが、海外から持ち込む際は注意が必要です。

持ち込む場合は、購入店に証明書を出してもらい、税関に提出しなければダメです。

詳しい理由は正直わかりませんが、国際線への持ち込みはより一層気をつけておきたいところです。

 

ここらへんのCBDの詳しい情報は、Vapemania(ベイプマニア)が一番参考になりますよ。おそらく日本一の情報量です。

 

ベイプマニアで詳細を確認する

 

CBD リキッドで「トリップ」するなんて誤解してませんよね?

「CBD リキッドでトリップ」するは間違い!!

CBDのリキッドは、リラックス効果を得ることが出来たり、鎮痛効果を実感できることから多くのユーザーに愛用されています。

CBDリキッドに配合されている成分から、トリップすることができるのではないかと一部でささやかれていますが、実際にはそのようなことは有りません。

しかし、そのリラックス効果から眠気を催したりあくびを誘発することがあるため、自動車の運転は避けたほうが良いと言われています。

トリップとは、違法性のある薬物などで洗われる現象ですが、実際にはCBDリキッドでこうした症状が出ることはないです

そのため、安心して使うことが出来ますしもちろんリラックス効果も得ることが出来ます。

CBDリキッドは、世界樹で愛用者が続出しているアイテムですし、日本国内でも愛用している人が多いです。

日本国内で違法性が無い成分として販売されていますので、合法的にリラックス効果や鎮痛効果が得られます。

実際に使う前には、風評や噂などで耳にする誤った情報が気になるケースがありますが、この製品に関しては合法ですし安心して使うことができる物です。

ただし、リラックス効果や安眠効果などがありますので、不眠症で悩んでいる方や生理痛などがつらい方にも最適です。

高濃度タイプでも危険性は少ない

CBDリキッドは、最近高濃度タイプが特に人気で、ランキングでも上位に位置しています。濃度が高いものを摂取するメリットとしては、コストパフォーマンスが良い事やのどに負担が無い事などが挙げられます。

CBDリキッドのランキングで上位に入っているものの中には、50%の濃度を超える物もありますが非常に使い勝手がよく評判も良いです。

Sakura・スペクトラム・CBDカートリッジ【 キック感良し !!! 】

高濃度タイプでは、危険性が高まるのではないかというイメージがありますが、そのようなことはありません。

CBDリキッドは、合法的にリラックス効果を得ることができる嗜好品ですし、外出する時にも携帯性が高い事でも知られています。

タバコと違って体内に有害な成分が配合されていませんし、むしろリラックスできたり安眠効果や生理痛などを緩和する効果が期待できるのがメリットです。

これまでの製品に効果を感じない方は、濃度が高いタイプを使うとよりスピーディーに効果を実感することが出来ます。

危険性を指摘する声もありますが、高い濃度だからと言って危険性が高まるわけではありません。

品質の高いものを販売しているお店で購入することで、安心してこの製品をたしなむことが可能です。

安心して購入できるお店で買うのが、重要です。

CBDリキッド『高濃度タイプ』ベスト10選はコレだ!

CBDリキッドで捕まる可能性はあるのか

CBDリキッドで捕まる可能性はあるのか

実店舗を持っていて、SNSやウェブサイトで、定期的に情報発信しているような、安全なお店を選ぶこと。それが、リスクを回避する上で重要になってきます。結論から申し上げますと、CBDリキッドを持っているだけ捕まるようなことは、イッッッッサイありません

勘違いしてしまう人がいて、喫煙すると捕まると信じている人がいるようです。CBDリキッドのことを良く知らないことが多いみたいで、違法性がないことも知りません。

既に海外では様々な健康面への作用が注目されていて、今後どのような分野に良い変化をもたらすのかが注目されているほどですので、怪しんでいる人は少し勉強が必要かもしれません。

より安心して取り入れるには、安全な取引先から購入するように心がけることが大切です。

正式に販売許可を受けている正規輸入代理店や正規輸入販売店で購入すればリスクを回避できますので、これから入手することを検討している場合には安心できるお店を探してみましょう。

基本的にCBDリキッドは入手して使用しても良いものとされており、使っていることを知られても捕まる心配をする必要がありません。

これは広く知れ渡っていることであり、取扱いとしては健康食品に該当しますので、サプリメントを飲むのと同じように試すことが可能です。

サプリメントは健康をサポートするために不足しているものを補ったり、改善に効く成分を取り入れたりしますが、それと同じ目的と考えて差し支えありません。

喫煙すると、どうなる?

