店舗

THCVは販売している?コストを抑えたい人はコチラ!

THCVって日本で販売してるのを見たことありますか。

「これをたべるだけで痩せる」といううたい文句に目を引かれる広告は多数ありますが、多くはまゆつばものです。

とにかく食べない・なにか一つの食材だけを食べつづける・ひたすら運動をするといった根性論はストレスがたまるのでやめた方がよいものの、まったく何もしなくて体重がどんどん落ちていくような夢のようなクスリはないと思ってることでしょう。

カロリー計算する・糖質をへらすなど地味だけど確実なやりかたで、それが現代のダイエット法です。

ただ、いままさにたべるだけで痩せる魔法の成分が注目をあつめはじめてるのです。それがTHCV、THCと似た名前なので敬遠してませんか。

THCの方は日本だと違法なので販売されてはいません。

それに、食欲増進作用があってご飯をたべたばかりでも脳にあやまった情報が流されてまた食欲がわいてきてしまう。

マンチといったこの症状が海外だと問題視されてたりするのです。

そんなTHCと似た名前ながらTHCVは逆に食欲をおさえてくれます。

食べることでの満足感・満腹感を発生させない、たべることそのものというよりもストレス解消のためにとついつい口にいれてしまってたりするものです。

THCならではの過剰な精神活性作用をほんのちょっとおさえてくれて、それにヘンプに強い拒否反応をしめす日本でも合法で、知ればしるほどぜひ販売先を知りたい・使ってみたいと思われたはずです。

残念ながら、日本でTHCVの成分を前面に押しだしたTHCVリキッド・グミとかオイルというのはいまのところないのです。というか世界でもまだまだ、だってヘンプからの抽出量がすくなくて希少性が高いんです。

次第にこのTHCVが比較的多くはいってるヘンプの品種・ダーバンポイズンにピンクブーストゴドネスやパイナップルパープスなどの栽培量がふえていってるとはいえ、まだまだです。

研究もこれからといったTHCV、てんかんやパーキンソン病・総合失調症などの病気によい効果をもたらしてくれることはすでに分かっていますが、このほかにもきっとさまざまなメリットがみつかっていくことでしょう。

自身の体重を自由に変えられる未来ももうすぐそこです。

それではTHCVと触れあうことは日本人にはまったく不可能なのかというと、そんなわけではありません。

日本でだってフルスペクトラム系のCBD製品を購入することができるでしょう。

その中にTHCVははいって販売されてるというわけです。

続きを読む

THCリキッドが2chに売っていても買っちゃダメ!

2chではTHC製品についての話題が取り扱われることがあります。

THCリキッド、日本では使用も所持も譲渡も禁止されているんです。

原材料となるヘンプの栽培も制限されてるんですから、入ってくるとしたら海外製のものがほとんどです。

でもそれさえも税関職員の厳しい目が光っていて、一般の方だと触れる機会はまったくないでしょう。

ただダメだと押さえつけられると更に試してみたくなる、困ったアマノジャクさんは一定数いるんです。

芸能人とかお金を持ってそうな人には、金稼ぎになりそうだとワルの方から近づいてきてくれるみたいです。

それもまた迷惑な話ですが、ごく庶民はどうするかというと2chなどから探っていくしかありません。

電子掲示板の2ch、誰でも自由にページを作って編集できて気軽に投稿できてといったメリットがあるものの、匿名ですべて行えるので過激な内容となりがちです。

ニセ情報も多数、THCリキッドの入手方法とか使用した体験談が書かれてたとしても信じちゃだめですよ。

現実世界では上司に押さえつけられていい子ちゃんしてる方が、自作自演でTHCの売人を名乗ってたりもするからです。

本物の場合もあり、そういった者たちから購入してしまったら・そうでなくとも反応を示したら、恐ろしい世界へと引きずり込まれてしまうかもしれないんです。

CBD リキッドがドンキホーテで売ってるけど…大丈夫なの…??

