悩み別

危険性について、解禁後6年経ったのでもう一度考えてみる

CBD製品をネットで気軽に買えるようになって、もう6年も経ちました。今では、どれを選んでイイのかわからないくらいたくさんの情報が溢れかえっております・・・。

ということで今回は、危険性について改めて考えてみることにしました。

ハイになったりしないので大丈夫

CBD リキッドは、規制されていてハイになるのではないかと心配する人がいますが、現実にはそのようなことにはなりません。

その理由は成分が違うからで、規制されている薬物に含まれるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分。

THCは体内に入ると、精神を高揚させたり、酩酊状態にする力を持っていて、カンビナノイド受容体と結びつくことで、そういった精神的な効果を現れます。

特に未成年の場合は、脳に悪い影響を与えるかもしれないので、摂取するべきではありません。アルコール、タバコもそうですが。

そのためTHCが0.3%以上含有している商品は日本では違法な存在であり、購入・所持をすることは認められていません。

当サイトでご紹介しているCBD リキッドの成分にはTHCが入っておらず、CBD(カンナビジオール)が主成分です。

このCBDにはカンビナノイド受容体と結びつく働きはありません。

したがって、いくら摂取してもハイになることはないです。

CBDを摂取したときには、ストレスや不安の軽減などを得ることが出来ますし、依存症になる恐れもありません。

ただ、海外で購入するときには、THCの含有量が基準以上の商品を間違って選んでしまうと使えばハイになります。また、それを国内に持ち込もうとするときに逮捕される可能性があります。よく注意しなければいけません。

続きを読む

CBD リキッドで咳き込む!?解決策をご紹介

#咳き込む場合は写真のiPicoあたりを選んでおくべし

#咳き込む場合は写真のiPicoあたりを選んでおくべし

CBD リキッドで咳き込む原因

CBD リキッドで咳き込む原因ですが、まず吸う時にむせる場合はVapeの設定が合ってない可能性が高いです。

Vapeと言えば煙をたくさん吐き出すイメージがありますが、CBDでそれをやることで咳が出る原因になります。

CBDは喉に刺激が来ることが多く違和感を感じることがありますが、あまり燃えすぎると喉に負担が大きくなりむせやすくなります。

その燃焼をコントロールするのが ベイプ の役目です。

CBDの燃焼をなくせばむせなくなるため設定を変えることでむせにくくなります。大きすぎない(爆煙タイプではない)、温度管理ができるベイプを使うようにするとベストです。

あと咳き込みの原因としては、CBDリキッドの吸いすぎです。

吸った後は肺に溜めなくてはいけないのですが、肺に摂取できる容量を超えてしまいむせやすくなります。CBDは蒸気のため、最初はどれだけ吸えばいいのか調整するのが難しく吸いすぎで咳き込む人は多いです。

量を減らすなど調整をすることでむせなくなります。

また、どれだけ調整しても咳き込んでしまう場合は単純にCBD リキッドが合ってない場合があります。

メーカーやブランドによって合う合わないがあるので、違うブランドに変えることでむせなくなったという人も居ます。

これまで私が自腹で試してきた CBD はコチラから

その場合もダメな時は蒸気摂取が合わない可能性があるので経口摂取にするという手段があります。

続きを読む

「CBD リキッド」と知恵袋で検索…質問に全部答えます

CBD リキッドに関しては日本ではまだまだ認知度も低く、誤解や間違った情報も多いです。

そこで知恵袋でいろいろな質問が出ていて、勘違いしている方も多いのがわかります。

正しい情報を知ることで不安もなくなりますし、正しい利用の仕方も身に付きます。

続きを読む

アトピーの関係性について検証

カンナビジオールを主成分とするCBD リキッドを使っていると、アトピーが改善したという意見があります。これは、ストレスの緩和やリラックス作用がある事などが理由と考えられますが、詳しい機序はまだわかっていません。

CBD リキッドを使うことで睡眠の質が向上したという例もたくさんあります。

睡眠不足は肌トラブルにとって大敵ですが、リキッドを吸うことによってこうしたメリットがあることも事実です。

肌トラブルにおいてストレスや睡眠障害などは大敵ですので、CBDの効果によって眠気を催したりリラックス効果が得られるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

もともとアトピーを改善するためのアイテムではありませんし、薬ではないため改善する保証はないものの、多くのユーザーが症状が改善したという意見をネット上で述べているのも実情です。

そのため、関係性が無いかといえば大いにあると言えるのではないでしょうか。

ただし、即効性を求めて治療に使うものではありませんし、あくまで嗜好品として楽しむのが正しい使い方です。

痛みの緩和や様々な効能を求めて使っている人が多いですが、あくまでその一つと考えて効果があると感じる人は使うのがお勧めと言えます。

続きを読む

Vape・電子タバコで喫煙すると「キマる」?

 

CBD製品、特にワックス系は一般的なCBDオイル・リキッドより結晶化のため純度が高くなっています。専用のVape・電子タバコを使ってタバコのように喫煙しますが、そこで気になるのが「キマる」などの反作用はあるのでしょうか。

つまり精神活性作用があるかどうか、ということです。まだまだCBD製品は流通し始めたばかりですから心配する方も多いと思います。

この記事ではCBDワックスを喫煙して精神活性作用=キマるのか、実際に体験した上でご紹介していこうと思います。

続きを読む

お酒を減らす方法!アルコール依存症の関係性とは?

CBD(カンナビジオール)がアルコール依存症の再発予防に関係している、という記事を発見しました。

出典:https://www.upi.com/

お酒の中毒になると「カラダの中で虫がモゾモゾするような感覚」になるそうです・・・コワいですね・・・。

さすがにCBDリキッドだけで依存症は治せないと思いますが・・・。少しアルコールを減らしたいなぁって方は嬉しいニュースではないでしょうか^^

厚生労働省は「飲み過ぎ」の定義をアルコール量で「1日平均60グラムを超えたら」と決めています。60グラムはおよそビール瓶3本、日本酒3合程度ですが、週末はコレくらい飲んだりしますよね〜。ということは毎週飲み過ぎってことですね!わかってましたけど!

自分はそんな量飲んでないから!という方でもストレスでお酒に頼ってしまい「気がつくと増えていた」なんてことになりかねませんから、参考になると思います。

CBDオイルとアルコール依存症の関係について、海外の権威のあるニュースサイトを翻訳してご紹介していきます。

no name
意識を変えるといつも使っているCBDオイルの見方も変わってきますよね♪

続きを読む

耐性がついて効かない・・・そんな時に選ぶべきCBDリキッド

CBDリキッドを使っていると耐性がついて効かなくなってきたという経験はありませんか?

朝の目覚めの一服と寝る前の一服が欠かせないという方が多くいらっしゃると思いますが、初めの頃のように効果を感じられない・・・と使うのをやめてしまうこともあるかもしれませんね。

ただの嗜好品として使っている方であれば問題ないかもしれませんが、健康増進のために使っているのであれば困ってしまいますよね。

CBDリキッドは即効性が期待できるサプリメントですが、途中でやめてしまってはせっかくの機会を逃してしまいます。

量を増やしても耐性がついたまま・・・と諦める前に知っておきたいことをまとめてみました。

no name
この記事ではCBDリキッドの耐性について対処方法などをまとめてあります。

続きを読む