CBDリキッドには電子タバコのように喫煙するタイプもあり、吸うとどうなるかというと飲む場合と変わりません。

リラックスしたり、不安な気持ちを緩和させたり、痛みを軽減してくれる作用もあります。

この鎮痛作用は抗炎症作用がもたらしているとされており、炎症が関わるあらゆる疾患に良い作用をもたらします。

他にもなかなか寝付けない人が睡眠障害を改善できたり食欲が増進したり、禁煙効果があることでも注目されていますので、吸うと禁煙できるかも知れません。

喫煙するタイプもいつ吸っても問題はありませんので、自分のリズムで取り入れることが可能です。

電子タバコとして使うのではなくCBDリキッドの作用を得るためですから、肺にしっかりと吸い込んで溜めることが重要であり、その結果よりリラックスした状態を作れるようになり、作用によっては強い眠気を感じることもあります。

イライラしている時等はその作用を求めて過剰摂取してしまうことがありますが、摂り過ぎても作用が強まるわけではありませんので、適量を守ることも非常に重要です。

事前に心を落ち着かせてから喫煙するように心がければ、更に作用は高まって精神的に落ち着いた状態を作り出せます。

CBDリキッド・ランキング(ベイプ用)!2019年オススメ

CBDリキッドは体に悪い?【健康をサポートするためのサプリ】

CBDリキッドは体に悪い?…逆!逆!

まだCBDリキッドについて詳しく知らない人達が、摂取すると体に悪いのではないかと不安に思うことがあります。

まだ導入され始めたばかりですので不安を持つのも仕方のないことですが、安全性に関してはWHOでも認められていますので、体に悪いということはありません。

配合されている成分にはリラックス作用がありますし、合法的ですので安心して取り入れることが可能です。

逆に健康に良い作用をもたらすのではないかと世界中で注目されているものであり、現在導入を検討している人も少なくありません。

海外ではCBDリキッドは健康に良いものとされており、今後はどのような分野に対して作用が認められるのかが注目されていますが、日本ではまだ取扱いが少なくて認知度が低いために安全性に疑念を抱くようです。

この作用が本格的に研究して詳細まで明らかになり、作用を発揮する分野も明確になってくれば、日本でも導入例が増えて利用者の声なども聞けるようになります。

軽い用途では不安を緩和させるために使っている人達もいて、鎮痛にも用いられています。女性にとっては肌トラブルを改善する働きも見逃せませんし、禁煙効果があることも近年では確認されたようです。

関連記事:

CBD リキッドのデメリットだけを集めてみました

吸ったら「キマる」?んなことはない

用途をよく知らない人たちが、CBDリキッドを使うとキマる等と勘違いすることがありますが、そのようなことはありません。

精神作用はなく、安全性に非常に優れているのが特徴です。これは摂取する量を増やしても同じことであり、適量を超えて摂取してもキマるという作用はありません。

ただし、摂取し過ぎることでオイルの作用によって気分が悪くなることはあり、摂り過ぎには気を付ける必要があります。

これらのことから、ハイになることを期待してCBDリキッドを取り入れるのは意味が無いので止めておきましょう。

調子が良くなる作用が勘違いされていることも多く、それがハイになるという誤解をされることがあります。

この変化は非常に健康的なものであり、健康食品として売られていることからも安全性の高さが分かります。

健康食品ですから分類としてはサプリメントと同じくくりとなっていて、健康をサポートするために取り入れる商品です。

実際の作用には個人差がありますので、どのような変化が得られるのかは取り入れてみるのが一番です。

既に取り入れている人達の多くは、摂取し始める前よりも健康面での悩みを解決でき、女性ならお肌のコンディションも向上させています。

CBD リキッドを喫煙すると「キマる」?

CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

CBDリキッドを吸いすぎても焦らなくてイイですよ

CBD リキッドは、蒸気化させて吸い込みますが、吸いすぎると咳き込むことなどがありますが心配ないです

万が一吸い過ぎで気分が悪くなった場合には、焦らずに安心して横になっていれば気分は改善します。

CBDリキッドは、吸い方によって上手にCBDを摂取できないこともあるので、正しく摂取することが大切です。

CBDリキッドを吸いすぎる事に不安を感じることもありますが、実はCBDリキッドを吸う場合、蒸気化して肺に溜めることがポイントとなります。

そのためCBDを可能な限り肺に溜めるようにします。

吸い方のポイントは、吸い込み過ぎにならないように空気を吸える状態を残す必要はあります。

1度に沢山吸い込むというよりも、何回かに分けて吸うほうがCBDを余すことなく摂取することができます。

パフボタンから指を離すと同時にドリップチップから口を離すと、水蒸気化したCBDがデバイスに残ってしまいます。

そのためパフボタンから指を離した後も息を吸い続けます。その際、息を吸い込むことができる半分くらいの量を吸い込むようにします。

肺に半分くらいの余力を残し、できるだけ息を止めて蒸気を肺に長く留めます。

苦しくなったら息を吸いますが、息を吐き出さないようにすることがポイントです。

可能な限り息を吐かないようにする事でCBDを余すことなく血液に乗せて摂取することが出来ます。

続きを読む

CBD リキッドで咳き込む!?解決策をご紹介

#咳き込む場合は写真のiPicoあたりを選んでおくべし

#咳き込む場合は写真のiPicoあたりを選んでおくべし

CBD リキッドで咳き込む原因

 

温度管理できる優秀デバイス「iPICO」で
スムーズな煙を堪能する!詳細はコチラ

 

CBD リキッドで咳き込む原因ですが、まず吸う時にむせる場合はVapeの設定が合ってない可能性が高いです。

Vapeと言えば煙をたくさん吐き出すイメージがありますが、CBDでそれをやることで咳が出る原因になります。

CBDは喉に刺激が来ることが多く違和感を感じることがありますが、あまり燃えすぎると喉に負担が大きくなりむせやすくなります。

その燃焼をコントロールするのが ベイプ の役目です。

CBDの燃焼をなくせばむせなくなるため設定を変えることでむせにくくなります。大きすぎない(爆煙タイプではない)、温度管理ができるベイプを使うようにするとベストです。

あと咳き込みの原因としては、CBD リキッドの吸いすぎです。

吸った後は肺に溜めなくてはいけないのですが、肺に摂取できる容量を超えてしまいむせやすくなります。CBDは蒸気のため、最初はどれだけ吸えばいいのか調整するのが難しく吸いすぎで咳き込む人は多いです。量を減らすなど調整をすることでむせなくなります。

また、どれだけ調整しても咳き込んでしまう場合は単純にCBD リキッドが合ってない場合があります。メーカーやブランドによって合う合わないがあるので、違うブランドに変えることでむせなくなったという人も居ます。

#50種類を超える製品を試しまくってます

#50種類を超える製品を試しまくってます

 

これまで私が自腹で試してきた CBD の一覧 はコチラから

 

その場合もダメな時は蒸気摂取が合わない可能性があるので、諦めずに経口摂取にするという手段があります。

Koi CBD・スペクトラム オイルの効果→飲むタイプも調子イイ♪

続きを読む

「CBD リキッド」と知恵袋で検索…質問に全部答えます

CBD リキッドに関しては日本ではまだまだ認知度も低く、誤解や間違った情報も多いです。

そこで知恵袋でいろいろな質問が出ていて、勘違いしている方も多いのがわかります。

正しい情報を知ることで不安もなくなりますし、正しい利用の仕方も身に付きます。

続きを読む