続きを読む

CBDクリームを個人輸入?届かなかったとしても泣き寝入り

口から摂取するCBDオイルやグミ・煙を吸い込むCBDリキッド、体内に入れるのはちょっと怖いというならCBDクリームはどうでしょう。

個人輸入での取り寄せも可能、ただし注意は必要です。

患部に塗ることで力を発揮してくれるCBDクリーム、ニキビやアトピーで荒れてしまったお肌や腰痛や肩凝りの痛みもどちらも改善されるはずです。

皮膚表面に刷り込むだけなので、副作用の心配もありません。

それに患部周辺の組織に・細胞に・毛細血管に直接入り込むのですから効果も抜群、持続時間がその他の摂取方法と比べて長いというメリットもあって、愛用してる方も多くなりました。

自分も試してみたい、と思ったときにまず思いつくのが実店舗でしょう。

でも近くのスーパーやドラッグストアにはありません。

ドンキホーテでも取り扱われてないCBDクリーム、ネット経由で手に入れるしかないのです。

常備薬とかちょっと恥ずかしいAGAや性関係のお薬を個人輸入で買っているのならば、CBDクリームも個人輸入でと思いつくのも当然の流れです。

日本の代理店を通すことなく海外から直接取り寄せる個人輸入、その分お値段が安くなるのは利点です。

輸入に関係するあれやこれやの書類作り・海外の方との交渉が面倒かもしれませんが、英語は必須科目なんですからそれなりに皆さんしゃべれるでしょう。

一番最初は難しくてもやることは毎度同じ、慣れてしまえば輸入関係の手続きだって簡単にできるようになります。

継続して使ってこそ効果を発揮するCBDクリーム、少しでも安く手に入れたいからと個人輸入を利用するのは違法ではありません。

続きを読む

Koi CBDを個人輸入する際の注意点・密輸で逮捕?

ヘンプの栽培も制限されている日本、CBD製品のほとんどが海外製です。

KoiCBDもアメリカはカリフォルニア州を拠点に活躍しているCBDブランドです。

こちらの製品を手に入れるのに個人輸入はちょっと待って、Vapemaniaがおすすめです。

日本製じゃあないからといってやたら不安がる必要もなし、だって海外の方だって少しでも安全で品質の良い製品が使いたいという気持ちは同じです。

だから悪徳業者が長年のさばることなんてできないし、きちんとした企業ならちゃんと高い評価を受けてるんです。

Koi CBDはCBDエキスポで最優秀賞も受賞しています。

Koiとは鯉のこと、忍耐力の強さや努力して目的を成し遂げるといった企業の姿勢が現れているのです。

だから日本人の愛用者も多いです。

世界的に評価を受けている製品だから大丈夫、CBDに関してはそうとも言い切れません。

続きを読む

ENDOCAを個人輸入?日本の公式サイト経由が安全で便利!

個人輸入は危険、ENDOCAなど海外の代理店ルートでの入手がおすすめです。

やたらとルールに厳しく高い審査基準を通過したものしか使わせてくれない、ちょっとでも副作用の心配があるもの・ルールを守らず作られた品は遠ざけて、日本という国は母親のように過保護に我々を守ってくれてます。

そのおかげで治安が良く安心安全な国となったのです。

国産品の品質の高さは世界に誇れるレベルです。

でも世界の人たちは普通にそれを使って効果があったと喜んでるのだから、そんな不満の声もあることでしょう。

それなら個人輸入、自分で個人的に買うんだからいいでしょというわけです。

もちろん勝手にやって自爆しても自己責任、ただ日本には無いものが手に入るしお値段も安い、こっそりお買い物できるという利点もあり利用者は増えてきてるのです。

それならCBDも個人輸入で、それはちょっと待ってください。

続きを読む

AZTEC CBDの個人輸入はメンドウ!時間をムダにしないために

海外ブランドのCBD製品が欲しいという場合には日本の代理店経由で手に入れること、最近ではAZTECのCBDオイルドロップスも発売されてます。

個人輸入に応じてくれる海外のメーカー、よっぽど親切なのか考え無しなのか、すごい悪人かのどれかに分類されるはずです。

だってわざわざ自国で売れている品を海外から発信してきた個人に分け与えてくれるのです。

まあそれも商売、流通システムもレベルが上がってるしインターネット経由で簡単にやり取りはできるのですから家具や薬などCBD以外のものならば、ハードルはそれほど高くはないでしょう。

日本には取締法という法律があります。

CBD製品の中にはTHC配合のものもあり、このTHCという成分が禁止薬物となるのです。

AZTECを含め、フルスペクトラム系CBDも多く販売されてますがTHC配合のものもあればそうじゃないものもあり、それに悪徳業者が密輸目的で敢えてTHCを多く入れて送りこんでくることもあります。

日本では使用するだけでなく所持も譲渡も違法のTHC、それを水際で止めようと税関では常に厳しいチェックを行っています。

その製品が大丈夫だということを証明するためにも、日本用に特別に何枚もの書類を準備してもらわなければならず、そんなことをやってくれる親切心に頭が下がるというわけです。

続きを読む

THCリキッドの購入方法は?日本では品質の良い製品かわからない

THCリキッドの購入方法を知りたいという日本人の方、いるかもしれません。

最近は便利な世の中となり、家具や家電に食料品・薬や仏壇なんてものまで何でも自宅にいながらにして注文できて自宅まで届けられるようになりました。

でもTHCリキッドは別、注文したところで届くことはありません。

きっと税関検査で止められてしまいます。

もしかしたら危険薬物を手に入れようとしたとして警察が逮捕しにやってくるかもしれず、絶対にやってはいけません。

日本国内で商品が売られていれば税関を通ることなんてないのですが、何しろTHCは日本では違法とされています。

THCの原材料であるヘンプを育てることだって禁止、安全性も高く合法なCBDリキッドも海外製の製品がほとんどなのです。

インターネットで調べればTHCリキッドいずれも海外の製品ながら、注文画面にたどり着くことはできるかもしれません。

それなら注文ボタンを押せばよいだけ、購入方法は簡単です。

THCオンリーの製品からCBDリキッドでTHCも含めてフルスペクトラムとなっている製品まで、その他の日本で禁止されている成分が入っているものも海外だと普通に出回っています。

ただ、たとえ運よく税関をくぐりぬけたとしても品質のよいTHCリキッドかどうかも分からないのです。

実態のないネット上は現実世界以上に悪徳業者が入りこみやすく、とても危険です。

未成年者にネット検索の制限をかけるのはエッチな画像を見てしまわないようにというだけではありません。

怪しげな製品ほど、粗悪な原材料を使っているのでお値段も安かったりします。

それで引っかかって体調を崩すだけならまだしも命の危険もあるしもちろん逮捕されることも、人生を棒にふることとなったら大変です。

くれぐれも興味本位で「THCリキッド・購入方法」などと検索しないことです。

続きを読む

THCリキッドの価格は?東京では金と変わらないけど….

THCリキッドの価格はいくらするのか、はっきりと提示することはできません。

とにかく様々な製品があり、それぞれに製造販売するメーカーが違い容量や中身の配合量が異なるからです。

ただ日本で手に入れようと思ったらとにかく高いです。

CBDリキッドと同じような価格帯を想定していると驚かされることでしょう。

特に東京などでは、金と変わらないくらいの値段で取引されていると言われています。THCリキッドの値段を世界で見比べてみたところ、東京は上位でした。

その一方で、CBDリキッドと変わらないという国もあります。

だって原材料は同じくヘンプ、そのどの部分から抽出するかだけの違いです。

それなのになぜ、こんなにも開きがあるのでしょう。

 

日本でも合法のヘンプCBDリキッドはコチラから!

(国産のプラスウィード公式サイトへ)

 

続きを読む

THCリキッドの手押し・ツイッターで買うことのリスク

「野菜の手押ししています」、そんなツイッターの投稿を見たことがある方もいるかもしれません。

野菜とはヘンプのこと、日本では禁止のはずのTHCリキッドが堂々とSNS上で売買されている現状があります。

「手押し」も体面で直接取引しますという意味ですし、隠語で売られているのは怪しげな製品であることの証です。

意味の分からない投稿は無視するに限る、ちょっとでもかかわるとややこしいことになります。

SNSの中には「Telegram」・「WickerMe」といった高い暗号化技術で秘匿性の高いものがあります。

これらをツイッター経由で誰もが使用できます。

万が一の場合にも自動でメッセージが消せるし外部からメッセージを見られることがありません。

運営元サーバーに証拠も残らず、つまり警察に目を付けられても逮捕されるリスクが減らせるのです。

ツイッターから手軽に利用できるのはTHCリキッドを日本で手に入れたいというものにとっても利点、手押しなどの隠語で検索すれば何件もヒットすることでしょう。

続きを読む

CBD(タバコ)はコンビニにある?将来的には取り扱う可能性アリ?

CBDをご存じでしょうか。

きっと日本では知らない方の方が多いはず、サプリメントのような製品ながら健康や美容への効果がより高く、とにかく様々な不調に効果を発揮してくれるということで、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中で関心を集めているのです。

2020年、CBD先進国であるアメリカはコロラド州のコンビニにCBD製品を取り扱う自動販売機「GreenBox」が設置されました。

コロナ禍の今、無人ゆえに安全で24時間いつでも購入できるのですからすばらしいことです。

残念ながら日本だとドンキホーテや空港に置かれている程度、一方でコロラド州のCBD自動販売機は日本でお馴染みのセブンイレブンにあるのです。

続きを読む